FC2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

1984年8月・「青春18」、88ヶ所は無理だったけど四国国鉄線全線制覇の旅②

私を乗せた大垣夜行は、夜中の東海道を一目散に大垣向かって駆け巡る。途中で何度も貨物列車に抜かれながらも弱音を吐かずに只管に走る続ける。そんな中、静岡では前回も紹介した駅弁の「立ち売り」が恒例であった。列車が到着するとホームから「べんと~う」と掛け声がこだまする。深夜に弁当なんて・・・とお思いであろうが、これが良く売れるのだ。ちょうど静岡辺りに来ると夜中ながらに腹が減る。まさにグッドタイミングでの弁当売りなのだ。現在はなくなってしまったが、この静岡の駅弁は残念ながら私はお世話にならずに無くなってしまった・・・が、今でもその光景を懐かしく思い出す事が出来る。

800px-大府駅
ウィキより画像を拝借した現在の大府。武豊線の分岐駅として知られるが、実は武豊方面へ向かう列車が「上り列車」という事を皆様はご存知であろうか?

さて、間もなく名古屋に近付こうとする大垣行きを、私は大府で捨てた。そう、武豊線をやっつけるためだ。これは初めての冒険である。今までは名古屋、そして大垣と下車していたのを、ある意味メジャーではない大府で下車とは!大垣夜行からの大府下車は、乗客としては珍しい部類に入るであろう。
キハ30の、いわゆる相模線で見慣れた車両に乗りながら武豊目指が、ひとり旅のため身軽だし融通がきくのがいい。ただ「いい旅チャレンジ」の証明写真撮影にはやや苦労するが・・・
さて、武豊線制覇のあと、岡崎に戻って今度は岡多線をやっつける。岡多線・・・いわゆる現在の「愛知環状鉄道」の事だ。当時は岡崎~新豊田間での営業であったが、文字通り「車」を輸送する貨物列車もあった。そのため特に北野桝塚は構内が広く、貨物列車の拠点となるべき駅であった。その名残から現在は愛知環状鉄道の車庫など有効に利用されている。

そういえば、東京から来たのだから順番から行くと岡崎が先ではないか・・・とお思いであろうが、実は大垣夜行が岡崎に到着する時間だと岡多線の接続列車が無い、というよりかなりの待ち時間となる。そのため先に武豊線をやっつけたわけだ。やっつけるなどと言っているが、この大垣夜行から大府に降りた乗客は僅少であった。

800px-Taketoyo-station-premises.jpg
(現在の武豊駅。かつて競走馬系で話題となり入場券も若干売れた記憶。名鉄とライバル関係にあるのは昔と変わらない。画像はウィキぺディア。)

東海道線に乗り換え、米原から野洲行の普通列車に乗り換える。新快速ではなく普通列車だ。だが、皆様からすればなぜ117系新快速を使わないの?という疑問が出てくるかも知れない。その理由には「赤穂線」にある。新快速だと姫路辺りで接続が無く、結局この野洲行に接続する列車に最終的に乗る事になるのだから、いっそのこと米原から野洲行普通列車に乗車してしまえというからくりだ。これだと赤穂線との接続がよく待ち時間も少ない。実に無駄なく盲腸線までも地味に攻める辺り、なかなか小細工の効いた計画だ。

そして赤穂線も・・・赤穂と言えば、全く関係ないが私は萬屋錦之介の「赤穂浪士」を思い出す。「おっ、懐かしい」とお思いのあなた、私と同世代か先輩ですなぁ・・・

800px-Banshu-Ako_Station03n3200.jpg
(現在の播州赤穂駅。ビジネスホテルが隣接する。画像はウィキペディア。)

赤穂線を制覇した後、岡山から四国入り・・・の前に総社まで吉備線を仕上げるというドラスティック振り!自分自身、よくここまでやったなと感心してしまうが、ここから宇野線と連絡船を使えば高松に22時丁度に到着し、0時46分発の731D中村行に乗車するのにちょうどいい時間帯となる。

さて、中村まで乗り換えなしで行けるぞと勇んで列車を待つことにすると・・・いやはや、とんでもない「事件」が私を待っていたのだ!

800px-Ferries_on_the_Utaka_line.jpg
(宇野~高松を結んだ国鉄連絡船「宇高航路」。瀬戸大橋開通後は廃止されたが、本州~四国間を連絡するのに大いに役立った。画像はウィキペディア。)

高松で約2時間40分の待ち時間の中、私はホームのベンチでとりあえず休憩していた。すると何やら初老の紳士が私のベンチに座った。他のベンチも空いているというのに・・・「どこから来たの?」良くある会話だ。「どこへ行くの?」ここまではいい。やがて私の方に一歩近寄ってきた・・・「結構好きなんでしょう?」「えっ?」と言うと私の下腹部の方に手が・・・これって完全に・・・と、高校生の私に迫りくる。もうこれ以上記したくないので割愛するが、世の中とんでもない人がいるものだ。皆様、一人旅では十分に細心の注意を払ってベンチに座りましょう。

※ 注意:決してそういう方を否定しているのではなく、あくまで「そういう行為」を駅構内などですることを否定しております事を予めご案内申し上げます。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



1984年8月・「青春18」、88ヶ所は無理だったけど四国国鉄線全線制覇の旅①

1984年8月、ひとりの男が立ち上がった・・・のは私であるが、既に高校生になり、いささか鉄道以外のジャンルにも興味を示していた。この年の3月には廃止となった赤谷線を訪問し増々鉄道色に染まっていったが「音楽」にとても魅力を感じる今日この頃となり、私はベーシストとしての道を歩む事となる。が、夏休みともなると家にいてもうずうずしてくる。なんだろう、この感じ・・・そう、列車が私を呼んでいたのだ!もう高校生ともなると「自身で稼ぐ」事も法律的に可能なため、その法律をフルに活かしアルバイトを始める。自身の自由がきくお金ができるということは素晴らしい事だ。私は「ふっ」と思い立ち、出発5~6日前に旅計画を完成。バイト先に休暇を申し入れ、まだ16歳なのに「18」してみた。

img085_convert_20130108150308.jpg
(1984年に廃止された赤谷線車両は始発の新発田にて撮影。赤谷線廃止と同日に我が地元・相模線の寒川支線も廃止となり、まさに国鉄のローカル線廃止はブームとなっていた。)

今回のターゲットは「四国」と位置付けた。青春18きっぷは5日間有効の為、5日あれば四国はクリアだなと、既に頭の中で計算できるまでに成長していた私は、計画もスムーズに仕上がる。しかしその計画はかなり濃厚な仕上がりとなった。既に東北乗り潰しの際に散々頭を抱えながら悩みぬいた時とははるかに違う。というより、そういう経験があってこそここまで成長できたのであろう。過去の経験から得た知恵や各メディアから仕入れた情報などを取り入れ、まさに英知を集結させた、いわば「集大成」の計画が出来上がった。レコードで言えば「ベストアルバム」か。いや「全曲集」と言えばよかろうか。とにかく、いかに「乗り潰すか」だけを考えた、全く無駄が無く完全に合理化された計画が仕上がったのだ。

img163_convert_20130209195612.jpg
(こちらも以前に紹介の大歩危。「大股で歩くと危険」という意味らしい。)

この旅の乗車計画はこちらを参考にしていただくとして、早速その模様を紹介してみよう。ただ、ひとことお断りしておくと、この旅が終了した後写真屋さんにフィルムを持っていく際に、そのフィルムの一部をどこかに落としてしまい写真が一部の乗車区間しか残っていない・・・当時はすごくショッキングな出来事であってかなり落胆してしまった。ということで、一部の写真については近年のものと、この旅以外での訪問時のものも含めて紹介することにする。

img098_convert_20130109180430.jpg
(1984年に廃止された相模線・西寒川駅。今回の旅からはここから旅立つ事は出来なくなってしまった。)

まずは、毎度おなじみ「ムーンライトながら」ならぬ「大垣夜行」に乗車の為、相模線は寒川より東京目指す。今までは「西寒川」からであったが、3月31日に廃止されてしまっていた。残念ではあるが、新しい最寄駅・寒川より相模線に乗る。茅ヶ崎で東海道線に乗り換え東京に到着したら23時25分発の「大垣行き」をいつものように待つ。もう手慣れたものだ。今回は急に思い立った事もあって、完全に私オンリーワンの一人旅となった。ものすごく融通が利くしやりやすい。しかし「いい旅チャレンジ20000km」のチャレンジ真っ最中の為「証明写真」が非常に撮りにくい。ある時は「窓枠」にカメラを置き、ある時はホームのベンチにカメラを置き・・・三脚は持っていなかったのでかなり苦労するし人目も気になる。周りに迷惑にならぬよう「ひとりチャレンジ」を敢行していった。
さて、東京発の大垣夜行は夜の東海道を、確か小田原辺りまで律儀に停車していく。指定席ではないので会社帰りのサラリーマンなどが普通に東京から乗車し東京近郊の各駅に散ってゆく。だが座席に座っている乗客の顔に変化はない。果たしてどんな旅になるのか・・・



にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

1983年・春爛漫<青春18>⑦

宮津線で22時27分着、そして1時28分発という深夜の豊岡で夜行普通列車「山陰」に乗り換えるというとんでもない計画を組んだ私だが、豊岡から乗る、というマニアックな方法は他に考える人は多くなく、結局「満員御礼」の列車では座席確保ができなかった。結局、出入口のデッキで一夜(というより3時間くらいであるが)を過ごすこととなってしまった。当然寝ることはできず、相方には申し訳ないことをしたが、京都着5時24分、5時28分発の東海道線に乗り換えるため「ダッシュ」するのにはデッキにいるのは好都合であった。

img104_convert_20130222172343.jpg
高砂線制覇時の加古川。隣に描かれている駅名はかつて別府鉄道が分岐されていた。結局別府鉄道には乗車できずに現在に至るが、やはり乗車できなかったのが心残りである・・・

そして東海道線をひたすら乗り継ぎ茅ヶ崎まで向かうわけだが、当然東海道線内では爆睡・・・乗換駅付近ではまるで自身の頭の中に目覚ましでもセットされたかのように目が覚め、そして乗り換える。その繰り返しで寒川に着いたのが16時57分、つまり夕方5時頃であった。このころには既に頭の中は「風呂」「布団」の文字が掠めており、改めて布団で寝れること、そして無になり風呂に浸かれることのありがたさを染々感じるの事となった。

img110_convert_20130222172735.jpg
現在は駅名も改称され西脇市の代表駅となった野村。かつては鍛冶屋線を分岐していたが、加古川線は電化され更にパワーアップした。

さて、3回に渡り「青春18」の旅を紹介してきた旅の記録をご覧いただきありがたく思うが、何かお気付きになられたであろうか?そう、私の紹介してきた旅の文章には「どこどこから乗りどこどこで降りた」や「こんな列車に乗った」という表現がほとんどである。以前に紹介した東北乗り潰しの旅もそうだが「乗った」「降りた」の表現しかない。つまり、当時の私は「乗り潰し」のみに情熱を注ぎ、その路線ひとつひとつの「文化」や「景色」、もっと言えば「歴史的背景」をほとんど触れずに旅をしていた。つまり「中身」があまり無かったと思われるため、個々の印象が薄い。果たしてそれが良いか悪いかは別として、なぜ私はここまで鉄道に拘るのか?と自分に問うた事がある。私は物心着いた時から鉄道が好きであった。以来20年以上のブランクはあるものの再び鉄道と触れ合う時間ができた。先述したが、これからも鉄道に触れ合っていくことであろう。

img151_convert_20130222173452.jpg
恐らく1977年頃の撮影と思われる沼津。現在も当時の雰囲気を残したまま現在に至るが、こうした駅も時間の経過とともに少なくなっていくのはさみしい限りだ。

日本を代表する国民的某ロックアーティストの著書にこんな発言がある。「方向性を見失った時、人間は一番苦しい。俺には音楽があった」と。もし音楽という言葉を「鉄道」に置き換えるとすれば、自ずと「ヒント」が見えてくるような気がした。某ロックアーティストは既に還暦を過ぎ今年で古希になるが今もなお「現役」だ。インタビューなどでよく尋ねられる。「なぜ音楽を続けるのですか?」・・・音楽を続ける理由。「ミック・ジャガー、ローリング・ストーンズ、もう70歳過ぎてもでもやってます。なんで音楽を続けるのか?もうやめないんです。地位も名誉も、そしてお金も手に入れた。なのにやめないんです。なんでか?それには音楽と常に触れ合っていたい自分がいるんです」。つまり「自身の好きなことを続けるのに理由は無い!」という事である。好きだから歌い続ける・・・好きだから列車に揺られる。北海道に行く。廃線跡を訪ねる。九州に行く。かつての「炭坑」の盛栄時代の面影に触れる・・・そういう楽しみが待っている「人生」にしていきたい。
鉄道を趣味とするという事は、一般的に理解していただける場合が少ない。「いい趣味」とは言うが、私のようなものは「個性的」ととらわれているであろう。何かのテレビ番組で「路線バス降車ボタンマニア」という趣味の持主がこの世にいるらしい事を放送していた(確かタ〇リ倶楽部だったと思う)。私から見て、こちらの方が「個性的」だと思うし素敵な感性を持っておられ羨ましい限りだ。しかしながら鉄道雑誌が世の中にあり、パソコンを開くと私と同じ趣向の方が数多くおられる事に気づく。これは素晴らしい事だ。私はどちらかというと宮脇氏に近い趣向かも知れない事にも気付いた。地図・・駅・・旅・・時刻表・・辺りが私の好むところであるが、「デジタルATS」とか「VVVFインバーター」等の言葉には非常に弱い。また「12系客車」は即座にわかるが「E217系」と言われてもあまりピンとこない。

1024px-JNR_Fukuchiyama-Line_Amagasaki_sta.jpg
今回の旅では紹介していないが、私が小学生の頃は非常に気になる存在であった福知山線の尼崎駅・・・という表現では若いレールファンには少々伝わりにくいが、かつては塚口から尼崎港に向け福知山線の支線、通称尼崎港線が分岐していた。そして尼崎港線の尼崎は東海道線の尼崎とは別に独立してホームがあったので異色の雰囲気を醸し出していた。ご覧の写真はウィキペディアより拝借した尼崎港線の尼崎駅ホームである。

私の「乗り潰し」の旅もそろそろ終焉を迎えた。その気になれば、10日間あれば余裕で全線制覇達成できる。近年では早く全線制覇をして、今度は「線」ではなく「点」の旅もしてみたいと思っていた。現在、ややそれが実現している傾向にあるのは幸せな事であろう。「やる事がある」という事は幸せだと思う。全線制覇しても、その「次」の目標がある。これは素晴らしい事だ。人間はやる事が無くなってしまった時、それは「終焉」を指すのではなのか?「仕事」でも「趣味」でもいい。やる事があるという事は「バイタリティー」になる。つまり、自身の生きている「証」みたいな物を知らず知らずに求めているのではないか?

これからも私の「旅」を紹介していくつもりであるが、近い将来には最近の旅も紹介してみようと思う。過去の自分と旅のスタイルがどのように変化していったのか見届けていただきたい。そしてまたこれからも「証」を探す旅は永遠に終わらないであろう。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

1983年・春爛漫<青春18>⑥

四国・高松では既に日付が変わっていた。しかし我々「中村夜行」に乗り昼間と同じような乗り換えを深夜未明に敢行しなければならない。「しなければならない」とは、実際問題、行程を考えたのは誰でも無い自分自身である。そんな行程は同行した相方もさぞ体力的に辛かったであろう。
まず深夜の琴平で中村夜行731Dの上りバージョン「764D」に乗り換える。琴平着1時53分、2時20分発。高松着が3時22分、宇高航路が3時52分発、宇野に4時52分着で乗り換える宇野線が5時4分発である。乗換時間をザッと列挙してみたが、もちろん寝ている暇がない。というより高松での列車接続がよくこんな時間に設定されているなと逆に関心してしまう。そして連絡船は宇野で宇野線の始発に接続する。これって乗客に「寝るな」と言っているようなものではないか?それに付き合う私も私であるが・・・
たが、これには深い事情がある。つまりこれは「岡山発(着)」の列車であると仮定して運転されているのだ。ただ、当時は瀬戸大橋が無いため途中は船になる。これがうまい具合に深夜未明の時間帯になるので高松や宇野では、ある意味人間の限界を超えた乗り換えが発生するわけだ。

1024px-JNR-Shikama-Koh_station_1986-001.jpg
1024px-JNR_Shikama-Koh_station_1986-003.jpg
(画像はウィキペディアより、現役時代の飾磨港。一応播但線に所属していたが、播但線全線通して運転される列車はなく、姫路で完全に分断されていた。つまり播但線ではなく「飾磨港線」として完全に別の路線となっていた。)

四国の夜行列車を旅籠とする考えであったが、結果的に痺れるような乗り換えを強いられるためある意味旅籠の役割をしないまま岡山に戻ってきたが、いっその事岡山で駅寝を敢行した方が効率が良かったのかもしれない。いや、駅寝を嫌う私にはこうした旅籠の選択はお似合いだったのか・・・しかし凄まじい旅籠であった。
さて、本日の行程は加古川線とそれから枝分かれする支線各種を制覇予定だ。しかし、なぜか播但線の一部区間を私は入れてなかった。これは接続の関係からであると思われるが、いつしか廃止されてしまい永遠に訪れる事ができなくなってしまった飾磨港駅。実は姫路~飾磨港まではかつて播但線の支線があった。現在も播但線は存在するが、それとはまったく異色の存在で際立って地味に目立つ存在であった。だが列車本数の関係からどう行程を組んでも組み入れることができなかったため「後回し」としたのであろう。この判断が後に響くとは・・・
そんな事を言ってもしょうがない。当時はただただ只管乗りつぶす事を最優先としていたため「楽しむ」みたいな事が出来なかったのであろう。

img109_convert_20130222172655.jpg
img101_convert_20130222172103.jpg
(国鉄時代に最初で最後の訪問となった三木線の各駅。加古川線とその枝線は実に接続がよく、乗り換えに非常に便利であった。現在、その枝線は廃止や三セク化などの変遷を辿ったが、我々の記憶に輝かしく刻まれている。)

当時非電化であった加古川線に乗り三木線、北条線、鍛冶屋線と制覇していく。特に三木線と鍛冶屋線は現在は無いため、貴重な体験となってしまったが、鍛冶屋線は西脇市の中心部にあった西脇駅があったため少々もったいない印象である。そして三木線に関しては、同じく北条線と一緒に第三セクター化されたが、残ったのは北条線だけになってしまった。
三木線に関しては途中「国包」で近代的な「カプセル駅舎」が話題となり将来の無人駅の姿を印象づけたが、現在では「貨車駅」が、特に北の国では定番となている。
終点の三木では付近に「電鉄三木」があるためひっそりとした印象であったが、とにかく私は「いい旅チャレンジ」の制覇路線が増えていくのが嬉しく、三木線の経営事情などほとんど分からない中学生であった。
そして厄神にもどり北条線を制覇。再び加古川線に乗り鍛冶屋線へ向かう。終点鍛冶屋では停車時間が約6分の為、入場券購入や「いい旅チャレンジ20000km」の証明写真を撮影するのに忙しい。しかし間に合わず発車の時間になってしまったため、走り出した列車から「証明写真撮影」という荒業にでた!結果的に成功したが、この「一か八か」の懸けに失敗していたら、証明写真を撮影するだけの為に再び訪れる事は出来なかったはずだ。ひとまず安心したが、再三加古川線に戻るのはかなりハードな行程だが、それを作ったのは誰でもない、自分自身である。
加古川線と枝分かれする支線との接続が良く、すんなり制覇に成功。若干粟生で1時間くらいの待ち時間があったが、これがいい調整時間となり、加古川線やその支線たちの奥深さを知る事になった。

img107_convert_20130222172541.jpg
経営母体は変わったものの、現在も頑張って営業している北条町。現在は国鉄時代から駅が100mくらい移転して新たな駅舎に生まれ変わった。

野村から加古川線で谷川まで行き福知山線に乗り換え、福知山から綾部経由で舞鶴線に乗り西舞鶴まで一気に駆け巡る。しかし、隣の東舞鶴まで行かないと舞鶴線の制覇とはならないため東舞鶴まで行くが、折り返す列車がなんと西舞鶴行き(か福知山行きだと思った)のDLが牽引する旧型客車だったのだ!だが隣の西舞鶴までしか乗れないなんて、もったいない。東舞鶴までは5~6分位しか乗れないのに、西舞鶴ではこれから1時間以上待って宮津線に乗り換える。なんと不憫な・・・この時、時計は夜七時を回っていた。この時間帯から宮津線とは・・・天橋立を車窓から眺めようと考えるが、ハッキリ言って日本三景は闇に包まれている事であろう。景色は完全にあきらめ普通に「いい旅チャレンジ」制覇のため宮津線で豊岡に向かうことにした。

Higashi-Maizuru_Station_19880728_b.jpg
img102_convert_20130222172227.jpg
(画像はウィキペディアより拝借した国鉄時代の東舞鶴駅舎(上)と、私撮影の西舞鶴駅名標。特に東舞鶴は近年に高架化されスッキリした印象である。跨線橋を使わずに乗り換えができ非常に便利になった、)

景色は見えなかったのは残念であるが、それより宮津線を制覇する事の方が大切であった。日本三景の「天橋立」とは、幻想的な名前であるが中学生の少年には全く分からない!日本有数の観光地を前にしてもこの少年は全く動じなかった。
さて、とうとう宮津線を豊岡まで乗り、宮津線の制覇となったわけだが、時計の針は22時30分をまわろうとしていた。こんな時間に豊岡に着いても乗り換える列車が無い。つまり「駅寝」をするか3時間待って夜行列車「山陰」に乗るか・・・当然の事ながら事前に計画しておいた「後者」の選択となるわけだが、こんな時間から夜行列車の乗るなんて・・・途轍もなく無謀な計画を組んだものだ。夜中の豊岡で何をしていろというのか。相方も文句ひとつ言わず良く付き合てくれたと思う。
3時間後、ようやく豊岡に姿を現した「山陰」であるが、深夜だというのにこれから私の予想をはるかに超えた事が起こったのだ。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


1983年・春爛漫<青春18>⑤

今日で5日目を迎えた「青春18」の旅。それは佐世保で迎えた。佐世保発「ながさき」、実は「列車名無し」になり、寝台を連結した長崎発の「ながさき」が正式に列車名を授かった列車である。早岐で長崎発とドッキングして佐世保発も正式に「ながさき」となるが、佐世保発の列車はハッキリ言って超ガラガラ!長崎発は上り列車でもそれなりに座席が埋っている事と思われる。だが事情を知っている者ならば、恐らく早岐で佐世保発の車両に移ってくる・・・そんなテクニックを持ち合わせている事であろう。だが、佐世保発の車両はそういったレールファンの事情などお構いなしにのどかな時間を提供してくれた。
そんな優雅な旧型客車で門司まで向かう。私の行き先が門司港ではないのが不安であるが、ほぼ7時間くらいあるので安心して仮眠できる。この旅では久々に夜の時間帯にゆっくりできそうだ。

img096_convert_20130222161237_20130222173945.jpg
基本、長崎本線では肥前山口で列車の分割・併合が行われるが、普通夜行列車「ながさき」はかつての長崎本線、つまり大村線経由のため早岐で分割・併合が行われる!なんて伝統的で古式ゆかしい列車であろうか!!

佐世保発の列車は早岐で「スイッチバック」するが、長崎から大村線経由でやってくる「ながさき」とここで併合する。つまり旧・長崎本線経由である伝統的な古式ゆかしい列車である。だが、そんな由緒正しい列車も、気が付いたら既に博多を過ぎ、北九州付近の通勤時間帯となっており、車内はスーツを召された立席客で埋め尽くされていた。声こそ出さなかったが、思わず「ウォーッ!」と叫びたくなるようなスーツの群れに私は動揺を隠せず、向かいの足を伸ばしていた座席を立ち席客に譲った。
ただ「ながさき」は、所謂「旧型客車」の為、スーツ姿のお客様がいる車内には、何か違和感「大」である。いままで鼾をかきながら横になっていた自分達は完全に浮きまくっていた。

やがて門司に到着すると、関門トンネルを抜けるため早速山陽本線に乗り換える。その時間、5分!写真など撮ってる暇など無い。せっかく門司に来たのに写真ひとつ撮れないなんて、何だか切ないが、これも自身が組んだ計画だ。仕方なく九州に別れを告げ、再び東京目指すが、そう容易くただでは帰らない。山陽本線、東海道本線には「支線」が多く存在する。東京に向かいながら細かい支線に寄り道すれば「いい旅チャレンジ20000km」の制覇路線も稼げる事だろう。
その第一弾として早速「宇部線」を制覇する。車両が新しく置き換わっており、清々しい気分だ。ただ、まだ通勤時間帯の為、われわれのような「色物」は完全に孤立してしまう

kokuden1_convert_20120331200834.jpg
1024px-JR-Suzumeda-Station.jpg
1983年訪問時の雀田(上)。そして現在の雀田(下)はウィキペディアより画像を拝借した。ご覧の通りほぼ昔と変わらないのは嬉しい材料だ。もちろん車両の変更はあったが、階段無しでの乗り換えは実に便利。

だが、そんなことはお構いなしに、今度は宇部新川より小野田線へ乗り換える。そろそろ通勤時間帯も過ぎ、落ち着きを見せるころだが、雀田より長門本山への支線も当然ながら乗り換える。雀田のホームは三角状になっており、支線と本線の乗り換えが階段なしでできる非常に機能的な設備であるのが嬉しい。
そしてこ存じ、ここで待っていた長門本山方面へ向かう列車は旧型国電の単行だ!ご覧の通りなかなかの「いぶし銀」であるが、何となく我が地元の鶴見線大川支線を彷彿させる風景でもあった。なかなか愛敬あるじゃないか。
そんな列車で長門本山に向かったが、終点の長門本山は周囲に何もない。もちろん、いわゆる「秘境」とは異なるが、別の意味で何もなく、哀愁漂う姿がまた愛らしい。山口県の片隅にこんな素敵な駅があったのか。隣の浜河内も同様、全国にはこうした「隠れ名店」ならぬ「隠れ名駅」があるものだとつくづく感じてしまう。

img111_convert_20130222172811.jpg
800px-NagatoMotoyamaStation.jpg
1983年訪問時の長門本山(上)と現在の長門本山(下・画像はウィキペディアより)。かつてはかなりの盛栄であったろうと感じる駅構内の様子であるが、現在は必要最低限の旅客スペースのみに縮小されているのが哀愁を感じる。

僅かな時間ではあったが、素敵な駅達に別れを告げ再び雀田に戻り今度は小野田へ向かう。そして山陽本線に乗り換え再び宇部に行き、また再び宇部線にて小郡へ向かう。とは、今改めて当時の記録を振り返るとなんだか変な行行動をしているし、もちろん一般的な行動ではない。何やら怪しい少年のようでもあるが、これはレールファンの宿命か、それとも性か。私はご当地のグルメに目を向けるでもなく、名所巡りを楽しむ訳でもなく、ただひたすら「いい旅チャレンジ」を満喫していた。
さて、小郡より山陽本線で徳山に抜けて旧・山陽本線であった岩徳線に乗る。その岩徳線にある西岩国はかつて岩国と名乗り、往時を偲ばせる由緒溢れる駅舎が現在も残っているため駅舎がいい!あの重厚な佇まいは、当時の建造技術を象徴するかのような素晴らしい設計だ。現在では普通にローカル線のひと駅に過ぎないが、その存在感は一際目立つ。
「岩徳線」とは、名前の通り「岩国」と「徳山」を結ぶ路線であるが、そんな岩徳線で途中、川西より分岐する岩日線(当時)がある。もちろん制覇しなければ気が済まない。接続列車の関係からいったん岩国まで行き、1時間半のインターバルの後に岩日線に乗り錦町に向かう事にした。現在は周知の通り第三セクターとなり第二の人生を送っているが、一番気になる存在が「御庄」であろう。近隣には「新岩国」なる新幹線の駅があるが、接続駅となっていないのは国鉄時代からである。新幹線の新岩国を開設する以前から岩日線の将来が既に見え隠れしていたのであろうか、あえて「別人」を装っていた。現在は駅名を変更し、新幹線との乗り換え駅だよ!とのアピール度は高いが、両者の距離は以前と変わらない。だが、精神論的にはかなりの距離を縮めた事であろう。

800px-Shin-Iwakuni_sta_201205-1.jpg
画像はウィキより拝借した新岩国。国鉄時代から御庄との関係が各方面で話題となっていたが、あの宮脇俊三氏も各著書でご意見を述べられていた。現在、御庄は「清流新岩国」と改称され世間一般にも連絡駅としてアピールしているが、両者の距離は現在も変わらない。

そんな新岩国を横目に見ながら錦川に沿って北上する。やがて錦町に到着するが「岩日線」の名の通り「岩国」と「日原」を結ぶ目的で敷設されたその先の鉄路は無い。現在は路盤を利用して観光列車的な乗り物が路盤の一部を利用している。なかなか微笑ましい限りであるが、未成線となりながら完成されたと仮定し想像しながら乗る「岩日線」もまた一際楽しい存在となる事であろう。
そんなことを思いながら岩国に再度戻ってきたのが午後6時近かった。ここで「乗り」はいったん終了し、今夜の宿に向かう。目指すは1982年「青春18」の旅で使用した「731D」だ。おや?と、この表現だけではわかりづらいであろう。結論から言うと四国に渡り、あの「中村夜行」に乗るということだ。つまりこの「中村夜行」が今夜の宿となる!とは言うものの、今回は違う。高知まで行かずに琴平で「上り」に乗り換える行程だ。つまり深夜未明の乗り換えを強いられ、実質「宿」とはほど遠い「乗り」の行程となる。

岡山から山陽本線と宇野線、宇高航路を乗り継いで高松なに着いたのは何と深夜0時30分!731Dは0時46分発だ。わかっているが、このあと深夜の時間帯に考えられない乗り換えが待っている。さあ、気合いを入れて乗らなければ・・・深夜未明とはいえ、列車が運転されているだけでもありがたい。いや、いっそ岡山で駅寝でもした方が効率がいいのかも知れない。たが私はただ頑なに駅寝を拒み、深夜未明の厳しい乗り換えを自分に課したのであった。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


1983年・春爛漫<青春18>④

急行「かいもん」はそこそこの乗車率であったが、八代から自由席に乗って座れたのだからラッキーだった。ただ、青春18を握りしめながらの急行「かいもん」乗車は、正規料金のため当時中学生だった私には少々大きな出費であった。確か2500円くらいだったと思う。深夜1時というのに八代で切符売り場に駅員がおり、駅舎にはちゃんと明かりも点っていた。もちろん急行「かいもん」の急行券と乗車券を鳥栖まで買い八代駅の売り上げに少なからず貢献した。
途中、熊本では先程乗っていた混合列車2038レが向こうのホームに停車していた。「やっぱり車掌にお願いして熊本まで乗せてもらえば良かったかな~」みたいな事も頭に過ったが、基本2038レは八代~熊本間は回送扱いのため確実に断られたであろう。だが「宝くじだって買わなければ当たらない」ではないが、一応当たって砕けろ的に一言車掌にお願いしてみるべきだったと今改めて思う。もちろん断られるであろうが・・・

DSCF3101_convert_20130206151359.jpg
これが鳥栖で購入した入場券。「入場券」と表現したが、もちろん券売機でも入場券は売っていた。だが、硬券が欲しいためわざわざ職員のいる窓口から購入したのだが・・・しかし何となく困った表情をしていた職員が差し出しなのはご覧の切符であった。恐らく入場券の在庫が無かったのであろうと思われるが「券売機でも売ってますよ」とあえて言わなかったあたり、私を見るなり「その道の人」と判断されたのであろう。

さて、未明の鳥栖で下車し基山より甘木線を制覇する。鳥栖では窓口で入場券を求めたが、硬券ではなく券売機の端材のようなもので駅名と日付をスタンプしたような簡易な物であった。当時、私は硬券ではなかったので若干残念であると思ったが、逆にそれが現在「価値あるもの」に変身しているかも知れない。
朝一の鳥栖より基山から甘木線に乗るため「鳥栖発基山行き」という、鹿児島本線を走る奇妙なDC普通列車に乗る。こんな区間列車が朝一番に設定されているなんて、何やら怪しい気配がしなくもないが・・・だって二日市とか博多ではなく基山だよ!的な・・・
鳥栖5時1分発、基山に5時9分に到着する。乗り換える甘木線は5時35分発である。
だが、私は予想していた。時刻表上では基山が終点になっているが、多分跨線橋を渡り甘木線にわざわざ乗り換えなくても今乗っている列車が自動的に甘木線に変身するだろうと・・・
予想通りだった。鳥栖から基山まで甘木線を走るDCが「回送」されていたのだ。つまり乗り換えなしで甘木線への招待となったわけである。あたかも時刻表上の「マジック」では、別の列車として表記されていたが、やはりまたもや昔の明知小五郎的な天知茂のように、謎が解けたような気分になって嬉しい。
密かな喜びを胸に秘め、甘木線を制覇後、再び鹿児島本線で羽犬塚に出て矢部線に乗る。黒木のインターバルは5分と短く「いい旅チャレンジ20000km」の証明写真を撮影するのに精いっぱいであった。いつの間にか廃止され現在はその印象が薄いと思われる矢部線であるが、路線名の集落まで到達することなくフェードアウトしていったのはやや残念である。

img097_convert_20130215180442.jpg
こちらは矢部線の終点で唯一私が所有している写真である黒木。インターバルが5分くらいしか無かったため、ご覧のような写真しか撮影できなかった。路線名になっている矢部までの延伸が予定されていたが実現せず。とは言え、撮影テクニックは当時中学生であったので評価の対象外とお許しいただきたいのだが・・・

矢部線を後にして次は佐賀線を目指す。佐賀線は瀬高で乗り換えとなるのだが、またまた奇妙な列車が設定されていた。鹿児島本線・羽犬塚発瀬高行きのDCである。電化区間をDCが「瀬高」という中途半端な駅で終点なんて、またまた怪しい・・・だが、既に計画段階から何となく予想はしていた。やはり天地茂であったのだ。またまた時刻表上の「マジック」である。このDCは鹿児島本線から佐賀線直通列車だ。
またまた乗り換える手間が省けていささかラッキーでもあったが、地図上で見れば鹿児島方面から佐賀方面に行くのにしっかり「短絡」の役割をしているのである。だが、あくまでも「地図上」に過ぎず、1日数本の列車設定では「短絡」するかどうか、その人の判断によるであろう。しかしながらかつては優等列車も設定されており、それなりに盛栄もあった。更にこの佐賀線には名物も存在した。可動橋である。清水港線と同じような可動橋があった。更に全国でも珍しい「跳ね橋」があった。現在でも可動橋は重要文化財として保存されている。
ある意味文化財的な佐賀線であるが、あくまで私は「制覇」を主体としている。可動橋よりも大切な何かを求めなければならない。
せそんな佐賀線に乗り終点の佐賀に着くと同じホームの隣にボンネット式の特急「みどり」が待っていた。いや、我々を待っていたわけではないが、いずれにしても「18」であるから別料金を支払わぬ限りないそれを許してもらえない。仕方なく、計画通り普通列車で今度は唐津線に乗り北上する。唐津と言えば、私の訪問時は筑肥線が電化開業したばかりで、終点の西唐津は車庫が置かれて真新しい。同じく唐津も2面4線の高架駅になり、市を代表する駅として相応しい姿となった。

img060_convert_20121219134420.jpg
筑肥線電化直後の唐津。それまで唐津市民は行き先によって「唐津」「東唐津」「山本」など駅を使い分けていたが、路線の一部廃止と新線開業によって唐津に統一した。塩尻に続き、ここでも当時の国鉄の英断が現在に受け継がれているのが実に素晴らしい。

筑肥線制覇の為、新しくなった「電車」に乗り新線区間を行く。東唐津は非電化時代はスイッチバック式の駅であったが、電化と同時に現在地に移動した。非電化時代とは違い、高架化されたスマートなホームに変化した姿に地元の人は戸惑う人もいたであろう。しかし「機能的」となった駅は、スッキリした感があり清潔感あふれる。これからも地元の人に愛される駅となってほしい。
新線区間以外でも、ホームが嵩上げされておりリフォームされている。そして「虹の松原」という、何ともロマンチックな駅は、付近の観光名所をそのまま駅名としているが、ホームも新しく新鮮である。
「青春18」では筑肥線・姪浜までしか行けないため姪浜で折り返すが、電化と同時に相互乗り入れを開始した福岡市交通局が我々を迎えてくれた。こちら姪浜も電化と同時に高架化されスッキリ。完全に「ローカル」から脱却した感がある。

img098_convert_20130222161415.jpg
国鉄時代は筑肥線と松浦線のレールがつながっていた伊万里。焼き物で有名な町ではあるが、現在は両者とも経営母体が変わり、松浦鉄道とJR筑肥線は完全に分断されている。

姪浜で約1時間のインターバルの後、再び西唐津に戻り今度は分断された筑肥線の「西線」を制覇しに行く。唐津線を境に「東線」となった筑肥線とは全くカラーが違う、昔のままの「ローカル線」である。ここから更に西へ向かい伊万里から松浦線でまず有田に行き、折り返して今度は佐世保に向かう。そして日本最西端の駅「平戸口(当時)」も通り、昨日の「日本最南端(当時)の駅」と併せて、わずか2日間で「南」と「西」を体験。考えてみたらやたらと忙しい旅だ。

img095_convert_20130222161129.jpg
国鉄時代に唯一訪問した松浦線であるが、松浦では列車交換があったため、確か10分以上停車したはずだ。実はこの駅に停車中に列車のトイレに行ったのだが、便器とレールは当時直結していた。つまり表現は悪いが「垂れ流し」的な状態であったのだが、私は誤って便器に腕時計を落としてしまった。しかもデジタルだ!車掌に相談したところ、なんと松浦駅員にお願いして車両の下から私の腕時計を救い出してくれたのだ!当時あの時の関係者の皆様、本当にありがとうございます!!

やたら時間が長い松浦線を制覇し佐世保に着いたのは夜の9時45分である。松浦線最終列車だ。この後私たちは、普通夜行列車「ながさき」の分家を佐世保始発で乗り「宿」とする予定だ。しかし発車時間が0時30分発でなんと約3時間待ちである!3時間も一体なにをしてろというのか!と自分自身が立てた計画に腹が立つ。そんなに待たなくても座れるであろう。インターネットなど普及してない時代に、ただただ待合室で「待ちぼうけ」状態である。とは言ってもいずれ時間はやってくる。私たちは今夜の「宿」をいつかいつかと待ち続けていた。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (8)
管理人のひとりごと (45)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (25)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (62)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (151)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (93)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (11)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (62)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (99)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (8)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん