fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

レールファン復活後、初めての単独遠征② サンライズ(後編)

さて、私の乗せた「寝台電車」は夜の東海道を突き進む。普段見慣れた景色もサンライズの窓から見るとかなり違った景色に見えたのは気のせいか・・・通過する藤沢や茅ヶ崎のホームも何だか違う駅に見える。既にこの旅の2ヶ月前には親友「おさる」と飯田線へ遠征に出かけたが、その時乗車した「ムーンライト」から見た景色とはまた違った感覚だ。あれってなんだろう・・・何か「第六感」的な感性からくるものなのか、不思議と「アート」のような景色が描かれていた。

CIMG0410_convert_20121227164051.jpg
(後年に乗車した「サンライズツイン」。サンライズの特徴は、なんといってもノビノビ座席以外は個室である事だ。このサンライズツインはかなり人気が高く、シーズンにはプラチナ的存在だ。)

サンライズはその後熱海・沼津・富士・静岡・浜松・・・と停車していく。東京発のブルートレインが全廃された現在、こういった駅にこまめに停車していくのは当然の事であろうが、かつてブルートレインが全盛時代はこれらの駅は振り分けて停車していた。だが現在は、旅立っていった仲間のブルートレインの分までサンライズが代表してくれている。そして、たまたま今挙げた駅、全て静岡県にある駅だ。現在は牧之原台地に空港ができたが、最近までは静岡県に空港がなかったため寝台特急が重宝された時代もあったし需要も高かった・・・それなりに。中でも沼津と富士は新幹線が停車しないためこの寝台特急の停車はそれなりに意味があったかも知れない。

sunrize3.jpg
(画像はウィキペディアより。これが「ノビノビ座席」であるが、ご覧の通り、ほぼ寝台に近い。簡易毛布も付いており、短距離乗車にはなかなか良い。が、しかし・・・東京~高松までだと若干勇気がいるかも。)

とは言うものの、浜松では既に深夜1時台。寝台特急を利用するにはいささか抵抗ある時間帯でもあろうが、次の停車駅が姫路だ!朝5時台の到着になる。この間、日本を代表する都市を、時刻表上ではあっけなく通過していく。もちろん、乗務員交代などの意味もあってか豊橋・米原・岐阜・大阪には(下り列車のみ)運転停車するが、私の記憶は大阪のみ!それ以外は「ノビノビ」ながら快適な安眠のようだった。
久々に見る大阪駅・・・実に新鮮だしかつてと様子が変わっていた。大阪環状線の車両が始発の時間を今か今かと待ちわびている。そして姫路・・・寝ながらの状態で窓を見てみると高架上に新幹線乗り場が見えた。つまり在来線の高架工事の進行中であったのだ。側線が多数張り巡らされだだっ広かった構内も現在はスッキリコンパクトにまとまった感があるが、私のこの時のサンライズで見た姫路駅は地上時代の見納めであったのだ。

CIMG0414_convert_20121227164218.jpg
(高松に到着した「サンライズ」。連絡船の設備も無くなり、駅構内はいささかコンパクトになった印象である。かつての「非電化王国」も現在はご覧の車両が活躍している。)

外も既に明るくなっており、上郡辺りの景色はローカルな雰囲気が充分に漂い、普通列車の設定本数を時刻表で確認するとこの景色も納得できる材料であった。
岡山に近づくと車内放送の再開だ。周囲の乗客も身支度を始めた。そして岡山に到着すると挙って下車!一気にノビノビ座席が回送状態になった。私の参戦した日程は平日。なのにそこそこの乗車率でほぼフルハウス状態だったのは、この列車の存在意義がお分かりであろう。特に女性のグループなどが目立っていたのが素晴らしい。岡山で一気に下車したのは、後年も私自身経験したが、やはり「新幹線」の存在が大きい。ここから西へ東へ・・・北へは「出雲」が切り離される。

数えるくらいの乗客を乗せ瀬戸大橋を渡る・・・恐らく「サンライズ」のネーミングはこの瀬戸大橋付近を通過するシーンがイメージされていた事であろう。眩しいくらいに煌く朝日を浴びながらかつてのイメージを一新した寝台特急は「高松」という名のゴールが近づくと、周囲に広がる数多くの側線をかき分けながら自身の居場所を求めスローダウンしていった。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

レールファン復活後、初めての単独遠征① サンライズ(前編)

と言っても妻が同伴したが・・・
2007年、私はレールファンを「復活宣言」した。1984年以降、私はしばらくレールファンを休業していた。その期間、なんと23年!これは莫大な時間と膨大な感性の変化、そして自身が年齢を重ね得た価値観・・・どれをとっても中学生とは全く違う形での鉄道との接し方となる。この年の2月に寝台特急「北陸」で金沢方面を旅したが、この時はまだレールファン復活の「余震」に過ぎなかった。そして7月に私の大親友である「おさる」とともに飯田線の秘境駅めぐりをしたのをキッカケに再度全国制覇を目指した。
日帰りでは何度か制覇の旅に出たが、今回紹介する四国への旅は宿泊しての遠征では復活後初となる。そんなわけで私が選んだ地は先述した「四国」であった。理由は簡単だ。なんといっても「サンライズ」を初体験する事。とは言え個室の確保を全く考えておらず、全く初体験の「ノビノビ」を視野に入れたのだ。横浜から高松まで「ノビノビ」とは・・・今考えると全く無謀な選択であったが、当時はどうしても体験してみたかった。

sunrize4.jpg
(画像はウィキペディアより。かつてのイメージを一新した「寝台特急」。サンライズのネーミングも実に新鮮。)

2007年9月、相鉄線で横浜に向った。今回の旅は1泊2日だが3連休を取得したので三日目はフリーとなる。そして夜行を使い四国入りするのだから時間を有効に使えるのが最大の特徴であった。久々の寝台特急・・・ブルブル震えてくるくらいに興奮する。この感覚、久々だ。1978年に私は寝台特急に初めて乗車したが、それと全く同じ感覚!実に初々しい。
横浜駅は通勤時間帯のいつもの帰宅風景。少々時間があるので構内にあるコーヒーショップで一休み。「コーヒーショップで」というところが既に中学時代の私と異なるところだ。

sunrize2.jpg
(東京発のブルートレインであった「出雲」は、同じく「瀬戸」とともに寝台特急テコ入れの対象となった。サンライズになり成功した事例と言えよう。画像はウィキペディアより。)

サンライズはご存知「出雲(瀬戸)」が電車化された寝台特急だ。住宅メーカーが設計に携わり、今までにない斬新なデザインと空間に包まれた新しいタイプの寝台電車だ。先輩の583系寝台電車とは全く性質が異なり、時代を反映している個室主体の編成は年間通しても利用率が高い。更に先述したリーズナブルタイプの「ノビノビ座席」という斬新なアイデアも搭載されて短区間の利用もしやすくなった。東京~高松に関しては、航空の時間帯の最終便発後に出発をして、翌日の始発便の現地到着時間前に列車が到着するように時刻が設定された。
と、事前準備も万端に運転された「サンライズ」も登場してから既に17年が経過し車両的にそろそろ曲がり角に来ているのかと思われるが・・・

sunrise1.jpg
(こちらの画像もウィキペディアより。ご覧いただかなくてもお分かりであろうが、この電車は2階建てであるのが特徴的だ。限界までの空間を余す事無く最大限に活用している。)

そんなサンライズをコーヒーブレイク終了後、神奈川県を代表する駅・横浜から四国は高松に向った。東京から乗車しても良かったが、横浜からの乗車もまた新鮮。そして初めての経験。いつもと違う雰囲気に若干緊張気味であった。切符に記された席番へ向かうのもまた新鮮。そして「初」ノビノビ座席もまた新鮮。寝台特急へ久々の乗車は新鮮づくしで鮮度抜群であった。もちろん寝られるわけがない。が、個室ではないため若干周りに気を使いながら静かな晩酌が行われた。
だが・・・やはり「ノビノビ」は開放B寝台よりも周りに気を使う・・・ほぼ寝台のような設備であるのにやはり「座席」の感覚のようだ。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

予算の都合上「青春18」で巡る予讃線の旅③

ところでこの予讃線、今治を除き、主要駅はみんな同じような造りをしている。配線も駅舎に接する片面ホーム1本と島式ホーム1本の、計2面3線で片側のみ駅舎があり、反対側へは直接いけない。例えば「西口」はあるが「東口」が無い、という事だ。つまり創世期のまま殆ど手を加えてられない事になる。これは少々利用者にとっては便が悪い。この辺りは早期改善をしてほしいところ。是非JR四国さん、お願いいたします。ただ今治は高架化されスッキリ機能的な駅に変身した。私は2012年10月の訪問の際に下車し、駅前からしまなみ海道を高速バスで渡り尾道まで行った経験がある。その時の経験から、やはり機能的で利用しやすい。

DSCF5337.jpg
(普通列車と言えども、現在は「電車」に進化してスピードアップも実現。気動車時代を知る者にとっては実に「時代の変化」を感じるひと時だ。)

新居浜では、四国では珍しく「貨物列車」を見かけた。東海道では、あの「ムーンライトながら」に乗っていれば見たくなくても見せられることになるが、四国で見る貨物列車はなんとなく新鮮に映る。そして編成も長い!まだまだ「貨物列車健在」を見せつけられた感じだ。

DSCF5352.jpg
DSCF5354.jpg
(新居浜では貨物列車に遭遇。本州にいると珍しくないが、四国では貨物列車を見かけるのが実は初めてであったかも知れない。)

確か観音寺であったか、奇妙なラッピング列車とすれ違った。どうやら宇野駅付近にある施設での「イベント」らしい。私の乗った車内にもその広告が至る所に掲示されていたが、まさか列車までとは・・・ドアが開くと一斉に学生君たちが列車から吐き出された。

DSCF5508.jpg
DSCF5513.jpg
(何とも奇妙なラッピング車両。いっその事、こちらに乗り換えてしまおうか・・)

さて、坂出では何とも奇妙な列車を見かけた。これって特急列車?それとも保線列車?全く予備知識が無いためただ只管カメラを向けるのみになってしまったが、ご存じの方はご教示いただきたいと思います。

DSCF5320.jpg
(こんな車両をご存じか?どなたかご教示いただければ幸いです。)

坂出から再びマリンライナーで本州に向かう。こちらはあらかじめ指定席券を購入しておいたため、座席の確保に足を急がせることは無い。しかも、ひさびさにリクライニングシートの為ゆったりできるのが良い。やはりこういう時間も大切だ。

真夏の太陽が照りつける中、瀬戸大橋から見下ろす瀬戸内海は実に青々しく逞しい。海の幸が豊富な島々は、ひとつひとつの名前は知らないが、そのひとつひとつに「営み」がある。私もいろいろな旅をしてきたが、そのひとつひとつに「思い出」がある。「全体」は「個」の集まりであるが、「個」が集まってこそ「全体」になるはずだ。私は瀬戸内海に浮かぶ数々の島をひとつひとつしっかりと見届ける思いで本州に足を踏み入れた。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

予算の都合上「青春18」で巡る予讃線の旅②

さて、今回の予讃線の旅は「松山~坂出」の電化区間をあえて紹介しよう。その間の乗り換えは伊予西条のみ!もっと細やかな乗り換えがあると思っていたが意外に長距離列車が多い。そして、予讃線の高松~松山の特徴としては伊予西条~伊予北条がワンマン運転になる事だ。時間帯によってはなどは車掌が乗車していると考えられるが、やはり輸送人員的に「ワンマンでも差支えない」区間なのであろう。

DSCF5458.jpg
(松山駅を出る普通列車。現在はこんな「電車」で旅ができるのだ。)

松山を出ると、しばらく市街地が続く・・・と思っていたらそんな事は無く、早速「ローカルらしい」風景に変化してゆく。愛媛と言えば名物の「ポン」の工場やミカン畑が車窓を彩り「らしさ」を象徴。途中の堀江を過ぎると早速海岸が見えてくる。

DSCF5469.jpg
DSCF5467.jpg
(堀江を過ぎると早速海岸が見えてくる。ということは海に近いという証拠だ。)

ということは、海の近くに駅がある。そう、かつて堀江は本州の呉線・仁方まで「仁堀航路」なる連絡船の接続駅であった。と言っても駅から船乗場まで若干徒歩を要するため利用者があまり多くなく、運転本数も多くなかった。何と晩年は1日3往復と、とても「連絡」としての機能をしているとは思えず、国鉄職員もその存在を知らない者も少なくなかった。そんなことから1982年に廃止になってしまった。ちょうど「青春18」が登場してからわずか3カ月という、何とも短い運命であった。

DSCF5464.jpg
DSCF5465.jpg
(堀江駅とその駅前風景。とても「連絡船」があったとは思えない、昔からの街並み。もちろん、ここから見る限り「名残」は感じられない。)

しかしながら、堀江を過ぎ伊予北条~伊予西条は先述した通り「ワンマン」となり確か2両編成のうち1両が回送扱いになり締め出される。乗客は前寄りの1両に全員乗車を余儀なくされるが、それでも立席客が出ないほど穏やかに時は過ぎる。途中、今治では下車・乗車ともに多数あったが、車内の乗車人数は「プラマイゼロ」状態であったが顔触れはほぼ変更された。やはり直通するのは私ぐらいなものか・・・

DSCF5359.jpg
(「延命水」ならぬ「水の都西条」がホームに湧き出ている。私も試したが、熱中症対策には重宝した。)

伊予西条ではホームに湧水があり、長い停車時間でもホッとする瞬間がやってくる。というより、私の訪問時、四国の香川や高知などは連日の猛暑の為水不足が発生。給水配給が行われるほど事態は深刻化していた。そんな中の北条の湧水は大変貴重であったろう。

DSCF5360.jpg
DSCF5366.jpg
(伊予西条駅はリニューアル中。停車時間があったので少々駅を散策してみた。)

伊予西条では、坂出から松山に向かう下り乗車の際に若干停車時間があったため少々駅界隈を散策してみた。駅前横には「鉄道歴史パーク in SAIJYOU」なる鉄道展示場があったが、私が下車した時はなんと定休日!40分弱の時間があるのにもったいない!!施設の中にはDF50らしき機関車が保存されていた・・・

DSCF5369.jpg
DSCF5367.jpg
(レールパーク in SAIJYOU。中にはDF50ディーゼル機関車が保存されているようだ。)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

予算の都合上「青春18」で巡る予讃線の旅①

2013年8月、私は約29年振りに「18」のみによる旅をした。何とその日数4日間!と大袈裟に表現してしまったが、既に私は「中学生」ではなく、立派な(訳ないが)社会人として一人歩きをしている。
今回の四国の訪問は、先述した「古川屋台ソウヅ」に訪問する事がメインイベント。しかし3月と6月に全線制覇(沖縄のゆいレールを除く)達成の為北陸の旅を強行突破で敢行、真夏というのに「フトコロ」に猛吹雪が襲った・・・
そして北陸の旅の為少し早い「夏季休暇」を取らしていただいたつもりであったが、勤務先では別枠で夏季休暇をと取りなさいとの指令が出た!ということで「古川屋台ソウヅ」に向かう事を企てたのだが、旅費の捻出をどうするか・・・もう、最終兵器しかない!との思いから「18」に戻ったつもりで「青春」してみる決意をした。

DSCF5517.jpg
(多度津ではこんな「改造車」も。四国にも「電車」がいる証だ。)

しかし、いざ「18」で移動を開始すると、想像もしない出来事が私を待っていた・・・小田原から「ムーンライト」で始まった旅は、初日に左足が若干浮腫み、翌日には消化器系(特に胃)の不良、3日目にはとうとう腰痛が発生し、最終日にはもう開き直って気力で耐えるが左足の膝痛と左腕の筋肉痛が発生。既に「満身創痍」となっていた・・・
なぜこのような思いをしてまで旅を続けるのか・・・と自分に何度も問うた。や、もう理屈ではなかった。いかにしてこの苦難を乗り切るか!私の中では既に旅が、ある種の「修行」に変化してしまっていた。

DSCF5373.jpg
(「普通列車」の為、各所で特急に抜かれる。伊予西条では、なんと37分の停車時間があった。)

またまた前置きが長くなってしまったが、今回の四国訪問に関しては全て「普通列車・快速列車」の行程の為、愛媛に向かう列車も全て普通列車だ。そんな中、私は予讃線(特に高松~松山)を過去に普通列車で訪問した事はあまり無い。そういう意味では今回予讃線とじっくり向き合えるかも知れない。との思いを馳せ、初日に坂出から松山まで、なんと乗り換え無しの列車で訪問。2日目は松山を出発した後、伊予西条で乗り換え坂出に向かった。時刻表を眺めてみると、意外と四国は長距離普通列車が多い事に気付く。

DSCF5318.jpg
(本州と四国を結ぶ「マリンライナー」。指定席もあり、確実に座りたい方は重宝する。)

かつての四国はDC王国として君臨し、高松駅などでは気動車のエンジン音が絶え間なく響き渡っていた。現在、予讃線は伊予市まで電化され、土讃線も琴平まで電車が走る。高徳線は現在も非電化であるが、列車の性能がアップし高速化が実現している。そんな中、私は「マリンライナー」で坂出に到着。「サンポート南風リレー号」なる快速列車に乗り換え、乗り換えなしで松山に向かった。その道のりはなんと約5時間!坂出からが異常に長く感じた。特急列車だと高松から松山まで約2時間。これほどの差が出るのかJR四国!
しかしながら「満身創痍」の私をなかなか楽しませてくれたのも確かだ。やはり私は「青春18」の体質が体に染みついているのか・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (109)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (0)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん