fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

蝦夷からアイヌへ・アゲイン 広尾線⑤ 幸福(前編)

kofuku (1)

幸福「駅」とはかつて広尾線にあった駅であり、先述通り昭和の時代には一大センセーショナルを巻き起こした「聖地」である。
もう国鉄からJRになって30年以上経過したが、広尾線が廃止になったのは1987年2月なのでちょうど国鉄が民営化される直前ということになる。つまり広尾線はJR化される事は無く、民営化ギリギリのところで国鉄のまま散っていった訳だ。

kofuku (12)
kofuku (9)
kofuku (8)
幸福駅の待合室はリニューアルされたが、国鉄時代のイメージをほぼそのまま残して現在も活躍。私の訪問時は平日であったが、相変わらずの人気ぶりに驚愕!もちろん私よりも先輩方はブームをリアルで体験していらっしゃるのでその思いも一際であろう。

昭和48年頃に先述の「愛の国から幸福へ」の切符がブームになり一気に世間から注目された駅であったが、その正体は棒線化されたホームに木造の小さな待合室がある決して派手ではない駅であった。ただ、待合室に入ると全国からやって来た観光客やレールファンなどが張り付けた切符やメッセージなどが所狭しと壁一面に張り付けられていた。その光景は現在も変わらないのは、廃止され30年以上経った現在でも根強い人気を誇っているからであろう。
現在も当時のレールやホームは健在であり待合室はリニューアルされたが、ほぼ当時のままの雰囲気を保っていた。とは言っても今回の訪問が「初」なので現役時代の光景はライブで見た事は無いのだが、当時の鉄道誌などと照らし合わせても当時の雰囲気を残しているのがわかる。

kofuku (10)
kofuku (11)
待合室の中はご覧の通り、国鉄時代を彷彿させるような風景が広がっていた。もちろん主役は「愛国から幸福行き」。

広尾線沿線の大きな集落は大樹と広尾がその代表になるが、幸福の周辺は農業中心の風景が広がり道路が整備され車が発達した現代社会においては定期的に大量の貨物輸送がない限りは鉄道会社を経営する風景としてはあまり相応しくないであろう。
しかしながら観光化された現在では、少なくとも私の訪問時でもそれなりに賑わっていたのだから現在でもまだまだ根強い人気が消えていないのは先述の通りである。流石、元祖・縁起切符の聖地!

kofuku (18)
ホームから駅舎(待合室)へ通じる道の途中にあるオブジェは国鉄時代は鉄製のアーチであった記憶だが、現在はご覧のように生まれ変わり「鐘」も設置された。

さて、私が子供の頃に愛国~幸福の切符がアクリルに入ったキーホルダーを持っていた。そのアクリルは開ける事ができて切符を取り出す事ができた。切符には「複製」と記されていたが当時はその意味がわからず切符を取り出しては喜んでいた自分がいた。元祖・縁起切符の事は私のような子供でさえ知っていたのだから当時は相当のブームだったのだろう。現在そのキーホルダーは無いが、もし再々訪したら是非とも現地で購入してみたい。

kofuku (13)
kofuku (16)
kofuku (15)
kofuku (14)
駅前ではご覧の販売店が設置され「愛の国から幸福へ」の主役も堂々アピールされている。特に若いカップルなどは「国鉄」という響きが新鮮に聞こえるかもしれない。これを「レトロ」と感じるか「古い」と感じるか・・・

ところで今回紹介している幸福であるが、実は2014年に訪問したものであった。2017年に訪問した今回の広尾線の写真を一生懸命整理していてやや焦った。というのも、ちゃんと訪問時の記憶があるのに記録が無い…デジカメで撮影したメモリーを何度も、何十回も見直したが幸福訪問時の写真だけがスッポリ抜けていた。「ひょってして幸福のホームに立ったあの記憶は幻だったのか…」と一瞬自分が怖くなった。しばらくして冷静になって過去の旅記録を確認すると…2014年に北海道を訪問した時に何気なく記録されていた事に気づいた。実は2014年に訪問した際は確か時間に若干余裕があったので急遽予定に組み込んだものであったのだ。これで記憶が繋がった!モヤモヤ感が一気に晴れ、閉ざされていた私の心もパラダイスに!ようやく私の旅の記憶にも「幸福」が訪れたのであった。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

これが幸福駅の現代の姿なんですね。
駅舎の形は何も覚えてないですが、ペタペタ貼り付けたことは、今でも覚えていますよ。
あの頃に戻りたいです。
ところで、元祖ペタペタは、ここなんですかねぇ?
後に北浜駅でもペタペタが始まったり、21世紀になって久々に大畑駅にいったらペタペタしてあってビックリしたりと…


にわか者様

コメントありがとうございます。

現在、幸福駅は完全に観光化されておりましてご覧の通りの姿になっていました。もちろん現役ではないですが、列車は来なくても「国鉄」「聖地」を残す貴重な資料となっていると思います。
しかしながら、これほどの一大ブームを巻き起こしても広尾線は単年度で黒字にならなかったのが、当時の国鉄経営がそのまま反映されているようですね。

ところで「ペタペタ」は恐らくここが元祖だと思いますよ。詳しく調べたわけではないのですが、なんたって「元祖・縁起切符」の発祥地ですからここが初めてだと思います。

というか、逆に公募してみたいですね!「始まりはどこ?」みたいな形で。
いや、もうここまで来たら岡まゆみやモグタンに教えてもらうのが一番わかりやすくていいと思います!

ここはうつみ宮土理と言って欲しかったですが…
やはり幸福駅が元祖ペタペタですかね?
北浜駅は初めて行った時は、ペタペタがなかった記憶があります。
まだ食堂もなかったかと?
記憶違いならすみませんm(_ _)m

にわか者様

コメントありがとうございます!

「ケロンパ」の方が良かったですかね?
でも、やはりロングおじさんの方が確実でしょうか。「鉄道友の会」の会員でもありますし。

いずれにしても、ドラえもんにお願いしてタイムマシンに乗りこの頃の国鉄を今の我々が体験したらさぞかし興奮の雨あられでしょう!

ロングおじさんですか!
貴殿は私の琴線にふれる話題をいつもふってくるのでビックリさせられます。
私がロングおじさんを知ったのは、父親が定期購読していた月刊鉄道ファンです。
後にモグタンに出てきた時は、ビックリしました。
もう亡くなられてどれだけ経ちますかね?
我々と同世代の鉄道趣味人ならば、まず知らない人はいないぐらいの存在ではないでしょうか?

にわか者様

コメントありがとうございます!

なるほど、私も鉄道ファンは昭和56年頃より毎月購入してましたが、後に鉄道ジャーナルに変わりました。一時期両方購入していましたが、鉄道ファンはレポートタイプで鉄道ジャーナルはドキュメントタイプ。年齢と共に後者が自分に合っているか的な感覚が自然に湧いてきました。

鉄道ジャーナル社発行(当時)の「旅と鉄道」にもロンちゃんは顔をだしていましたね。

私がロングおじさんを知ったのは「夕やけロンちゃん」ですが、彼がレールファンと知ったのはかなり後年の事でしたので、ロンちゃんが「旅と鉄道」に載っていたのが逆にサプライズでした。
他界されてもう10年以上経ちますが、彼が子供の教養向け番組にかなり出演していたということは、彼自身も子供好きだったのでしょうか。

いずれにしてもお陰で今こうして我々の記憶にしっかり根付いてますからね。

それより例のペタペタ、やはり幸福が始まりなのでしょうか?

誕生日おめでとうございます
私はひと足早く、昨日迎えたところです。
今後ともよろしくお願い申しあげます。
ところで鉄道雑誌ですが、貴殿はジャーナル派だと思いますよ。
我が家では鉄道ファンを、父親が60年代から定期購読していたこともあり、ずっと鉄道ファンてすね。
全くの余談ですが、私の投稿した写真が初めて掲載されたのも鉄道ファンです。
最後になりましたが、元祖ペタペタ駅舎は、わかりません…
北浜駅が幸福駅より後だったのは、実体験(記憶違いならすみません)でわかっていますが、他にどこかペタペタやってある駅舎があるのかどうかさえ、私は知らないんですよ…

にわか者様

コメントありがとうございます。

そうですね、わざわざ祝辞をいただきありがとうございます。
にわか者さんも昨日だったのですね!改めまして、遅ればせながらおめでとうございます!

ところで60年代からジャーナルをご購読されているお父上様は凄いですね!当然ながらSLが主役になっていると思いますが、実は私も現在鉄道ファンの創刊5号を持っています。確か神保町の古本街で購入しましたが、購入当時高校生だった私にしては「大人買い」の値段だった記憶です。現在に比べページ数も少なくかなりペラペラな印象でしたが、確かその書店では創刊号も売っていた記憶で、とてもじゃないけど的なお値段でした。

しかしながら撮影されたお写真がレール誌に掲載されるなんて!とてもいい経験なさっていますね。実は私も密かにレール誌などからオファーがくればなと考えております。

余談ですが、私の崇拝する某ロックアーティストのファンがとても詩を書くのが得意というか好きな人がいて、詩を何度か送っていたら採用のオファーがきたらしいです。現在その詩はアルバム内の一曲になっていますが、とても羨ましい話ですね。

レール誌に掲載されたりアルバムの一曲になったり・・・普通では経験出来ない事ができるって幸せだと思います。

それよりペタペタの件・・・ネットを駆使して二人で解決しましょうか?というより、恐らく元祖は幸福で確定だと思いますよ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/1035-3f8679c0

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (110)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (1)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん