廃止路線を訪ねて④ 清水港線(リメイク版)<後編>

何の工場かは分からないが、線路の両脇を壁のように固められ、引込み線が次から次へと枝を別れしていく。2両の客車はいうまでも無く「おまけ」であるが、そのおまけに乗車していた客は170人ほどで、乗車率に換算すると40%くらいになる。学校が休みのせいもあって学生は僅少である。では誰が乗っているのか・・・もうお分かりであろう、私の様な物好き連中である。そんな列車は、最初の停車駅「清水埠頭」に到着。工場と工場の間に、辛うじてスペースを見つけたかのような造りだ。乗降客は皆無!やがて何事も無かったように列車は動き出した。先ほど混合列車ということには触れたが、旧型客車の中間車両のため、最後尾は連結部の通路がむき出しになっており、一歩間違えば「あの世への招待」である。しかしここから観る景色は実にスリリングで、いわゆる「逆かぶりつき」が体験できる。そんな中、全国でも珍しい「可動橋」を渡る。その名の通り「動く橋」で、舟が通るときは橋が上に上がり船が通れるという仕組みだ。そんな可動橋を最後尾から望遠レンズを一気に引き寄せ、最大のマックスでシャッターを切った。

kadoukyou_convert_20120331195940.jpg
(清水港線にあった可動橋。撮影技術は当時中学生であったのでその辺をご了承頂きたいが、とにかくこの可動橋は当時九州にある佐賀線のそれと共に貴重な存在であった。)

そして間もなく巴川口に8時17分56秒に到着。貨物用の側線が沢山あり、いかにも「貨物駅」の佇まいである。8時20分35秒に発車したのだから約2分半停車していたことになる。勿論乗降客は皆無に等しい。やがて景色は住宅街へと変化しつつあり、町並みも人間臭くなってきた、などと中学生なりにジャーナリスト気分で取材をしていたら、突然「キキーッ」と鉄の摩擦音と共に体を進行方向に持って行かれた。すぐさま車掌が先頭に向って走り出した。車内にはただならぬ緊張感が走る。やがて戻ってきた車掌に一言二言尋ねると「踏切で車が飛び出してきて衝突しそうになった」そうだ。取りあえず「しそうになった」で済んだのでホッと一安心していたら、すぐさま三保に到着。ホームに足を降ろした瞬間に感じたが、ホームには点字ブロックや白線などの「設備」は無く、砂利を盛り上げただけのホームは「日本三大松原」を控え、観光路線として活躍できるとは到底思えなかった。

img082_convert_20130108150107.jpg
(巴川口駅舎。何だか掘立小屋みたいであるが、貨物側線も多く存在し構内は広い。私の感覚であるが、清水港線の中で最も清水港線「らしい」駅であったと思う。)

「平日は400人ぐらいで殆んどが高校生だ。休日になると80人位に減る。その乗客はほぼ“物好き”になる」と、ホームで一息ついてた車掌の弁。更に「清水港線もそう(営業的に)長くは無いだろう」と付け加えた。実に感慨深く、重く貴重な「現場の声」であったと思うが、中学生のぺーぺーにしてみたらなんて事はない、というより意味がわからない。というより、当時の事を今の私が振り返って初めて「重み」を感じたものだ。そして鉄道設備をカメラに収めるのに飽きてきた頃、並走する路線バスで清水に帰る時間となった。時刻表を見ると、何と1日150~200本くらいの時刻が書かれていた。この地区の主役は路線バスだ。清水港線の存在意義を疑われるものだが、バスに比べ運賃の安い国鉄は高校生の「必需品」となっている。しかし私の様な「物好き」は、まるで骨董品でも扱うかのようにここに訪れるのであるが、地元民に利用されてこそ鉄道としての価値が出てくるのが本来の姿であろう。三保駅の駅舎を見つめながら、なんとなく清水港線を制覇した達成感を中学生なりに感じ、三保駅を辞した。

img091_convert_20130108150705.jpg
(終点の三保駅駅舎。駅舎の前にふたりの人物が存在するが、右側が当クラブの顧問で左側がなんと「ダイナミック✩トナカイ」である。)

あれから20年以上経過し、再びこの地に訪れる機会があった。勿論清水港線の姿はない。あれだけ広かった清水駅の構内も、現在では旅客設備に必用最低限のスペースに縮小されてしまった。更に清水港線のホームや貨物側線も既に撤去されてしまいロータリーなどに転用されかつての面影は無い。しかし三保に向けて車を走らせると、一部不自然な空き地と遊歩道があり、そこに鉄道の歴史が存在した事を無言で語りかけていた。そして、記憶に刻み込まれていたかつての勇姿は確かなものへと変化し、その時代に生きて清水港線と時間を共有できた事を誇りにさえ思えるようになっていた。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

廃止路線を訪ねて④ 清水港線(リメイク版)<前編>

清水港線・・・一般に、いったいどれだけの人が知っているであろうか?清水港線とは1984年に廃止された静岡県の清水区にあった国鉄路線で、1日1往復しか列車設定が無い事で当時は有名であった。そして、そんな制覇難関の路線に、何に魅せられてか果敢に挑んでいった青年達がいた。その青年達とは・・・私を筆頭に、当時中学生であった私が所属していた「鉄道研究クラブ」と言う何とも地味な学校のクラブ活動のメンバー数名と、その顧問の教諭という物好きが集まり、当時でいう「大垣夜行(現在のムーンライトながら)」で現地に向った「鉄道バカ」の集団であった。そして、そのクラブ活動で年に4回発行する季刊誌の取材も兼ねており、その取材班の一人である部長が俄然取材に燃えていた。そしてその部長が今回の旅を事細かに記録していた。ちなみにその季刊誌は私が編集長をしていたので、部長と編集長の両首脳という、何ともクラブ生命のかかったかのような取材であった。と言っても、その季刊誌班に所属するのは私と部長の二人のみで構成されているのであるが・・・という訳で、当時の季刊誌をもとに、清水港線の旅を再現してみたい。

simizu2_convert_20120331202839.jpg
(清水駅構内。清水港線のホームは東海道線のホームから若干離れたところにあり独立していた。というより、貨物側線のどこかに若干砂利を盛り上げた・・・みたいなイメージ、の方が正しい表現かも。)

私は当時、自慢ではないが湘南地区在住であった為、出来れば相模線の始発で静岡地区に入りたかったのだが、それでは清水港線の始発兼最終の下り列車に間に合わない。そのため、先ほど触れた「大垣夜行」に乗らなければならない。という事で、未明の浜松で大垣夜行を乗り捨て、折り返し上り列車に乗り換え清水に向かう行程となった。とりあえず朝陽を浴びながら通勤客と共に清水に6時43分、326Mから降り立った。駅構内はとても広く、貨物の側線やら引込線やらで何本もの線路があったのだが、清水港線の乗り場がどこだかすぐには分からなかった。しかし、普通の人よりは鉄道知識を若干詰め込んだ少年には「野生の感」とでもいうべきか、貨物の群れの中にそれらしき列車とホームがあるのを発見、即座に「清水港線」と確信した。発車まで1時間以上あると言うのに、既に列車は待機していた。これは貨物列車という性格のものか。清水港線は東海道線の清水から、工業地帯を縫うように進み「松原」で有名な三保を結ぶ、殆んど貨物専用の引込み線の様な路線である。そのため、これから乗ろうとする列車も、貨車と客車を混結する「混合列車」と呼ばれるものだ。

simizu3_convert_20130108145157.jpg
(清水駅は現在かなりスリムになった。清水港線のあった場所はロータリーや商業施設に変身している。)

先ほど旅客の列車本数には触れたが、貨物列車は多数設定されているのでハッキリ言って旅客は「居候」の様なものかも知れない。その「居候」たちは、出発時間までタンクやら何やらを乗せた車両やディーゼル機関車やらをカメラに収めるため、若干砂利の盛り上がった「ホーム」を行ったりきたりしていた。ちなみに同伴の「部長」がこの日の列車編成を正確に記録していたので紹介してみたい。三保側を先頭に<DD13-205>-<タキ7002>-<タキ9014>-<ワム63139>-<タキ9016>-<タキ9011>-<オハ47-2080>-<スハフ42-2105>となっていた。よくもまぁ、ここまでドラスチックに調べたものだが、おう、客車が2両も連結されているではないか!それほどまでに旅客の需要があるのか、と思わせるのだが、はたまた思わせぶりか・・・それはそれとして、われわれ「物好き」を乗せた列車は8時10分52秒「カクーン」と揺れを催し清水を後にした。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

30年振りに三保駅訪問!②

いよいよ三保駅に到着し、約30年振りに「三保駅」の台地を踏みしめた・・・現在旧・三保駅は「三保ふれあい広場」となっておりかつての駅スペースがそのまま公園に転用されている。ホームや駅名表も残っており、私はそれを狙ってやって来たが・・・なんと三保駅のホームのある場所が工事中で撮影ができなかった!完全に塀で閉ざされ外界から閉ざされた形だ。もちろんこの中に駅名表があり「証」を収める事が出来ず、完全に疾走してしまった・・・次回訪問で三度目の正直なるか?


DSCF5029.jpg
バスを降りて裏手の道から侵入。旧・三保駅構内にたどり着く。



DSCF5023.jpg
DSCF5022.jpg
DSCF5021.jpg
DSCF5024.jpg
DSCF5025.jpg
DSCF5027.jpg
三保駅構内。意外に広く、貨物側線が多く存在した事を現在も感じ取る事がで来る。人類以外の「乗客」もこの施設を多く利用。



DSCF5030.jpg
DSCF5031.jpg
三保駅に停泊、というより展示されているかつての主役たち。何本か設定されていた列車のうち、これらと一緒に客車が「混結」されていた列車が一往復存在した。ちなみに三保駅の始発列車は16時頃だった記憶。



DSCF5032.jpg
旧・三保駅の駅舎があった付近。写真奥に、わかり辛いがホームと階段がありかつての「駅」であった事が分かる。ここに駅名表があり「証」が欲しかったが中に入れず、完全にメランコリーに・・・


ということで、私の清水港線の旅は終わり、この後「しずてつジャストライン」で再び清水に向かった。バスは約20分ヘッドで運転されていて非常に便利である。ただ、この廃線跡訪問を通して感じたことは「夏は廃線跡訪問は避けよう」という結論であった。皆様も訪問の際は是非夏場以外を選んで訪問してみた方が良いであろう(私があえてこの場で意見しなくてもお分かりと思われるが)。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

30年振りに三保駅訪問!①

2013年7月、私は約30年振りに清水港線を訪問した。というより、厳密に言えば約10年くらい前に三保の松原を「観光」による訪問ついでにチラッと清水港線跡を確認したが、その時はレールファン復活前であり懐かしさはあったが、「廃線跡訪問」という形での訪問ではなかった。今回改めて「訪問」という形で旧・清水港線の姿を確認しに遥々やって来た。どうしてかって?そう、以前に清水港線の話題はこのブログで紹介したが、制覇の証である三保駅の「駅名表」を、現役時代の清水港線訪問時にどうやら「欠落」させてしまったらしく、その証を収めるべく現地に出向く決意をした。事前に調査した結果ホームと駅名表は現存するらしい事を突き止め居ても立ってもいられず「青春18きっぷ」を握りしめた。しかし、現地に着き跡地を確認した結果、実に残念な出来事が私を待ち構えていた・・・実に残念な結果と共にダイジェスト版で紹介してみよう。本当に残念である!


DSCF5004.jpg
JR東海道線・清水駅よりスタート。現在の清水港線は「しずてつジャストライン」が受け持つ。というよりもともと並走していた路線バスでこちらが主役。一日一本の列車を「代行」しているが、路線バスの方が運転本数が圧倒的。数えていないが100本近くはあったであろう。



DSCF5002.jpg
私がバスを待っていると、三保の松原へ向かうと思われる観光客らしき乗客がチラホラいた。



DSCF5005.jpg
ジャストラインは意外にカラフル。車内も清潔感があり利用しやすい。そういえばここ清水ではサッカーチームの本拠地としても知られている。



DSCF5040.jpg
JR清水駅ホームからかつての清水港線方向を望む。貨物側線は全て撤去されご覧のような姿になった。



DSCF5011.jpg
旧・清水港線は清水を出ると工場群の中を走っていたが、巴川口駅を過ぎると県道に顔を出す。一目でかつての勇姿である「轍(わだち)」に気付く事が出来る。歩道部分がかつての清水港線だ。



DSCF5015.jpg
レールが無くなった現在も「保線作業」が行われている。歩道としてすっかり地元に定着。



DSCF5020.jpg
旧・折戸駅と思われる空間。下車してしっかりと確認したかったが、時間の制約もありバス車内から。



DSCF5033.jpg
そして三保「駅」に到着。現在は憩いの空間となっており、バス停のすぐ裏手に駅がある。


次章では三保駅を詳細にお伝えしたいが、遥々やって来た私に厳しい現実が待っていた!とは言え、訪問から30年経った現在でも「鉄道の存在」をしっかり確認することができる。廃線訪問ビギナーでも実にわかりやすく、かつての勇姿を堪能できる事であろう。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

予期せぬ出来事

「廃止路線を訪ねて④ 清水港線(リメイク版)」が思わぬ反響であったため、わずかではあるが清水港線のフォトを蔵出ししてみた。私も懐かしさがこみ上げてくるが、一日一往復の列車設定は乗り潰し泣かせであった。


simizu3_convert_20130108145157.jpg
simizufutou_convert_20130108145336.jpg
img087_convert_20130108150556.jpg
img089_convert_20130108150631.jpg
各「駅名表」であるが、なぜか終点「三保」が欠落。「いい旅チャレンジ20000km(当時)」の制覇証明写真を撮影したためか、完全に忘れていたのかもしれない。


img082_convert_20130108150107.jpg
巴川口駅舎。貨物駅の風格ながら、立派な木造駅舎があった。


img091_convert_20130108150705.jpg
三保駅舎。三保駅に関する記録はこの写真のみ残っていた。駅舎付近にいる二人は、中学時代の後輩と教諭。


img086_convert_20130108150514.jpg
清水駅の清水港線時刻表。若干見にくいが「1日1本」の列車設定がお分かりいただけたであろう。


kadoukyou_convert_20120331195940.jpg
記事で出てきた「可動橋」。旧型客車の最後尾で撮影。キャノンAE-1プログラムで70-210の望遠レンズにて。


simizukou1_convert_20120331203025.jpg
確か清水駅の清水港線用ホームにて。当時「鉄道研究クラブ」という学校のクラブ活動に所属していたが、若干、当時の「部長」がどこかに写ってっているのだが・・・


simizu2_convert_20120331202839.jpg
清水駅構内。勿論清水港線はじめ貨物設備の部分であるが、現在はすべて撤去されロータリーや商業施設に変身している。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
創設:1969.03.09
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR