鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

頑張れ!二本木君。

かつて私の所属していた職場に「二本木君」という同僚がいた。彼はプロレスがとても好きらしく、私もプロレスが好きな事もあって、いつも職場で会うと「昨日、ドリー勝ちましたよ!」といつも話しかけてきた。外見的にも「ブッチャー」のような身なりであったが、それより「お前、仕事しろよ!」みたいな感じであった。しかし彼はすぐに転勤してしまいそんな日々もすぐに終わってしまった・・・
全く私事であるが、そんな日々を思い出させてくれたのが、信越本線「二本木駅」である。かつては隣の関山もスイッチバック駅であったが、現在はここ、二本木のみとなった。北陸新幹線開通後は「えちごトキめき鉄道」として再出発することとなっているが「廃止」にならないだけでも嬉しい事である。

DSCF4140.jpg

2013年6月、久々にこの信越本線「長野~直江津」の区間を訪問した。というより、JR全線制覇と黒部見学ルートの目的で北陸地方に向かう際の「中間点」に過ぎなかった。新幹線で長野に降りた時点でJR全線制覇した後の「普通列車」にはさすがに違和感というか高低差が激しく、ここから先に特急列車に身を預けたかったが、既に区間に運転される定期特急列車は無く、快速「くびきの」や普通列車「妙高」などが485系などで運転されるのみとなっていた。
私が乗ったのは「くびきの」でも「妙高」でもない、通常のノーマルの普通列車115系であった。新幹線からの乗り換えと思われる大きな荷物を持った乗客がかなり乗車していたが三才駅でかなり下車し若干身軽になった。更に妙高高原では観光グループと思われる初老の女性達が挙って下車。乗車もそれなりにあり観光駅の役割を現在もしっかり果たしている。更にこの妙高高原は将来接続駅となる予定である、と言っても新線ができる訳でなく「しなの鉄道」と「えちごトキめき鉄道」の境界となる駅である。私の訪問時は特に「接続駅」としての「準備」みたいな事はされておらず、ただJRとしての「役割」を果たしているに過ぎなかった。

DSCF4135.jpg

関山を過ぎ、早速二本木に近付いてきた。「関山を過ぎ」とあえて記してみたが、先述の通りここもかつてはスイッチバック駅であったが、現在は完全に面影はない。
そして二本木に着く直前に私は「かぶりつき」に向かった。こうして二本木駅と正面から「向き合う」のは初めてであった。

DSCF4141.jpg


沢山の線路が枝分かれしていく中、一本の島式ホームが見えてきた。近付くにつれ「懐かしい」という昭和チックな雰囲気が漂う中ホームに滑り込む。ドアが開くと「スイッチバック駅だから4~5分位止まるのであろう」と思い駅の写真を撮っていたら即座に出発の合図。どこかのお笑い芸人ではないが「聞いてないよ~」状態のまま早速列車に乗り込んだ。スイッチバックと言えば、普通マスコンを持った運転手が進行方向にむかって移動する光景が見られると思っていたのだが、そんな面倒な事をしなくてもちゃんと列車は律儀にスイッチバックをしてくれるのだ。
一瞬の束の間、「はやてのように」ではないが、あっという間に二本木駅を去って行った。

DSCF4142.jpg

この後一旦折り返し線に入り本線に再度入線するが、実に手際が良いというか、折り返すたびに運転手が行ったり来たりという作業が無く実に効率が良い運転の仕方だと思うが、逆にスイッチバックの「醍醐味」ではないが、その「行ったり来たり」の光景が見れないと何か物足りない気がしてならなかった。実に不思議ではあるが、この区間に唯一残ったスイッチバックは移管された後も残るのであろうか?この先にはJRの「西」と「東」の境界線となる新幹線の駅となる「上越妙高」ができる予定だ。果たして「上越」「妙高」の玄関口となることができるのか?私はこの時既にJR全線制覇していたが「タイトル防衛」はわずかな期間になる。

終点の直江津に着き「はくたか」に乗り換えると、日本海の荒波が私を待っていた。これは何を意味するのか?もしかしたら全線制覇した「後」の方が、むしろ旅の「目的」を探すのに「荒波」が立ちはだかるぞ!という意味なのかも知れない。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (57)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (115)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (10)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (68)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん