FC2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

インフォメーションセンター

画像 087


鉄道全線完全制覇の旅」のホームページ版こちらよりどうぞ。過去に制覇した路線の記録を紹介しています。


私が過去に制覇した路線の旅行程こちらより。小学校時代に訪問した東京近郊等は記録されておりません。1982年以降の、記録が残されている旅を記録しました。


YAZAWAを愛する「古川屋台・ソウヅ」さんのブログ「酒と野宿と…yazawaとカブと…」はこちら
バリバリの「E.YAZAWAチック」な店内は、ファンでない方でも気さくな「あるじ」が快く迎えてくれる事でしょう。

私の詳しいプロフィールはこちらより


☆当ブログに掲載されている画像について、管理人撮影のものに関しての著作権は全て管理人にあります。ご使用になりたい場合はご自由に使用されてかまいませんが、引用元を記されていただくと幸いです。
しかし私の写真以外つきましては引用元を全て記載しておりますので、そちらの管理人様との交渉となります。

ダイナミック☆トナカイの写真につきましては私にご連絡いただいて本人に確認を取りましてからのご返答となりますのでよろしくお願いいたします。

西寒川駅」のみを特化しホームページを開設してます。こちらからどうぞ。西寒川駅には特に強い思い入れがありました。西寒川駅の過去、そして現在をまとめてみました。
スポンサーサイト

世界最強タッグリーグ戦・関西電力黒部見学ルート・アゲイン③

上部軌条はご覧の通り、かなり華奢なナローゲージ風「坊っちゃん列車」タイプの列車が確か5~6両だった記憶である。そして窓には手動ながらワイパーが付いているが、これが後に物凄いパワーを発揮するとは誰が予想したであろうか。私はエレベーターを降り、関係者の案内されるがまま、その「坊っちゃん列車」の乗り場に案内された。だがそこにホームは無い。車両の入口には華奢なステップが置かれているのみである。トンネル内上部はネットが貼られ安全対策を施しているが、壁面がむき出し上の岩には変わらない。

DSCF4527_20181129192240d71.jpg
一応ネットは貼られているが、岩がむき出しのままの状態であるトンネル内。この事だけでも関係者的な空間であることがお分かりであろう。

そんな関係者しか立ち入れない空間を今日は「見学」という形で私はいるが、もちろんそういうシチュエーションでなければ立ち入る事はできないしむしろ立ち入りたくない。というのも、我々の安全対策が確立され、そして安全が確保されていて初めて「見学」というジャンルが成り立つからだ。つまり、ここは物凄い秘境であると同時に常に危険が伴っている事。これを決して忘れてはならないし、ある意味覚悟して参加しなければならない、くらいの身構えが必要な程の環境である。それは再三私が紹介しているトンネル内の岩肌が無言で語りかけてくる印象だし、これから「坊っちゃん列車」で向かう「高熱隧道」が全てを語ってくれている。そんな黒部に対する先人の思いを確認すべく列車は走りだした。

DSCF4529_20181129192241885.jpg
DSCF4530_20181129192243272.jpg

欅平下部「駅」からエレベーターで上部軌条へ移動。参加者総勢30名プラス関係者全員がエレベーターに乗り一気に鮨詰め状態に。


さて、各班に別れてトロッコ内で高熱隧道の歴史やドラマなどの説明を受けるが、とにかくトンネル内ばかりの移動のため周囲は暗い。もちろん車内に照明があり明るいが、普段は電力関係者が利用する列車のため車内は狭い。そん中で高熱隧道の説明を受けた。
高熱隧道とはつまり高熱の断層にトンネルがあるという事であるが、工事中の時に最大160℃もあったらしい!これ、どういう事?と思われるだろう。何でこのような場所を工事しなければならないのか・・・というよりここを通過しなければダム建設予定地まで行かれなかったのだろうが、それにしても凄すぎる!
昭和初期頃の工事のため、現在のように重機などが発達した時代ではなかった。工事の際には人力による作業員に、なんと放水しながら工事を進めたという!それでも肌は焼け爛れ、ダイナマイトは自然発火してしまうほどの凄い環境である。もちろん、そのような環境であるから殉職者も多数おられるはずだ。私は「観光」という立場であるため軽い気持ちで列車に乗っていたが、説明を受け襟を正す気持ちになった。そう、もっと先人たちの黒部に掛ける思いをしっかり受け止めた上で行動しなければならないと。そんな思いの車内では、高熱隧道に近づくにつれ段々温度が上がってきた。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


世界最強ダッグリーグ戦 関西電力黒部見学ルート・アゲイン②

宇奈月温泉から黒部峡谷鉄道に乗継ぎ、ダイナミックな景色を堪能しながら欅平に着いたのが9時12分。ここで事前に通知があった集合場所である欅平駅構内にある食道へ移動する。もちろん参加者は私だけではないためそれらしき人の後に付いて行けば集合場所にたどり着く事ができた。
当日の参加者は30名。すぐさま職員の説明が始まると、ひとりの男児が遅れてやって来た。「遅れました事、ここにお詫び申しあげます」と一風変わった挨拶から始まったこの参加者が後に台風の目になろうとは・・・

DSCF4405_201811261932249e8.jpg
そして宇奈月より黒部峡谷鉄道へ乗り換える。見学ルートとともに私が楽しみにしていた鉄道のひとつ。ある意味念願かなった印象であるが・・・

説明が終ると全員にヘルメット着用を義務づけホームへ移動。さっき乗ってきた黒部峡谷鉄道の列車の一部を切り離し、見学ルート「専用」の列車となり見学ルートへ向かう事になる。
いよいよ見学ルートだ!とこちらは観光気分であるが、関係者の説明はあくまで「見学」を強調。お役所の管轄の関係からどうしても「見学」を強調しなければならないが、関係者は参加者に「写真撮りましょうか~」などサービスたっぷり。どう見ても「観光」であるが、あくまで「見学」である。そんな参加者を乗せた列車は9時33分、いよいよ見学ルートに向け走り出した。

DSCF4514.jpg
そして欅平駅では一般とは違うホームで見学ルートに向かう。ご覧の通り屋根などは簡素な作りであるのがある意味営業用ではないのがお分かりであろう。

さて、欅平から先は地図に無い鉄道路線となる。最初は普通にトンネル風景となるが、しばらくすると岩剥き出しのトンネルに入る。普通トンネルとは、丸いアーチを描き中はコンクリで綺麗にされているのが一般のイメージであろう。だが、見学ルートはいわゆる人を輸送して銭儲けしようと行政に申請しているわけではなく、あくまで関西電力の従業員と物資を輸送する目的で造られたためトンネルの内観を無理に経費を掛けて整える必要はなく、むしろ必要な経費以外は省く必要があるだろう。そんな思いがゴツゴツしたトンネル内の岩肌に表れている。ただ、従業員はともかく、我々一般人も抽選ながら見学できる関係上、その岩肌もコンクリで固めてあったりネットが張ってあったりと安全対策がとられている。そんなトンネルを5分もしないうちに下車する事になる。我々が普段利用している鉄道風景からかけ離れたイメージのホームに列車は到着した。そして更にエレベーターで登り「上部軌条」と呼ばれる関西電力専用の列車に乗り換える。これがまた驚愕な車両であったのだ。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


世界最強ダッグリーグ戦 関西電力黒部見学ルート・アゲイン①

既にダイジェスト版で関西電力・黒部見学ルートの旅の模様は紹介したが、建設当時の黒部に賭ける地元の思いは計り知れないものが物凄く伝わってくるものがあり、とてもダイジェスト版ではお伝えできない思いであった。
そんな思いから再び黒部の旅を紹介しみたいと思う。ある意味私はラッキーだったかも知れないが、改めて当時の模様を振り返ってみたい。

DSCF4300.jpg
電鉄富山は始発の時間帯は、6月のためご覧の通り明るい。右側は建設中の北陸新幹線工事現場であるが、もちろん現在は工事が完成し営業状態である。

「当たったら三連休します!」

私は勤務先に予め報告しておいた。数十年前から黒部の「裏ルート」に非常に興味があった。だがそれは抽選で当たらなければ決して踏み入る事ができない「要塞」のような空間であった。

関西電力黒部見学ルート。富山県は黒部峡谷鉄道の欅平から先、一般の地図上には無い黒部ダムまでのレールがそこにある。基本的には黒部ダムへの従業員や物資を輸送するための手段であり関西電力の言わば「専用」「業務用」である鉄道であるが、ある一定の期間中は「見学」という形で一般に開放される。それが関西電力黒部見学ルートである。料金は無料であるが、一定の期間内に申込手続きをし当選すると案内書が届く。いつか必ず行きたいと思っていたが、とりあえず申込手続きをするために葉書を出さなければ始まらない。ダメモトではないが、一年にかなりの回数で開催されているので当選するまで葉書を出そう!そんな決意の元、私は一番最初の見学日に葉書を投函した。見学ルートは黒部ダム側と欅平側と二種類あり、途中のインクライン辺りで両者がすれ違う光景が見られる。私は欅平側からの参加になるが、インクラインは登りとなる。


DSCF4292_20181126193219a62.jpg
黒部へ向かう列車は我々世代には懐かしい「テレビカー」である。今回の旅で、私は密かに「レッドアロー」を期待していたのだが、結局最後まで乗れず終いであった。ただ、今回の旅では不二越駅前のスーパー銭湯を事前にネットで発見し、わざわざ会員登録して入湯したのが良い思い出になった。



いつしか時が過ぎ、第2第3の葉書を出そうかなと思っていたが、そんな矢先に関西電力からパンフレットが届いた。中には当日の集合場所や時間など詳細に記された書類が入っていた。つまり当選という事だ❗初めての応募にして初めての当選。季節外れとはいえ私は見学ルートを制覇する事に意義がある。季節は二の次である。私は会社に休暇届を出し、勇んで黒部方面に向け切符の手配に取り掛かった。
富山地方鉄道と黒部峡谷鉄道は「世界最強タッグ」であろうが、欅平から先、更に「地図に載らない鉄道」があると思うと非常にワクワクしてくる。しかも今回の黒部見学ルートを制覇するに当たり、そのためにわざわざ富山地方鉄道の制覇を取っておいたのだから尚更だ。富山地方鉄道の制覇は2日間有効のフリー切符で初日に制覇できない路線を翌日に制覇する行程にして見学ルートを存分に楽しむ事にした。

DSCF4302_201811261932229f7.jpg
下りの始発はご覧の通り座席選び放題であった。ホテルの朝食は食べれなかったが、これから向かう見学ルートに胸ワクワク。

3日間ある旅の行程で見学ルートを2日目に充てたが、見学ルートの欅平駅集合時間に間に合わせるには電鉄富山を始発で行かなければならない。宿泊先の富山では無料の朝食を棄権するのが残念で仕方ないが背に腹は変えられない。
始発電車は期待していた「レッドアロー」ではなく「テレビカー」であったが、わざわざ別料金で購入した朝食を頬張り、電鉄富山の頭端式ホームを後にした。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村



サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版㉝

さて、いよいよ「はくつる」が入線してきた。583系の寝台特急である。同僚の「ゆうづる」は客車バージョンと583系バージョンがあり常磐線経由であるが、こちらは東北本線経由である。そして583系といえば三段式の寝台で昼間は座席として利用するため構造が複雑で、座席から寝台に変える際の作業行程は非常に興味深い。作業員はかなり手間がかかる仕事になろうが、今の時代では考えられない程に非効率な作業であろう。

yuuzuru_convert_20121129154213.jpg
いよいよ帰郷の列車に乗る。最初で最後の「はくつる」の乗車は寝台上段でくつろいだ。上段だと寝ながら小窓が見れて、かなりリラックス出来る。今気がついたが、隣のホームに止まっている列車も583系ではないか!寝台としてなのか、座席としてなのか、583系は他の列車とは違う独特なオーラがある。

下段は一番広く値段も高いが、何たって最大の裏メニューは「パン下」と呼ばれる空間であろう。つまり上部にパンタグラフがある都合上、ベッドを三段にできず二段式になっているわけであるが、他のB寝台に比べ高さがあるので広い。そんなマニア情報を当時は知らず、単純に寝台特急に乗車出来るのが嬉しかった。
583系寝台特急では上段と中段は料金が同じであるのでダイナミック☆トナカイと「どっちにする?」みたいな感じであったが、寝台券購入の際に予め私は「上段」と決めてあった。特長としては中段よりやや高さがあるため広いのと、外の景色を見るため上段と中段には小窓が付いているが、上段では寝ながら小窓を見れるのが最大のメリットである。中段では座った状態で小窓が見れる高さにあるので少々体力がいる。しかも天井が低いのでストレスも感じる。既に私は1979年に乗車した寝台特急「ゆうづる」で中段を経験したので今回は最初から上段と決めていたのだ。狙いは見事に当たり寝ながら小窓を覗けるのがいい!中段のダイナミック☆トナカイ氏には申し訳ないが、私は上段でくつろがせていただいた。

49-6-michinokuAL.jpg
画像はミックスマテリアル様提供の座席特急「みちのく」は上野駅での撮影であるが、恐らく「ゆうづる」や「はくつる」などの寝台特急とペアで運転されていた事であろう。583系の特徴を最大限に活用。

青森発の寝台特急「はくつる」は23時59分発であるから、あの青森駅の莫大な線路から解放される頃には既に日付が変わっている。そして1979年以来の寝台特急乗車にいささか興奮気味の私がいたが、先輩である私がその場を取り乱してはならない。私は先輩であるプライドから冷静さを装い上段ベッドで寛ぐ姿を後輩に見せなければならない。勿論、胸の内は興奮の雨霰だ。

「さて、やはり次は北海道かな・・・」

小窓から見える誰もいない薄暗いホームを一瞬で通過するシーンを何度も見つめながらそんな思いが込み上げてくる。ただ、来年の夏休みは高校生だから勉強しなくちゃなぁとか、20日「ワイド」を使っていくらかかるのかなぁとかいろいろな雑念も舞い込んでくる。といいながら、その2か月後に白糠線廃止情報を受け最初で最後の北海道国鉄時代の訪問をしてしまった。それまでは私にとって北海道とは高嶺の花であり、訪問には勇気がいる存在であった。だが、扉を開けてみれば素晴らしい世界があちこちに広がっていた。

aizu2_convert_20120404150156.jpg
2007年に会津若松に訪問した時偶然に停車していた快速「あいづ」。リニューアルされ外観はすっかり新車同様となっていたが、もちろん座席仕様の車内は当時の特急列車そのものであった。

そんな扉をこの東北の旅から僅か2ヶ月後に開けるとは全く想像すらしなかった。国鉄からJRに変わって既に30年以上経過したが、若い世代の中には「国鉄」という単語すら知らない者もいるであろう。そんな世代の若者達に私の旅はどのように映るのであろうか。
やはり旅は行けるタイミングが有る時は無理してでも行った方がいい。「あの時行けば良かったなぁ」という思いはしたくないし「いつか行こう」だといつ行けるかわからない。「この日に行く!」と決めてしまえば意外にスムーズに事は運ぶものだ。
鉄道にしかない旅がある。鉄道にしか出来ない旅がある。昔の自分を外から眺めていたらまた鉄道で旅がしたくなってきた。最近はレンタカーが主流となった私の旅だが、再び原点に帰ってみるのもいいだろう。
随分と長い「サマーアクションシリーズ」となってしまった。この記事がアップされる頃にはオータムどころか既にウインターになっているであろう。たった8日間の旅であったが、私にとっては人生の岐路となった旅と言っても過言ではない。「いつか行けたら」から更に進展し「旅に出る」という一歩踏み出す勇気は大切だし、そして踏み出せる環境があるのも幸せな事である。

「また旅をしよう」

最近はレンタカーが中心の旅が多いが、再び鉄道に拘った旅もしてみたくなった。次は何処へ行こうか・・・


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村



 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (57)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (141)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (68)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (87)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (6)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん