fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

「西寒川駅」に拘る! ④

前回に引き続きフォトを紹介したい。お馴染みの画像も登場するが、とりあえずこれだけの「乗客」が駅にいるのは、駅開業以来「初」ではなかろうか?
今回の写真は「昔訪ねた気動車ローカル線」というホームページを管理していらっしゃるミックス・マテリアルさんにもご協力いただいた。こちらのホームページは昭和を主体とした貴重な画像を多数紹介していらっしゃる。特に相模線に関しては私の幼少時代の頃の写真も数多く、非常に懐かしい。一見の価値大有り!



nisisamukawa5_convert_20120404191212.jpg
営業最終日の光景。この日は定期列車の他に臨時列車が5~7本位設定されていた。

nisisamukawa8_convert_20120404191536.jpg
珍しくヘッドマークをつけて登場。最終日ならではの光景だ。1984年3月31日が営業最終日であった。学校的な世間は春休みのためギャラリーの年齢層がかなり低い。

nisisamukawa1_convert_20120404190405.jpg
若干雪が解けているホームへ。コンクリでなく、砂利のホームだ。もちろん「点字ブロック」などは無い。かつて「砂利輸送」が主体であったことを考えると何とも不思議な感がある。

nisisamukawa6_convert_20120404191354.jpg
最初で最後の「区間列車」。西寒川行きの定期列車は全て茅ヶ崎発であったが、営業最終日は寒川~西寒川の臨時区間列車も登場。

nisi
以下の写真は全て「ミックス・マテリアルさん」にご協力いただいた。これは昭和49年頃の西寒川駅である。しかもキハ10!私は昭和50年にこの地に引っ越してきたので一年前だ。私にとってはとても懐かしい光景であり、一番最初に相模線という存在を知った初期の姿である。ひじょうに分かりづらいが、左中央奥に廃ブルドーザーが写っている。私を含め近所の子供はこのブルでよく遊んだものだ。

sagami-53-3AL_convert_20120404192003.jpg
昭和53年頃の西寒川駅。ホームの長さが2両分くらいしかなく、3両編成の列車は寒川寄りの車両がはみ出る。

sagami-53-4A_convert_20130113223311.jpg
昭和53年頃の時刻表。一日4本の列車設定であるが、朝1本、午後3本と偏りを見せる。昼間利用したいときは寒川駅まで徒歩か一ノ宮小学校付近の神奈中バス停まで歩く。

sagami-53-5_1A_convert_20130113223425.jpg
西寒川駅のすぐそばを県道が横切るが、その踏切から寒川方を望む。両端は住宅が点々としているが、現在は「住宅街」である。

sagami-53-5A_convert_20130113223502.jpg
力強く走るキハ10のたらこ色。個人的には2色塗装が好きであったが、徐々にたらこに変身。後発のキハ20は私が当時一番好んでいた車両である。ちなみに左横の空地は現在「一ノ宮公園」に変身している。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

ダイヤモンド☆トナカイ様

やっぱりここも、最後はかなりのファンが詰めかけたようですね( ̄○ ̄;)

それにしても…
駅の様子、私はあまり覚えてないですね…(>_<)
今みたいに、デジカメで手当たり次第シャッターをきることができたらなぁ…と、残念に思います(ToT)


それと…
私も心霊系番組大好きでして
呪いの何とかとか、今でも放送されると見てますよ
我々の世代ですと、あなたの知らない何とかでしょうか

No title

こんにちは。
今の相模線とは随分と雰囲気が違いますね。支線の存在は今では町の中では痕跡として残っているのでしょうか。
気動車が走っていた時代、支線だけでなく相模線自体がのんびりとした雰囲気だったのではないかと思います。
少し前に茅ヶ崎から橋本まで、初めてこの路線を乗り通しました。4両編成の相模線専用の電車は、いかにもベッドタウン化してきた郊外の風景を眺めながら、そして時折対向列車と行き違いながら、軽快に走っていきました。
厚木駅の独特な配線や、時折車窓に流れる緑の風景を見ていますと、長閑だっただろう頃がうっすらと想像がつく気がしてきます。
支線の記憶、これから先も大切にしていきたいものですね。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

風旅記様

コメントありがとうございます。

相模線・寒川支線ですが、現在は緑道として90%以上残っています。特に一之宮公園内はレールが完全に残っており往時を偲ばせます。
ちなみに西寒川駅は現在「八角広場」として一部レールも残っていますが、ホームなどはずべて撤去されています。当時のホームは3両編成では1両分はみ出してしまう短いホームでした。現在の状況ですが、詳しくは
http://4190koawazay.blog.fc2.com/blog-entry-80.html
にてご覧下さい。

それとは裏腹に、発展目覚しかったのは隣の寒川駅です。かつては木造の駅舎が地上にあり構内踏切を渡ってホームに行ってましたが、現在は橋上駅舎になり構内踏切も廃止されました。というより、相模線全駅に跨線橋が設置され構内踏切が廃止されました。
厚木駅に関しましては、かつて相鉄であった名残もあり構内は広くレールがつながっていましたが、現在私の確認する限りでは確か相鉄とJRはレールがつながっていないと思います。厚木基地への燃料だかなんだかの輸送で相模線経由で厚木から相鉄に乗り入れていた時代もありましたが、現在はその必要もなくなったのでしょう。

私たちが地方に行き国鉄色のDCを見かけると必ず異口同音に「あっ、相模線だ!」と言ったものです。そんな記憶を頼りに、これからも「こだわり」をアピールしていきますのでよろしくお願いします。

Re: にわか者様

コメントありがとうございます。

西寒川駅の最終日はご覧の状況ですが、当日はTBSか文化放送か忘れましたがラジオの中継車もきていました。ラジオで廃止の状況がどれだけ伝わるかはわかりませんが、とにかく開業以来最大のイベントだった事でしょう。

それと、私自身も例えば白糠線の北進駅の状況などははっきり言って詳しく覚えていませんし、日中線も熱塩駅のことなどはハッキリと記憶にありません。ただ、私の場合の西寒川は「生活」であったのでこのブログを拝見してくださる皆さんとは感覚がちがう事でしょう。

ところで「あなたの~」は確か昼間の時間帯でしたよね。そんな時間から放送していいのかどうかは疑問ですが、子供ながらに興味深々で毎回観ていましたよ。

ダイヤモンド☆トナカイ様

既に私のコメントが記載されている…


まさかこれは、並行した世界が実在し、そこにいるもう一人の私がコメントしたとでも言うのだろうか…

にわか者様

コメントありがとうございます。

私の出身は神奈川で、ご存知の通り西寒川駅前にも在住期間があった関係から、相模線にかなりの馴染みがあります。その関係から少しでも多くの方に西寒川を知っていただきたいと再アップしてみました。

古くから私のブログをご贔屓にされている方にとっては「再放送」となってしまうかも知れませんが、やはり国鉄時代の相模線を後世に伝えたいという思いもあり、多くの方に西寒川の存在を知っていただくことこそ私の使命かも知れないと過去の記事を引っ張りだしました。

というか、特定地方交通線とかに名を連ねたわけでもなく、言わば地味にその使命を終えた寒川支線は、ある意味「らしさ」があったかも知れません。しかも首都圏にあったから尚更愛おしい存在であり、私が鉄道を好きになるきっかけを与えてくれた存在でもあるので、ある意味「師匠」のような存在かもしれません。

こんにちは。
貴重なお写真と共に記事の内容を拝見させて頂きました。
ありがとうございます。
先日、相模線西寒川支線の廃線跡巡りをしてきましたが、遊歩道として残されていたので、忠実に辿ることが出来ました。
宮脇俊三氏の「時刻表2万キロ」の中にも紹介されていたので、何となく雰囲気をイメージしていていましたが、実際に訪れてみると宅地化が進んだこともあり、田畑や林の中を行くイメージは浮かばなかった。
西寒川駅跡は終着駅の面影が残っていた気がしますが、小説にあった日東タイヤというのは無くなったのでしょうか。
高圧線の鉄塔が往時と変わらないのが印象的でした。

HIRO☆1965様

コメントありがとうございます。

まずは「日東タイヤ」良くご存知ですね!さすが、宮脇氏の著書をくまなく読んでいらっしゃいますね。

日東タイヤは地元では大変有名で、例えば茅ヶ崎などからタクシーに乗って「西寒川駅まで」というより「日東タイヤ」と伝えた方が一発でわかってしまう程地元では通り名となっておりました。

ところで日東タイヤですが「日東化工」と社名を変更して確か若干規模を縮小して現在も操業しています。

「規模の縮小」という事でありますが、これは日東タイヤ時代に工場で火災があり、以降会社の再編か何かにより一部の土地を売却したり何かあったりして現在の姿になっていると思われます。

当時の火災は我が家までゴムの燃える匂いや火の粉が飛んできましたから相当な火災だったと思います。確か夜中にサイレンが鳴り響き放しで大騒ぎしていた記憶ですが、当時小学生の低学年だった記憶なので詳細な部分の記憶が少ないです。

私もちょくちょく西寒川方面へいく時がありますが、宅地化が猛烈に進み沿線の様子が全く変わってしまって昔の面影が少ないです。もちろんその沿線の住宅には当時のクラスメートがたくさん住んでいる、又は実家になっているはずですが、それ自体もかなりリニューアルが進んでいますね。

ご存知と思いますが、西寒川から先、四ノ宮という場所まで砂利輸送の貨物線がありました。四ノ宮駅は現在の銀河大橋付近になりますが、四ノ宮駅の面影は全くありません。私自身も四ノ宮があった時代には生まれていなかったので四ノ宮自体が伝説になりますが、私の住んでいた当時は西寒川駅前の道路から四ノ宮方面へ右側に不自然な空間があり、それが四ノ宮へ向かう線路の跡だったと近年になって理解しました。

すみません、西寒川の事となると語り尽くせず長くなってしまいますが、これからもヨロシクお願いいたします。

こんばんは。
日東タイヤに関して詳細な内容を教えて頂きありがとうございました。
さすがに詳しいですね。
火災があったのは知らなかったですが、地元では大変だったかと思います。
日東化工は有名な会社ですので、現在も操業中というのは納得しました。
西寒川駅跡の少し先まで行ってみましたが、フェンス越しに相模川が見えたので、砂利の採取用の貨物路線があったのは想像出来ました。

HIRO☆1965様

コメントありがとうございます。

「西寒川駅跡の少し先」まで行かれたのはとても素晴らしい事ですね。
駅前の道路が南に向かっていますが、その右脇が四之宮まで伸びる貨物線の跡で、現在は住宅などが建ち並んでますのでほぼ痕跡の確認はできません。
しかしながらその住宅の空間に線路があったんだと思うとかなり納得できる材料だと思います。

西寒川駅付近にあるのは、実は目久尻川ですが、旭ファイバーグラス付近で相模川と合流します。「フェンス越しに」という事は既に相模川の土手に到達してますのでかなり歩かれたようですね。

ちなみに日東タイヤの隣にある小学校と一之宮公園付近にある中学校は私の母校ですが、中学校では「鉄道研究クラブ」という部活に所属していました。今思えばそのようなクラブ活動は他の学校には殆ど存在していないようで、ある意味私はラッキーだったのかも知れません。
といっても顧問の先生はあまり部活に顔を出さず理科室や放送室など、もはや鉄道とはあまり縁のない場所での活動でしたのでやや肩身の狭い思いをしました。

西寒川~四ノ宮の変遷についても私のブログでジャーナルをアップしてますが、地理院地図で過去の姿と現在を照らし合わせると非常につかみやすくなります。
ぜひ参考になさってください。

http://4190koawazay.blog.fc2.com/blog-entry-897.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/79-aa7d2544

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (110)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (1)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん