蝦夷からアイヌへ⑤ 大樹

taiki (3)
国鉄時代の駅名標はmassi1様のご協力のお写真である。今回の旅ではmassi1様のブログ「プラットホームの旅」の国鉄時代を参考参考にしながらの旅であったので、比較しながらの旅が大変楽しかった印象だ。

既に廃止されてしまった広尾線は帯広から広尾までの路線であったが、広尾から先、えりも経由で日高本線の様似まで繋がる「予定線」があった。開通していたら恐らく特急列車が設定されていた事であろう。そして今回紹介する大樹は間違いなく特急停車駅になっていたはずだ。広尾線沿線では起点の帯広の次に大きな街であろう大樹は、国鉄時代も要衝の駅であったが、大樹と帯広間の区間列車があったかはやや記憶が薄い。

taiki (2)
こちらは国鉄時代の駅舎。もちろんこちらは「プラットホームの旅」より。

taiki (5)
taiki (6)
そしてこちらが今回訪問の2017年6月現在の大樹駅舎。比較していただいてお分かりのようにほとんど昔のままである事が確認できるのが嬉しい材料。現在駅舎は「北海道衛生株式会社」が所有しており、駅舎横には大きなアンテナがデーンと構える。

さて、今回訪問したのは2017年6月。廃止から既に30年が経過したが、事前調査では駅舎は転用されてはいるものの、現存していると聞いた。そんな情報を元に現地に訪れてみたら・・・
なんと、いい意味で裏切られてしまった!まず、レールはないものの、ホームがしっかり現存!しかもしっかりと手入れされ現役時代となんら遜色ないくらいの保存状態。実にお見事!というか、ここ大樹に寄る前に愛国、忠類と訪問したが、事前調査では内容がわかっていた。そのためある程度の心構えができていたが、大樹の場合は事前調査と内容が異なっていたためのサプライズであったのだ。やはり実際に訪れてみるものだ。

taiki (7)
taiki (11)
taiki (9)
taiki (8)
かつては公園に整備されていたと聞いていたが、現在これほど手入れされているとは思わなかった。正直、公園時代をあまり期待していなかったのだが、ある意味、いい意味で裏切られた感じであった。これからもこの状態を維持していただけるとものすごく嬉しい感!

そしてまたまた今回、国鉄時代の大樹の写真は、毎度お馴染み「プラットホームの旅」管理人様の「massi1」様似ご協力いただいた。大変貴重な写真の数々を公開なされるので是非ご覧いただきたい。
さて、このあと広尾に向かったわけだが、広尾線の模様については後日紹介するつもりなのでお楽しみということで・・・

taiki (13)
taiki (1)
taiki (4)
最後に「プラットホームの旅」より現役時代の風景。やはり広尾線の要衝駅だけあって堂々としている印象だ。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR