fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

三陸縦断の旅②

盛駅に着いた私はいよいよ三陸鉄道に足を踏み入れる。と言っても28年前に「盛線」として吉浜までは制覇しており「再訪」となったが、当然ながら三陸バージョンにリニューアルされており「国鉄らしさ」がかなり姿を消していた。そう、ここは既に「国鉄」ではないのだ!

PIC_1168.jpg
(レトロ風車両の乗車。車内には各ボックスごとにテーブルがあり、食事などをするのには非常に便利。)

盛駅を「レトロ風」で出発すると大船渡線と同じ方向へ向かいながら途中で枝分かれしていく。陸前赤崎では付近い「赤崎駅」が別にある。岩手開発鉄道の貨物駅であるが、旅客営業していた時もこの駅は貨物専用駅であった。当時の国鉄と並走するせいであろうか、私はこの「貨物専用駅」にはとても魅力を感じていたが、当時中学生の私には、訪問するとしても陸前赤崎から徒歩の選択肢しか思い浮かばず、とてもタクシーなどの高級な「交通機関」は利用できない。増して、当時はインターネットなど普及しておらず、正確な場所などは市販の地図などで調べるほかない。というより当時の私は、今考えればそこまでの行動力が備わっていなかったのかも知れない。

PIC_1167.jpg
(岩手開発手鉄道の貨物車両。三陸鉄道と接続されていたら尚の飛躍があったであろうか。旅客営業を再開していただく「夢」は実現不可能なのであろうか・・・)

陸前赤崎から次の綾里を過ぎると「恋し浜」に到着。以前は「小石浜」と名乗っていたが「コイシハマ」と読みは同じく綴りを変更している。駅には「幸せの鐘」が設置されており、カップルの訪問に一役買っている。駅名表もロマンチックに変身していた。

PIC_1171.jpg
(若干の高台に設置されていたため震災の被害を辛うじて逃れた恋し浜駅。なかなかロマンあふれるネーミングだ。)

甫嶺、三陸と国鉄時代の駅が続くと、その国鉄時代の終点・吉浜に到着する。国鉄時代と変わらず棒線化された駅は、1983年の訪問時には、その先に続く路盤を見つめ、明日への希望を胸に抱いた記憶がある。と言っても5分くらいのインターバルですぐに引き返すダイヤとなっていたため「証」を撮影するのに精一杯の時間で、余裕が無かったのも正直なところである。しかし、まさか本当にその路盤にレールが敷かれ列車が通るとは思わなかった。当然当時はレールが繋がっていなかったためここで折り返しているが、再訪の時にはレールが釜石まで繋がっている。しかも既に20年も経過しており、すっかり地元に定着している事であろう。そんな期待を胸に秘めながら更に北上していった。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村



三陸縦断の旅①

PIC_1144.jpg
(一ノ関より「スーパードラゴン」で盛に向かう。キハ100はJR化後の新造車の為私はあまりなじみが無かったが、乗ってみるとなかなか良い。)

「じぇじぇ」でお馴染みのNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地としてすっかり有名となった三陸鉄道は、現在「トキの人(レール?)」として最も注目を浴びている人気スポットだ。実はこの「三陸」という土地柄、この記事をアップしようか迷ったが、先日某テレビ局でこの「あまちゃん」の話題を取り上げ、地元の方々の復興に向けた頑張る姿に私も記事にすることにより少しでも復興に貢献できたらと思い公開させていただいた。
私がこの三陸の地に訪問したのは1983年の「東北一周旅行」と2011年の2回である。特に2011年1月の訪問は、震災の約2か月前となり非常に複雑な心境だ。
それでは2011年の訪問時を中心に1983年の訪問と一部照らし合わせながら紹介してみよう。

PIC_1141.jpg
(一ノ関に停車中の「昭和形」。跨線橋がやたら長い。)

2011年1月の三連休を利用して東北社線乗り潰しの旅に出発したが、実は職業柄「日曜・祭日」等は休暇が取りにくい。しかしながらJR東の「三連休パス」はとても魅力的であったのと、津軽鉄道の「ストーブ列車」を体験するため、仕事に支障のない1月初旬の「三連休」を利用し、制覇に旅立った。寒い時期に寒い場所に行く・・・なんだか旅の「醍醐味」のような「自己満足」を胸に抱きながら「はやて101号」に乗り込む。この「はやて101号」は速達タイプではなく、仙台以降各駅に止まるため若干時間がかかるせいもあるためか、東京より空席がかなり目立った感だ。それでも仙台で殆ど下車してしまい更に空席化。私のような「一ノ関」での下車は若干マニアックであるのか・・・

PIC_1153.jpg
(途中、陸前高田は震災の被害がとても大きい地区でもあった。)

一ノ関では新幹線と在来線の乗り換えで11分はいかがなものか・・・普通に考えたらスムーズにいくのであろうが、こういう時に限って有人改札で先客がつまらないことで駅員とやりあっていた。乗り換え時間が少ないため、強行突破で早速「スーパードラゴン」の待つホームに向かった。一ノ関の新幹線ホームは、かつての貨物側線跡に作られており、在来線との間に今でも数本の側線を挟む形の為跨線橋が長い!当然この事は事前に承知しているためこの「11分」が非常に心に重くのしかかっていたが、何とか無事に「ドラゴン」の捕獲に成功。このまま一気に盛に向かった。

PIC_1166.jpg
(盛駅。JRと三陸鉄道が共用するのは国鉄時代の名残だ。現在はBRTにより仮復旧している。)

大船渡を過ぎ盛に到着。1983年以来、なんと28年振りの訪問。なんだか懐かしい香りが私を待っていた事が嬉しかったが、何より驚いたのはホームの先にあった、あの「岩手開発鉄道」の旅客ホームが今も健在であった事だ!時間があれば是非ホームにお邪魔してみたかったのであるが、JRのホームより確認するのが精一杯だったのが残念である。岩手開発鉄道・・・確かに健在の頃に私は訪問しているのであるが、当時は「いい旅チャレンジ20000km」での国鉄全線乗り潰しに全身全霊を注いでいたため「余裕」が無かったのであろう。

PIC_1170.jpg
(盛駅では女性職員がお見送り。いささか心が和む風景だ。)


さて、ここから三陸の「南」となるが、国鉄時代には「盛線」として訪問している。当時はキハ20の単行であったが、今回の「三鉄」としての乗車は「レトロ風車両」である。平日では体験できないこととあって、しっかり「休日」を楽しませていただく事とした。
生まれ変わった「盛線」と新線区間で釜石に向かう。果たしてどんな旅になるのであろうか・・・

PIC_1161.jpg
PIC_1162.jpg

(岩手開発鉄道の旧・旅客ホームが健在(当時)!現在は震災から復旧して貨物営業を再開している。)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


« 新しい記事へ  | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (109)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (0)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん