fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

風は秋色・・・秘境駅への招待④

深夜の時間帯になる東海地区は停車駅が少ないが、元々「ムーンライトながら」は快速のため始発である東京から既に主要駅にしか停車しない。大垣夜行時代は確か小田原辺りまでは各駅に停車していた記憶である。そのため終電車的な役割も果たしており、途中駅で下車する乗客もいる中、着席のチャンスも無いわけではない。だが、特にシーズン中は長距離客で埋め尽くされてしまうため地元の利用者は皆無であると思われる。「ムーンライト」になり座席指定化したが、もし国鉄時代の大垣夜行時代に座席指定が可能であったなら、私の旅風景もまた違ったカラーを醸し出していた事であろう。

simizu1.jpg
(1983年に訪問した清水であるが、写真奥に停車中の旧型客車は在りし日の清水港線である。晩年では一日一往復のみの旅客列車設定であり乗りつぶし泣かせでもあったが、同区間では静鉄バスが頻繁に運転されていたため、清水港線の廃止は地元の方にとっては特に問題はなかったであろう。現在写真の場所はロータリーなどに変身していてかつての面影はほとんど無い。)

国鉄時代、私は清水港線を制覇するのに大垣夜行を使った事がある。一応、自慢ではないが湘南地区に在住のため始発などを使えば清水港の始発に間に合いそうであるが、残念ながらタッチの差で手が届かなかったのだ。そのため大垣夜行で浜松まで行き、折り返し上り列車で清水へ向かった。だが、逆にそれだと時間がかなり余ってしまい、浜松で2時間、清水で一時間半のインターバルがあった。清水の1時間半がいいとしても、浜松の2時間はかなり辛い。しかも未明の4時台のため飲食店なども営業していないのでかなりの精神修行となる。それでも間に合わないよりは良いと、7~8人の集団に了解を得た。いや、正確には私の所属していた「鉄道研究クラブ」の顧問の提案であるが、逆にそれしか方法は無かった。
「鉄道研究クラブ」とは中学校の部活であるが、クラブ活動の一環として行われたため当然顧問である教諭も同行。清水港線巡りはまだ「青春18」が登場して2年~3年目くらいだったが、既に何度か「18」を使い旅に出ているので、この切符も徐々に私の中で馴染んで来ていた頃でもあった。

DSCF4967_20220724203210f91.jpg
(そしてこちらも別の日に撮影した浜松である。静岡同様の高架駅に生まれ変わり、正直、ほとんど区別がつかないが、ムーンライトの長時間停車時にはやたら貨物列車が追い抜いていく。)

そんな思い出ある大垣夜行も「ムーンライトながら」に変わり途中駅からでも指定席を購入する事で座れるまでに成長した大垣夜行であるが、更に165系のボックスシートではなくなりリクライニングもできて嬉しい事は何度も述べてしまった。
ただ、今回は未明の豊橋で下車する初体験物語なのだ。しかも鉄道素人を引き連れての旅は、私の舵取りひとつにかかっている。とりあえずここは後の事を考え、豊橋までは無理してでも仮眠を取らなければならない。私はいつしか回るアルコールに身を任せ夢の中へと誘われたのであった。

IMG_0492.jpg
(そしてこちらは当日「おさる」が撮影した豊橋である。民衆駅第一号として知れ渡っているが、名鉄と飯田線は同じ乗り場から発着する。途中の平井信号場まで線路を共用するのはかつての歴史的名残であるのは周知の通り。)

やがて豊橋に到着した。既に何駅か前に意識が戻り下車への準備が整っていたのだからたいしたものだ。やはり「野生の勘」とでもいおうか、国鉄時代に培われた私の乗りつぶし旅の野生の勘は23年のブランクなど関係なかった。
ではなぜ野生の勘が働いたのか?
理由は単純だ。実は飯田線の始発まで約2時間待ちであるのだが、その待ち時間を利用して飲食店にて早めの朝食を摂ろうと計画していたのだ。もちろんリカー対応の飲食店をネット検索。朝の目覚めの一杯には最適であろうと出発前からひとつの目玉としていたからだ。当然ながら相方の「おさる」も二つ返事で了解していた。

80kei.jpg
(1983年に豊橋で撮影したかつて飯田線で運用されていた車両である・・・などと回りくどい言い方をしたが、かつては旧型車の宝庫であった。だが、後の119系に置き換わり面目を一新した。これは私が撮影。)

しかし、地図上では近いはずだが、飲食店になかなか着かない。ようやく到着した頃には滞在時間が1時間を切っていた。だが、久々の鉄道旅で気心知れた仲間との旅は、そんな小さなハプニングも気にしないで済む。だが、これから先に待っている更なるハプニングも知らぬまま、新しい旅のスタイルのドアを開けた瞬間でもあったのだ。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

ようこそ!我が栄光の豊橋駅へ!
ですが…その前に…
旧客大好きな私としては、先ずは清水港線のコメをしなければならないでしょう!
清水港線の思い出と言えば…ホームが分からなかったこと…
国鉄、JRともに全線乗りつぶした私ですが、ホームがわからなかったのは、ここだけだったかと?
あと、私が乗った時は混合列車でしたよ。
末期の頃は臨時列車が多数運行され、お座敷列車も走ったんですよ。
いや〜懐かしいです。

にわか者様

コメントありがとうございます。

清水港線ですが、私の乗車時も混合列車でしたよ。私の制覇時は終点の三保に着く直前の踏切で車と私の乗車した列車が衝突しそうになり急ブレーキがかかり、車内が騒然としました。暫くして列車が動き出しましたが、衝突していたら大変な騒ぎとなっていた事でしょう。

しかし末期にお座敷列車とは知らなかったですね。可動橋など名物もありさぞかし盛り上がった事だと思います。

確かに私も清水港線のホームは見つけにくかったですね。ただ、清水港線制覇時は「部活」の一貫だった事もあり顧問の教諭も同行していたため割とスムーズに見つかったと思います。

現在も清水港線の名残が各地で見られるのが嬉しい限りですが、起点駅の清水だけは全く面影がありませんね。

鉄道に関する部活があったんですよね。さすがに湘南地方の学校となりますと違いますねぇ。うらやましいです。しかし…生徒から借りた本も返さない先生が顧問となると(^_^;)
それと、貴殿が乗車された時も混合列車だったんですね。
混合列車いいですね。
旅客と貨物が分離してしまった現在、撮影用のヤラセ以外では、再現不可能かと…今どきのナウでヤングな方々には、想像できない編成では?
あと、我々が高校時代に機関車と客車の間に貨物の連結はダメになったため、ヤラセで再現するにしても貨物は客車の後ろに連結するしかないようです。
これは貨物の後ろにちょこんと連結された客車が好きだった私にとっては、かなり痛いです…
いかんいかん、せっかく栄光の豊橋駅へおいでいただいたのに、清水港線のコメばかりですみませんm(_ _)m

にわか者様

コメントありがとうございます。

確かに、ヤラセ以外での混合列車は現在はほぼ実現不可能ですね。会社自体も違いますし需要と供給のバランスも異なるでしょうからかなり難しい事だと思います。

混合列車で私が一番思い出深いのは鹿児島本線上り普通列車川内発八代行き2038列車です。実に超マイナーな列車でしたが、ぜひこのマイナーさを皆様に知って欲しいと、中学時代の部活で発行している本と、更にこのブログでも紹介させていただきました。

http://4190koawazay.blog.fc2.com/blog-entry-392.html

鹿児島交通制覇後に北へ向かうために乗車しました。残念ながら貨車の後ろではなく、機関車のすぐ後ろに客車が1両連結され、その後ろに貨物が何両か連結されているイメージですが、客車はもちろん旧型だったので最前に行けば機関車を触れたわけです。
そして何よりの目玉は、座席をワンボックスを占領している車掌が各駅停車毎に「上り2038レ発車!」と窓を開けて機関車に合図を送ってる事です❗私は一気にこの列車が好きになりました。

ただ、主要駅の阿久根や水俣などはわざわざ車掌室にはいり車内放送を流してましたが、貨物列車のためこうした主要駅での停車時間がとても長く、とある利用者にとってはふたつ隣の駅まで一時間かかってしまう場合もあるというわけです。

そのような利用者がいたかどうかは別として、私が乗車した列車で、いや、人生の中でも感動する部位でベストスリーに入ると思います。

過去にもご覧いただいたと思いますが、ぜひ再度ご覧になってください!

ちなみに文章的には中学生そのままでしたが、当時の部活顧問が「これ、いいね」と珍しく誉めてました。

これは素晴らしい!
中学生時代にこれほどの文章を書かれていたとは!
これには借りたものは返さないという精神の持ち主である顧問といえども、良い評価をするのは当然のことでしょう!
私はこういった文章作成が苦手でして(^_^;)
実は数年前、ちょうど貴殿のブログにカキコし始めた頃です。職場のフェイスブックで鉄道に関するブログを何年か書いていた(書かされた😢)ことがあるのですが、なかなか更新ができませんで…
まずネタがない。いや、話すネタならあるのですが、それを文字にするのが苦手で…
さらに職場のブログですから、あまり褒められた行動をしていない私がありのままのことを書いてしまうと炎上につながりかねず…
我々は中、高校時代から全国へ出かけていたのですが、それすら非常識に捉えられてしまうのですから…
しかたがないので、ほとんど写真でごまかして終了(^_^;)
しかし、その写真も安全な場所から撮影したものしか使えませんし、マニアックなものではなく一般受けするものばかりを選んだりと…
異動で最終回をむかえ、お役御免となったのですが、何かと苦しい?数年間でしたよ(^_^;)
そうは言っても、職場で写真展をやらせてもらったりと、それなりに楽しかったのも事実ですがね(^_^;)

にわか者様

コメントありがとうございます。

正直言ってあまり大した文章ではないのですが、顧問の教諭は恐らく発想や他の真似などせず、自身のアイデアでの企画という意味での褒め言葉だったと思います。更に無くなっていく混合列車を題材にするなど、教諭にとってみれば斬新だったのでしょう。

とは言うものの、当時はパソコンなどの普及はなく、印刷用の原稿用紙に手書きの文章で、いわゆるわら半紙への印刷という手作り感満載の書籍でした。
書籍とは聞こえが良いのですが、実際はそのわら半紙を半分に切ってホチキスでとめるという物で、普通に学校でよく渡されていたプリントのような感じだったので写真が真っ黒になってしまい何が写っているのかわからないためほとんど写真を使うことができなかったのもひとつの要因として文章で勝負するというイメージになっていったのです。

という私もそれほど文章が得意ではないのですが、なんたってそのクラブ活動で出版していた出版物を管理・運営する「季刊誌班」の編集長でしたから、それはもう責任重大でした。といっても季刊誌班は編集長とクラブの部長の計2名での運営だったので「班」と呼べるかどうかですね。

しかしながら、清水港線の取材時では完全に季刊誌の取材を前提としていたので、俄然部長が張り切り事細かにメモを残していましたので、現在ではそれが貴重な資料となっています。
現在、その部長はなんと弁護士として活躍しています!部長と編集長でこれほどの差が出るとは・・・

いやはや弁護士ですか…
私の幼馴染みで、保育園から高校まで一緒で弁護士になったヤツがいますが、同じ授業を受けていたハズなのに、どこで差がついてしまったのか…
やはり中、高校と何も勉強せずに日本中をふらついていたのが原因なのでしょう…
彼のように旧帝大へ合格していれば…
ドラえもんさんがいたならば、もう一度人生をやり直したいです…
そして、白糠線や撮りたくても撮れなかった車両をとことん撮影したいです!
あれっ???

にわか者様

コメントありがとうございます。

確かに、私なんかは特に中学3年の夏休みに東北一周ですから、そこで人生が決定してしまったようなものですからね。というか、当時の私には集中力とか無かったと思いますし、何の職業になるかと高校の先生と進路相談の場面で「ミュージシャン」ですから、既に他の生徒とは違う道を歩んでいたということになります。

ですが、白糠線をはじめ「国鉄」というものをしっかり体験し記憶に残せましたね。それは誇れるものだと思います。

将来の職業ミュージシャン!素晴らしい!
以前にもコメしましたが、高校生の時に将来の職業について先生に問われた時、「オレ、宇宙刑事!」←貴殿が宇宙刑事シリーズをご存じなくて残念でしたが…と、答えて大激怒をくらいましたよ😢
あと、天才バカボンにて、バカボン君は将来何になりたいか?と先生に言われ、「僕、ミラーマン」と答え、クラス中で大笑いされ、それをパパに言ったら、「バカボンがミラーマンなら、パパはバロム・1になるのだ!」と言ったのを覚えていますか?
いかんいかん!
せっかく栄光の豊橋駅にご到着された回なのに、まともなカキコができずごめんなさいm(_ _;)m

にわか者様

コメントありがとうございます。

なるほど、バカボンとパパとの間でそんなんやり取りがあったのですね。ただ、バロム・1はひとりではなれないので相方が必要ですが、パパがそこまで計算していたのかどうかは果たして・・・

ミュージシャンもそうですが、そういう方向性であれば私は「ロデム」になってみたいです。主人公をサポートするポジションというシチュエーションが現実の世界でも実に好きで、水戸黄門なら「風車の弥七」やウルトラマンで言えば「ホシノ君」石勝線で言えば「東オサワ信号場」といったところでしょうか。

しかし、宇宙刑事となると数多くの資格を取得しなければならないでしょうし、反射神経や判断力などの能力も必要とされ、増して武術や武器の使い方などかなりの能力が問われますよね。

今の私的にはミュージシャンになるというより、アイドルなどに楽曲提供をして、その印税収入で生活ができれば最高ですね!もちろん夢のまた夢でしょうが・・・

歌ったり演奏するのでなく、作曲家でしたか!是非ともサーカスさんやビューティーペアーさんに曲を提供したかったですね。
それと、ロデムになりたかったんですね。そういえば、以前にも聞いたような?
私ならロデムを飼いたいですね(^_^;)
さて、そろそろ豊橋駅の話題にしないと(今さらですが…)
なんと言っても、この荷物電車懐かしすぎですよ!
同じ湘南型の格好でも、大糸線にいたヤツは水色一色塗りで、海坊主と言われてましたね。
あと、車輌後方に見える荷物専用の渡り通路?←正式名称がわかりません(ToT)も懐かしいです。
豊橋駅は荷物取り扱い駅でしたので、各ホームではターレットもたくさん見かけましたよ。
今では全く見かけなくなりましたね…
この時もターレットがいたのでは?

コメントありがとうございます。

正面からの写真でよく貨物電車とお分かりですね!流石です。
この80系は1983年春に清水港線制覇後に二俣線を制覇するために訪問した豊橋での撮影ですが、先述した部活での撮影のため他の所属部員の写真もあります。

近年に後輩のひとりと接触に成功し写真の提供を受けてますが、その中に私が撮影した飯田線スカ色を、後輩が横から撮影していました。
このブログでも紹介しているので参考になさってください。

http://4190koawazay.blog.fc2.com/blog-entry-349.html

しかし・・・ロデムを「飼う」とはまたすごい発想ですね。ロデムは「スライム状の不定形生命」との設定ですが、最初は「何にでも変身できる」でしたから「スライム状の~」は後付けですね。

類似の発想で、シュワルツネッガー主演の「ターミネーター2」に出てくる敵のTー1000が液体金属のサイボーグという設定で何にでも形を変えることができるという事ですからかなりロデムに近いですね。

ただ、普段着である「豹」はちょっと怖いですよね。友達に「豹を飼っている」は絶対にドン引きされる事でしょうし散歩に連れて行くにも警察などの指導を受けられそうで、やや苦労がありそうです。
ただ、逆に豹が側にいる事で護衛効果もあり大変重宝すると思います。しかも銃や打撃系の技などは全く効果ないので尚更役立つ事でしょう。

さて「ターレット」ですが、この時に見た記憶はないのですが、もしかしたらいたかも知れませんね。豊橋ではまだまだ当時も活躍していたのでしょうか。
国鉄時代には上野駅で私もよく見かけましたよ。

もし80系が現存していたら、どんなJRカラーに染まっていた事でしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/1070-8a4acdfa

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (119)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん