fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

夏色のダイアリー ~寝台特急「富士」の思い出~ もっとワイドにリメイク版①

既に紹介している寝台特急富士の乗車記であるが、最近になってふと読み返して見たらかなり懐かしい思い出として当時が甦ってきた。既にブルートレインという単語や列車は過去のものになりつつあるが、いや、既に過去のものとなってしまったが、記憶の片隅にあったブルトレ初乗車のメモリーを更に頑張って引っ張りだしてリメイクバージョンにて紹介しよう。

JNR-EF66-53-for-Fuji.jpg
(画像はウィキペディアより。JR化後の2004年に撮影された「富士」であるが、既に時代は飛行機が発達し主要都市駅も高架化などで駅前の再開発も進みビジネスホテルも増えた。また新幹線も「のぞみ」の登場によりスピードアップが進み、また夜行バスなどの台頭により夜行列車そのものがフェードアウトしていく時代でもあった中でブルートレインもその例外ではなかった。)

時は1978年8月、ブルートレイン全盛期である。私は小学校四年生の夏休みであったが、どうやら物心付いた時からレールファンだったようで、いつしか寝台特急に乗るのが夢でもあった。EF65の500番台が定番のブルートレイン牽引機関車であったが、EF58の急行「銀河」は急行でありながらある意味「紅一点」的なイメージで、ひときわ目立つ存在に思えた。
銀河に関しては臨時便のオール座席版しか乗車した事がないのだが、私が電車の話ばかりをする事に便乗したのか、家族で夏休みに旅行に行くことになった。東京発のブルートレインは全てが西に向かって走っていたので自然と行き先が九州になったのだが、ある意味当時の両親も満更じゃなかったであろう印象であった。
もちろんブルートレインに乗る。どうせ乗るなら走行時間が一番長い「富士」であろうと子どもながらに思いを寄せていたのだが、24時間26分というサバイバルに両親は耐えられるか?など考えもせず、富士の乗車は確定した。

20220501_074116.jpg
(当時の旅行で唯一残っていた切符である。恐らく「富士」の切符各種は西鹿児島or指宿で回収されてしまったと思われ残っていなかった。当時、小学4年生だったのでもっと切符の知識があれば良かったのだが、この旅では旅行会社の提案により「普通周遊券」による旅となった。確か旅行程の中に指定周遊地を2箇所以上組み込んでオリジナルの周遊券を作り上げるというパターンだった記憶であるが、この旅では熊本の天草~長崎の雲仙などか組み込まれた。ちなみに隣の切符は翌年に青森への旅で使用した切符である。)

今回の九州旅行は総額30万と言っていた。昭和54年の30万円とはどれ程の価値だったのであろうか。当時の交通公社(現JTB)が発行する時刻表の価格を調べたが、なんと450円!現在はその3倍くらいにはなっているであろうが、何れにしても我が家のあるじはかなり頑張ったという事になる。その前年だか前々年に長野の嬬恋辺りに家族で旅をしていて自家用車で周ったが、正直印象が薄い。つまり、如何にあるじが見栄を切ったかお分かりであろう。お陰でこちらはブルートレインに乗れるのだから、強烈なローリングエルボーを喰らったかのように今もしっかりと記憶が残されている。

20220501_074159.jpg
(こちらは今回の旅で使用したものではないが、確か中学時代にクラスメイトがら譲り受けたものである。N型端末機で発見されたマスルが時代を感じるが、今の時代で考えても寝台特急はかなりのプライスである。)

さて、寝台特急「富士」は東京発18時で西鹿児島(当時)着が18時26分着なので、わずか26分の乗車時間!というわけではなく、その間に「24時間」という隠れた時空が存在する。つまりマル1日の走行時間が26分にプラスされるわけである。これから乗車する「富士」は24時間26分後に西鹿児島に到着後するのだが、出発が夕方6時であるから当日の朝はやや時間をもて余してしまう。更に帰郷の際には「ひかり」に乗るため、西寒川駅前在住の私には停車しない小田原や新横浜を捨てなければならないため、一旦東京の親戚宅に寄りマイカーを停泊させていただいてからの旅立ちとなった。

img064_convert_20130108135558.jpg
(東京か西鹿児島か・・・どちらかで撮影したサボであるが、小学生時代の私が撮影したため身長の関係からやや低い位置からの撮影になってしまっている。しかも「キャノン デミ EE28」というカメラのため望遠等の機能は無く、ご覧の通りの絵がマックスであるが、ある意味時代を感じる良さがある!)

ただ…下町とはいえ都内在住の親戚宅にわれわれのマイカーを駐車するスペースは無く、確か旅の全日程になる七日間をなんと親戚宅前に路駐するという荒業に出たのだ!さすが私の父。時代は変われど、到底私には真似できない大技を用意していたのだ。私の中では既にスリーカウントどころかテンカウントのゴングが鳴らされている中、両親は何食わぬ涼しい顔で親戚宅を離れ日比谷線の三ノ輪に向けて・・・と思ったが、なんとタクシーを呼んで東京駅に向かったのであった。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

いよいよブルトレ富士ですね。
当時の時刻表を探しに物置に行ったのですが…
ない!ないのです…
当時の時刻表が…
今となってはどうでもいい読売巨人軍大百科はあったのに、その横にあったハズの当時の時刻表が無い(TOT)
当時の時刻表をみながらカキコしようと思ったのですが…残念です…

にわか者様

コメントありがとうございます!

「読売巨人軍大百科」とは大変貴重な著書ですよね!確か私も持っていた記憶ですが、いや「プロ野球全百科」を持っていた記憶です。当時の二軍選手やコーチまで全ての選手が記載されていた記憶です。ロッテで金田氏が監督をやっていてノムさんが南海でプレイングマネージャーをしていた時代のものでした。
庄司智久が二軍にいた頃で、それこそジョンソンやシピンが活躍していた時代の書物です。

それと、一昨年の引越しの際には「プロ野球入門」だったかの書物も出てきました。表紙には王貞治が載っていたりしましたが、残念ながら現在は手元にありません。

さて当時の時刻表ですが、実は私が初めて買ってもらったのが確か昭和55年の「大時刻表」でした。つまり交通公社の時刻表ではありません。交通公社の時刻表は中学になってからですが、当時職員室にあった「非売品」もなぜか私も所有してましたよ。恐らく月が変わり古くなった物を譲り受けたと思いますが、今も所有していたらかなりのレア物ですね。

という事で「富士」乗車当時の時刻表は今回のジャーナルを記すにあたり某大手フリーマーケットアプリより購入しました。1978年10月号は既に所有していたのですが、その10月がダイヤ改正号で「富士」の所要時間が24時間25分と、1分短縮されていました。私の記憶だと24時間26分だったので、どうしても納得したいために改正前の3月号を購入しました。

いや~、超懐かしい列車陣が勢ぞろいしていて見入ってしまいましたが、日豊本線では急行「日南」や「錦江」などが主役の「にちりん」をしっかりと補佐していたり、宮崎~西鹿児島間は非電化だったり、しかも旧型客車と思われる列車番号の普通列車がゴマンといたりと・・・今の私がタイムマシンに乗り当時の「富士」に乗り昼間の日豊本線の車窓を眺めていたら興奮の雨あられでしたでしょう。

いまや私にとってフリーマーケットアプリは掘り出し物の宝庫でもあり必需品であります。ちなみに「全線全駅鉄道の旅」や「時刻表2万キロ」も既に到着し、更に宮脇氏との距離が縮まった感じです。

読売巨人軍大百科ですが、選手やコーチの家族構成、住所や電話番号も載ってます。
今では考えられないですね。
おっと、鉄道の話題に戻しますよ。
貴殿は日豊本線に非電化区間があった時代に乗車されているのが羨ましいです。
過去の貴殿のブログでも拝見しましたが、DF50時代ですからねぇ
後に電化され、上り下りどちらかが、24時間を切ったんですよね?
たったそれだけでビックリしていたのに、やがて運転区間も短縮され、ついには廃止ですからねぇ…
今やナウでヤングなテツな方々には、ブルトレ、西鹿児島は、何それ?のワードかもしれないですね…

にわか者様

コメントありがとうございます。

さて、読売巨人軍全百科ですが…電話番号まで記載があったのですか?それって現在なら間違いなくお縄ですよね?
もちろんワンチャンやミスターの電話番号も書いてあったと思われるのでまさに「全百科」の名に相応しい書籍ですね。某通販サイトに在庫あったら取り寄せてみましょうか?

ところで今回の「富士」ですが、コメントいただいた通り日豊本線の非電化時代をこの時に唯一体験しています。おっしゃる通り宮崎からDF50の牽引になりましたが、当時は新大阪発の「彗星」も宮崎より先の都城までDF50が牽引してましたね。私が訪問した翌年くらいに同区間が電化された記憶ですが、恐らく上りが24時間を切ったと思われます。まだ確認はしておりませんが、何れにしても全区間の乗車は私のような物好きくらいだった事でしょう。

どうにも諦めきれず物置を再度捜索しましたが、当時の時刻表は発見できず…
仕方ないので、ケイブンシャの特急・急行大百科(昭和52年初版本)の「富士」同乗記にて、タイムスリップすることにします。

そうです。表紙は雷鳥ですよ。
ブルトレが消滅したのもビックリですが、あんなに走っていた急行が全滅するとは…
急行が無くなった今ミニ周遊券があったとしても、18きっぷの方がいいですね。18切符が不利なのは、発売期間が限られるぐらいですかね?あと学割が使えないことぐらいですかね?

にわか者様

なるほど、ケイブンシャの特急急行大百科ですか!もし表紙が雷鳥か何かの特急だったら私も持ってますよ。確か「富士」の乗車ドキュメントの記事がありましたよね?同じタイプの書籍で「さくら」のドキュメントもありましたね。

当時を考えたら現在の鉄道風景を誰が予想したでしょうか。ただ、意外なところで「出雲」「瀬戸」が現在も残るとは不思議なものですね。特に当時の時刻表や全百科を見るとつくづく感じます。

にわか者様

コメントありがとうございます。

そう、ブルートレインはともかく、急行ですよね。現在は急行の廃止によりかつて急行しか停車しなかった駅にも特急が停車するようになりましたので、ある意味、現在の特急には「風格」みたいなものがやや薄いイメージがします。もちろん、国鉄時代より車両も華やかになりスピードなどもややアップされたことと思われますが、もし現在も急行が残っていたら特急のあり方や価値も違ったイメージになったかも知れません。

そういえば国鉄時代の急行ってひとつの列車にたくさんの列車名があって行き先が複雑な列車が多かったですね。途中で併結や切り離しが行われて時刻表を見ているとどれがどの行き先だかわからないものが、特に東北や九州などに多かった気がします。

それと、盛岡発盛岡行きの「五葉」という急行がありましたよね。釜石線・山田線経由で一周する急行でしたが、同じく逆回りの急行の「そとやま」との関係も面白かったと思います。もちろん始発から終点まで乗車する人は「もの好き」かRJ社の取材班くらいだと思われますが、そんな話題の列車もすべて過去の話となり寂しい限りです。

しかしながら、今回の「富士」の旅ですが、私が当時もっと旅の知識があれば「ワイド周遊券」を使ってもっと楽しめる旅を企てることができたかも知れません。「富士」に乗った翌日は熊本まで583系の「有明」に乗ったりしてますからもっと違った旅が出来たかも知れませんね。例えば「有明」を「かいもん」にするとか・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/1050-063a0c24

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (110)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (1)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん