fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

風は秋色・・・秘境駅への招待①

私がこのブログを立ち上げた初期にこの飯田線の旅の模様を紹介しているが、飯田線をPCで入力した時に「いい打線」と変換されてしまった。およそ鉄道とは全く無縁の表現に変換されて少々戸惑ったが、最近では私のPCもよく学習していて、初めて入力する単語でもちゃんと鉄道用語になってくれるので、今ではかわいい相棒のような存在にまで成長した。そんなPCを使い、再び初心に返るような気持ちで飯田線の訪問記を綴ってみよう。

IMG_0523.jpg
今回の飯田線の旅で主力となる車両119系は1982年頃にデビューした当時は水色の車体に白っぽい帯であった。旧型車両との置き換えにより新造されたが、訪問当時は誕生から既に20年以上経過しており、新たな車両の導入も囁かれる頃であった。写真提供は「おさる」。

さて、「風は秋色」などと某アイドル歌手並みのタイトルをつけておきながら、実は2007年の夏に訪問した飯田線であるが、考えてみたらもう15年前の事になっていた。私がこのブログを立ち上げた頃の初期に既に紹介している飯田線の旅の模様を再び紹介するわけであるが、今回紹介の旅は先述通り、私がレールファンを復活させ初めて本格的に遠征した旅である。以前にも紹介した、かつて私がやっていたバンド仲間の通称「おさる」とのふたり旅となったわけであるが、そのおさるこそ、私が約23年ぶりにレールファンを復活させるきっかけを作ってくれた張本人である。いつしか彼は某秘境駅訪問家の書籍に感銘を受け、それを私に勧めてきたのだ。

img383_20220724171749ca1.jpg
119系は一時期「するがシャトル」として静岡地区にも導入された経緯がある。だがその性能から東海道線での運用には不向きであると判断され飯田線へ出戻りとなった。写真は「ダイナミック✡トナカイ」提供で東海道線の茅ヶ崎~平塚間で試運転的な場面である。

当時は既にバンド活動はなかったものの、定期的に「飲み友達」として会合していたので音楽以外の話も自然と出てきた。ある時の会合での話題の中、いつもと違う話をする彼は、何となく秘境駅を語る姿が熱い!彼がバンド時代に見せたあのギターに対する情熱以上の何かが感じ取れたのだが、その思いを私も「ベーシスト」として受け止めるのはごくごく自然の事であろう。いつしかレールファンとして彼のエスコート役になり実際に秘境駅へ招待しようという流れが気が付けば出来上がっていた。
正直、ギターのサウンドはベースとドラムの息の合ったリズムに乗って初めて輝くモノかも知れない。つまり私のベースリズムに彼のギターが乗っかって初めて秘境駅の訪問旅はバランスが取れるのだ。当然ながら私の方が鉄道知識に長けているわけだから、計画自体はもちろん私が考えるわけである。そして彼の訪問したい駅と滞在時間の希望をしっかりと考慮しながら私のやりたい事も組み込んで旅計画を作成した。

IMG_0643_20220724164249fdb_20220828195956639.jpg

田本の待合室で避暑中のダイヤモンド✡トナカイ。という事は同伴の「おさる」が撮影したものである。レールファン復活初年度であったが、そのブランクもほとんど感じる事なく普通に秘境駅に訪問していたイメージであったが、相方の「おさる」はどう感じていたのだろうか・・・

という私も実は23年のブランクを経て久々のレールファンとして、いわゆる「乗り鉄」に挑戦するのだ。というか、正直「○○鉄」という言葉はあまり好まない私であるが、私がレールファンを復活させた当時は某秘境駅訪問家とともに全駅制覇の「あのヒト」も全盛期を迎えており、○○鉄という言葉が定着していた時期でもあった。
今回の旅では、親友である「おさる」と共に秘境駅を訪問するのがメインテーマとなっているが、併せて、レールファン復活に伴い再開した「いい旅チャレンジ20000km」の未制覇区間の穴埋め作業に付き合ってもらう行程を組んだのだ。もちろん「いい旅~」のキャンペーンは既に終了しているので、全く個人で勝手に「チャレンジ」という訳である。キャンペーン中は確か150線区くらいの制覇しかできなかったので、今回の旅でも精力的にチャレンジする気満々であった。そんな思いを胸に抱きながら「おさる」の待つ藤沢市の鵠沼へと向かったのであった。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

では、次の写真をご覧いただこう。
これはとあるローカル線の秘境駅にて、ダイヤモンド☆トナカイ氏を撮った写真である。
おわかりいただけただろうか?ビール片手に秘境駅に佇むレジェンドであるが、なんと頭が真っ黒な状態となりトンネルと同化してしまっている。
これは危険な写真である。
まさかこれは神聖なる秘境駅にて、真っ昼間からビールを飲むという愚行に対し、テツの神様が怒りをあらわにされたとでもいうのだろうか…

にわか者様

コメントありがとうございます。

なるほど、私もかなり危険だと思いますよ。上半身未着衣は、例え秘境駅でもこれはかなり危険であると思います。しかも写真には写ってないですが、我々の他に保線員がいましたからね。

保線員といえば、昔、三江線の全駅を取材に行った時に伊賀和志かどこかでで遭遇した保線員に、以降式敷など3~4箇所で同じ保線員に遭遇してますからお互いに最後の方は気を使いすぎて「写真撮影で私たち作業していて邪魔にならないですか❔」「こちらこそ、作業の邪魔にならないですか?」など声をかけながらの取材でした。
ただ、田本の時は「また物好きがいる」程度の雰囲気だったので、我々も逆にやりやすかったかも知れません。

さて、以前にもお伝えしたかも知れませんが、私のブログの最初に出てくる「西寒川」ですが、駅名の書かれたすぐ右側にそれらしき者を確認できるのですが、写真を横向きにしないとハッキリとわからないのでそのまま使用してます。
しかしながら、もし「うぉんたん」だったらこの西寒川の写真を見てどのような反応をするでしょうか…

西寒川の写真なんですが…
以前はケータイの小さな画面での閲覧だったこともあり、確認できず…
で、今回はスマホで確認したのですが…
確認できず…
すみませんm(_ _)m
実は某呪いのビデオとか恐怖の心霊写真特集とかでも、補助線?があってようやく認識できるぐらいなんですよ…
体の一部が消えてしまった系なら分かるのですが、写り込み系はどうにも見つけられなくて…
貴殿の画像も原版を見れば分かるかもですが…
あと、某川居氏ですが…
意外と若いんですね…我々とほぼ一回り違うとは…
同年代かと思っておりました…

にわか者様

コメントありがとうございます。

そうなんですよ、某尚美氏は我々よりひと回り違うのですが、最近ツイッターなどで出産報告をしてました。そう考えるとかなりの高齢出産になると思われ、ジュニアが成人する頃には自身が還暦を向かえているわけですから、益々のご活躍を期待したいですね。

しかしながらそんなうぉんたんが私の画像を見てどんな反応をするかと思いますが、にわか者さんのようにわからなくていいのです。だからこそわたしはあえてブログで使用しているわけですから、それでいいのです。もちろん「そのての者」という事が確定しているわけではないのですから。

確か以前にこの写真を相模線のカテゴリー内の他の記事でで紹介しています。「続きを読む」をクリックするとその疑わしい場所を円で囲ってますので、よろしかったら過去記事を探してみてください。

私は完全なる機械オンチでして…
『続きを読む』というのが、どこにあるのかも発見できないのであります…
すみませんm(_ _)m

さて、今回からは飯田線ですか!
私の最寄りの国鉄駅は豊橋駅でして、東海道本線と並び幼少期の国鉄の思い出は飯田線でした。我々が中学3年の時に旧型国電が廃止されるまでは、全国から旧型車両が寄せ集められた状態で、電車博物館とも
呼ばれていましたね。
あの頃は旧型国電以外にも、上諏訪発美濃赤坂行き急行伊那とか、魅力的な運用もありましたね。
今ではすっかりご無沙汰になってしまいましたが…

にわか者様

コメントありがとうございます。

新幹線停車駅が最寄り駅とは!素晴らしいですよね。私が以前住んできた場所の最寄り駅は相模線倉見という時代もありましたが、新幹線停車駅ではなく「将来」停車駅かも知れない的な感じでしたし、茅ヶ崎、西寒川、倉見、本厚木、そして湘南台と変遷はしていますが新幹線からは縁が遠いです。

飯田線の旧型国電は本当に乗車してみたかったのですが、結局乗れず終いで晩年を迎えました。
小学校時代に御殿場線に乗ったときに旧型国電だった記憶がありますが、飯田線に関しては若干残念でした・・・

ちなみに、続きを読むのクリックはこちらの記事から見れますよ。

http://4190koawazay.blog.fc2.com/blog-category-19.html

ご丁寧にありがとうございますm(_ _)m
早速確認したら、当時の私のカキコがあ〜るじゃないですか!!!しかも…今回と同じことを言ってたとは…
あの頃から全く進歩なしか…

ところで、飯田線の旧型国電の思い出は良いものだけではありませんで…
実は、旧型国電さよなら運転の日、私は修学旅行だったんですよ😭
楽しかった修学旅行と、行けなくて悔しかった旧型国電に対する思い出が強烈に残っております…
あと、御殿場線も旧型国電でしたね。
私の同級生が小学生の時に御殿場線沿線に引っ越したのですが、遊びに行った際に乗りましたよ。
彼もテツでして、学生時代は本四備讃線や宮島航路等、一緒に行ったこともあったのですが、今は医者として多忙な毎日らしく、あんなにかけてきてきた電話もすっかりなくなり、繋がりは年賀状くらいになってしまいました…

にわか者様

コメントありがとうございます。

飯田線の旧国さよなら記念が修学旅行と重なったとは!なんとも贅沢な嫌な思い出ですね。
そういえば私も思い出しましたが、相模線の寒川支線営業最終日は写真ばかり撮影して最終列車とかは乗車してないんですよ!
家のすぐ目の前だし油断していたのでしょうね。乗ることを忘れていた苦い思い出です。

医者と言われて思い出しましたが、私のブログで散々紹介している東北の旅で、久慈線の普代で下車後国鉄バスで岩泉まで行く時にTシャツに甚平っぽいズボンを履いて腹の出た中年男子に声を掛けられました。その人はもうひとり当時の私くらいの青年?を同伴してましたが、話を聞くとその中年男子は医者だというではあ~りませんか!同伴の青年は息子とかではなく私のような「同業者」らしく、東北の路線を「チャレンジ」している最中にお医者さんに声を掛けられたみたいでした。「チャレンジ」はひとりだと証明写真の撮影に苦労するため私は喜んで同伴しました。

岩泉線の車内では下車印の沢山押された東北ワイドを見せびらかすかの様に無造作に窓枠辺りのテーブルに置いてました。無くしたりとか気にならないのかと心配もしましたが、私は茂市で下車し山田線の盛岡行きを待つことにしました。宮古で乗り換えればと勧められましたが私は茂市で待つことにしたら、やってきた列車はフルハウスで、宮古まで行かなかった自分を責めたりしました。
今考えたらそれが教訓になったりしてますが、しかしあの中年男子がお医者さんとは…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/1067-e39db9c2

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (2)
SL (4)
SLばんえつ物語号 (2)
SLやまぐち号 (1)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (116)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (0)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (12)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (50)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (1)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)
2009年春 青春18 関西 (0)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん