fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

上田で荷物を忘れてしまいましたが ⑤

長野に着いた時に見慣れない車両を見たが、よく見れば見慣れた車両であった。それは、しなの鉄道色に染まった115系であった。そうか、信越本線は新幹線開通後に並走区画が三セク化されたのかとある意味謎が解けた。だが、115系は湘南色でないとどうも私は馴染めずにいたが、茅ヶ崎産まれ、茅ヶ崎育ちの妻は即座に「あっ、東海道線だ!」と反応。もちろん塗装は違うものの、素人ながら妻なりに国鉄を感じ取ったのであろう。まぁ、115系は後程乗る予定なので、私は先に予定していた「ゆけむり」へのお誘いがある方角へむかった。
とりあえず時間的にも昼時なので、これも予定していたそば処へと向かった。やはり「信州しなの」と言えば「あたしゃあなたのそばがいぃ」であろう。実は私の実家もかつてはそば処の飲食店を営んでいたので本場の味が気になるところだ。

img611.jpg
長野で撮影した「国鉄車両」である。左側は改造した485系であると思われるが、右側は・・・115系ですよね?国鉄時代は個人的に先頭の塗装の角度とかで113系と115系の区別をしていたが、現在の塗装ではその方法での判別はほぼ不可能である!

空腹も満たし、いよいよ「ゆけむり」に誘われてみようと思い地下へと向かった。そう、これより長野電鉄初体験物語である。長野電鉄の起点である長野は立派な地下駅なのだ。そこにいたのは…レールファンならご存知「マッコウクジラ」と「ハイデッカー」であった。またまた素人の妻が即座に反応。

「あれ、ロマンスカー?」

その通りである。神奈川県民なら一度はお目にかかった事であろう赤とクリーム色の車体。現在はこちらで第二の人生を送っていた。私はかつて厚木に在住期間があるため、東京方面のコンサート会場へはもちろんロマンスだったので、信州信濃のハイデッカーは超違和感である。しかもロマンスでは500円くらいの別料金だったのが、長野ではたった100円をプラスするだけでハイデッカーに乗車できるのである!もちろん一択にて事前準備をしていたので即座に最前列へと向かったのであった。

img624.jpg
長野で撮影した我が地元・小田急で活躍した「ハイデッカー」が長野で第二の人生を送っていた。地元では新宿から本厚木までの別料金が550円くらいだったが、こちらでは別料金が何と100円で利用できる!

一旦車両の最前列、つまり展望席に荷物と妻を置き、私は「クジラ」に会いに行った。
東京は台東区三ノ輪に親戚がいるため、小学生の頃散々乗っていた「クジラ」が懐かしく感じる。。もちろん興奮の雨あられであるが、やはり長電の長野は地下駅だからこそマッコウクジラがよく似合う!余生をこの地で過ごせて、何よりも本人がよろこんでいるのではないだろうか。ただ、「クジラ」も後程乗車予定であるため私は再びハイデッカーへと戻った。

img623.jpg
そして私が東京は三ノ輪の親戚宅にお邪魔する際によく利用していた「マッコウ」である。長電の長野で見る風景は東京での活躍時代そのものの風景であるが、学年が上がるごとに千代田線なども利用するようになり、親戚宅訪問へのバリエーションが増えた。

ところで日本の法律か何かで、地下鉄の車両は貫通扉でなければならないという主旨の項目があると聞いているが、長電の「ゆけむり」は貫通扉でなないのでは?と思ってしまう。恐らく地下鉄というより「地下区間」「トンネル」という解釈で届け出しているのであろう。かつて東京に地下鉄を敷設する場合、当時は戦時的で複雑な理由からアメリカによりかなり制約されていたらしく、一部の区間で地上に顔を出すことにより地下区間を「トンネル」として申請して地下鉄を敷設したという経緯がある。つまり丸ノ内線など古くからある地下鉄路線はそうした理由から御茶ノ水辺りで現在も地上に顔を出す風景が見られる訳である。
「ゆけむり」の事情もややそれに近いイメージで申請しているのであろうか。何れにしても、神奈川県民の私からしたら地下にハイデッカーがいるのは違和感「大」でならない。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

長野電鉄と言えば、最寄りの国鉄駅が豊橋駅の私としては、豊橋鉄道に譲渡された車両を思い出します。
豊橋鉄道では1810ですが、長野電鉄地代は知りません(^_^;)
当時、記念キップを買いましたよ。

私は私鉄はノーマークでして…その本は、残念ながら所有しておりません😵
その本には、私が乗車した数少ない私鉄である、三菱石炭鉱業、南部縦貫鉄道、加悦鉄道、別府鉄道、片上鉄道、鹿児島交通等は載っていますか?
これらが今でも現役ならば…と、思えてなりません…
ただ、車両が目的の訪問でしたので、何とか生き残ったとしても近代化されてしまっていたら…
もう行かないでしょうね(^_^;)

にわか者様

コメントありがとうございます。

にわか者さんのコメントを拝見させていただいてると、特に今回は私の上司と対話している錯覚に陥るくらいの「鉄分」ですね。
先日、上司が「四季島を撮ってきた」といきなり私に振ってきたのでビックリしましたが、休暇日は積極的にそうした行動をしているのかと思うと逆に尊敬してしまいます。もちろん、仕事上での考え方などにも尊敬する部分が沢山あり常に勉強させていただいてます。

と、つい私事からのスタートとなってしまいましたが「車両目的」ということからやはり私の上司と全く同じ思考ですのでとてもよくわかります。

そして、私の所有する私鉄の書籍はもちろん「全百科」ですから上記に挙げていただいた私鉄路線全てが記載されており、どれもこれも懐かしいものばかりです。特に別府鉄道や南部縦貫鉄道は車両を目の前にしながら制覇できなかった路線のため、今ではとても悔やまれますが、逆に今乗車、そして撮影できる路線を今のうちに訪問した方がいいですよね。

全く関係ない話ですが、このブログはスマホとPCの両方で管理しておりますが、スマホ使用時では誤字が多く、時によっては大変ご迷惑をお掛けする場面も少なくありません。この場を借りまして、改めてお詫びいたします・・・

と、何となく硬いご挨拶となってしまいましたが、確かに今生き残っている紀州鉄道では近年に考案されたレールバス的車両での運用ですから、撮り鉄派には、というより私のような乗り鉄派でもやや物足りなさがあるようなイメージですよね。

Re: にわか者様

コメントありがとうございます。

豊橋鉄道1810・・・!長電では1100系として活躍していたやつですよね?懐かしいです。ただ、コロタン文庫の「私鉄全百科」で確認したところ、残念ながら豊橋鉄道にも長野電鉄にも載っていませんでした。ちょうど長野が地下化される直前か直後くらいの出版だと思われるので、地下対応できない車両を沙汰していたた渦中のためと思われます。

代わりと言ったらなんなんですが、北恵那鉄道や北陸鉄道小松線等が載っていました。
我が地元の江ノ電も「江ノ島鎌倉観光」という社名で懐かしさ満載です。

というような時代もありましたが、現在はロマンスカーや、それこそ「NEX」ですから豪華ですよね。

前にもカキコしましたが、その上司さんと私は沿線でニアミスしている可能性大ですね…
実は、この前の日曜日ですが、またまた常磐線へカシオペアを撮影に行ってきましたよ。
今回は東日本大震災で被災し、ルートが変更された区間で撮りました。
高架橋を走行するシーンを撮ったのですが、私が旧客で乗り潰した常磐線とは全く別モノなのでしょうね…
残念ながら、私は沿線の風景が全く記憶にないのです…
思い出は旧客に乗ったこと。ただ、それだけ…
あとは家族でゆうづるに乗ったことぐらいですかね。
私の乗ったのは、ゆうづる13号…
そもそも寝台特急が13号まであること自体が、令和の世の中では考えられないですよ😵
でも、そのゆうづるの乗車よりも、かなり早い時間から上野駅のホームへ行き、父親と写真を撮った記憶の方が残っている状態…
長野電鉄やその他私鉄と全く関係ないカキコにて大変申し訳ないですm(_ _)m

にわか者様

コメントありがとうございます。我が上司は何十年前から既に撮り鉄化していたらしく、西寒川の最終日にも顔を出していたくらいですから、恐らくにわか者さんともどこかで何度も遭遇していると断定できますね。

私はどちらかというと駅での撮影の方が好きで、動いている被写体を撮影するのはどうも不得手のようですね。

そして「ゆうづる」ですが、私は5号に乗ったことがあり、583系でしたね。にわか者さんの乗った13号だと恐らく14系か何かの客車だったと思われますがいかがでしょうか。

ただ、夜の上野は異様な雰囲気ですよね。特に「男はつらいよ」等にでてくる上野は、それこそ「北の玄関口」というカラーが溢れ出ています。私の場合、早い時間帯に行って撮影したという記憶があまり無かったイメージのため、後悔の案件ですね。しかも三ノ輪に親戚がいるわけですから、それこそ泊まりでの撮影も可能だったわけで、ドラミちゃんにタイムマシンをふお願いしたい気持ちです。

恐らくにわか者さんは、当時の撮影で「妙高」や「越前」等を撮影された事と思われるので、しっかりと「長野つながり」ですよ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/1094-af2d2c0b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (109)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (0)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん