fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

国境の長いトンネルを抜けると、そこは「ぐんまちゃん」だった。上越編 ② 土樽(前編)

日本有数の難所であり、鉄道敷設の際には相当の苦労があったであろう群馬対新潟の国境越えであるが、鉄道は三国峠を嫌い「清水トンネル」「新清水トンネル」で戦いを挑んだ。しかし、後に新幹線専用の「大清水トンネル」が完成し新幹線が開通すると、在来線の清水トンネル、そして新清水トンネルの役割は薄らいでいった。更に新幹線の越後湯沢から先の引き込み線を利用したガーラ湯沢が開業すると、それまでの越後中里や岩原スキー場前など、シーズンには東京から直通できるスキー場もその地位をガーラ湯沢に譲り、更に関越道によるマイカーでの利便性向上など様々な要素が絡み、在来線の役割は徐々にローカル輸送と貨物列車主体の路線へと変化していった。

tutitaru (2)
tutitaru (1)
ご覧の通り、関越道の側面を通じると土樽に到着する。周囲には民家らしきものは見当たらない。私の到着とほぼ同時くらいに他のギャラリーが到着した。

そんな中、上越線の国境越え3駅は非常に頑張っていた印象を受けたので是非紹介してみたい。特に今回紹介する土樽は、3駅の中で最も秘境度を感じる駅であったが、場合によっては、そして時間帯によっては何かが出そうな雰囲気さえ感じた。とは言っても、駅前を関越道が走り抜け24時間クルマの走行音が鳴り響き尾盛や田本的な秘境度はそれほど無いが、当然ながら周囲に民家は見当たらず、通学などの定期客はほぼ皆無の印象なのは誰もが感じる事であろう。
私が到着した時間帯は正午前であったが、上り列車が到着する5分前くらいで、なんと利用者がいた!もちろん、地元の方の印象は薄く、登山者風の出で立ちの方でいらっしゃったので、そうした方の利用者が大半であろうと改めて感じる瞬間でもあった。ただ、私と同業者であろうと思われるギャラリーも若干いらっしゃり、そちらの方もマイカーまたはレンタカーによる訪問であった。

tutitaru (3)
私が生まれて初めて列車以外で到着した今回の土樽である。JRになりかなりリニューアルされていると思われるが、現在は駅員が配置されていない。山小屋風にアレンジされた駅舎が印象的であるが、とにかく暑い!

さて、この土樽であるが、駅前を走る高速道路は関越トンネルの北側入口手前にパーキングエリアがあり、南側のパーキングエリアである谷川岳と共にチェーン脱着場がある。冬季の積雪時には関越トンネル前後で全ての車両が強制的にこのパーキングエリアに寄らされ、タイヤチェーンかスタッドレスかのチェックが入る。もしノーマルタイヤであったならチェーン脱着スペースにてタイヤチェーンの脱着をしなけなければならない。そして関越トンネル内はチェーンを外しての走行となるため、ノーマルタイヤでの往来だとかなりの手間と時間のロスにつながる。ただ、現在はスタッドレスタイヤの普及がかなり進みこうしたやりとりもかなり減ったと思われるが、それでも雪国での交通事情を染々と肌で感じることになる。
もちろん鉄道ではこうした作業を自身がやることはなく、普通に座席に座っていれば簡単に国境越えができてしまうわけだが、それもこれも皆難工事の末に開通し、そして常日頃欠かすことなくメンテナンスをされている運営会社のおかげである。

tutitaru (4)
tutitaru (5)
登山客がほぼシェアしていると思われる利用者向けにインフォメーションもあるが、現在では文明も発達し、スマホのタップひとつで事前にチェックが念入りに入っていることであろう。もちろん、スマホが使えなくなってしまった場合や電波の不十分な場所ではこうしたインフォメーションがとても役に立つ。

ところで今回の土樽の紹介であるが、駅舎とホーム風景を2回に分けて紹介してみたいと思う。まずは駅舎風景をご覧いただきたいのであるが、とにかく駅舎内は国鉄時代のアピールが凄い。私にしてみれば懐かしい限りであるが、やはり時代は変化しても国境越えは人それぞれ特別な思いがあると思われる。私もこの上越の国境越えには以前から鉄道以外で訪問してみたいという思いもあり、今回の実現には実に胸を躍らせてた。ただ、季節的にもっと体に優しい時期での訪問であれば尚更意外な発見ができたかも知れない。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


「続きを読む」をクリックするとサイドメニューがご覧のなれるので是非! 駅舎内では若干がらギャラリー展になっていた。国鉄時代を知る者なら誰もが一目見てその当時に戻り、そして昔の自分が懐かしく感じる事になるであろう。

tutitaru (6)
tutitaru (8)
tutitaru (10)
tutitaru (7)
tutitaru (28)
tutitaru (27)
tutitaru (26)
tutitaru (25)


スポンサーサイト



コメント

大清水トンネルの水を使った飲料水をよく見かけましたが、JR東管内ではまだ売られていますかね?

にわか者様

コメントありがとうございます。

「おおしみず」ですよね?今回の旅でもどこかで見かけたような気がします。現役でまだ販売してますよ。
土合でも、あの462段の階段脇に湧き水が流れているので「新清水」も併せて販売してみたらどうですかね。ただ、このネーミングだと静岡方面からクレーム入りそうなので名前を別に考えた方が良さそうです。
他界された柳生博氏がCMでかなり美味しそうに飲んでいたので、柳生氏に代わるタレントを起用すれば、案外行けるかも知れませんね。

実は我が地元の超大手某私鉄には、大清水という駅がありますよ(^_^;)
あと、この駅のギャラリーは素晴らしいですね。
もう何度言ったことか…あの頃に戻りたいです😭

にわか者様

コメントありがとうございます。
全く予備知識が無いまま訪問したのですが、まさか駅舎内が展覧会になっているとは思いませんでした。

「日本列島改造論」などで一世を風靡した某総理大臣の思いか込められた新幹線の開業によりこうした列車たちはほぼ全てが思い出になってしまいましたが、例えば石打行きなどは現在では考えられないのではないでしょうか。

また、特急などのヘッドマークにイラストが入っていないものは1970年代後半頃までの撮影だと思われるので、懐かしいというよりは逆に新鮮です。
撮影された方は我々と同世代か先輩であると思われますが、私もデジタルカメラを持ってあの頃の時代に戻りたいですね。いや、別にアナログでもいいのですが、やはりバリエーションがシンプルになったような気がする現在において、昭和の、そして国鉄の体験ができただけでも我々は幸せだったような気がしますね。

強いて言えば、場所は少々違うのですが「からまつ」を小樽から乗ってみたかったえです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/1145-f79bce1a

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (110)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (1)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん