鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

三江線への挑戦㉒ 伊賀和志

File0502.jpg

伊賀和志・・・なんとも意味深な駅名であるが、決して伊賀の里にあるわけではない。ウィキで駅名の由来を調べたが、残念ながらその詳細を知る事ができなかった。
もし皆様でその由来等の知識に明るい方おられたら、是非私にご報告お願いいたします!
そんな伊賀和志であるが、駅自体は本当にお馴染みになってしまったこれまで紹介してきた駅同様のコンクリ風の佇まいは、逆に三江線の名物なのか?と思ってしまうくらい昭和の新線区間を思わせる。
次の口羽までが三江線の中で最も新しい区間となるが、逆にこの区間が一番の短命でその生涯を終える事となるのも皮肉な話であろう。恐らく開通当時は当時最新の鉄道技術を惜しみなく使用した事と思われるが、基本的に最初から優等列車の設定を考えずに設計されていると思われるので「それなり」の設計であったのも正直なところであろう。ただ、「鉄道技術」という観点から考えると私は「石勝線」を思い出す。1981年に夕張線の一部と接続させ、当時の鉄道技術の最先端を惜しみなく投入して開通させた斬新な路線として私は大きな衝撃を受け、それは今でも続いている。既にそのことはブログで紹介済みであるが、やはりこうした技術的な部分や、それを影で支える「保線」の部分においても、こうした地味な駅のひとつひとつも緻密な計算の上に成り立っていると思うと実に感慨深い。
「保線」については後ほど触れる事になるが、とにかく三江線の駅はどの駅を訪問してもサプライズ続きで実に楽しい。本当になくなってしまうのかと・・・国鉄時代から知っている私にとっては実に残念でならないのだが・・・

File0499.jpg
併走する道路から駅に到着する。実にコンクリ風味満載の駅である。なのに哀愁漂うローカルな雰囲気を醸し出すのはなぜだろう・・・


File0503.jpg
File0501.jpg
そしてホームへ。意外にも周りに民家があるのに驚いた。って一般の普通に考えたらおかしな表現となるが・・・


File0500.jpg
File0504.jpg
ウィキの報告ではここ数年利用者がゼロ更新らしい。地方において、鉄道とは既に時代遅れの交通手段・・・そんな状態になってからもう何年経つのであろうか・・・


File0505.jpg
赤く錆び付いた手摺りに新たなペイントが施される事はもう無いであろう。三江線で最も新しい区間であるのに・・・


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

三江線への挑戦㉑ 宇都井

uzui (16)

お待っとさんでした!
三江線と言えば・・・ここ宇都井であろう。レールファンにはなんの説明もいらないであろうが、一般的には多分地味な部類に入るかも知れないので一応この駅の詳細を記しておこう。

ウィキの説明に基づくと、とにかくこの駅は、なんといっても地上20mにある高架駅であることが一種の「セールスポイント」となっている。リャンメンを山に挟まれ、この駅の空間のみが高架化された感じで、いわば「必然」とこの形のなったのであろう。ウィキの表現を借りると「天空の駅」のイメージだ。この事は相互リンクさせていただいているLMさんのブログ「LM徒然草 ~駅と列車と情景と~」においても証明されているが、特に夜の景色がなんといっても幻想的である。というより普段から幻想的なのだから尚更だ!写真を見ていただければ一目瞭然、この駅の特徴がお分かりいただけるであろう。

uzui (1)
(宇都井駅の基本ショット!ご覧のように「天空の駅」の謂れが納得できよう。)

であるが、基本、私はこの宇都井よりも近い将来紹介する口羽の方が特に思い入れが強い!!って少々私は変わり者か?まぁ、とにかく116段あると言われている階段を登り切ったところにホームがあり、エレベーターはもちろん、エスカレーターなどの設置はない。少子高齢化社会における現在の日本のシーンにおいては少々社会に背を向けた構造となっているのが特徴というのも皮肉な話だ。実際に私も当然ながら「116段」にトライしてみたが、最初に予測していたコンディションにはほど遠いくらいフットワーク軽くホームについてしまった。年齢的にゼーゼーする事を否定できないと思っていたが、実に平常心を保ちながらホームでの撮影となり、いささか自分の体力に自信が持てた!という事をこの駅は教えてくれた。それだけでも一種の収穫である。

uzui (3)
uzui (4)
uzui (5)
uzui (6)
uzui (8)
uzui (7)
uzui (9)
uzui (10)
uzui (11)
uzui (12)
uzui (13)
地上からホームに行くまでにはドラマがある。ハードはもちろん同じであるが、ソフト的に人それぞれ捉え方がちがおう。そのドラマを求めて106もの足場を踏みしめてみた。

uzui (21)
uzui (20)
uzui (22)
uzui (17)
ホームに到着!って、やや小走りできたため息が切れるかと思いきや・・・意外にもフットワーク軽く呼吸も平常!というか、私は「観光」であるからいいのだが、「固定客」様にしてみたら実にこの階段に何かを感じている事であろう。


uzui (19)
ご覧のシチュエーションなので当然ながら「下界」を見下ろす事が出来る。そこには小さいながらも集落があり、この駅のある意味を無言で語りかけている。

uzui (18)
uzui (26)
uzui (24)
uzui (23)
uzui (25)
そして待合室に入ってみた。地上からの階段とつながっているため当然ながら到着時にホームに出る前に通り抜けるのだが、この時は「先客」がいたため先にホームに出たため、待合室は後からの探索となった。

uzui (27)
uzui (2)
散策を終え、次の駅に向かう・・・が、その前に106段を降りなければならない!光があれば影があるように、上りがあれば下りがある。まるで人生のドラマを見ているようだ。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

三江線への挑戦⑳ 石見都賀

iwamituga (9)

今回の訪問までこの駅に交換設備がある事を全く知らなかった。私は宮脇俊三・原田勝正監修の「駅」という書籍を、国鉄版・JR版全巻所有しているが、その書籍には当然この三江線も掲載されている。中学生くらいから抜かりなく隅から隅まで読み尽くしていたはずなのであるが、この件に関しては全くのノーマークであった。
島式ホーム一本の駅員無配置駅であるが、ご覧のように、文字通り緑の中に浮かぶ「島」のようでもある。

iwamituga (3)

さて、この石見都賀周辺は意外に民家が多い。そして当然駅前にも民家があるが、その一角の庭のような空間で保線員の集団が、それこそこれから業務に取り掛かろうとスタンバイしていた。その中で、紅一点の保線員が私に挨拶をしてきた。「こんにちは」・・・私自身、保線員に挨拶されたのは生涯初めての出来事。いい歳した男児がカメラ片手に駅前をウロウロする姿は、彼女たちにとってはそう珍しくないはずであろう風景ではあるのだが、某プロレスラーがプリントされたTシャツ姿の私がよほど気になったのか?
どちらにしても、そういった影の力がこの三江線の平常な姿を維持し、そして我々が何気なく普通に利用できるシーンに無言で貢献している素晴らしい存在だ。
だが、この保線員との出会いが後々影響してくるのであるが・・・

iwamituga (4)
まずは遠目で見てみた。築堤上に浮かぶ島式ホームは、文字通り「島」のようでもある。まさか交換設備があるとは・・・全くのノーマークであった。


iwamituga (5)
では早速・・・築堤上のホームは、やはり昭和の「新しさ」を感じる。なんとなく三陸鉄道的な風景にも似ているのは、開通当時最新の鉄道技術を惜しみなく使用した結果なのであろう。


iwamituga (6)
iwamituga (7)
iwamituga (8)
iwamituga (10)
iwamituga (11)
本当に島式ホーム1本のシンプル構造。ご覧のように、周囲には意外に民家が多い。のであるが、利用者数的な貢献度は・・・


iwamituga (1)
「1975年産まれ」であるから、実は私の妻と「同級生」である。であるが、この区間こそわずかな開設期間でその生命を終えてしまうと思うと・・・




FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

三江線への挑戦⑲ 石見松原

iwamimatubara (8)

これまで私は散々「地味」を連発してきたが、これほど地味な駅はない!秘境度的にもN01であろう石見松原。併走する道路から完全に「隔離」されて、実際に車で到達しようにはナビがあってもわからない!!ナビの案内で到着したのだが駅は愚か、三江線の線路さえまるで見当たらない。これマジ?せっかくここまできたのにひと駅制覇できないの?みたいな不安が過ぎってしまったのだが・・・
これは「野生の感」、いや「霊感ヤマカン第六感」であろう・・・道路淵に小さな口が空いていた。「おや?これは・・・」私は咄嗟に車を停め、その口の開いた場所へと足を運ばせた。

やはり「第六感」は的中。その怪しい入口は駅へと繋がるルードであった。だがしかし・・・確実にマムシがでる環境!プラス民家見当たらないし~、氷柱状の「ツル」は垂れてるし~みたいな環境・・・これは超レアもの!某秘境駅訪問家も喜びそうなパーフェクトな駅である。そんな通路をくぐって駅に到達すると・・・案の定別のルートからも来れる様な道がつながっていた。が、多分車では無理であったろう。いずれにしても「出る」のは確実っぽい雰囲気であった。特に意味深な駅前広場がやたら気になる石見松原は、重要文化財にしてでも後世に受け継がれていただきたい物件であった。

iwamimatubara (1)
見よ!これが駅の入口だ!!というか、写真は並走道路から既にご覧の通路を抜け石見松原側から見た通路であるが・・・こんなの、普通駅に通ずる道とは思わないよね!


iwamimatubara (2)
たらりと垂れる大自然の営み・・・いや、ここは駅入口!大自然の営みからかけ離れていなければいけないのだが・・・この築堤トンネルの上は恐らく三江線のレールが敷かれている事であろう。


iwamimatubara (3)
iwamimatubara (4)
こ、これが駅に通じる道・・・当然車は乗り入れ不可!というか、付近に民家まるで無し!特に上の写真はなんだかわからないであろう。


iwamimatubara (7)
そしてついにその全貌を現す!こうして見ると普通に駅であるが、そこまでの道のりは険しい・・・


iwamimatubara (9)
iwamimatubara (5)
iwamimatubara (6)
ご覧のように、隠れた「名駅」であるこの石見松原は、三江線特有の、というよりむしろ九州のローカル線にあるような雰囲気でもあった。駅前広場は途中で途切れ、私が通ってきた道以外にもこの駅にやっていくる別の道も確認できた。


iwamimatubara (10)
付近には道の駅があった。というか、この江の川の山奥にこういった施設があるのは実に心強い。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村




三江線への挑戦⑱ 潮

usio (5)

実に印象深い駅名である漢字一文字一発勝負の潮。「潮」と名のつくものの、付近には全く海の気配を感じない。というより、むしろ緑いっぱいの大自然の中にあるコンクリの駅である。そして目の前には江の川が・・・
だが、隣の沢谷とハッキリ言って区別がつかない。正直言って沢谷と潮で写真の判別が難しく、ブログに掲載する前に写真の選択に少々手こずったのだ。それくらい似たような作りである両者であるが、利用者も・・・
というか、三江線というカテゴリーを抜きにしてでも実にブリリアントな印象の駅名である。

usio (6)
usio (7)
やや築堤風になっている潮。隣の沢谷とかなりの類似点があり、ハッキリ言って判別が難しい。だが、その違う点についてはホームに出てみるとわかる。

usio (1)
usio (2)
usio (3)
どぉ~ですか、このロケーション!恐らく潜在的に「潮ファン」という者が日本全国に存在している事であろう。


usio (4)
何度も言うが「リバプールの風」となってしまうのは実にもったいないですよね?できれば「凱旋帰国」していただきたいのですが・・・


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

三江線への挑戦⑰ 沢谷

sawatani (5)

三江線随一の地味さ加減を誇る沢谷。基本的に三江線は江の川沿いにレールが敷かれ、それに沿うように道路が並走しているのであるが、この沢谷だけは唯一この並走道路から逸れる感がある。もちろん先に紹介した千金も確かに一本外れるが、この沢谷の外れ方は半端ではない。三江線は途中トンネルを潜り並走道路に戻ってくるが、沢谷へ向かう道路は並走道路から一本外れ、更に違う方向へ行ってしまう。
であるが、基本的に三江線内では一番新しい区間にある駅であるためそれまでの既存区間とはやや違う印象。とは言え、よく見るとコンクリで固められた駅は、当時の鉄道技術において最新のものであったのだろう。
付近はそれほど人気(ひとけ)を感じない典型的な三江線の風景であるが、やはり千金などとは違い駅前の道路幅も広い。
一般的に見ればなんの特徴もない駅に過ぎないが、レールファン的に見れば余りにも地味すぎる感を醸し出していると思われる「ローカル」的存在でもある。
とは言え、この駅を目指して全国からやってくるレールファンは相当のマニアック路線を歩まれていることであろう。もし「沢谷フリーク」がおられたら是非とも私に報告していただきたい!

sawatani (2)
sawatani (1)
「駅前広場」もあり、やや余裕がある作りの沢谷。駅ホームへは小高い築堤上にあるため少々階段が発生。「三江北線」より更に「コンクリ感」が増しているような・・・


sawatani (7)
sawatani (8)
sawatani (3)
sawatani (4)
いい感じでローカルな駅であるが、それなりに民家も点在。駅のある理由がうなずけるが、なにせ利用者はひと桁・・・


sawatani (6)
2018年3月31日で営業終了となる予定と聞いた。日本各地でこのようなシーンが消えていくのが残念でならない。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

三江線への挑戦⑯ 浜原

hamahara (6)

よくぞここまでお付き合いしていただきました・・・って、まだまだ続く今回の企画、三江線全駅下車の旅紹介。ようやく前半戦の紹介が終え、これより後半戦になる。「後半参りましょう。後半しゅっぱ~つ!」

三江北線の駅としてしばらく終点の駅であったが、私が小学校1年生の時に「三江線」の駅となった。もともとパイが小さく、利用者もさほど多くないが、鉄道機能としては重要な駅となっていてこの駅での始発、終着の列車が多い。駅周辺は意外にも集落が形成されていてそれなりの利用があると思われるが、やはり隣の粕淵の方が圧倒的である。とは言え、基本2桁前半~ひと桁での争いとなる利用者は、20年くらい前と比べて半減している。やはり時代に合わない、というより先述の通りもともパイが小さいのであるから遅かれ早かれ「リバプールの風」になるのは国鉄時代から時間の問題でもあった。逆によくここまで生き延びてきたなという思いもあり、いわば「生き証人」的存在であろう。

hamahara (1)
hamahara (2)
停車時間が長いことや乗り換え等でこの駅に下車された方も多々いる事であろう。そしてこの駅舎も、三江線を訪問された方ならほとんどの方がご覧になったのではないか。やっぱりローカル線ていいよね!って景色。


hamahara (3)
メチャメチャメンテされている駅舎内。なくしてしまうのはもったいない感じ。できれば私が買取りたいが、避暑地として利用するにはちょっと遠すぎるかも・・・

hamahara (8)
もしJR職員として車両運用の都合上この駅に宿直する事になったとしたら・・・あなたならどうする?


hamahara (4)
hamahara (7)
hamahara (5)
相対式ホームに立派な跨線橋!であるが、利用者数的に跨線橋でなくても充分対応できそうな雰囲気。やはり運転上の要衝駅の使命か。

hamahara (9)
hamahara (10)
という事で、これより先、三江線の中で最も新しい区間の訪問となる。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (42)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (3)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (55)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (2)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (108)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (3)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (50)
宗谷本線 (15)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん