FC2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

インフォメーションセンター

画像 087


鉄道全線完全制覇の旅」のホームページ版こちらよりどうぞ。過去に制覇した路線の記録を紹介しています。


私が過去に制覇した路線の旅行程こちらより。小学校時代に訪問した東京近郊等は記録されておりません。1982年以降の、記録が残されている旅を記録しました。


YAZAWAを愛する「古川屋台・ソウヅ」さんのブログ「酒と野宿と…yazawaとカブと…」はこちら
バリバリの「E.YAZAWAチック」な店内は、ファンでない方でも気さくな「あるじ」が快く迎えてくれる事でしょう。

私の詳しいプロフィールはこちらより


☆当ブログに掲載されている画像について、管理人撮影のものに関しての著作権は全て管理人にあります。ご使用になりたい場合はご自由に使用されてかまいませんが、引用元を記されていただくと幸いです。
しかし私の写真以外つきましては引用元を全て記載しておりますので、そちらの管理人様との交渉となります。

ダイナミック☆トナカイの写真につきましては私にご連絡いただいて本人に確認を取りましてからのご返答となりますのでよろしくお願いいたします。

西寒川駅」のみを特化しホームページを開設してます。こちらからどうぞ。西寒川駅には特に強い思い入れがありました。西寒川駅の過去、そして現在をまとめてみました。
スポンサーサイト

サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版㉕

余目から陸羽西線経由で急行「月山」を捕まえたお陰で乗り換え無しで山形に到着。そして福島までの奥羽本線普通列車は旧型客車でのんびり揺られる事になった。「ワイド」を持っているとどうしても急行・特急を利用しないと勿体ない気分になりがちだが、こうして普通列車で本線上を走るのもいい。増してや旧型客車である。

img043.jpg
旧型客車の車内から撮影した峠駅であるが、スイッチバックしながら走る列車で窓を開け精一杯の撮影であった。できれば下車したかったが・・・

中川でダイナミック⭐トナカイに手を振りひとり旅に戻った私は列車最後尾に向かった。誰もいない・・米沢を過ぎる頃には完全に車輌を独占していた。旧型客車のため最後尾はデッキよりダイレクトに外の風景となる。つまり「危ない」という事だ。今では考えられないが、当時はそんなの常識であったのだ。
そんな列車でいよいよ板谷、峠などのスイッチバックに挑むシーンになるのだが・・・夜の9時をとっくに過ぎているため肝心の景色が全く見えない。峠では窓を開け駅名標に向かいシャッターを切るのが精一杯だった。ただ、夏場のため窓を開けると虫が進入してくる。瞬時に作業を終えないととんでもない事になる。
そんな山越えを繰り返し幾度と無く進行方向を変えようやく福島に22時21分に到着。もともと計画では福島から急行「八甲田」を捕まえる予定だったのでこれで予定を戻した感じだ。酒田で「いい旅チャレンジ20000km」の証明写真を撮り忘れた事で「瓢箪から駒」ではないが、予定していない急行列車や旧型客車の普通列車に乗車し予定を元に戻してしまうのだから旅は面白い。

img379_20180907194221460.jpg
そして同じ旅の中でダイナミック☆トナカイが単独行動で峠に訪問ていた。写真はダイナミック☆トナカイの提供である。彼は私と東北の旅をしているが、親戚のある奥羽本線・中川を拠点に私の旅の行程で自身が参加できる範囲でスポット参戦していた。私と行動を共にしない時はこうして自身でいろいろ訪問していたという。しかしながら峠を昼間に訪問したとは憎い!

さて、福島からは急行「八甲田」で野辺地に向かう。野辺地着は5時36分に到着予定なのでバッチリ仮眠できる。ところでこれから乗る「八甲田」は約6時間近く乗車できる。これは計画段階で旅の後半に夜行列車の乗車時間を長めに設定したのだ。いくら中学生でも約8日もぶっ続けで列車に乗っていたら体力的な事はもとより、精神的にもかなりのダメージを受けているはず。だから深夜未明の乗り換えは予め旅の前半に設定し、後半でしっかりとケアしようと考えたのだ。これから乗る「八甲田」はそれが見事にハマった感じであった。

800px-Toge_sta_Yamagata,JAPAN
そしてこちらがウィキから転用の峠駅。1990年と聞いているのでスイッチバック解消直前である。こうしてみてみると、SL時代の苦労や「峠の茶屋 力餅」の盛隆時代を彷彿させるようだ。もちろん「力餅」は現在も販売されている。

たが、気分はメランコリー・・・なぜか?それはこの日、計画段階から「駅寝」が決定していたからだ。夜行列車の乗車時間を長めに設定して・・・等と偉そうな事を言っておきながら最後に駅寝かよ・・・みたいな感じであるが、この時点での未乗車路線は大畑線、大湊線、男鹿線、角館線、矢島線、津軽線であった。ただ、津軽線は証明写真こそないものの、1979年に制覇している。だが、その時はまさか津軽線が大きな変貌を遂げ、津軽海峡線の一部になろうとは想像つかなかった。現在はその地位を新幹線に譲り、ある意味元の津軽線に戻った事だろう。ただ、車両や設備の内容は勿論違うが、私が三厩(当時は「みんまや」ではなく「みうまや」と読んでいた)からタクシーに乗り龍飛崎へ向かった時代に何となく戻ったようなイメージだろう。4年ぶりに向かう津軽線を楽しみに、そして駅寝決定を素直に受けいれ、急行「八甲田」の座席を離れ、初めて下車する野辺地のホームでラストスパートのアクセルを踏みしめた。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村




サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版㉔

さて、私は酒田から陸羽西線の普通列車に乗った。戸籍上は余目が起点であるが、もちろん酒田からの乗客に向けエールを送った措置であろう。お陰でバッチリ着席できて順調に新庄へと向かう。途中、ダイナミック⭐トナカイが虹を発見し和やかなムードとなるが、夕方の虹とは確か翌日は晴れるみたいな事を聞いた事がある。「いゃ、あめだったかなぁ」「いや、晴れだよ」みたいな会話もあり、ようやく新庄に近づいてきたその時・・・「やばい、余目でいい旅チャレンジ20000kmの証明写真を撮るの忘れた!」と、急に変な事を思い出してしまった。ルールでは酒田での撮影でもOKだったのに何故に酒田で撮らなかったのか・・・私は自身の行程表と時刻表を早速取りだし確認作業にとりかかった。行程ではもう羽越本線を経由するのは秋田~羽後本荘間だけで酒田にはもう通り過ぎもしない。さてどうしよう・・・

img044.jpg
今回の旅で新庄は連続2回訪問する事になる。2014年に久々に再訪する事になるが、1983年訪問時にはまさか新幹線がやってくるとは思わなかった。

新庄より折返し、再び陸羽西線で余目へ戻ることにした。そして証明写真を撮影し更に折返し新庄へ戻ることにした。つまり陸羽西線を2往復、いや1往復半することにしたのだ。一見タイムロス的に見える行動であるが、逆にこうすることで後の行程がバッチリはまるのだから面白い。こうしてトラブルを乗り越える知識やひらめきもこの旅で教訓を得たのだ。順を追って説明しながら旅の続きを紹介しよう。

DSCF9925.jpg
そして2014年訪問時の新庄。ご覧の通り、国鉄時代とは全く違う風景に変身。跨線橋無しで全ホームに移動できるのが大きな売りとなっているのか。もちろん新幹線から在来線への乗り換えも跨線橋無しで。

さて、新庄から再び陸羽西線で余目に着いた私は早速「いい旅チャレンジ20000km」の証明写真を撮影し更に陸羽西線で新庄へ向かうが、乗車する列車はなんと急行「月山」であった!月山と言われて若いレールファンは全くピンと来ない方も少なくないであろうが、かつては急行「いいで」や「千秋」「出羽」などと共に庄内地方を中心に活躍した列車で、これらの急行は途中駅での分割・併合が多く、レールファンの私でもその詳細を記憶する事は困難であった。そして月山も山形~仙台間は急行「べにばな」と併合され運転されていた時代もあった。今思えばそんな格式高い急行列車で山形に向かったのは貴重な体験であろう。トラブルに出くわしたものの、お陰でとんでもない幸運が舞い込んでくるものだ。もちろん山形新幹線は無い時代だったので新幹線ではない特急「つばさ」が新庄から山形までをカバーしているが、私のこのタイミングでは「つばさ」には乗れなかった。せっかく「ワイド」を持っているのに普通列車ばかりの乗り継ぎでは少々宝の持ち腐れ的でもあるが、夜行列車王国の東北では夜から未明にかけて大活躍するので重宝する。

img045.jpg
今回の旅ではかなりお世話になった山形。現在は新幹線も顔を出し、標準軌と狭軌が入り乱れる。当時私が駅寝した待合室は当然ながら無くなってしまい駅舎も立派になった。夜行列車は深夜未明の時間帯に通過するため利用できる列車は少なく、レギュラーの急行「津軽」などがその役割を担っていた。

そんな思いで山形に着いた私は、本来の予定なら仙山線で仙台へ行き福島で急行「八甲田」を捕まえる予定だったが、予定より列車が一本遅れている。そこで私は山形から奥羽本線普通列車で福島に出る事にした。ダイナミック⭐トナカイも中川までは同行してくれるので心強い。早速予定変更を自身に宣言し、ダイナミック⭐トナカイと共に行動する事にした。
トラブルで予定が狂えば修整すればいい。今回のこの旅でそうしたトラブルさえ楽しめる自分に成長している・・・そんな実感が自身でも手に取れるようにわかる自分がいた。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版㉓

荒砥から折返し今泉で乗換え米沢に着いたのが8時丁度であった。折返し米坂線で坂町まで向かう列車は1時間45分待ちの急行「べにばな」である。首都圏では絶対にお目にかかれないローカル急行であり、米坂線を経由するあたりも憎い。米坂線といえば、季節によっていろいろな沿線風景をみせてくれる事は地味に有名で、近年では旅番組などで度々紹介されている。だが、当時の私にしてみたらそんな沿線風景よりも米坂線を制覇する事が重要であったため、昨夜から未明にかけての宿泊施設の関係からなり疲労が蓄積されていた。キハ58に身を預けた私は安心しきったのか、すっかり夢の中へと導かれていた。

Yonezawa_station_platform_4.jpg
画像はウィキより現在の米沢駅。新幹線開通後ホームは若干リニューアルされたが、基本的に昔の面影がまだ残っているようだ。米坂線ホームも何となく懐かしさを感じる。

米坂線に関して全く記憶はないが、熟睡してたという記憶や記録はしっかりとある。残念ながら夏真っ盛りの沿線風景はみれなかったが、快適な車内でバッチリ疲れをとる事に成功した。いくら若いといっても疲れるときは疲れる。
そんな急行「べにばな」に乗っても列車の終点までは乗れなかった。坂町で秋田方面に向かうためだ。そう、そういえば米坂より「ダイナミック⭐トナカイ」が合流していた。つまり米坂線の急行「べにばな」からはダイナミック⭐トナカイとの行動であった。しかしながら、向こうにしてみたら合流直後より先輩の私に熟睡されては立場が無かったかも知れない。しかし、逆にいえば、私的には相方が合流したのだから安心しきってしまったのかも知れない。

hakutyou_convert_20120331184008.jpg
坂町から特急「白鳥」に乗る。当時は大阪~青森を結ぶ在来線特急で昼間特急としては最長距離の運転であったが、なんといっても白新線経由で新潟に寄るのが最大の特徴であった。

さて、急行「べにばな」は新潟行のため秋田方面へは坂町で乗り換えなければならない。乗車する列車は・・・大阪~青森間を新潟経由で繋ぐ特急「白鳥」である!そんな格調高い特急列車を陸羽西線に乗り換えるため余目の先、酒田で下車するとは!だが、その方が待ち時間が少なく座れる事が確定される。余目と酒田間はもちろん重複するが、そんなの関係ネェー!ってどこかのお笑い芸人ぽくなってしまうくらいに重要である。そして相方はいるし特急・急行は別料金無しで乗れるし、何となく盆と正月が一緒に来た雰囲気であった。

img135_convert_20130131205548.jpg
そして特急「いなほ」である。今回は乗車できなかったが、上野から姿を消して以来、久々に会えたことに感謝。現在も羽越本線野特急列車として活躍している。坂町か酒田で撮影。

特急「白鳥」では自由席とはいえ冷房が効いていて快適であったが、逆にこういう環境だと寝られない。いや、今回の旅では後に紹介するL特急「たざわ」や「はつかり」などにも乗車できてかなりの優越感があった。もちろん「18」では味わえない新たな旅の楽しさを発見した印象であった。だが、酒田から陸羽東線に乗車したまでは順調であったのだが、この後またとんでもないトラブルが待っていたのだ。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村



サマーアクションシリーズ 1983年東北の旅 もっと詳しくリメイク版㉒

大曲で上りの急行「おが」を捕まえた私は、計画では福島で下りの急行「津軽」に乗り山形に戻る予定であった。先述のように急行「おが」はオール20系ということでさながら寝台特急である。ただ、一部の車両ではB寝台を自由席として解放している。もちろん、私は既に事情は知っていたので「自由席」へ。そして私は快適な時を過ごしていたのであった。だが、あまりに快適過ぎて、もし福島を乗り過ごしたらどうしよう・・・という雑念が入った。そこで私はある重大な決意をした。それは山形で下車し、始発を待とう!であった。つまり山形で「駅寝をする」という決意をしたという事だ。

DSCF0064.jpg
2014年訪問時の山形駅。写真は仙山線普通列車であるが、新幹線がやってくるようになり山形駅は大きく変貌した。現在は標準軌と狭軌が入り乱れ、駅構内の配線はかなり複雑になったと思いきや、意外にシンプルだったりする。

山形の待合室で一夜を過ごした、というより、深夜0時55分に着いて早朝4時の出発だから寝る時間としては少ないが待ち時間としてはとても長い。それでも山形は待合室を開放しているのだから、まさしく24時間眠らない駅であろう。もちろんただ開放しているのではなく、ちゃんと深夜未明の時間帯には夜行列車が発着する。そしてそんな時間帯でも利用者がいる。さすが奥羽本線の要衝駅だけある。

1024px-Akayu_Station_ekisha.jpg
画像はウィキより現在の赤湯駅舎。こちらも新幹線がやってくるようになり立派になった。長井線は現在第三セクターとなり経営母体が変わったが、かつては左沢までの延伸計画があった事をちらっと聞いたことがある。

そんな山形で私は始発まで待たせていただきお目当ての始発列車に乗るが、山形発赤湯行きの列車はDCである。そして赤湯から長井線にのりかえるが、これが何とも接続がいい。まるで山形発奥羽本線普通列車接続のためだけに設定されたかのような長井線の始発であるが、始発から乗り換えできる列車があるなんて実に素晴らしい。さすが国鉄、かなり気が利いてるサービス!と、時刻表を見ていると思わず拍手を送ってしまいそうであるが・・・実はこれにはからくりがあった。

img025.jpg
長井線の終点・荒砥であるが、とにかく終端駅は折り返しインターバル時間が短い印象である.。だがここ荒砥では12分あったのでラッキーであった。このあと今泉で米坂線に乗り換える。

実は山形から長井線荒砥までは乗り換え無しであった。つまり山形から赤湯までは長井線始発列車の回送を、ある意味増収を図るため一般に開放したと思われる。とはいえ、時間的に一般に開放したからといって前年比150%くらいの増収が見込めるとは到底思えない。つまり、国鉄関係者の通勤手段も兼ね備えての開放であったのだろう。現に私の乗車時には私の他に2人ほど乗客がいた。当時は何とも思わなかったが、今考えるとその乗客は・・・と思う。
そんなからくりのお陰で、時刻表上では赤湯止り、赤湯からページが飛んで長井線の始発列車を跨線橋を使い乗り換えるはずなのが、実際は山形から乗り換えなしで荒砥までいけるのがいい。しかし山形では防犯機能が無意識に働いていてろくに寝ていないせいか、列車の中だとすっかり安心してしまい無意識に眠りについてしまう。今泉など、当時の私には気になって仕方ない駅も「どうせ折返し戻ってくるのだから」とついリラックスしてしまう。しかも下りの始発だし。正直、荒砥まで途中駅の記憶はない。たが、終点の荒砥ではちゃんと駅名表を撮影しているのだから「いい旅チャレンジ20000km」の証明写真撮影の「義務」が体に染み付いていて、ある種の「習性」となってしまっていたのだろう。ちゃんと目的の駅で目が覚める。これは素晴らしい事だ。
(いや、基本寝ないほうがいいのだが・・・)



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (57)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (133)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (28)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (68)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん