懐かしの盟友達(1)

toki3_convert_20120331203600.jpg
上野駅に停車中の「朱鷺」!上越新幹線開業直前のショットである。

ootori_convert_20120331202020.jpg
1983年10月、初の北海道上陸の際の函館駅にて停車中の「おおとり」である。青函連絡船から乗り換える際のひとコマだ。


oozora_convert_20120331202204.jpg
同じく北海道初上陸の際の「おおぞら」。183系気動車は初乗車で清々しい気持ちであった。釧路駅にて。


midori_convert_20120331201543.jpg
佐賀線(廃止)より乗り換えの際の「みどり」。ボンネット型の貴重な一枚。佐賀駅にて。


nitirinn_convert_20120331204000.jpg
西鹿児島(当時)駅に停車中の「にちりん」。日豊本線経由小倉・博多行きの特急であったが、1978年当時は宮崎~西鹿児島間が非電化であったため「キハ80」での出陣であった。

ariake_convert_20120331183625.jpg
こちらは鹿児島本線経由西鹿児島行きの「有明」。門司港駅にて。


hakutyou_convert_20120331184008.jpg
1983年夏、東北一週の際の「白鳥」。詳細は不明だが、恐らく酒田か坂町のどちらかだと思われる。


hatukari_convert_20120331184419.jpg
同じく1983年の東北一週の際の「はつかり」。かつては上野~青森の特急であったが、新幹線開通後は盛岡~青森の特急へ変身。写真は盛岡駅。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

原色の583系

583系がデビューしたのは「ヨン・サン・トウ」のダイヤ改正である。正確にはその前年の昭和42年に「月光」で581系が誕生しているのでその改良版である583系は「昼夜両用」として活躍してきた。昼間は「座席」夜は「寝台」と変身をして非常に運用効率の高い列車ではあったが、時代と共にその活躍の場は減っていった。本来の運用方法として最後まで残っていたJR西日本所属の「きたぐに」も2012年3月のダイヤ改正で定期運用から外れることとなり、事実上引退となった。私が583系を利用したのは寝台特急「ゆうづる」「はくつる」と昼行特急「有明」である。何れも小学校時代であるが、特に寝台車として利用した「中段」が非常に印象に残り今でも昨日のように思い出す。とにかく狭いのだ。小学生の私が華奢な身体を起き上がらせるのに頭を天井にぶつけるくらいなのだから、大人はもっと大変であったろう。更に治安面でも、現在の「個室」を主流とする寝台特急からは想像もつかないほど簡素なものである。つまり「カーテン1枚」で閉ざされた空間は女性には向いているとはいえないであろう。しかし、イチ鉄道少年にとっては寝台特急に「乗る」ということは最高の贅沢であり快感でもあった。昼行特急では座席として「有明」が唯一の経験であるが、リクライニングはできないものの、高い天井と開放感が「快適」を約束してくれた・・・時代は流れ、私は再び「鉄道ファン」を復活し乗り潰しに明け暮れる中、2008年に会津鉄道に乗り換える際に偶然583系を目にしたのだ。会津若松駅に停車していたのは、確かにオリジナルカラーの583系であった。「あいづライナー」の名称で快速列車として活躍していたのだ!すっかり延命措置も施され塗装も新しい。私は早速車内に入った。乗り換え時間の関係で長い時間いられなかったが、それは確かに「有明」と同じ空間であった。懐かしさと感動すら覚えたが、上段ベッドの収納もそのままであり、その気になれば「寝台列車」としても運用できるのであろう。できれば予定を変更して福島まで行きたかったが、残念ながらそれは叶わぬ夢である。しかし、その勇姿はしっかりと目に焼き付けられた。恐らく最後の活躍の場となるであろう。例え快速列車としてでも「平成」をしっかりと生き抜いている「彼」を暖かく見守っていきたい。
aizu2_convert_20120404150156.jpg


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

逕サ蜒・087_convert_20121106180703

〇1969年3月9日神奈川県湘南地区生まれ

1975年に国鉄相模線「西寒川駅前」に引っ越す。恐らくこの時から現在の私が形成されたことであろう。
小学生ながら「ブルトレ少年」になる。相模線で耳鼻科通院の際、帰りに茅ヶ崎駅で寝台特急「さくら」「みずほ」の通過待ちを楽しみにしていた。西寒川行の最終列車まで待つと「富士」も拝めた。

1978年、初の寝台特急に乗車。東京~西鹿児島間の「富士」で全区間乗車。翌年の1979年に寝台特急「ゆうづる」で583系寝台特急に初めて乗車。

1980年に国鉄乗り潰しキャンペーン「いい旅チャレンジ20000km」が開催される。

1981年4月、中学校入学と同時に「鉄道研究クラブ」に入部。精力的に上野駅などに撮影に行く。

1982年「青春18のびのびきっぷ」が発売。これが全国鉄道路線を制覇するきっかけになる。

1983年春には「18きっぷ」で九州地区へ向かう。廃止が噂されていた「鹿児島交通」も制覇。国鉄乗り潰しを目指す中、異例の行動に出る。同じ年の夏に「東北ワイド周遊券」で国鉄東北地区全線制覇。今は亡き「日中線」「大畑線」なども制覇。

1984年、相模線・寒川支線が廃止。同時に西寒川駅も廃止になる。同じ時期に廃止直前の赤谷線も制覇。同夏には「18きっぷ」で国鉄四国全線制覇。この旅以降、しばらくレールファン休業になる。

higasiakatani1_convert_20120331184812.jpg


2007年、音楽活動に明け暮れる中、元バンドメンバーの勧めた「秘境駅へ行こう!」がきっかけとなり、再び鉄道全線制覇を目指す。JRのみならず、私鉄路線も含め「全国制覇」に乗り出す。

2008年に北海道制覇の帰りに北斗星「ロイヤル」に乗車。

2009年に北海道全線制覇。2011年に九州全線制覇。2013年、北陸新幹線・長野駅でJR全線制覇。沖縄の「ゆいレール」を除く鉄道路線全線制覇。

nisisamukawa2_convert_20120404190016.jpg


〇「ダイヤモンド☆トナカイ」の名前の由来

バブル期に鉄道を離れていた頃、音楽活動に夢中になり、当時コピーをしていたバンド「レッド・ウオーリアーズ」のボーカリストにちなむ。そのボーカリストは現在ソロ+復活レッド・ウオーリアーズで活躍中。最近はバラエティ番組でも見かけるようになる。

「おさる」と言う名の人物が大井川鐡道の記事に登場するが、その人物こそ私に鉄道復活のきっかけ「秘境駅に行こう!」を勧めた張本人。私が日本で一番信頼できるギタリスト。ちなみに私はベーシスト。「おさる」の名前の由来はお笑いグループ「アニマル梯団」の「おさる」に激似な事から。藤沢市鵠沼に住む湘南ボーイ。


〇ダイナミック☆トナカイ

中学時代の部活「鉄道研究クラブ」所属時の後輩。名前の由来はSFCソフト「スーパーファイヤープロレスリング」に登場したキャラクター「ダイナミックキッド」から。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

ブログ、始めました!

ブログ、始めました!!!!旅の思い出以外にも、普段の見た事感じた事を紹介できたらと思ってます。
3月17日ダイヤ改正で、また寝台列車が消えてゆきますが、夜行列車・寝台列車は時代遅れなのでしょうか?国鉄時代を知っている鉄道ファンの方々なら「ブルートレイン」の思い入れは人一倍と思いますが・・・ぜひ皆さんにご意見伺いたいです!

ホームページ「鉄道全線完全制覇の旅」も併せてご覧ください!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
創設:1969.03.09
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR