音威子府駅に行ってみた!

前章でも紹介したように、私は宗谷本線で音威子府に訪れた。その最大の意味は「常盤軒」であった!!そう、ウン十年越しに実現したこの常盤軒の訪問は、まだまだ元気な主(あるじ)が健在であり、2時間半の滞在時間にじっくり観察させていただいた。一見クールな印象の主であるが、出てくる蕎麦には拘わりがありそう。蕎麦はお馴染みの真っ黒い物で風味が独特であった。そばつゆは、完全に東京方面の味付けであり、関西方面出身の人にとってはやや濃い印象であろう。とは言え風味は格別で、是非ご覧の皆様もお試しの価値「大」。もちろん経験済みの方も再訪、再再訪していただきたい物件だ。

otoineppu3.jpg

そして駅設備に関しては、1990年に駅舎が改装され若干印象が変わった。その時にホームにあった常盤軒も駅舎に移設されたが、それがかえってラッキーだったのか、列車を利用する人以外にも地元の方の利用を多く見かけた。特に若いバスの運転手と思われる人物が「2杯目」を一人で平らげ再び駅舎を出てバスに戻っていくシーンも見られ、なかなかの人気ぶりが伺えた。
駅舎以外はほぼ昔のままの状態と思われ、昭和の面影も感じられる。天北線がなくなった現在、全てのホームが列車で埋まる時間帯があるのであろうか。

otoineppu.jpg
音威子府に到着!いよいよ念願叶う時が来た。駅は2面3線で、特に1番線は簡素な造り。駅舎へは階段を使わずに移動できる。


otoineppu19.jpg
otoineppu11.jpg
otoineppu18.jpg
otoineppu20.jpg
otoineppu13.jpg
otoineppu2.jpg
ホームはまだまだ昭和が残る。いや、開業当時とあまり変化がないであろうと思われる。かつては天北線を分岐していたが、その天北線はかつての「宗谷本線」であった。その「宗谷本線」が天北線に変身し、そして廃止された経緯は複雑な思いである。


otoineppu17.jpg
otoineppu4.jpg
otoineppu10.jpg
otoineppu8.jpg
立派な駅舎になった。村が出資して完成したと聞いているが、まさに村の玄関口に相応しい佇まい。


otoineppu9.jpg
駅前の風景はそれなりに生活を感じる事ができるが、人の気配を感じない建物も少なくない。


otoineppu15.jpg
駅前からのバスはこんな感じの時刻表。「あの」太川陽介が見たらどんなコメントを発するであろうか・・・だが、恐らく「高速バス」と思われ、太川氏御一行は利用できないかも。


otoineppu12.jpg
そして駅舎の中へ。宗谷バスの切符売り場や天北線資料室もあり、実に機能的である。


otoineppu6.jpg
otoineppu5.jpg
そして・・・お待たせしました!いよいよ「常盤軒」の初体験!「夏・体験物語」ではないが「冬・常盤軒体験物語」の始まりだ!


otoineppu7.jpg
独特の蕎麦の色は、蕎麦の実はもちろん、蕎麦殻も混ざっているとか。つゆは実に「関東風味」の味で、私には丁度いい味付けであった。路線バスの運転手がひとりで2杯も食べていたのは納得いく。


otoineppu16.jpg
常盤軒の営業時間は16時までであるが、3時半頃から自身の身支度を始めていた。まだまだ現役の主には末永く現役であって欲しい。ちなみにCSの鉄道情報番組で拝見したところ「私の代でおしまい」との発言があった。つまり主が健在でなければこの常盤軒の味は楽しめない事になる!!是非「後継者」が欲しいところであるが・・・


otoineppu21.jpg
そして「はまなす」に乗車するため復活した「サロベツ」で札幌に向かう。宗谷本線に特急列車とは1980年代には考えられなかったが、当時より当然快適になった。色々な「話題」があるJR北海道であるが、今後も是非頑張っていただきたい。




FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

各駅停車で宗谷本線を旅してみた!③

美深はなかなかおしゃれな駅舎をしていた。列車が到着すると初老の紳士が2~3名下車。名寄本線の主要駅らしい機能をしている・・・と表現していいかわからないが、利用者がいるのは素晴らしい事だ。

monponai1.jpg
(紋穂内では貨車駅舎が登場。私に経済的余裕があったら是非塗り直したい気持ちでいっぱいであるが・・・)

そういえば、宗谷本線に限らず、北海道には国鉄時代に「仮乗降場」呼ばれる駅が多く存在した。いわゆる本社公認か地方管理局の判断での設置かの違いであるが、仮乗降場に関しては全国版時刻表には掲載されていない。そのためその存在をどう知るかというと、北海道内のみで販売されている「道内時刻表」でその存在を知る事ができるのだ。私は1982年に、いわゆる「通販」で初めて購入した道内時刻表を見て驚いた!その数は、何と数え切れないくらいに北海道全域に散りばめられていたのだ。

onnenai.jpg
(北海道では「~ナイ」と着く地名・駅名が多い。ちなみに「ナイ」とはアイヌ語で「川」を意味するらしい。「~ペツ」も同じくアイヌ語で「川」の意味らしいが、恐らくその大きさから呼び名が違うのであろう。)

レールファンならご存知であろう、枕木やベニヤ板のような簡素な素材でできたような短いホームの駅は、かつて仮乗降場であった場合が多い。例えば留萌本線の留萌~増毛間では「礼受」「舎熊」以外はかつて仮乗降場であった(瀬越は臨時駅)。訪問なされた方や留萌本線をよくご存知の方ならお分かりであろう。やはり礼受と箸別などを比べてみてもその差は一目瞭然であろう。道内時刻表でこれらの駅を見つけた時に、なんだか「隠れキャラ」を見つけたような喜びを感じていたのは私だけであろうか・・・

souyahonsen.jpg
(宗谷本線の普通列車は想像していた通り、実に長閑な時間が過ぎていった。)

そんな「隠れキャラ」的な存在であったのが天塩川温泉だ。今では堂々とした駅の風格を醸し出すが、かつては全国版時刻表に載らない「隠れキャラ」であった。駅名を表現しているような施設は駅前には見当たらなかったが、限りなく駅に近い場所にその存在が確認できる事であろう。日本で最北の温泉は同じく宗谷本線の豊富が最寄りである豊富温泉と言われているが、この天塩川温泉も位置的には最北の部類に入るであろう。

tesiogawaonsen1.jpg
tesiogawaonsen2.jpg
(かつては仮乗降場であった天塩川温泉。駅に昇格してからなんとなく風格が出てきた感があるが、駅前にその姿を見る事ができなかったのは残念であった。)

やがてこの旅の最終目的地、音威子府(おといねっぷ)に到着した。この駅は私がレールファンになってからずっと訪問したいと思っていた駅であると同時に、どうしても試してみたい「名物」があった。11月という時期は、東京方面ではそろそろ本格的な寒さを迎え「重いコート」も蔵出し始めた頃と思う。しかしここ音威子府に着く頃には天塩川も完全に銀世界と化しており、我々が普段イメージしている「北海道」がそこにあった。

sakkuru.jpg
(実にロマンチックな駅名である「咲来」。気が付いたら辺り一面は銀世界であった。)



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

各駅停車で宗谷本線を旅してみた!②

名寄を出た列車は早速北海道の大自然をじっくり私に見せてくれた。とりあえず今回の旅は鹿や熊などの被害はなかったが、いつ出てもおかしくない風景が延々と続く。天塩川に寄り添うように、季節によっては車窓をバラエティーにさせてくれるのは周知の通りであるが、どちらかというと私は駅設備の方が気になる存在だが・・・

nayoro1.jpg
nayoro2.jpg
(名寄駅に到着。稚内行きに乗り換えるが、その時間3分。しかも跨線橋を使わせるとは!ダッシュしたのは言うまでもない。)

最初にたどり着いたのは日進である。なんというか、宗谷本線の、いや北海道の哀愁漂う駅の基本形のような駅だ。絵に書いたような日進。決して「指扇の隣」では無く、純粋に北海道の匂いがした(当然であろうが)。続いて北星。レールファンお馴染みのあの駅舎?というか待合室がデーンと出現。相変わらず味がある建物は、いつしか下車してみたい衝動を醸し出す。よくこの辺りの駅が「秘境」として紹介されるが、私が思うにそのような秘境度はあまり感じられず、むしろ付近に民家、というより酪農業の施設がそれなりに存在した。これが駅の存在する理由であろう。

nissinn1.jpg
nissin2.jpg
(宗谷本線らしい駅舎、というか待合室が現れる。まずは日進。)

そして更に天塩川が諄いくらいにくっついてくる景色の中、常に進行方向左側に集中して現れる。智恵文では貨車駅舎が登場する。そして隣の智北や南美深は典型的な仮乗降場の姿をしていて「らしさ」を醸し出していた。やはりこの辺はレンタカーで「熊シリーズ第二弾」でもやらないといけない雰囲気になってきた。いずれタイミングができたら是非実行してみようと思う。

hokusei2.jpg
hokusei1.jpg
(そして北星。もうこの駅はお馴染みであろうが、私の訪問は11月。なのにもう「北海道らしさ」が顔をのぞかせていた。)

さて、美深に到着すると私はある行動にでた。それはかつての「美幸線」の確認作業だ。とは言え2008年には「スーパー宗谷」で下車はしなかったが初訪したためその作業は若干ながらした。しかし僅かな停車時間と美幸線とは逆の席に座っていたためその作業はできずにいた。帰りのサロベツでも同じであったが、今回は普通列車。そのため若干余裕があった。しかしながらもう既に確認作業をするまでもなく面影すら感じられなかった・・・中学時代は何度も訪問計画を立てたが「計画」で終わってしまい現在に至る、そんな美幸線は是非現役時代に体験してみたかったものだ。

tiebun.jpg
(智恵文では下車客の姿が!つまりこれが駅の存在理由になるのだが・・・よくぞお元気で!このあとこの乗客は駅舎横に停めてあった自転車で駅を離れていった。)

しかしながら「日本一」に輝いたのは、理由はどうあれある意味素晴らしい。そういえば九州の添田線なども「日本一」になった。赤字赤字と言ってはいたが、つまり「赤字率」であって「赤字額」ではない。美幸線の赤字額は、当時の国鉄全体で考えた場合、それほど大きな「額」ではなかったと思う。確かに赤字ではあったが、東海道線のそれに比べたら天と地ほどの差があったろう。

bifuka.jpg
(美深では美幸線の存在が私にとっては実に大きかった。しかしながら訪問できずに現在を迎えてしまったのが残念でならないが、現在は旧・仁宇布駅でその勇姿を確認できる。)

と、若干昔話をしてしまったが、逆にいえばそんな宗谷本線ひとつ取っても北海道の鉄路には色々なかつての記憶がいたるところにたくさん凝縮されいるので訪問していても実に明るく・楽しく・激しい!って、どこかのプロレス団体のキャッチフレーズになってしまったが・・・



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

各駅停車で宗谷本線を旅してみた!①

2014年11月、夜行急行列車「はまなす」への乗車記は既に紹介したが、その道中の過程で音威子府を訪問した。その理由は・・・「常盤軒」に訪問する事だ!!単純に、そして純粋に常盤軒の訪問のために旭川から快速列車+普通列車に乗り北を目指したが、やはり宗谷本線は稚内まで各駅停車で訪問して始めて「絵になる」と思う。スーパー宗谷やサロベツではやや旅情が薄れる気がするのは私だけであろうか・・・

asahikawa1.jpg
(私は初めて高架化された旭川から列車に乗った。長いホームから発する普通列車は少々ホームを持て余し気味。)

今回は音威子府までしか訪問できなかったが、やはり名寄以北は素晴らしい内容で「宗谷本線フリーク」「宗谷本線マニア」が日本全国に存在するのも頷ける。私のように首都圏に在住していると、北海道のような大自然の景色は癒しの材料になるという事は、私と同じ経験をしていらっしゃる方も少なくないと思われる。そんな宗谷本線の一部ではあるが、あらゆる鉄道情報誌などでも紹介されている中、私なりの感性でも紹介てみよう。

nagayama1.jpg
(近年、利用者増加が著しい永山。全国的に乗客が減少していく駅が多い中、旭川のベットタウンとして着実に発展している。)

今回は「はまなす」に乗車するために北海道入りしたが、その発車時間までに充分すぎるくらい時間があるため札幌市内や旭山動物園などに観光でもしようか・・・とも思っていたが、やはり北海道ではひとつ心残りがあった。それは「常盤軒」である。北海道へ行くのに人並みに観光ではやはり面白くない。という事で私は旭川空港に降り立った。早速市内行きの路線バスに乗り換えるが、空港玄関前がそのバス乗り場で我々飛行機の下車客を待ち構えていた。

nagayama2.jpg
(名寄本線の主要駅のひとつである士別。かつては2千人近くいた乗降客も現在は700人くらいに減ってしまったが、主要駅の風格を今でも保っている事には変わり無い。)

今年(2014年)6月以来の旭川駅訪問となるが、やはり高架化されたばかりですべてが新しい。そして何より富良野線と他の路線が統一されてスッキリスリムになった旭川駅は実に機能的だ。そして私はその真新しいホームから初めて旭川より鉄道を利用する。有効長の長いホームにいた快速列車はたった1両編成であった。
旭川を出発するとすぐに地上に降りて従来の景色となったが、予想通り永山で一気に乗客がいなくなった。「女学生」という言い方は古いかもしれないが、永山まではこの方たちが主だった乗客だった。旭川のベットタウンとしてかなりの乗客があるのは周知の通りであるが、駅舎などはほぼ昔のままの佇まい。このアンマッチさがじつに良い!

siokari1.jpg
(レールファンにはお馴染みの塩狩。私の乗車した快速列車は通過してしまった。少々勿体無い・・・)

そんな永山を過ぎると車内は実に落ち着いた光景を見せながら比布や士別、和寒やそして何と風連などにも停車して名寄に到着した。乗り換え時間は何と3分!しかも跨線橋を使わなければならないとは!!JR北海道様、この辺りをもう少し配慮していただくと利用者も助かると思われるのですが・・・というより乗換客より名寄での下車客の方が多いからか。ならば接続時間をもう少しとっていただくと私も息を切らさずに乗り換えができたのだが・・・と個人的な意見ばかりを述べてしまったが、いずれにしてもこれから先の「宗谷本線」が実にワクワクする。しかも宗谷本線「初」各駅停車の旅。そう、宗谷本線はじっくり時間をかけて訪問するべき路線だ。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

熊に逢ったらどうするか⑬ 比布

pip8.jpg

宗谷本線にあるここ「比布」は、私の世代では「エレキバン」のCMで大変に知名度が高い。特に会長が登場し商品名を言う際に列車が通過するシーンが印象的であったが、当時はかなり話題となり、詣に行く観光客も少なくなかった。
かつては急行停車駅であったが「宗谷」が特急に格上げされてからは快速以外の優等列車の停車はなくなってしまった。しかしながら当駅始発の列車設定が多く、完全に旭川の通勤通学圏内であろう事がわかる。とは言うものの、北海道特有の景色も広がっており、駅前に若干の集落があるものの、見方によっては秘境駅と勘違いしてしまうほど長閑な時間が過ぎていく雰囲気である。
「ピップ」の名の由来は、ウィキによると「アイヌ語のピプまたはピピから出たもので『沼の多いところ』あるいは『石の多いところ』の意といわれている。昔は湿地帯が多かったことや、石狩川の川床には石が多かったためピプ、ピピが転訛し音訳して名付けられたと考えられている。」となっている。また、かつては駅舎に喫茶店が入居していたが、現在は無い。
と、ややレポート気味になってしまったが、2014年の熊シリーズの旅行程において一番最初にコンタクトした駅であった。正確に言うと旭川が最初のコンタクトであるが、こういった「北海道らしい」駅はいつ来ても、いつ見ても素晴らしいと思うのは私だけであろうか。


pip11.jpg
pip3.jpg
駅舎はこんな色に変身していた。かつてのイメージよりも可愛らしくなったが、併設の喫茶店はなくなってしまった。


pip9.jpg
pip10.jpg
pip4.jpg
pip12.jpg
ホーム側から眺めたほうが風情を感じる。待合室は極一般的な雰囲気であるが、これがシーズンになると北海道特有の気候からお客様の身を守る「手段」として役立つ。


pip13.jpg
pip15.jpg
pip5.jpg
pip6.jpg
pip2.jpg
私が到着した時にはちょうど当駅始発の列車が停泊していた。列車交換も行われたが、残念ながら乗客は僅少・・・


pip16.jpg
pip14.jpg
pip1.jpg
跨線橋も昔ながら。「会長」も利用したホームも当時のままほとんど変わっていないと思われる。


pip7.jpg

こうして「熊シリーズ」の旅はスタートを切ったわけであるが、既にこのブログ内ではこの旅の模様を紹介している。私が初めて鉄道を利用せずに行なった鉄道旅。最初のコンタクトが「ピップ」とは特に意味が無かったのだが、こうして訪れてみると北海道独特のカラーはいつ見ても私の心を和ませてくれる。初夏の新緑に染まる北の大地の風景は、今でも「昭和」が残る安らぎの場でもあった。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR