fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

熊に逢ったらどうするか⑯ 糠平(後編)

前章でも予告していたが、今回は資料館内を紹介してみよう。かなり貴重な写真も展示されており、特に私自身懐かしさを感じる写真もあった。昭和の時代、数多くの「ローカル線」が存在したが、士幌線は異色中の異色的存在でありいつかは行ってみたいと思っていたが現役時代にそれは果たせなかった。資料館の中に入ったら尚更現役時代に来てみたかったが、当時私は中学生くらいであったので多分今ほどその異色さがわからなかったと思う。それでも当時を振り返ると異色だと思っていたわけだから相当な異色的ローカル線であったろう。

nukabira (21)
案内は「糠平駅」ではなく、ご覧の表示であった。当たり前と言えば当たり前であるが、ひと目で「糠平駅」とわかる空間でもあった。


nukabira (33)
そして現在、糠平駅跡に建立された資料館。貴重な資料が豊富にあり、その道の人にはたまらない物件である。


nukabira (8)
nukabira (13)
nukabira (11)
nukabira (10)
nukabira (9)
nukabira (8)
nukabira (14)
時刻表は恐らく中間駅であった頃のものであろうと思われる。十勝三股までの列車が6本設定されていた事に時代を感じるのは私だけか・・・


nukabira (20)
nukabira (19)
nukabira (17)
nukabira (15)
nukabira (40)
nukabira (41)
nukabira (42)
nukabira (36)
実際にタウシュベツアーチなどに行ってみようと思ったが、国道から逸れた大自然の中に存在するため、初夏の北海道ではかなりきつい。実際にクマとか出没しそうであったし・・・


nukabira (37)
nukabira (38)
nukabira (39)
流石にSL時代は知らないが、湖底に沈んだ糠平駅も知らない。私も知らない貴重な写真が多く寄せられている。


nukabira (43)
nukabira (4)
nukabira (1)
nukabira (3)
nukabira (7)
nukabira (5)
nukabira (6)
現役時代の写真は私も知っている部類であるので懐かしい。特に帯広は1983年10月に訪問しているためその頃の写真として大変貴重であると感じる。現在は高架化され4番線まであるのは周知の通りであるが、当時は5番線まであり側線も何本かあった。士幌線は何と駅舎に接する1番線からの発着であった。




FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



熊に逢ったらどうする⑯ 糠平(前編)

nukabira (31)

以前に「熊に逢ったら~」シリーズで北海道を紹介したが、まだまだ紹介していない駅があるので少々蔵出ししてみよう。

北海道は士幌線にあった事実上の終着駅・糠平は、ダム建設に伴い移転した経緯がある駅である。ダムの出来る前の駅は完全に湖底にあるが、地図を見てみるとなんとなく旧線の雰囲気が分かるのが面白い。それを象徴するかのように、現在でも配線跡がしっかりと残っている。レールファンであれば「タウシュベツ川」と聞けばピンとくるであろう。その他にも数々の遺構が点在する士幌線であるが、その「タウシュベツ川」の部分は国鉄時代にいち早くバス転換してしまったという皮肉な逸話もある。
「2代目」糠平駅は湖を避けるように大きく左に折れ、糠平温泉からほど近い場所に建設された。とは言え、歩くにはやや距離があるが、列車本数的に考えても列車で糠平温泉にやって来る観光客は観光バスなどのそれに比べ格段の数値の差があった事であろう。
現在は士幌線の歴史を後世に伝えるべくための資料館として第二の人生を送っている糠平であるが、構内では現在でも不定期ながら列車に乗れる!もちろん帯広まではいけないが、ちょっとした「士幌線」を体験できるかも知れない。


nukabira (22)
nukabira (23)
国道から一本逸れるとかつての糠平駅に到着する。ちょっとした「駅前広場」になっており、ひと目で「駅」出ることがわかる空間だ。


nukabira (24)
nukabira (32)
nukabira (25)
nukabira (28)
nukabira (27)
nukabira (26)
nukabira (32)
nukabira (30)
かつての構内はご覧の通り、モニュメントが展開されているが、まさかこの車両が不定期に運転されているのか・・・と一瞬思ってしまうが、あの「美幸線」にあるようなトロッコ車両であろう。1.3kmも楽しめるとは!


nukabira (29)
次章では「資料館」をご案内しよう。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


熊に逢ったらどうするか⑩ 士幌

sihoro102.jpg
(画像は「プラットホームの旅」よりご提供いただいた現役時代の士幌駅駅名標。)

士幌線と言えば真っ先に末端区間を思い出させるが、こちらの「本体」も忘れてはならない。士幌と言えば「馬鈴薯」で有名であり、東京近郊にはJA士幌が関東方面への出荷をバックアップするほどである。そんな町にもやはりかつては「ローカル線」の存在があった。
「道の駅ピア21しほろ」の近くにある士幌駅は「士幌交通公園」として現在も昔のままの姿で保存されている。かつてはJAへの引き込み線もあったと聞いているが、やはり帯広近郊だけあってそれなりに民家や商業施設も多く「暮らし」が見える。現役時代も上士幌くらいまではそれなりに輸送量があったのは肯ける材料であった。
今回の記事においては幌加に続いて私のブログと相互リンクさせていただいている「プラットホームの旅」の管理人様よりご協力をいただき貴重なお写真を提供していただいた。改めましてこの場で篤く御礼申し上げます。

DSCF1670_20140627213603927.jpg

士幌駅の駅舎はやはりしっかり手入れがされていて保存状態もよく、もっと外部にアピールすれば素敵な「観光名所」となるであろうが、私個人としてはあまり観光名所になってもらうと治安的な問題などにより保存状態にも影響してきそうな気がするのでできればそっとしておいて欲しい気分だ。車掌室などの車両も保存されており往年の姿が甦るような雰囲気でもあるが、後日に紹介する旧・糠平駅跡の「上士幌鉄道資料館」ではその模様がしっかりと記録されていた。


sihoro101.jpg
sihoro3.jpg
現役時代(上)と現在の士幌駅舎比較。現役時代の写真は「プラットホームの旅」より。下の現在の写真は勿論私自身が撮影したものであるが(2014年6月)、ご覧のとおりほとんど変わっていないのが嬉しい。


sihoro28.jpg
sihoro29.jpg
sihoro25.jpg
sihoro26.jpg
sihoro5.jpg
もう何も言葉はいらないであろう。往年の姿がしっかりと甦っている。


sihoro2.jpg
sihoro7.jpg
sihoro8.jpg
現役時代の駅名表が残るが、なぜか中士幌も。どうせなら「電力所前」とかも一緒に並べてもらいたかった。


sihoro105.jpg
sihoro103.jpg
sihoro104.jpg
現役時代の上3枚の写真は「プラットホームの旅」より。下の現在の姿と比較してみよう。


sihoro11.jpg
sihoro10.jpg
sihoro15.jpg
sihoro14.jpg
sihoro23.jpg
sihoro22.jpg
sihoro20.jpg
sihoro30.jpg
往年の姿がしっかりと受け継がれている。というよりそのままである。既にお気づきと思うが貨物列車が静態保存されている。これがなかなかの味が出ている。


sihoro12.jpg
sihoro18.jpg
sihoro16.jpg
sihoro21.jpg
sihoro24.jpg
sihoro19.jpg
なぜに貨物列車か、それなりの意味が有るのであろう。勿論「馬鈴薯」を含む貨物輸送時代を彷彿させるようでもあるが・・・


sihoro17.jpg

数多くある北海道の廃止路線の中で私はこの士幌線がひと際特異に感じていた。現役時代に訪問できなかったのは残念であったが、やはり末端区間の「先行廃止」がいっそ士幌線カラーを強く染めた事であろう。しかし代行バス区間ではない「本体」にも魅力は沢山あった。例えば「黒石平」と「電力所前」の関係や旧・糠平付近がダムに沈んだ事など、話題性はたっぷりであった。そんな士幌線のドラマを数多く見てきた我々であるが、廃止されてしまってからもこうしてこれほど存在感がある鉄道路線もそう多くはないであろう。起点の帯広は現在高架化されてかつて士幌線が使っていたホームは勿論、昔の面影すら全くなくなってしまった。

旅とは・・・有名な観光地や話題のグルメ旅も素晴らしいと思う。京都・奈良など歴史的な文化財などを巡る旅も良いであろう。しかし私は全くそういう事に興味はない。「全く」とは大げさかも知れないがハッキリ言って「士幌線」と触れ合っている方が100万倍楽しい。士幌線に対して「楽しい」とは失礼かも知れないが、これこそ私の「旅」であることを再発見させてくれた、そして教えてくれた・・・そんな士幌線は今もこうして活きていた。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

熊に逢ったらどうするか⑥ 幌加

800px-Horoka_Station.jpg
画像はウィキペディアより。流石に草刈をしている時間がなかったのでこちらの画像でお楽しみください。


幌加と言えば「ホロカ」が石勝線の信号場として、そして深名線では「幌加内」など、何かと北海道にはよく聞く地名である。現役の頃はわりかし地味な中間駅として存在していたが、代行バス時代になってからは糠平~十勝三股間の唯一の中間駅として脚光を浴び一気に一軍に昇格。メジャーデビューを果たした印象が強かったのは私だけであろうか?とは言うものの、この幌加駅は至ってマイペース。北海道の牧場を連想させるような駅舎は、代行バス時代は入口が封鎖されていて痛々しい姿が鉄道誌などで掲載された。
現在、幌加駅は旧・ホームや駅名標が残っているが、駅名標は現役時代のものではなく保存団体が設置したものだ。旧駅前には除雪ステーションが設置され、基本的に国道からのアプローチはこの除雪ステーションが目印となる。かつての幌加駅の駅舎に向かうには国道から細い道を入り線路を一旦渡り駅舎にたどり着くようになっていたが、現在は国道沿いの除雪センターに車を止めればその除雪ステーションの裏手が旧・幌加駅となっており訪問には便利となっている。この除雪ステーションでは一般に化粧室のみを開放しており、さながら「パーキングエリア」のような役割をしている。
ハッキリ言ってウィキペディアのような写真は撮影できなかった。私の予想以上に草木が生い茂っており、例えその場に行ったとしてもホームなどは草木に覆われ撮影は不可能であった。そしてなにより・・・物騒な標識が幌加駅の旧・ホームの脇にあった!

horika2.jpg
horika1.jpg
旧・糠平駅を後にし、幌加に向かう。「上士幌タクシー」の面々はこの景色がどう見えたのであろうか・・・そして私が一番気にしていた物騒な看板が!


horoka4.jpg
horoka3.jpg
horika5.jpg
そして「除雪ステーション」に到着。ここの裏手に旧・幌加駅がある。この施設のWCは一般にも開放されている。


horoka6.jpg
そして除雪センターの裏手に行く。何だか「不法侵入」のような罪悪感を感じてしまったが、もちろんこの施設の関係者は私を見て「その道の人」とわかるであろう。と言ってもその関係者の気配がなかったが・・・


horoka10.jpg
horoka9.jpg
horoka8.jpg
裏手に到着したが・・・ご覧の通り。こんな状況なのでホームとかは確認できなかった。残念であったが、草を刈ると上記のようなホームが出てくる。

horoka11.jpg
勇気を出して更に進もうとしたが・・・なにやら物騒な看板が見えてきた!急遽先に進むのを断念。しかしその看板の横には幌加駅の案内を示す看板も・・・


0b529f91-s.jpg
52095f70-s.jpg
こちらは現役時代の幌加駅。と言っても既に代行バスの時代で「当分の間列車は通りません」であった。この2枚の画像は相互リンクさせていただいている「プラットホームの旅」よりご提供いただいた。


horoka17.jpg
horoka15.jpg
horoka14.jpg
horoka13.jpg
horoka16.jpg
そして士幌線と言えばこれ。除雪ステーションから十勝三股方面へ50~100m位行くと見えてくる。国道から確認できるのは私の体験だとここ、旧幌加駅近くのこの場所だけであった。他は国道よりは確認できなかった士幌線の廃線跡アーチは一般の旅雑誌などでも紹介されており有名処だ。


ということで現在においても士幌線の見所はたくさんある。とは言うものの、やはり「上士幌タクシー」にとっては辛く悲しい光景の連続であった。私が小学校時代にはこの士幌線の代行バス区間がものすごく「異国の丘」的に映ったものだ。それは後述する「上士幌鉄道資料館」に訪問した時にも再確認させられた。私はこの「素敵な空間」とともに若干メルヘンチックになっていたが、物騒な看板が目に飛び込んだ瞬間、一気に現実に引き戻された思いであった。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

熊に逢ったらどうするか③ 十勝三股

十勝三股・・・小学生時代や中学生時代には一度は訪問してみたいと思っていた物件であった。周知の通り、士幌線の末端区間は「代行バス」と名乗る当時の国鉄で唯一の運転系統が実施されていた。私が物心着いた時には既に「代行バス」であったが、この十勝三股~糠平の区間は当時の雑誌などで見たときには異常に特異な光景に写ったものだ。腕木信号には「✖」と釘で打たれ、若干錆び付いたレールや廃墟状態の駅舎などはとても「復活」するとは思えない光景であった。
中学校時代には幾度となく北海道の旅計画を立てたが結局御蔵入りになってしまってた。そしてこの士幌線も訪問できずに現在を迎えてしまった・・・が、そんな思いを払拭するかように2014年に鉄道ではない別の手段でこの地を訪れることになった。

DSCF1612.jpg
(「上士幌町鉄道資料館」で見つけた代行バス時の十勝三股駅の駅舎。北海道らしい建物であるが、入口は封鎖されとても復活するという気配は感じない。)

確かに士幌線はなくなってしまったが十勝三股を始め士幌線があったという「証」が現在も残るのは非常に嬉しい。しかし、その「嬉しい」はずの士幌線の姿も、実際に訪問してみると「上士幌タクシー」の当時担当していた「代行」という名の苦悩がダイレクトに伝わってきた。ハッキリ言って私が「上士幌タクシー」の経営者であったらこの十勝三股の景色はとても辛く悲しい光景であろう。正直言って「商売」にはならない景色だ。小学生時代から憧れていた士幌線の末端区間は、その頃から30年以上経過して訪問してこその「意味」が非常にあった感がしてならない。



DSCF1645.jpg
旧・十勝三股駅前一等地にある飲食店の脇には「駅名標」があるのは有名。往時を偲ばせる思いだ。

DSCF1649.jpg
DSCF1648.jpg
DSCF1647.jpg
DSCF1646.jpg
DSCF1644.jpg
DSCF1643.jpg
DSCF1642.jpg
DSCF1651.jpg
DSCF1650.jpg
申し訳ないが「初訪」のためどこのどの位置に駅舎があったのかわからなかった。と言っても事前調査では私のこの立って撮影している位置が駅舎のやや手前であったのはほぼ間違えない。だだっ広い空間は駅があった「証」を感じる。そしてかつては木材搬送で賑わったであろう風景が何となくだが伝わってきた。


DSCF1658.jpg
DSCF1652.jpg
そしてこれが駅前から繋がる国道。この国道には長距離バスが走っており、そのバスこそ現在の「代行バス」の役割を担っている。



DSCF1655.jpg
DSCF1657.jpg
DSCF1656.jpg
DSCF1654.jpg
そしてレールファンにはお馴染みの光景。私も例に漏れずにアップしてみた。私が訪問したのは平日であったが、私の他にも「同業者」と思われる数名がこの場所付近で撮影をしていた。廃止から30年近く経った現在でもこの十勝三股は人気が高い。だが一日一本しかない「代行バス」は上川方面への始発がなんと夕方の4時近くだ!


という事で、普通に見たら単なる「風景写真」であろう。それくらいこの十勝三股駅は完全に過去のものとなってしまった。ホームや駅舎は完全に撤去され広い空間のみが残された感じだ。
国敗れて山河あり・・・士幌線は数々のドラマを私達に提供してくれた。しかしそれは壮絶かつ哀愁漂う「開拓部落」という名の現実であった。現在は先代が開拓された時よりも便利な時代になった。しかしそれは時代とともに「少子高齢化」や「一極集中化」「過疎化」そして「モータリゼーション」など数多くの社会現象とともに士幌線が自らの身を引かざるを得なかった。
レールは無くなってもそこには「生活」や「出会い」「別れ」など多くの人間模様があったはずだ。そんな事を駅前の飲食店脇にある駅名標が無言で語りかけていたような気がする。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (31)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (119)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (117)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)
遠州鉄道 (0)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん