fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

飯田線の後、実は身延線も制覇してましたが。②

甲府に着いた私達は腹減り状態だったので、身延線の車内で食べようと食料を調達する事にした。私は相方に座席確保をお願いし、私が売店でおにぎりなどを買うことにした。
乗り換え時間があまりなかったので私は急いで身延線ホームへと向かったら、意外や意外。列車内は帰宅客でフルハウスだったのだ。それでも相方が座席を確保してくれているだろうと必死で車内を探したら「席、取っといたよ❕」と言う彼はつり革に掴まっていた…

IMG_0691.jpg
IMG_0692.jpg
(中央線の列車はご覧の車両とカラーで運転されていた。私のイメージではスカ色で当たり前だったので、JRになってからの中央線は車両こそ国鉄であるが、塗装が違うため新鮮さと戸惑いの両方が一気に来たイメージであった。逆に身延線ではご覧の車両が湘南色で甲府のホームに停泊しているものかとばかり思っていたが、ここで計算違いが発生。身延線の車両はJR化後に製造された新型車両(当時)であった。)

私の計算違いだった。身延線の列車はクロスシートだと完全に思い込んでいた私は、例え混んでても各駅ごとに下車しいつしか空腹を満たす時間が来るであろうと思い込んでいた。たが、時代は変わり、身延線の車両はいつしかロングシートに変わっていたのた。レールファン23年のブランクがこんなところででてしまったのだ。相方は涼しい顔をしているが、私にしてみたらかなりショックで、改めてこのブランクを埋めなければならないと感じた瞬間でもあった。そして彼には申し訳ない気持ちでいっぱいとなってしまった。

Series313-3100-V13.jpg
(画像はウィキより引用させていただいた現在の身延線車両313系である。私が弁当を購入している間、同行の相方に座席の確保を依頼したのだが、座席確保の報告をする相方の姿はつり革につかまる姿であった。)

予想通り甲府から距離が離れるほど車内の乗客が減っていったが、空腹を満たすためにはどうしてもロングシートを活用しなければならず、結局そのロングシートで握り飯やサンドウィッチを頬張る以外の術は見つからなかった。
身延線も考えてみたらなかなかの景色を車窓から眺められると思っていたが、私の訪問時は既に日没が始まっており、一定の暗闇と鉄道という文明以外に何かを見つけ出す事が出来なかった。

IMG_0696.jpg
(夕方の帰宅ラッシュ時より身延線制覇が始まる。我々もこの長い道のりなら食事もゆっくり出来ると思ったのだが・・・ロングシートのうえラッシュ時と重なり、食事のスタートも更にゆっくりの時間帯となった。)

まさか身延線がロングシートの旅になると思わなかったが、暗闇の中、ようやく「身延」と描かれた駅名標の真ん前に私の乗った車両が停車した。飯田線のように下車駅が無いためひたすら南下するわけだが、私は良いとして、相方はかなり疲労困憊だったろう。しかも「18」的な切符のため乗車できる列車が制限される中、更にロングシートで甲府から富士まで行くなんて、ある意味修行のようだ。
とはいうものの、私的には初身延線のため新鮮であった。空腹を満たされては例えロングシートでも睡魔がジャブのように襲っていくる。私はラストスパートに向け…再びロングシートに身をまかせたのであった。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

私は身延線も旧型国電の時代に行っていますが、いまやロングシートの時代なんですか…
JRになってから乗りつぶしに行った時は115系、富士山バックに撮影に行った時も115、165系の時代でして…
21世紀なってからは、行ってないような???
ますます足が遠のきます…😓

にわか者様

コメントありがとうございます。

そうですね。訪問当時、私が描いていた身延線のイメージを覆された感じてしたが、合理化が進みワンマン化される中、身延線のみならずロングシートが主流になり旅情的には何かを失った感が否定できませんね。

しかしながら身延線を旧型時代に経験出来たことは貴重ですね。私なんかは地元の鶴見線さえ103系に変わってからですから少々勿体ない気持ちです。ただ、大川支線は旧型での参戦だったのでまにあいましたが、もっと早い時期に18きっぷが登場していたら私の鉄道感も変わっていた事でしょう。

さて、これから先、身延線はとう変化して行くのでしょうか。リニア新幹線が開通したら連絡駅ができたりするのでしょうか。そんな中でも臨時列車的なものでいいので165系とかを運転してもらいたいですね。

その165も、もう無いんですよね…
身延線はEF15が貨物を牽引していましたし、私にとっては飯田線と並んで魅力ある路線だったのですがね…
今や全く沿線に出かけることはなくなりました…
富士山をバックに撮影したい気持ちはありますが…やはり車輌が…
何回も申し訳ないですが、あの頃に戻りたいです…😭

コメントありがとうございます。

なるほど、確かに私も昔ほど撮影には行かなくなりましたね。国鉄からJRに変わり豪華列車や派手なデザインの特急列車が増え、切符も窓口以外で購入できるようになったりと、昔より格段に便利になった一方、夜行列車がなくなっていきワンマン化により車掌が減りローカル線が廃止され無人駅が増えて寂しくなりましたね。

ではなぜ我々は国鉄時代のあの頃が一番よかったと思うのでしょうかね。年始に向け私のブログの題材として深く考えてみたいです。ただ、ひとつ言えるのは「アナログ」か「デジタル」の違いのようなイメージでしょうか。
現在はスマホが発達して電話としての機能を越えて便利になりました。しかし、もし我が家の固定電話がダイヤル式の黒電話だったなら、それはメチャクチャ価値がある事でしょう。

余談ですが、例えば暖かいコーヒーや紅茶を飲むときにポットを使用すると思いますが、我が家には電子ポットがあり、重宝しています。しかし私は2~3年前にペリカンのくちばし形をした、いわゆる「魔法瓶」をあえて某フリマアプリを使い購入しました。我々が子供の頃は恐らくどの家庭にもあった魔法瓶を今の時代に使うと、一段と違う味のレモンティに出会えます。

鉄道も、我々が子供の頃当たり前だった光景が、時代と共に貴重となっていく姿をみたり感じたりしながら今の自分があの頃の当たり前の光景に身を置いたらどれだけワクワクするか!ですよね。もう二度と乗れない、見れないと思うと尚更です。

ちなみに私が「あの頃に」と思っているのは「からまつ」ですね。ご存じですか?小樽~釧路間に運転されていた夜行普通列車ですが、「18」が登場する前に廃止になってしまい乗車出来ませんでした。
それから急行「くにさき」「阿蘇」ですか。以前にも触れましたが、やはり新大阪発の急行は、今の私からすれば新鮮です!
あと、周遊券を使って四国入りするなら急行「鷲羽」ですね。深夜未明の高松や宇野での乗り換えはかなりの冒険となりますが…
と「あの頃」の話しをすると無尽蔵にでてきますね。やはりあの頃に私も戻りたいです。

からまつは知っていますよ。
鷲羽も懐かしいですね。
ただ、両者とも私が一人旅デビューを果たした時には、すでに廃止されていました…
からまつは乗りたかったですね。
我々の約10才上のテツ友(友とは失礼ですね。大先輩ですね)に、からまつの写真を見せていただいたことがあります。大先輩は実際に乗車もされていらっしゃいます。うらやましい限りです。
そうそう、国鉄時代という季刊誌をご存知でしょうか?
あの頃の撮影記や乗車記を一般からの投稿が中心に構成されている雑誌です。その本にも大先輩の撮影された写真が多数採用されています。

さて、どうして国鉄時代のあの頃が一番よかったのでしょうか…
私なりに考えますと、まず実際に体験したこと。次に今はもう国鉄が存在しないということ。あと、車両から入った趣味であること。特に私は旧型の車両が趣味対象だったのですが、当時でも古かった車両にギリギリ間に合った程度なのですが、それでも実際に好きな車輌にイベントではなく、定期運用に乗れたこと、撮影できたことがかなり大きいと思います。あとは、当時のような超閑散路線や長距離列車、
長時間停車の定期運用がないこと。最後に当時の自分自身の人生が充実していたこと。これらが要因であると考えられます。

今は本当に好きな車輌は廃止され、魅力的だった路線も廃止…自分の人生もろくな状態ではないことも加算され、現在の鉄道趣味を楽しむと言うより、あの頃を懐かしむという趣味スタイルになってしまったような気がします…



Re: にわか者様

コメントありがとうございます。

まさに!の一言ですね。実に的を射て全てが凝縮されてますね。我々は旧型客車の定期運用時代に間に合ってますし、ブルトレ全盛期時代を体験できたわけですから。
ところで、からまつに乗車なされた先輩、凄い素晴らしいですね。私が、というより我々が小学校くらいで廃止になってしまい我々世代では完全に貴重な部類の体験ですから、本当にうらやましい限りです。

ちなみに私が崇拝する某ロックアーティストは、広島から東京にでてくる際に(実際は横浜ですが)夜行列車で10何時間かけて上京したというのは有名な話なのですが、当時は新幹線が新大阪まで開通したばかりの時代だったので広島から乗れる夜行列車、つまり座席の急行列車ということになります。ということは恐らく「高千穂」辺りではないかと思われますので、それもまたうらやましい限りです。

その某ロックアーティストが学生時代に列車とツーショットの写真もありますが、なんと155系の修学旅行列車「わこうど」でした!
私の修学旅行は153系湘南色で日光へ行きましたから、それも貴重な体験ですね。現在は出発から到着まで全てバスですから。

本当にあの頃に戻れたら…

にわか者様

「国鉄時代」ちょっと検索してみますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/1077-77efd782

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (110)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (1)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん