fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

上田で荷物を忘れてしまいましたが ⑬

岡谷の配線は意外とシンプルだという事は予めわかっていたが、やはり実際に確認作業になると童心に返った感じになる。しかも115系による運用のためモーター音が懐かしいので、その童心感は更に倍増する。
東海道線で中京地区からの帰郷の際、静岡付近ではロングシートの車両が多く、更に要衝駅においては階段を使う乗り換えが多い。しかも18シーズンとなると乗り換えてからもほとんど同じ顔ぶれの乗客を占めるため、長距離利用者も少なくなく、かなりの修行を強いられる事になる。だが、今回の旅においての中央線では、そろそろ終焉を迎えるであろうと予想していた115系の運用もあり、セミクロスシートのためかなり負担が軽減される。しかも、先述通り普通列車は長距離運用が多く乗り換えが少なくて済む。もちろん、予想通り甲府前後での利用者は膨らむが、なんだかんだで全体通して長旅らしい風景を展開してくれた。お陰で大月で富士急行に乗り換えるのを躊躇って(ためらって)しまいそうなほど素晴らしい時間が流れていた。

Okaya_Station.jpg
JR_Chuo-Main-Line_Okaya_Station_Gates.jpg
画像はウィキより拝借させていただいた岡谷である。駅舎は改装前であるが、改札は現在の姿だ。ご覧の通り、自動改札でいかにも現在の鉄道風景を象徴しているが、改札がホームに接するこの姿はかつての国鉄式の典型的な造りであり、全国の主要駅で数多く見られた風景だ。

大月で長らく乗車してきた115系に別れを告げ富士急行のホームへ向かう。富士急行は意外にもローカル線らしい雰囲気を醸し出しており、一気に私のやる気スイッチがオンされた。乗り換え途中にある駅そばの誘惑には勝てなかったが、初めて生で見る富士急の意外な風景に私は胸を踊らせた。

img335.jpg
ダイナミック✡トナカイ(・・・説明しよう。中学時代に所属していたクラブ活動「鉄道研究クラブ」の一年後輩である。)が撮影した中央線でお馴染みの優等列車である。恐らくJR化後の撮影であると思われるが、当時ではかなり斬新なペイントであった印象だ。

東京方面から優等列車が乗り入れていた時代もあったほど、富士急は伊豆急と同じく観光色を前面に押し出すイメージであるが、地域輸送にも定評があるであろう風景はやはり鉄道本来の姿であろう。そして、なんといっても「フジサン特急」の存在が大きい。というのも、どこかで見た車両…そう、我が地元の小田急ロマンスカーがここでも活躍していたのだ。新宿と御殿場、沼津を結ぶ「あさぎり」がこちらで第二の人生を送っており、ジモティの私にしてみたらその活躍ぶりが気になるので会いに来たのだ。
もちろん、既に富士急カラーに染まっており小田急の列車ではないなとひと目でわかるが、車内の変化はそれほど無いであろう。そんな予想を頭に描きながら、普通列車に乗り込み一路河口湖へ向かった。

img334.jpg
そして同じくダイナミック✡トナカイ撮影の優等列車である。「あずさ」より後発の名称である特急列車だが、急行「アルプス」が全廃された際に「あずさ」を補足する意味での登場であると思われる。基本的に東京方面より松本方面まで行く特急を「あずさ」、甲府付近までの運転を「かいじ」と使い分けられ現在に至っている。片方の「目」が開いているという事は、撮影時には音響的に相当の苦労があったであろうと推測。

富士急というと、割りと首都圏から近いため何となく都市近郊の鉄道風景を想像してしまいそうだが、起点の大月から既にローカル色豊かな景色となっている。もちろん、朝晩は学生諸君の利用が主体となりそうな、いわゆる地方の典型的な鉄道風景が見られる事であろうから、恐らく平日と週末ではまったくカラーが異なりそうなイメージである。ただ、私の乗車時期は「18」のシーズンであるため地元の方以外の乗客も少なくないであろうが、富士急の始発駅である大月、そして富士急行線内に入って河口湖までも普通列車に揺られながらたどり着こうと最初から考えてるのは私と18キッパーくらいであろう。もちろん富士急行線内は別料金となるが、私の着地は他の乗客と同じ富士吉田方面であり、終点の河口湖である。ただ、河口湖「駅」を出て「さぁ、河口湖へ観光だ!」とはならないのは確実に私のみであろう。その証拠に、河口湖「駅」に着くとちょっとした事件があったからだ。だがしかし、異色の目的とはいえ己を貫くしかない。と、変な理屈を見つけながら私は河口湖を目指した。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



上田で荷物を忘れてしまいましたが ⑫

松本へ戻ってきた私は「東へと向かう列車」に乗り帰郷のゾーンに入るが、とにかく中央線、特に中央東線の普通列車は運転距離の長いものが多い。中央本線は運転系統が塩尻で分かれるため全線通しでの直通列車は定期便では無いが、篠ノ井線を経由して松本発着の列車が多く、甲府や、中には高尾などから松本方面までやってくる列車も少なくない。そうした中、18キッパーにとっては乗り換えが少なくて利便性が高いであろうと思われるが、今回は富士急行の制覇が待っているので途中の大月で下車しなければならない。

DSCF0397_202302222057468cf.jpg
駅で列車を待っているとこんな列車に出会ったが、現在は既に「あずさ」での運用が終了し、貴重な画像となってしまった。まさか「2号」ではないと思うが・・・などと言ってピンときたあなたは昭和世代であろう!

しかしながら、中央東線は東海道線とはやはりパイが違うため、静岡付近のような混雑度や階段を使う乗り換えが少なく、しかも115系クロスシートのため(当時)、申し訳ないが利用する側は非常に心地が良い。もちろん、甲府付近での乗降はあるものの、全体として穏やかな時間が流れる印象である。
つまり中央本線は山間部を貫くため沿線人口は東海道線と比較するとそれほど多くなく、しかもSL時代はかなりの数でスイッチバック駅が存在していたため敷設の苦労が伺えるということだ。戦時下では東海道線の代替え迂回路線としての使命も担っていたが、現在はスイッチバックがほぼ解消され、唯一残る初狩も旅客ホームは勾配上に作られているので列車はスムーズに運転されている。

DSCF0344.jpg
私はこちらの列車に乗って帰郷する。中央東線は普通列車の一本が長い区間を運転するので乗り換えが少ないイメージだ。失礼ながら、東海道よりも鉄道旅らしい風景が流れる車窓を眺めながら乗車する115系は実に素敵な時間が過ぎていく。

さて、既に紹介した塩尻を過ぎ、私の乗った普通列車は岡谷に着いたが、みどり湖への分岐線が開通し、配線がやや変わった。あの塩尻の二股に分かれるダイナミックさは無いが、それでも飯田線が乗り入れたり特急の停車が増えたりと、駅の重要性が感じ取れる。国鉄時代は東京方面から続く複線区間が上諏方の先にある普門寺信号場より単線になり松本方面へとつづいたが、塩嶺トンネル開通以降は岡谷からみどり湖経由の塩尻までは複線化された。国鉄末期ではこうした中央東線の改革がかなり進められたが、改革されてから既に30年以上経過したので配線も少々変更あるであろう。だが、全体として将来を見越し進めた改革が現在も活かされ、そして成功しているのだから素晴らしい。そんな革命のドラマを、ガラス越しに映る二本のレールが無言で語りかけてきた気がした。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (2)
SL (4)
SLばんえつ物語号 (2)
SLやまぐち号 (1)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (118)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (9)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (50)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (1)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)
2009年春 青春18 関西 (0)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん