fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

西遊記 ⑤

揖斐には初めて来たが、何故か初めての感じがしないのは子供の頃にコロタン文庫の書籍で散々見ていた行き先だからかも知れない。ただ、揖斐という地名は何となく名鉄のイメージが張り付いていたので近鉄の駅とは意外なアンサーであった。だが、過去の時刻表を見てみると、やはり名鉄と近鉄が競合しており、しかも名鉄揖斐線は岐阜市内線との直通運転という懐かしい響きが確認出来た。やはり私の記憶は間違っていなかったのだ。しかも現在の樽見鉄道・本巣付近は名鉄と近鉄で入り組んでおり、やはり先述した通りであったのでなんとなく嬉しくなったのだが、やはり現存の近鉄揖斐線=養老鉄道という図式に早く馴染まなければならないと感じた。

JRW_Series_223-2000_set_W39_with_Series_223-1000_set_W2_at_Motomachi_station.jpg
ウィキペディアより引用させていただいた現在の新快速。JRになってから、正直言って斬新なデザインの車両が多くなり区別がつかなくなってきたのは気のせいか・・・だが、国鉄時代に比べ、地域ごと・JRごとに何となくのデザインや雰囲気の特徴が現れている印象があり「これは西日本、これは東日本」などの区別は何となくつくようになってきた(あくまで個人的な意見だが)。

揖斐より折り返し大垣に戻ってきた。そして大垣より東海道にて今回の旅の主役である智頭急行へと向かうが、先述通り「18」のめ新幹線などの移動ではなく、18による制約を受けた列車に乗り関ヶ原越えをしなければならない。そして今回は智頭急行制覇の前に播但線を制覇するため姫路で下車する事が確定している。だが、米原から新快速で一気に姫路まで行けるためある意味得した気分にもなる。

既に今回の旅では、というより、23年のブランクを乗り越え、ひとり「いい旅チャレンジ20000km」を敢行するに当たり、レールファン復活後はただ闇雲に乗り潰すのではなく、未乗車路線を各ブロック毎に分けて制覇する事にした。そのため後の予定が組みやすくなり効率良く回る事ができるわけだ。つまり今回は播但線と智頭急行の組み合わせであるが、気が付けば「あとあそことあそこを乗れば全線いくな」という先が見えてきた感が出てきた。そうなると俄然バイタリティーが湧いてくる。私は勇んで更に西に向かうべく、JR西日本の車両に流れ込んだ。

IMG_0093.jpg
かつての新快速221系であるが、現在は新快速の定期運用から外れている。JR化後に登場した車両で、私にしてみたら新しい車両的イメージの部類に入る。カメラ機能の低下によりやや画像が赤みかかっているが・・・

米原よりは先述の新快速にて軽快に関西付近を駆け抜ける。私が新快速に初めて乗ったのは1981年の夏で、当時開催されていた神戸万博、いわゆるポートピアの真っ最中であったが、その時は当時新鋭の117系だった。その117系も現在は終焉を迎えるタイミングという事からして時代を感じてしまう。
他の競合他社と激しいデッドヒートを繰り広げている関西圏であるが、大阪をスルーする形は現在の首都圏の形である上野東京ラインや湘南新宿ライン的な感覚であろう。ようやく首都圏も東京スルー形になったが、時代は既に夜行列車や急行列車が無くなり「あゝ、上野駅」的な情緒溢れる風景が少なくなってしまった。

img073.jpg
1980年代の新快速といえば・・・ご覧の117系であるが、写真は1983年の浜松である。つまり東海地区にも117系が登場し、「快速」として運転されていた。117系の登場当時は「ライバル」との戦いに強烈な光を注ぎ込んだイメージであった。

ただ、JRについて関西圏と首都圏で決定的に違うのは、路線別運転か方向別運転かの差であろう。関西については方向別運転であり緩行系列車と快速系列車が同一ホームで乗り換えができてわりとスムーズに移動できるのに対し、首都圏では路線別運転となっており、例えば京浜東北線と東海道線が同一ホームで乗り換えができる場面が無い。これは常磐線や東北本線などにも恐らく言える事でであろう事象で、歴史が古く、継ぎ足しに次ぐ継ぎ足しの結果が現在の姿になったであろうが、利用者にとってはある意味不便他ならない。まぁ、意図的(かも知れない)に階段を使う乗り換えが東海地区に無くもないが、基本、関西の東海道線は乗り換えが実に便利だと実感する。しかしながら今回は新快速の終点、姫路での乗り換えのためやはり階段を使う事になる。まぁ、それはそれでいいのだが、いずれにしても国鉄時代からすっかり様変わりした風景も内容的には昔のままなのだからぜひこれからも便利に進化してほしいなと偉そうな事を考えていたら、高架化が完成して間もない姫路のホームに滑り込んだ。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

ポートピア懐かしいです!
歌はゴダイゴでしたね😅
私鉄はスルーの私ですが、ポートライナーは乗りましたよ。
その前に117の新快速にも乗りましたね。
ところで、パンダフル弁当はご存知でしょうか?

にわか者様

コメントありがとうございます。

パンダ弁当ありましたね!景品で何か縄跳びするパンダがあったような記憶ですが、ゴダイゴがテーマソングなんて懐かしいですよね。

しかしながら、なぜかポートピアの内容などはほとんど覚えておらず、ポートライナーに乗った事と、神戸の駅で新快速など関西の列車を散々撮影していた事しか印象にありません。

宿泊先は京都で、祖母の姉が紹介してくれたところになりますが、正直、その親戚の方には初めてお会いしたイメージです。その方のおかげでポートピアの旅は無事に終了しましたが、やはり実際のメインはポートピアよりも「撮り鉄」でしたね。

私もポートピアのパビリオン等の記憶はないんですよ(^_^;)
ポートライナーの記憶もない…←当時から私鉄スルーだったからか???
じゃあ、何の記憶があるのか?と言われると…パンダフル弁当(パンダ弁当?どっちが正しいのでしょうか?)ぐらいしかなくて…しかも!現地で食べたのではなく、CMの記憶でありまして…現地で見つけて、これか!!と思った記憶ぐらいしか…
縄跳びするパンダの景品も、もちろん覚えていますよ!
あと記憶にあるのは117の新快速と、EF58が牽引する急行荷物列車と並走したこと…
疑問なのは、東海道を走行しているハズの急行荷物列車と並走していたとなると…私は一体何線に乗車していたのか???
まさかこれは、いろんな記憶がごちゃまぜになっているとでも言うのだろうか…

にわか者様

コメントありがとうございます。

正確にはパンダフル弁当ですね。
ポートライナーは、当時新交通としてはポートピアが初めてだったのではないでしょうか。

当時117系は新鋭だったので、中学時代の部活「鉄道研究部(実際はクラブ)」に所属していた私としてはものすごく画期的かつ斬新な車両でしたね。関東では185系が新鋭で、登場当時から普通列車にも使用されていたので特急らしい風格があまり感じられなかったのですが、転換式クロスシート(当時)が画期的でした。もちろん「踊り子」での使用は考えものでしたが、後に転換式シートに変更になってからはそれなりに特急的な風格が少しは出てきた感じですね。

117系は型式から見ても最初から特急として使用する目的では無いのがわかるため、逆に愛着があります。

ところで「並走」について触れてますが、恐らく関西圏での、それも東海道線での並走だと思われます。関西圏での東海道線は方向別での複々線のため緩行列車と快速列車の並走が度々あります。首都圏ですと路線別運転のため、例え並走していてもあまり実感が沸かないのですが「一体何をしていた」とは、それは私のほうかも知れませんね。

というより、やはりポートピア云々ではなく、特にEF58など見てしまった場合は、鉄道ファンなのですから列車を見れば自然と血が騒ぐ感じですかね!

毎回のブログと全く関係ないコメで申し訳ないのですが、昨日こちらでは心霊番組をやっておりました。
宜保愛子氏が健在だった時代はよかったと、つくづく思いましたよ。
呪いのビデオも全く観なくなってしまいましたし、鉄道の趣味活動もそうですが、心霊や超常現象的な物事に対する興味もどんどん薄れていっております…
ただ、鉄道も中学、高校地代の話題となると、アレコレ当時の鉄道に関係ないことまで思い出してしまうんですけどね(^_^;)

にわか者様

コメントありがとうございます。

確かにおっしゃる通り、少年時代に比べ今の方がパッション的な部分では薄れているかも知れませんね。
JRより国鉄と思うあたり、私も同感できる部分がたくさんあります。
現在、沢山の豪華列車や観光列車が運転されてますが、私はやはり「北斗星」のロイヤルや、乗り心地は別として583系や旧型客車の方が俄然興味あります。

特に心霊番組などは、何となく「恐いもの」とか「驚々したもの」という風に表現されますが、宜保さんの場合は霊視がより具体的のため、見ている側もほっこりするような感じになりますね。本来、霊とはそういうものだと思いますし、元々は人間な訳ですから、というか、形は無くても人間な訳ですから色々な感情があると思います。
宜保さんは、そういう観点でしたから今でも印象に強く残っている訳ですね。

江原氏も宜保さんにかなり近い観点で霊に接していたので印象にありますが、最近はメディアの露出も少なくなり少々残念ですね。
ただ、最近はスマホの普及で昔に比べ心霊写真(心霊写メと表現した方がいいですか)も増えたのではないでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/1083-d236c7e1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (110)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (1)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん