fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

蝦夷からアイヌへ・アゲイン 広尾線② 広尾

hiroo (8)

東京ではなくても広尾はある!そう教えてくれたのが北海道にあった国鉄広尾線の終点、広尾であった。いや、実際はその逆で、例えばコロタン文庫の「駅名全百科」や「国鉄全線全駅」などを隈無く読むのが好きだった小学生の頃の私が北海道は広尾線の終点・広尾を知らないわけが無く、日比谷線にも広尾があるんだ!と当時子供ながらに得した気分になっていた。
親戚が東京の三ノ輪にある事もあり、子供の頃よくひとりで日比谷線に乗り親戚宅へお邪魔していた。小学校2~3年生くらいの子供が神奈川県からやって来る、しかも迷わずに指定の駅に到着する事自体最初は驚いていた叔父や叔母も既に他界してしまったが、今となってはいい思い出になっている。

hiroo (7)
現役当時のまま残っていた旧・広尾駅舎。JRバスと十勝バスのターミナルとなっていて駅舎は待合室として使われていたが、残念ながら私の訪問した直後くらいから解体工事が始まり、現在は新しい建物で再スタートを切っている。

最初は東海道線~山手線で御徒町で乗り換え仲御徒町で日比谷線に乗り換えるパターンで仲御徒町に叔父などが迎えにくるパターンであったが、年齢と共に上野で乗り換えたり、更に小田急で千代田線直通の列車を厚木より乗り大手町から日比谷線に乗り換え三ノ輪に行くなど、私の訪問旅は常に進化してきた。感動したのが小田急の5000系が地下に潜っていく姿であった。こんな事があればもちろん千代田線も気になる存在になっていくわけであるが、その件に関してはまた別の機会に枠を設けよう。だが、上野や大手町、たまに国会議事堂前とかから三ノ輪までしか乗車できない日比谷線にやや限界を感じる自分が常にあった。ならばと北千住はもちろん、もっと西方面に乗るためにわざわざ相鉄~東横のパターンで中目黒乗り換えで三ノ輪に向かうというパターンも身に付け「マッコウクジラ」に乗り日比谷線全線を乗車した際に初めて広尾を通過した時は子供ながらに「北海道にもあるぞ~」と心でつぶやきながら実にワクワクしていたものだ。

hiroo (5)
hiroo (2)
hiroo (3)
駅舎内に入ってみた。ご覧の通り現役時代を彷彿させる風景であったのだが、私は訪問当時この駅舎が解体され新しくなるという情報を持っていなかったので、事実上国鉄時代を体感できる最後の訪問となった。虫の知らせか神の導きか・・・貴重な体験をありがとう!

と、全く別の広尾でひとり盛り上がってしまったが、いつか広尾線に乗ってみたいなと日比谷線の広尾を見ながらいつも思っていた。特に広尾から先、襟裳へ向かう風景はどうなっているのだろうと、勉強よりもそちらのほうが重要な小学生であった。
残念ながら現役時代に訪問する事は叶わなかったが、今回はレンタカーという形でそんな昔の思いを実現させた感じであったのである。だが、やはり現役時代に訪問してみたかったのが正直な気持ちである。

hiroo (4)
当時レールがあった場所はご覧の通り駐車場にかわってしまったが、往年の風景が蘇ってくるイメージがまだ残っている。

既に大樹は紹介しているが、かなり現役時代に近い形で残っており、広尾線という鉄道路線の歴史があった事を改めて感じることができたのがなによりの収穫だったろう。そして訪問当時は国鉄時代に近い形で大樹の駅舎にそっくりな駅舎が残っており、路線バスの待合室兼案内所の役割をしていた。

hiroo (6)
hiroo (1)
広尾から襟裳経由で様似までレールを繋ぐ昭和の夢は消え去ってしまったが、路線バスは現在でも繋がっている。もちろん帯広方面へも広尾線の役割を現在も残す形でバスが繋がっている。近年では某バス旅番組で苫小牧から襟裳を経由して広尾、帯広と乗り継ぐシーンが放送されたが、やはり列車の車窓からその景色を見る事ができたら、それはこの上ない格別な贅沢であろうと感じてしまう風景であった。

ウィキにも記されているが、国鉄時代では「最長片道切符」の終点・起点として有名であり、私の世代ではカリスマ的存在の宮脇俊三氏の著書「最長片道切符の旅」では始発駅として登場する事はあまりにもメジャーである。確かこの著書では都内の電車(を宮脇氏は国電と表現。実に懐かしい響き!)に乗る際にはお子様を連れての乗車シーンも記されており(記憶違いだったらごめんなさい!⇒「時刻表2万キロ」だと思います。「用があっても乗りたくない国電に、用も無いのに乗るなんて・・・の表現が素晴らしい!)実に微笑ましい著書の印象であった。平成を過ぎ令和になった現在「最長片道切符」の終・起点はどの駅なのであろう・・・


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

広尾駅か…
何も覚えてないです…
終着駅なんですけどねぇ…

にわか者様

コメントありがとうございます。

「終着駅は始発駅」ってタイトル、宮脇俊三氏の著書でありましたよね?
記憶が正しいかどうかネット検索したらなぜか同じタイトルで北島三郎氏の歌があったのでびっくりしました。

それはさておき、広尾は現役時代に訪問した事ありませんが、今回の訪問でも充分に現役時代の雰囲気が伝わってきました。まさに宮脇俊三氏のおっしゃる通り「片道切符」の旅をするのに相応しいですね。

「覚えてない」とのコメントいただきましたが、私も正直白糠線の北進とかは殆ど記憶にありません。確かに写真や記録はありますが、それこそ覚えてないんです!しかしながら同じ旅の道中である石勝線では、新夕張に降りて駅前を散策したら旧紅葉山の残骸があり、レールは無いもののホームが残っている風景をしっかり覚えています。

残念ながら19時頃だったので辺りは真っ暗で写真に収めることができなかったのですが、ホームからジャンプしたら水たまりがありズボンがすぶ濡れになってしまった記憶が鮮明です。暗くて水たまりの存在がわからなかったのです。

ところが・・・夕張にも行きましたが、夕張の事は殆ど記憶にありません!初代の夕張を経験しているのですが、全く写真とか撮っていないようで、いや、撮影はしてますが、暗くて駅風景とか撮影しなかったのだと思います。

やはり広尾線現役の頃、我々はまだ未成年でしたから記憶の部分では仕方ないかも知れませんね。もう何十年も前の事ですから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/1032-609d5d8a

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (119)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん