fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

夏色のダイアリー ~寝台特急「富士」の思い出~ もっとワイドにリメイク版③

18時丁度に汽笛を鳴らしカクーンと揺れを催した「富士」は西鹿児島目指し、文字通り西へ向かいだした。いつもは185系や113系から見る車窓も、寝台列車の大きな窓から見ると全く異なる風景となる。真夏のため18時過ぎてもまだまだ外は明るく、もちろん寝る時間でもないためなんとなく落ち着かない。
やがて神奈川県を代表する駅である横浜に停車する。当時はここ横浜を通る全ての旅客列車が停車するため当然ながら「富士」も停車。横浜に「富士」が停車する事に、神奈川県民である事の誇りと優越感を隠せずにいられないくらいドヤ顔の私はテンションマックスのまま、更に東海道を西へと流されていった。やはりいつも乗っている113系の車窓から見る横浜駅のホームは全然違った!列をなす乗客は次の普通列車を待っているのか微動たりともしなかったが、その横にはに大きな荷物を持った乗客も多々いた。つまり「富士」に乗ってくるのであろう方々もチラホラ・・・というよりかなりの数!若干空席があった私の乗った車両の寝台もところどころ埋まり寝台特急としての風格も更に増していった。やはり神奈川の首都・ミナトヨコハマは実に堂々としていた。というより、私達御一行も普通ならこの駅からの乗車であろうが、父も息子のためにわざわざ気を利かせてくれて東京からの、始発からの乗車を選んでくれたのだからここは感謝しなければ・・・という父は東京下町生まれのため、旧・東京都民というプライドのための東京駅出発だったのかも知れない。

img305_202205010722046c2.jpg
(ダイナミック✡トナカイ撮影の電源車は、私の乗車した当時は最新式の24系25型の最後尾!東京発のブルートレインは14系か24系で、20系は「銀河」のみとなっていた。)

横浜を過ぎるとしばらくして車内改札が始まった。私は贅沢にも下段であったが、上段だと通路の天井になっている部分に荷物が置けるスペースがあるためそこから切符を取り出してもらい私が車掌に切符を見せた。車内改札においては、当時非電化で無人駅の西寒川から相模線を散々利用していたので「車掌に切符を」の行為は慣れてはいたが、この日は全く違う。クリーム色のようなコスチュームを纏った車掌だったので全く別格。格式高く何とも贅沢な車内改札は、更に私を夢の世界へ誘った。「西鹿児島までですね?ありがとうございます」とパンチ入りの乗車券を手渡された。小学校卒業アルバムの寄せ書きコーナーに「ブルートレインの車掌になりたい」と将来の夢を綴っていたので恐らくこの時の車内改札がきっかけとなったと思うが、時代とともにワンマン化が進み車掌自体が減少しフルートレインが廃止されてしまった現在、もし私がその道を歩んでいたら現在の私はどうなっていただろうか・・・
我々御一行は3名のため、上段のひとつには他の乗客が来るはずであるのだが、現時点ではまだ現れていない。途中の駅で乗ってくるのであろうと、もちろんその場には近寄らなかったが、最終的にはだれもその上段寝台には来ないまま西鹿児島へと到着した記憶である。

img267.jpg
(こちらもダイナミック✡トナカイ撮影の「富士」であるが、茅ヶ崎の撮影である。上りホームなので東京行であるのだが、写真中央に注目して欲しい。「富士」の隣には貨物列車専用のレールであるが、現在ある湘南ライナー専用のホームが無い!時代を感じる風景である。現在は湘南ライナーもなくなってしまい、ライナー専用のホームはどう使われているのであろうか。まさか特急「湘南」専用のホームとなってしまったのか・・・いつか確認してみたい。)

さて、横浜を出ると停車駅は熱海、浜松、名古屋となり、次は何と福山、そして広島である。大阪付近では丁度深夜の時間帯となるため旅客扱いはしない。当時は寝台特急の運転も頻繁だったので東海地区付近では停車駅が振り分けられていたが、JRになってからは寝台特急の減少とともに熱海と静岡は必ず下り寝台特急は停車するようになった。
当時、静岡より西に行った事が無い私であったが、西に向かうにつれ段々と夜が深まっていくので起きているのが辛くなってくる。静岡より西、特に名古屋辺りの駅風景を見たかったのだが、この辺りの記憶がないのは既に「大人の時間」となっていたからであろう。名古屋の駅名標はカメラに納めてあるので所々起きていたのだが、基本、この時間帯では既に車内放送の記憶がなく、寝台列車らしい雰囲気を醸し出していたに違いない。当時小学生の私は列車内に流れる時間に逆らう勇気と体力は無く、いつしか夢の中へと誘われたのであった。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

18時発ですね。
貴殿はスポーツマンクラブキャラメルなるのもをご存知でしょうか?オマケで鉄道車両のオモチャが付いてくるキャラメルなんですけど。
我々が小学生だった頃?、その商品のCMで、子供がEF65を見せて、駅員に「ねぇねぇ、これって何番線?」と尋ねます。すると駅員が「富士は〜18時発〜13番線!」と、答えます。すると子供が、「さっすがー!」と言って、去っていくのてすが…覚えていらっしゃいますか?
EF65は1000番台でしたので、貴殿が乗車された時代とは違いますが、妙に18時発と13番線が印象に残るCMでした。
私もこの商品は何回か購入したのですが、肝心なオマケがどこへ行ってしまったのか?まだ物置にあるかも?ですが…

Re: にわか者様

コメントありがとうございます。

CMの件ですが、今初めて知りました❕そんなマニアックなCMがあったのですね?
東京駅がロケ地ということでローカルCMではなさそうですが、スポーツマンキャラメルも知らなかったのでいろいろ確認してみましょう。CMもYouTubeで見れるかも知れませんね。
しかしCMもかなりマニアック過ぎて一般に伝わるかどうかと考えてしまいますが、逆にマニアック向けの商品であると思うので一般に伝わる必要性はやや薄いという判断で大丈夫ですね。

おまけものでは「グリコ」はもちろん「スポロン」とかしか知らないですかね。ビックリマンチョコはもっと後年ですが、当時の職業柄知ってます。それと「小学一年生」とかに付いてくる付録とかありましたが、父が毎月買ってくる小学○年生が私の学年よりひとつ上のやつを買ってくるのはどういう事だったのでしょうか。単純に一年間違えていたか、またはあえて一年上のを読ませて官僚にでもする気だったのでしょうか。何れにしても現在は完全に父の期待を裏切った大人に成長してしまいましたが…

♪グーリコ スポロガム〜 ですか?
懐かしいです(TOT)

ところで…スポーツマンクラブキャラメルのCMですが、詳しく記載せずすみませんm(_ _)m
ロケ地はスタジオです。駅員はコスプレです。
小学生の学芸会レベルですよ。確かにマニアックな感じですが、この商品を購入しようとする子は、やはり鉄道好きな子と思われますので、このような内容になったかと思われます。
それにしても、貴殿なら実際に買われたかとも思ったのですが…意外でした…

にわか者様

コメントありがとうございます。
そう、スポロガムでしたね。おまけが付いていて買ってくれたのは嬉しかったのですが、確か砂糖不使用とかではなかったはずなのでたくさん買ってもらってもある意味今考えたらちょっと不安材料かも知れませんね。

ところで先述の「小学○年生」の件ですが、父の知り合いで書籍の仲卸業者がいて、ある日父がその業者から付録のみを大量に持ち帰ってきた時がありました。とはいえ、付録ばかり持っていても仕方ないので、近所のバザー、いわゆる今で言うフリーマーケットに出品したところ飛ぶように売れてしまいいい小遣いになった記憶があります。ひとつ十円でしたが、付録を売るなんてなかなか無かったねで珍しかったのかも知れませんね。

当時のスポロガムのおまけってフリマサイトなどに出品したら相場ってどうなんでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/1056-3b3ac6d5

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (109)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (0)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん