FC2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

相模線「ヘビー・ローテーション」⑨

「相模線」というカテゴリーはおそらく私が最も得意とするジャンルであろう。今でも相模線とは生活の一部としてよく遭遇する。そんな中、過去にアップした相模線の記事を若干引っ張り出してみた。最近になって私のブログをご覧になられた方はおそらく初めてご覧になる事と思われるが、もし、これがきっかけとなり他の相模線の記事もご覧いただけたら幸いである。では過去の相模線記事のバックナンバーを紹介してみよう。


今回の相模線「ヘビー・ローテーション」は西寒川駅を中心に紹介したい。本当に貴重な写真を提供していただいた。ぜひ多くの方に「相模線」を知っていただきたい思いである。なお、先述の通り、私は西寒川駅前一等地に在住していた関係で、思い入れはかなりある。私にとってはものすごい画像の数々だ。今回も「寒川文書館」所蔵の「K.T」さんのお写真、更に「ミックス・マテリアル」さんの御協力にてお送りしよう。


0634-031.jpg
昭和35年頃の西寒川駅だ。開設→廃止→復活の歴史の中「復活」当時のひとコマだ。真新しいホームが初々しい。画像はK.Tさん提供。


img098_convert_20130109180430.jpg
上記とほぼ同じ位置から、私が撮影した西寒川駅。昭和59年2月頃であったと思う。20年以上経過し、設備は若干古くなったが、ほぼ復活当時の面影をとどめる。私の「愛車」が余計だが・・・


0634-036.jpg
西寒川駅に進入するDC。こちらも同じく昭和35年頃である。画像はK.Tさん提供。


tenji11-04.jpg
同じく昭和35年頃に撮影の西寒川駅に停車中の、なんとキハ10!右側に注目していただきたい。貨物側線があるのがわかる!これは私にとってもの凄い「資料」となった。旧・東河原駅時代の面影であろう。画像はK.Tさん提供。


DSCF4041_convert_20130409201522.jpg
上記とほぼ同じ位置から私撮影の2013年現在。中央の歩道が旧・線路であるが、当時の面影は全く無し!


0634-034.jpg
sagami-53-4A_convert_20130113223311.jpg
復活当時(上)と昭和50年代(下)の時刻表比較。1本列車が増発されているのがわかる。管理は寒川駅長だ(モノクロの写真は画像はK.Tさん提供。カラー写真の時刻表はミックス・マテリアル様提供)。


0634-083.jpg
昭和50年代の西寒川駅付近風景。県道の踏切は、発車の際にホームにあるスイッチを車掌が操作していた。画像はK.Tさん提供。


DSCF4039_convert_20130409201331.jpg
上記の位置よりやや後退しての現在。縁石付近が旧・踏切であるが、まったく「異空間」そのものだ。


0634-095.jpg
昭和50年代の始発列車到着の際と思われるひとコマ。ご覧の通り、朝の「降車客」が圧倒的に多い。付近にある工場への通勤客が99%位を占める。西寒川駅の利用者のほぼ97%位がこの画像に組み込まれている。画像はK.Tさん提供。


0634-040.jpg
最後は驚きの画像。相模線、寒川駅に進入する「新型車両の試運転」風景。おそらく大山踏切からと思われる。昭和35年頃の撮影であるらしいが、全く信じられない光景だ。画像はK.Tさん提供。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



時よ、お前は③ 下津井

simotui (6)


下津井電鉄の終点・下津井は、特に漁港としてその名を知られ瀬戸内海の豊富な海の幸を我々に提供してくれる。特に下津井で取れる「たこ」は独特の弾力があり、スーパーなどで見られるアフリカ方面のたことは全く異なる食感を出す。地元はもちろん、岡山市内などにも下津井たこを楽しめる飲食店が多く、その絶対なる信頼度は実に大きい。
そんな地を終点とした下津井電鉄は廃止された現在でも「地元密着」を肌で感じる事ができる。児島の街とは違い実にのどかな漁港の片隅に駅はあった。現在でも痕跡はしっかりと残っており、この地に鉄道の歴史があった事を無言で語りかけてくる。というより、ある意味ナローゲージがよく似合うと思った。地形的にかなりの制約を強いられたであろう鉄道敷設工事も、ナローゲージとして運命を歩んだ理由のひとつなのであろうか。いずれにしても、もしまだ現役で活躍していてくれたなら、おそらく私は下津井電鉄の列車に揺られ、名物のたこ料理をつまみながらライムサワー片手に瀬戸内海を一望できるオーシャンビューの宿泊施設に身を寄せていたことであろう。

simotui (10)
simotui (11)
simotui (12)
simotui (1)
simotui (2)
simotui (3)
早速。漁港からスっと1本道を折れると下津井駅が登場する。本当にすぐそばが漁港であり、完全に地元密着的な鉄道だ。


simotui (19)
simotui (14)
simotui (17)
simotui (18)
simotui (7)
simotui (9)
未だレールが残る・・・やはり地元の方にとって、下津井電鉄が廃止されてしまった事は無念であったのだろう。やはり電鉄あっての街の風景・・・


simotui (8)
そして岡山方面は、今にも列車がやってきそうな風景になっていた。というより、その気になれば復活も夢ではないであろう。


FC2 Blog Ranking



にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

時よ、お前は② 鷲羽山

wasiuzan (6)

下津井電鉄の廃線跡で一番気になっていた駅が鷲羽山であった。この駅から見下ろす瀬戸内海は絶景で、などと私が解説を入れなくても周知の事実であろうが、鷲羽と言えばかつて新大阪~宇野で運転されていた急行列車の愛称であったのは懐かしい。ほぼ夜行列車であったが、新大阪を夜の時間帯に出発して宇野につくのがなんと3時台である!そこから連絡船に乗り換えて高松へ向かうのだから実に体力のいる移動手段だ。そう、まだ瀬戸大橋が開通していない時代であるから、本州と四国は必ず船という移動手段が入る関係上、宇野や高松で深夜未明の時間帯での乗り換えを強いられる場面も少なくなかった。
そんな事を思い出させてくれる鷲羽山駅は、現在もサイクリングロードの休憩施設として当時の面影を残していた。駅はちょっとした崖プチのような高台に有るため、そこから見える瀬戸内海は実に素敵な風景。廃止になったのはもったいないね!って感じてしまう空間でもあった。

wasiuzan (1)
一見どこに駅跡があるのか分からないが、写真中央のバルコニー的な部分が鷲羽山駅跡である。



wasiuzan (2)
私は道路を挟んだ反対側に車を停めたため、ご覧のらせん状の歩道橋を渡り鷲羽山駅跡へ向かった。


wasiuzan (5)
歩道橋からはこんな空間に繋がっている。既に観光化されているが、なんとなく鎌倉にも似たような景色がある感じがして、ある意味「地元」的な錯覚に陥る感覚でもあった。


wasiuzan (9)
そしてこんな空間に出る。もうお分かりであろう。右側がレールの敷いてあった場所であるという事を。現在はサイクリングロードとして活躍する。


wasiuzan (8)
wasiuzan (14)
wasiuzan (15)
wasiuzan (7)
そしてここが鷲羽山駅跡。列車交換はできず、片面一線の棒線形ホームであるのは開業当時からのものと思われ、現役時代のまま現在に至る。

wasiuzan (10)
道路から見えたバルコニーはこうなっていた。バルコニーからは瀬戸内海を一望できる。ウィキで確認してみたら、下津井電鉄で瀬戸内海を一望出来るのはこの鷲羽山駅が唯一と聞いた。


wasiuzan (13)
wasiuzan (11)
バルコニーからはこんな景色が!ご覧の橋が開通後に下津井電鉄と現役を共有したのはわずか2年ほどであった。ある意味、橋の開通は明るい話題ばかりではない。

wasiuzan (4)
wasiuzan (3)
ホームから琴海寄りを望むとご覧の景色が。弧を描く空間はやや華奢で、一目瞭然でナローゲージな列車の活躍が肌で感じられた。


FC2 Blog Ranking



にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

時よ、お前は① 児島

kojima (2)
(JR児島駅。高架駅の典型的な設計の印象で、それこそ新幹線の単独駅か鳥取、静岡のそれにそっくり!)

かつて、岡山県に他の鉄道路線と接続しないナローゲージの鉄道路線があった。それは下津井電鉄線といい、JR本四備讃線の児島付近に始発駅があった児島より、漁港で有名な下津井を結ぶ路線であった。私が物心着いた頃には既にこの児島~下津井の区間での運転であったが、それ以前には児島より先茶屋町までの区間があった。現在茶屋町~児島と言えばJRの路線があるが、当時はこのJRの路線は無く、岡山~茶屋町~宇野の宇野線1本であった。宇野では宇高航路が連絡し、船で四国へと渡る・・・言わば宇野は本州側の玄関口でもあった。そんな宇野駅が一気に役目を終えたのが本四備讃線による瀬戸大橋の開通があってからの事であった。ブルートレインが発着する長いホームは使用されなくなり、優等列車は全て宇野駅へ来なくなってしまった。

kojima.jpg
kojima (3)
(児島駅にあるホームへ向かう階段と、駅前に停まっていた営業車。ご覧のとおり、この街のテーマでもある一部の名物のアピール度はかなり高い。)

瀬戸大橋開通時に本四備讃線の駅としてJR児島駅は開業したが、というより茶屋町~児島間は20日くらい先行開業しているが、その時には既に下津井電鉄の茶屋町~児島間は無かった。JR児島と下津井電鉄の児島はかなり離れていて乗り換えるにはかなりの困難を催し、かつての横浜線原町田と小田急線町田(新原町田)との乗り換えよりも過酷であった事であろうと思う。だがこの関係も長くは続かず、時代の波とともに下津井電鉄線は1990年にその生涯を終えてしまった。

kojima (4)
(そしてこちらが今でも残る旧・下津井電鉄の児島駅。週末になると一般開放する旨が施設前に表示されていた。)

そしてそれから20年以上経過した現在、今でも所々にその名残を見せてくれる場所が数多く存在する。一部はサイクリングロードに変身して、現在でもまるで列車がやってくるかも知れないような空間をとどめているのが素晴らしい。そんな下津井電鉄の名残を見せる一部の場所を今回訪問してみたが、やはりナローゲージという特殊なレール幅からか、その廃線跡も華奢で可愛らしい。
一番最初に訪問したのが起点駅となる児島であった。だが、週末のみに一般開放するらしく、私が訪問した平日はガラス越しにその姿を眺めるだけにとどまってしまったが、それでも「ターミナル」の姿は実に立派に現在まで残っているのが嬉しかった。

kojima (1)
(ガラス越しに現在の姿を確認してみた。それは・・・平日でも一般に開放していただいたいほどの素敵な内容であった旧・下津井電鉄児島駅。)

児島と言えば「ジーンズの街」として最近は有名になり、街へ出ても駅にいてもそのアピール度は非常に高い。私は初めて今回の訪問でJR児島駅を散策したが、昔の下津井電鉄が活躍していた頃の児島のイメージとは全然かけ離れていて立派な造りになっており、それは昭和に流行した高架駅のイメージ、つまり鳥取や静岡・浜松など、典型的な高架駅そのものであった。もちろん今回の訪問以前に何度かこの駅を通過しているが、実際に駅に降り立ったのは初めて。ある意味この街が下津井電鉄の起点であると思うとその事実は実に説得がある街並みであった。そんな街から下津井へ・・・小さな列車の大きな追跡旅が今始まろうとしている。


FC2 Blog Ranking



にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村




同和鉱業片上鉄道に接近してみた③ 苦木

nigaki (7)

同和鉱業片上鉄道はほとんどの廃線跡がサイクリングロードに変身しているが、私はレンタカー訪問のためサイクリングロードを体験できなかった。そこで途中駅で保存状態の良い苦木を訪問してみた。だが、やはり私のように遠方からはるばるやってくる訪問者にとってはかなりの事前調査をしておかないとその位置関係が把握できないと思い、私もその例に習いしっかりと自己所有のポータブルカーナビにインプットしてからの訪問となった。片上鉄道は基本、並走道路の横をちょっとした高台風の位置で寄り添うが、特に苦木はサイクリングロードを自転車でやってくるとちょうど休憩するのには適当な空間になっていた。そしてレールファンにはたまらない空間でもあった。だがその位置は、旅客で金儲けをしようという意気込みは全く感じられず、むしろ鉱山鉄道的な匂いをひしひしと感じるほど貨物列車主体の鉄道である事が廃止されてからかなりの時間が経過している現在でも感じることが出来る空間でもあった。
だが、こうして今のその歴史が肌身で伝わってくる場所があるだけでもある意味幸せだと思えるくらい保存状態がよく、こうした場面に自身が居合わす事ができただけでも感謝かも知れない。ますます現役時代の訪問をドラえもんにお願いしたい気分になった。

nigaki (2)
nigaki (3)
文明の利器を最大限に利用。実際に地元の方以外の訪問者ならカーナビがなかったらわからない場所に苦木はあった。もちろん地元の方ならその場所を一寸の狂いも無く伝えていただける事であろう。


nigaki (1)
nigaki (8)
nigaki (6)
nigaki (5)
nigaki (4)
ちょっと坂道を行くとこうした空間が現れる。サイクリングロードに変身した現在、その場所が廃線跡である事を確信するのに時間はかからない。


nigaki (9)
nigaki (10)
nigaki (15)
nigaki (13)
どうですか!素敵な空間でしょう。多分1日居ても飽きない物件かも知れないが、それも季節によると思われる発言・・・


nigaki (11)
nigaki (12)
ここまで保存状態がよくてありがとう!と感謝の意でいっぱいである。今後もこの空間を通して後世に片上鉄道を伝承継承していきたい気持ちだ。


FC2 Blog Ranking



にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村




同和鉱業片上鉄道に接近してみた② 吉ケ原(後編)

前回は吉ケ原の駅を紹介したが、この章では保存車両を紹介してみよう。同和鉱業の歴史がひと目でわかると同時に懐かしさを感じる事が出来る。というより、こうした鉄道の歴史に触れるという事は「鉱山」「石炭」など、かつて日本を反映させた歴史にも触れることになろう。こうした歴史があって現在があるという事を思うと実に感慨深い気持ちである。かつて日本の経済を支えた勇者たちをとくとご覧いただきたい。

kitigahara (2)
吉ケ原付近から撮影。とても廃止された鉄道路線とは思えないほどの現役感!


kitigahara (1)
望遠を引き寄せてみると更にリアルに!マジで廃止されたんですか?と思わず言いたくなる。


kitigahara (31)
吉ケ原駅前。詳しいことは分からないが、恐らくかつては側線があったのであろう。私は1980年代は国鉄乗りつぶしやブルートレインなどに興味があったので私鉄はあまり目を向けなかった。今考えたらもったいない気持ちである風景。


kitigahara (16)
kitigahara (14)
kitigahara (23)
kitigahara (22)
ホームに立つとこんな車両がいきなり目に飛び込んでくる。私が1983年に鹿児島交通制覇の際、枕崎駅で見かけたが車両に実によく似ている。実に懐かしい車両だ!!


kagosimakoutu_convert_20120331200109.jpg
1983年3月31日、鹿児島交通枕崎駅にて。当時国鉄と共同使用であったが、現在JR枕崎駅は若干移転している。


kitigahara (5)
そしてこんな車両も。「鉱業」輸送を象徴する機関車であろう。


kitigahara (21)
kitigahara (20)
そして・・・どこかで見たようなと思ったら、1983年に高砂線制覇時、野口駅で見かけた別府鉄道の車両?と思わせるような懐かしさ!


befu_convert_20120331183808.jpg
1983年4月に訪問した高砂線・野口駅付近で見かけた別府鉄道車両。いや、乗ってみたかった!


kitigahara (30)
もし現在現役であるならば、既に乗車しにわざわざ出向いていたであろう。昭和の歴史を今に伝える・・・実に素敵であるが、その時代に生きていながら経験できなかった自分にかなりのジレンマを感じる。やはり経験出来る時に経験することが人生最大のテーマであろう。そんな事を確認させてくれた同和鉱業の面影であった。



FC2 Blog Ranking



にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (8)
管理人のひとりごと (44)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (25)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (62)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (151)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (93)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (11)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (62)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (94)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (3)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん