昔の本

昔、というより小学生時代に読んでいた本を紹介する。皆様がご存じの書籍もあろうと思うが、今見てみるとかなり懐かしい、というより貴重な写真も多々連載されている。こういう本を、小学生の私は熱心に読んでいたらしい。こういうお値段なら今すぐにでも買いに行くのだが・・・





img148_convert_20130206153229.jpg



img142_convert_20130206151736.jpg



img143_convert_20130206151922.jpg



img144_convert_20130206152405.jpg



img145_convert_20130206152615.jpg



img141_convert_20130206151539.jpg



img146_convert_20130206152759.jpg



img147_convert_20130206153036.jpg

一番最後は書籍ではなく「カード式」となっており一枚一枚切り離して見る。裏には解説が細かく記載されており、撮影地まで案内されているのでかなり参考になる。「今」訪れるのも悪くないかも。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

バイブル

こんばんは。駅名全百科、もう少し前のやつ(西軽井沢駅と189系が表紙)自分も持ってます。この本に西寒川駅載ってました。
西寒川駅や尼崎港駅、五位堂信号所などマニアックな駅や信号所が出ていました。この本のおかげで今の趣味の方向性が決まったと言っても過言ではありません。当時ブームだったL特急やブルトレには興味を示さず、こういう本に載っている日に数本のローカル線に乗りたいと思っていました。

キネ様

コメントありがとうございます。

このほかにも「国鉄駅名百科」も所有してました。残念ながら、鉄道ファン休業中に処分してしまい現在はありません。その本には「終端駅」がすべて連載されており、もちろん西寒川も載ってました。処分してしまったのがとても悔やまれますが、私もキネ様と同じようにその本を読んでいた辺りから「ローカル」という単語に強烈に反応するようになっていきました・・・変な小学生ですよね。

まさにバイブル

これらの本は今でもお持ちなのでしょうか?
当時夢中になって読んだ本はなかなか捨てられないものですよね。

私にとっての当時のバイブルとでも言うべき本は、小学館の「国鉄全線各駅停車」シリーズで国鉄線の駅の解説と配線図が載っているもので、定価1,200円という(当時の私にとっては)非常に高価な本でした。
当時中学生だった私にはそうそう買えるものではないので「東北530駅」しか持っていませんでしたが、今現在古本屋などで奇跡的に出会えたときは無理して購入しています。

すんや様

コメントありがとうございます。

ブログに掲載されている書籍ですが、もちろん現在も本棚に保管されていますよ。このほかに「国鉄駅名全百科」も所有してましたが、現在は持っていません。
そのほかには主婦と生活社の「国鉄全線全駅」や「私鉄全線全駅」は現在も持っています。

「国鉄全線各駅停車シリーズ」はもちろん、「JR版」も全て「初版」で本棚に現在もあります。私が制覇の旅に出る際は必ず事前に参考にする「資料」として現在も使用してます。とは言え、もう「JR」でさえ20年以上経過していますから資料的には古いものとなっていますが・・・
去年の暮れに「YAZAWA」のコンサート訪問時に神保町の「篠村書店」に寄りましたが「国鉄駅名~」に関してはバラで何冊かおいていましたし、JR版は全冊そろって確かウン万だかウン十万単位の金額でおいてました。
篠村書店に関しては、鉄道関係の書籍は完全に「メッカ」ですが、まだまだ掘り出し物があるかもしれません。

しかし、出版された当時よりも「高価」になっているとは・・・
プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR