fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

上田で荷物を忘れてしまいましたが ⑦

特急ロマンスカー「ゆけむり」はようやく終点の湯田中に到着した。かつての私が知る時代では、この湯田中は地形的制約があるためか、スイッチバック式の構造となっていた。
ホームの中程くらいから列車が侵入し、一旦ホームより先に進んで、ホーム中程のポイントを切り替えてから再度全車両をホームへと侵入させるという変則形であった。ホーム先端の部分には県道の踏切があり平坦な場所にホームを延長できず、長野寄りは勾配となっているため駅設置にかなりの苦労があったのだろう。つまりスイッチバックは苦肉の策であった。などといっても文章だと伝わりにくいので図を見ていただくのが一番であるが、自家製のため、見やすさに若干欠けている点についてはご了承いただきたい。

20230115_203653.jpg
大変芸術的な略図で申し訳ないが、かつての湯田中の構造を表してみた。ご覧の通り、ホーム先頭寄りは県道の踏切がありホームが延長できず、3両以上の列車は踏切より少し先にある側線部まで進み、ポイントが切り替わるのを待ってからもどる形で全車両をホームにかけるイメージになる。現在は周知の通り勾配上にホームが延伸され、図では上になるホームが廃止さ棒線化された。

だが残念な事に、既に私の訪問時にはスイッチバックは解消され、現在のようなホームの長野寄り延伸部が勾配上にある形となっていた。
そしてかつての2番線は駅併設のスパ施設たなっており、駅にいても早速湯処の雰囲気を味わえる。旧ホームでは国鉄時代に運転されていた急行「志賀」の勇姿が甦りそうな雰囲気を醸し出しているが、小田急式のハイデッカー「ゆけむり」で来る湯田中もまたいい。現在はそちらのホームにレールが無いのが残念であるが、こうして見てみると、かつての盛栄が伝わってくる。だが、終点のため一旦展望席とお別れして改札へ向かった。

img619.jpg
湯田中に停車中の「ゆけむり」である。湯田中はかつて地形的制約などから変形のスイッチバック式の駅となっていたが、現在は解消されている。長野寄りは勾配上にホームがあり2面2線のホームは棒線形になり旧ホームには日帰り温泉施設が誕生した。

一応乗ってきた列車で折り返し、屋代線を分ける須坂へ行くつもりだが、駅員さんの話だと改札を出て並んで欲しいとの旨であったため改札を出た。すると、折り返すロマンスカーを待つ乗客の列がやや凄い。もちろん展望席を狙っていたので大丈夫かなとメンタル的に重たいが、ハイデッカーの「ロマンスカー」は公共の交通手段であるため、私は秩序を遵守すべく、列の最後尾にまわり「ゆけむり」を待つ乗客のひとりとなった。
とはいえ、なんだかんだいいながら結局湯田中から乗る「ゆけむり」も前展望に座ることができた。小田急時代では、ハイデッカーの前展望を奪取するためには乗車日の1ヶ月前よりインターネットで押さえなければならなかったが、長野電鉄で乗車する「ゆけむり」は全席自由のため争奪戦になってしまう…との予想だったが、意外にも他のお客様はクールで、私のような乗客や子供連れの乗客には人気があるイメージであった。

img645.jpg
屋代線は最初で最後の訪問となっていた。もちろん、訪問前から廃止情報は流れていたのでここは慎重、かつ丁寧に制覇したつもりだ。その結果、こういう駅舎にも出会える。恐らく開業当時よりほとんど変化無くこの日まで私を待っていてくれていた事であろう。しかし、下車できなく外観で駅舎も見れなかったので非常に申し訳ない気持ちであった。

湯田中を出たか「ゆけむり」は、ほぼ乗客の入れ替わりは無く定刻に須坂に着いた。他の乗客は恐らく長野から新幹線で己の住処へと散っていく事であろうが、だだ唯一、私だけが己の道を貫き「日比谷線」の待つ屋代方面乗り場へと向かった。
既に廃止情報が流れていたが、今回の訪問時で「同業者」の姿はほぼ見つからなかったので、ある意味普段の屋代線風景が見られたかなという印象であったのだが、私自身が「同業者」のため若干ながら普段の風景にはなっていなかったであろう。
さて、初めて乗る屋代線は実に風光明媚である。もちろん風光明媚とは鉄道風景的にであるが、日比谷線の車両にワンマンの運賃箱があるのはやはり不自然であった。更に全てを地上区間で走るのに地下鉄車両というのも不思議な感じであるが、その車両が屋代線各駅の木造駅舎とマッチしているから面白い。恐らく開業当時からあるものも少なくないであろうが、松代などの駅舎ひとつ取ってみても長野電鉄の歴史を感じてしまう。朝晩は学生を中心に利用者もそれなりであろうが、私が訪れた時間帯では座席を選べるほどの余裕があるのはやはり勿体ない気もする。

img630.jpg
img627.jpg
かつてはここ屋代から国鉄の急行が湯田中や木島に向け乗り入れていた時代もあったのだが、現在はその路線すら姿を消してしまった。私は屋代線の廃止情報を得てからの訪問であったのでしっかりと胸に焼き付けながらの乗車であった。「マッコウクジラ」が全区間を通して地上を走っていると何となく違和感を感じるのだが・・・

そうこうしているうちに終点の屋代に着いた。島式ホームにある旧い木造の待合室が長電の歴史を無言で語りかけてきた。かつてはシーズンになると国鉄との乗り入れも盛んであり、高度経済成長期の若者、つまり団塊の世代の方々が若かりし頃には志賀高原や野沢温泉方面へスキーに行かれた際には上野より急行列車をよく利用なされたと思われるので、この屋代の駅風景を懐かしく思われる方も少なくないであろう。ただ、かつてのような賑わいを感じないので、その古めかしさだけが取り残されたように感じる我々、そしてそれ以降の世代では、こうした歴史ある鉄道がまたひとつ失われるのがさみしい限りと思ってしまう。そしてそれこそ団塊の世代の方々が経験なされたような時代の鉄道を我々も体験したくなってくる。
「同業者」がほぼ皆無であった普段の屋代で私は、その歴史のひとつひとつにシャッターを切りながら、次のステップへ向け上田方面のホームへと消えていった。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

長野電鉄にもスイッチバックがあったのですね。
スイッチバックの思い出としては、私としては奥羽本線ですね。
旧客だったことで、余計に印象強くなってしまっているのかもしれないですが…
そこも今や新幹線が走っているのですから…


にわか者様

コメントありがとうございます。

湯田中のスイッチバックはかなり特殊で、立地の制約からのスイッチバックてなってますね。

私も奥羽本線の峠は旧型客車によるスイッチバックを経験してますが、夜だったので窓の外は真っ暗な闇しか見えず、醍醐味を味わえませんでした。

私がスイッチバックで一番興味があったのは、我が地元の小田急線藤沢ですね。複線でのスイッチバックということでさぞかし複雑だろうと小学生時代には考えてましたが、意外にもシンプルなので解読しやすかったです。
ただ古くより開設されているため、周囲の制約から現在の長くなった編成や利用者増への対応ができず、小田急もジレンマを抱えている事でしょう。

そういえば赤谷線の東赤谷も終点駅でありながらスイッチバックでしたね。一応廃止直前に訪問してますが、残念ながら、記録があるだけで記憶がほとんど無いのは悔しいですね。

小田急にもスイッチバックがあったんですね!
知らないことだらけです…
まぁ、私鉄のみならず、国鉄、JRとも駅や沿線については、私はほとんど存じ上げてないんですけどね(^_^;)
ただし、赤谷線のスイッチバックならば、私も存じ上げておりますよ!
あと、出雲坂根はどうですか?
三段式スイッチバックを撮影できるポイントがあった(今は木々の成長で無理かも?)のですが、急行ちどりを待っている間、虹がかかったんですよ。
あと少しで来るタイミングでした。
早く来てくれ!と、念じたのですが…
結局ちどりは間に合わず…虹は消えてしまいました…(T_T)

にわか者様

コメントありがとうございます。

出雲坂根ですね!もちろん知っております。1982年と2010年に訪問してますが、2010年では既に「おろち」が運転されていたので駅も観光化されていて、一般の方には楽しめる風景になってましたね。

出雲坂根といえば「延命の水」ですよね。国鉄時代ではホーム先端辺りにあり、短い停車時間に汲みに行くのにハラハラものでしたが、2010年では「おろち」との交換待ちだったので時間にかなり余裕がありました。
延命の水は「延命水」に名前が変更され駅舎横、ホーム中程に場所を移し現在も観光化されながらも活躍してますが「おろち」到着時は長蛇の列になり、改めて延命の水の人気をまざまざと見せられた感じでした。

しかしながら、虹の出現は撮り鉄派にはチャンスでしたね。残念な結果で悔やまれる部分もあると思われますが、あの三段式スイッチバックを収めるポイントをご存じである事自体が素晴らしいです。私は「乗り」専門のため、駅や延命の水の方が重要になってしまい、改めて我が上司と類似している点に驚かされます。

ちなみに2010年の時には「おろち」で亀嵩に訪問しましたよ!

延命の水ありましたね!
あの頃はホームの先端にありましたが、今は中程に移動したんですね。
さらに名称も延命水になったんですね。
私にしては珍しく?延命の水については、車両関係なしに撮影してますよ。何故かこの水には興味を持ちましたね。
それと、出雲坂根付近は国鉄、JRともに乗客は私一人だけだったこと。それを国鉄、JRの両方とも車掌に言われた思い出があります。
中村敦夫の地球発22時だったか?中村氏が種村直樹氏と木次線に乗車した回があったのですが、その時も「乗客が我々二人しかいない」と、中村氏が言っていた記憶があります。
あと、オロチに乗車されたんですか!確か来年度で終了だったかと?貴重な客車列車がまた一つ…😢
長野電鉄と全く関係ないカキコにて申し訳ないですm(_ _)m

Re: にわか者様

コメントありがとうございます。

中村敦夫氏とは懐かしいですね。番組に関しても何度か視たことありますが、まさか種村氏と共演してたとは!

私の木次線訪問時は18シーズンだったこともあると思われますが、それなりに乗客がいましたので「われわれ二人」という経験が無いですね。つまり、18シーズン以外は中村敦夫氏のコメント通りかも知れませんね。

ただ、JR時代と国鉄時代とで決定的に違うのは、クロスシートかロングシートかでしょうね。やはり木次線はキハ20辺りのクロスシートでないと雰囲気が出ないですね。とは我々と経営者側との温度差が気になる意見となってしまいます。木次線が現在まで生き延びているのは「沿線道路未整備」という話ですが、現在では、特に亀嵩駅前の道路を見る限り、道路的には完全に問題ないと思われます。
それでも生き延びているという事は、まさか「延命水」のおかげでしょうか…

なるほど!
木次線が何とか存続してこられたのは、延命水のおかげだったんですね(^_^;)
これはかなりのご利益ですね!

ところで…昨日ですが何気なくYouTubeで中村敦夫の地球発22時を検索したら…種村氏と木次線を乗車した回がありましたよ。
種村氏は一筆書キッブで旅をしていた(旅という雑誌をご存知でしたか?当時、これで紹介されていたような記憶があります。)ようですね。
備後落合から乗り込んで、しばらくしてから「あの駅から乗ったのは私たち二人だけ」の発言がありました。
単行の気動車に乗客は、中村氏と種村氏のみだったようですね。
私も国鉄、JRともに木次線は一人のみの乗車で、前回のカキコのとおり2回とも車掌に話しかけられたのですが、貴殿の時はちがったようですね…
番組内では、他にも興浜北線や志布志線、標津線等の映像もありますよ。
あと、これは我々が高校2年の時だった記憶があります。
すでに貴殿は休テツ状態だったような???
どんどん長野電鉄から話題がそれてすみません…

にわか者様

コメントありがとうございます。

なるほど、YouTubeで視るという手があったのですね!家に帰ったら早速確認してみます。

しかし、標津線や興浜北線、そして志布志線とは何とも興味深いですね。志布志線の志布志は現在やや移転して昔のイメージは全く無いので、とても貴重ですね。もちろん興浜北線や標津線も現在は無いわけですから貴重です。平成世代にこうしたローカル線の良さを知ってもらいたいですよね。

興浜北線は南線と共に近い将来訪問してみたいですね。美幸線を含め未成線の部分も当然ながら含んで「歌登」や「音標」辺りを散策してみたいです。ただ、こうした地名は地元の方と私のような「乗り」のレールファンなら高い認知度だと思われますが、一般的には観光などで行くイメージはかなり少ないですね。
もし北海道にも延命水が湧いていたなら、これら数多くのローカル線が現在も営業、または未成線の開業が実現していたかも知れませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/1097-bf9ab93f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (119)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん