fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

題名の無い鉄道旅 part2 奥久慈風っ子号④

水郡線制覇の旅であるが、臨時列車の恩恵も受けまた違った価値観が産まれてくる事に気づいた。いままではこうした臨時列車やイベント列車にはあまり縁が無かったイメージの私であるが、平成になり、そして国鉄からJRに変わり世の中の仕組みや風景も一段と変化してくる。ただひとり、変わっていないのは浦島太郎状態の私だけであろうか。水郡線は観光スポットで有名な袋田も通るが、そのような滝など目もくれずに上菅谷で乗り換え常陸太田へ向かうあたり、やはり昔と変わっていないのであろう。

img168_convert_20130213142904.jpg
一応「快速」の表示があった「奥久慈風っこ号」であるが、この後、快速という名のスピードだとかえって困りそうな光景が見えてくる。「快速」という格付けにも鉄道会社によって解釈が多彩であり、JRでは普通列車と急行列車の間で、指定席券以外に快速料金等の特別な料金が基本発生しない列車である。ただ、停車駅の数やパターンでは鉄道会社により特急より格上だったりする場面も多く、日本の鉄道会社による快速の位置付けを追求していくだけでも面白いかも知れない。

上菅谷に着くと、早速常陸太田方面への乗り換え準備を始めた。水戸まで行く「風っ子」を見送り、そしてまもなく私は常陸太田へ向かった。風っ子からの乗り換え客は私たちが唯一あったが、水戸方面から来た常陸太田行きにはそれなりに乗客がいたのでさすがと思ったが、常陸太田に到着したらその意味が何となくわかった気がした。

img167_convert_20130213142816.jpg
img169_convert_20130213142947.jpg
つまり「風っこ」とはトロッコ風の列車である事が判明した。雨の日にはどうするんだ~とかスピード出したままトンネル入ったらどうなるんだ~とか考えてはいけない。一応「快速」を名乗っているが、あまりスピードを出してはいけないイメージである。

というのも、かつてこの地には日立電鉄が乗り入れており「常北太田」と名乗り駅が隣接していた。私がこの時に見た光景は既に廃止後であったが、レールが剥がされ砂利と駅舎のみがそのまま残った状態であった。もう少しレールファンの復活が早ければ、私も日立電鉄の最終に間に合ったであろう。だが、残念ながらアフターザフェスティバルであった。もったいない事をしてしまったが、我々の記憶より消えることはないであろう。

img166_convert_20130213142739_20230813060154fb7.jpg
車内では終始和やかなムードが流れていた。こうした雰囲気なら一般に混ざってのレールファンでは無く、堂々としたレールファンとして活動する事ができるのが最大のメリットである。

そんな哀愁漂う風景を後に水戸へ向かった私は、普段の列車で普段の風景を眺めながら普段の生活へと戻っていった。ただ、こうして「普段」があるということは実に素晴らしい。だが、その素晴らしい普段には「前提」がある事を改めて教えてくれた。
奥久慈を離れ、いつしか景色が更に普段になってきた。もちろん、東京を越え湘南方面に着く頃には更にその風景は深くなる事であろう。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

毎日毎日暑いですねぇ…
さらに私は仕事ばかりの状態であります😞

ところで、風っこは上菅谷駅で下車されたんですか???
そして、常陸太田駅に向かわれたと!?
風っこに乗車されていた方々の多くは、おそらく貴殿を見て、あの人、乗り間違えた😁と、思ったかと…
この手のイベント車両で途中下車…まさか貴殿が鉄道全線、そして、あの白糠線にご乗車されたレジェンドとは誰一人として思わなかったかと…

にわか者様

コメントありがとうございます。

確かに、毎日暑い日が続きますが、最新記事でご紹介のように私はこの炎天下の中、群馬県の国境越えを取材してきました。ただ、今まで避暑地とされてきた場所も現在は全く暑さを避けられず、ソフトクリームなども瞬時に溶けてしまいましたね。

ところで風っ子ですが、ご覧の通り上菅谷で下車しましたが、、お察しの通り純粋に下車したのは私達だけで、停車時間にホームに出ていた他の乗客は皆水戸方面へ向かいました。
私が上菅谷で下車したのはもちろん常陸太田へ向かうためですが、常陸太田に着いたら、当時は日立電鉄が廃止されたばかりで、レールが剥がされバラストとホーム、そして跨線橋のみが残る無惨な風景が広がっていました。もし健在なら間違いなく鮎川方面へ向かったはずですが、残念ながら。あと3年早くレールファンを復活させていれば日立電鉄の制覇も夢ではなかったことでしょう。

当時はイベント列車等の乗車よりも路線制覇が優先されましたから、例えば北海制覇の旅の帰路に乗った「北斗星」も乗車駅は札幌ではなく苫小牧ですから、如何に私が異端児的であるかおわかりいただけただろうか…みたいな感じです。

ちなみに関西私鉄路線制覇の時も南海の「ラピート」を関西空港から泉佐野まで乗ったりもしてますよ。

あと三年でしたか…
私もそういうのありますね。
白糠線もそうですが、私は根室本線と釧網本線の混合列車ですね。
高校入試が終了後、渡道し乗車する予定でありました。
それがですよ、滑り止めの某私立高校入試の帰り、豊橋駅でEF58の急行荷物列車を撮影(つまりNewFー1を高校入試に持って行ったということです😄)し、後は本屋でも寄って帰るかと、立ち読みしにに行ったら、春休みに北海道遠征する気満々の私に、鉄道月刊誌の衝撃的な記事が飛び込んでまいりました。
釧網本線、根室本線から混合列車が消える…
えっ???って、思いましたよ
59.2改正の影響をもろに受けたようです。
もちろん高校入試合格が目標なのですが、何となく目標を失ったような気がしましてね…
本命高校の入試には合格しましたが、もはや北海道へ行く気にはなれず…
結局はワイド周遊券を握りしめ九州へ行った次第。
あと一年!いや、あと二ヶ月早ければ…その後の私の乗りテツ人生は変わっていたかもしれません…

にわか者様

コメントありがとうございます。

なるほど、釧網本線・根室本線の混合列車と言えば、まさに1983年に白糠線を訪れた際、釧路から石勝線へ向かうときに特急「おおぞら」の乗車前に先頭から写真を撮影しましたが、その背景には恐らく根室本線の普通列車と思われる旧型PCが写り込んでましたよ!当時は何とも思わなかったのですが、今や貴重な絵になってしまいましたね。このブログでも公開しているので、機会があったら探してみて下さい。

ところで昭和59年の2月の改正では、国鉄が更に合理化色を濃くだしてきましたね。確かあの時のJTB時刻表は合併号で「サロンエクスプレス東京」が表紙だった記憶ですが、あの改正で確か室木線もDCに置き換わった記憶です。そして他の路線でも客車運用が激減しましたが、乗りつぶし派にはやや明るい材料もありました。

それは天北線の下り最終列車に乗ると、それまで稚内で乗車できなかった上り夜行急行「利尻」に間に合うように変わった記憶です。それまでは南稚内で列車交換が行われていたため絶対に稚内には行かれなかったのですが、それが解消されたのですからこれは大きな進歩でした。
他にも接続面では全国的に改善されたイメージだったので、夏にでも行こうかと考えたくらいです。

もしレールファンをやめていなければ、恐らくこのタイミングで北海道へ行っていた事でしょう。もちろん根室本線の混合列車や白糠線は既に葬られた後でしたが、そのチャンスを活かさなかった自分が残念でならないです。
つまり、私も目標を失った…という事になりますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/1125-c5026203

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (110)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (1)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん