鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

廃止路線を訪ねて② 東武鉄道・熊谷線

1983年5月に営業を終えた東武鉄道の非電化路線「熊谷線」は異色であった。「非電化」というところがまず気になる。起点の熊谷は秩父鉄道ホームを共用していた。営業係数が500を超えていたとの噂も聞いたことがある。しかしながら「率」では大きいが「額」ではそれほどの損益ではなかったのでは?と思っていたが、年間2億円位の赤字があったらしい。計画では同じ東武鉄道の小泉線と繋がる予定であったが、戦時中の資金難で頓挫したらしい。

まぁ、数値的な事は数学不得手の私にとっても、中学生時代の私にとっても理解の範囲に達しない。それより首都圏でキハ2000が拝見できるのに廃止されてしまう事の方がとても重要であった。

kumagayasen_convert_20120331201106.jpg
(秩父鉄道と共用する東武熊谷線ホーム。現在は東武熊谷線であったところも秩父鉄道で使用され、熊谷駅で列車交換ができるようになった。)

なんとなく以前に流行の「80系」に似ているが、若干小ぶりな趣きである。既に隣には「新幹線」が開通し、新潟までの交通手段が格段に進歩した時代に、このDCが健在とは!なかなか愛らしいではないか。

さて、私はこの熊谷線を廃止前に乗ろうと神奈川県よりはるばるやってきた。廃止された日が1983年5月なので、直前に行った記憶はないが恐らく4月だと思う。というのは、妻沼駅にての写真で判断した。私は全く季節感が無いのは先述しているが、桜の花がバックに見える。

img171_convert_20130213143135.jpg
(妻沼駅全景。若干構内が広いのは貨物輸送的な事を将来的に見越してか、それとももともと線路がたくさんあって撤去されたのかは不明。)

熊谷駅において、秩父鉄道のホームを共用していたのは先述したが、それが制約となり「交換設備」が設置できなかったのが秩父鉄道の悩みでもあった。
そのホームより出発する列車では、私のような「通常客」ではない乗客がちらほらみられ、写真を撮るのに忙しい。肩身の狭い思いをしていそうな表情にも見えたDCは、廃止が決まりなんだかホッとした表情にも見て取れた。そんな私を乗せた列車は、東京近郊にしては「生活」があまり感じられないような景色にみえた。もともと生活路線として敷設されたわけでもないので、走るルートも「その様な」景色に見えるのであろう。意外に宅地化が進んでおらず、これも熊谷線の成績が伸び悩んだ原因であると思われる。

img170_convert_20130213143052.jpg
(ご覧の通りの中間駅。かなり「昔」の印象が強い佇まい。)

上熊谷まで秩父鉄道と並走するが、その先は北に向かいカーブすると田園の中を走っていた印象だ。上熊谷を過ぎ次の大幡に着く頃にはつくづくそう感じた。もちろん住宅は点在するのだが・・・
そしてわずか数分で終点・妻沼に到着。棒線化されたホームは私のような「同業者」たち以外の乗客は僅少に近い。早速入場券を求めに行ったり設備の撮影に行ったりと、なかなか作業に追われるのも我々の運命だ。駅舎を撮影しようと駅前に出ると「熊谷線廃止反対」の看板が目に飛び込んできたが、その文字はなぜか弱々しい印象であった。

menuma2_convert_20120331201322.jpg
(妻沼駅の駅舎。「廃止反対」の文字がむなしく映るが、駅前に停車中の一台の車が「昭和」を感じさせる。)

妻沼駅は棒線化されている事は先述しているが、意外と構内は広く、将来に向けての「スペース」なのか、それとも撤去されたのか、若干広い印象だ。もし小泉まで線路がつながっていれば「パレオエクスプレス」が妻沼を経由していたかもしれない。そう考えるとなんだかワクワクしてくるが、それより熊谷地区の「構図」も今とは随分と違っていただろう。
僅か10キロほどの短い盲腸線であったが、それでもしっかりと歴史がある。私は当時「歴史」等を考えずにただ「廃止」と聞くと反応していた。しかし、どんな短く小さな鉄道でも「歴史」を考えると先人の「思い」が伝わってくるような気がする。例えそれが最初は「軍事目的」であっても、平和な世の中になって人々の生活に「平和的に」利用されれば先人が敷設した意味も違った意味で活かされる。

現在、熊谷線の跡は30年経過した今でもまだまだ確認できるらしい。当時とは違った視点で「再訪」してみるのも価値がありそうだ。

img173_convert_20130213143303.jpg
(終点の妻沼駅。隣の大幡と雰囲気的に全く同じ印象。右側の隣のスペースに駅名が記載される事はとうとう無かった。)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

幻の東武熊谷線!

地元の路線でしたが、東武熊谷線の写真を周りの誰も持っていなくてずっと幻(?)の車両でした。

新聞記事の白黒写真でしかちゃんと車両を見た事がなかったので、カラーで見る事が出来て本当に嬉しいです(^^)

地元の伝説では、熊谷を抜けて東上線と小泉線を繋げようとしてダメだったと聞いた事がありますが、もし開通していても双方向から高崎線に客を取られていた気がします。

でこすけ様

コメントありがとうございます!

> 新聞記事の白黒写真でしかちゃんと車両を見た事がなかったので、カラーで見る事が出来て本当に嬉しいです(^^)

喜んでいただけたら幸いです!!以前はもっと多数の写真を所有してました。しかしながら、鉄道ファン休業中に処分してしまい、ブログにアップしたので全部です。

> 地元の伝説では、熊谷を抜けて東上線と小泉線を繋げようとしてダメだったと聞いた事がありますが、もし開通していても双方向から高崎線に客を取られていた気がします。

でこすけ様の「伝説」通り、小泉線と繋がる予定でした。繋がっていても高崎線の方がはるかにスピードで勝るのででこすけ様の言う通りでしょう。逆に観光化して「パレオエクスプレス」を乗り入れさせたら面白かったと思いますが・・・

廃線跡はいまだに確認できるみたいですね。

もったいない!!

こんばんは。
拙ブログのコメントでお知らせいただいて拝見しにきましたが、
ホントにめっちゃ貴重なお写真ですね!!
素晴らしい。この写真の中の世界に入る方法はないものでしょうか(号泣)。

他の方のレスで、「鉄道ファン休業中に処分」された写真も多数だとか。
もったいない~~!!

kyo-to様

コメントありがとうございます。

熊谷線の写真に関しては「ブログの写真で全部です」と記してますが、実はもう一枚あります。どちらにしても「処分」してしまったのは私自身悔やまれますが、特にネガも処分してしまったため「踏んだり蹴ったり」で過去の自分に「ウエスタン・ラリアット」でも食らわせたい気分です。

熊谷線訪問当時、私は中学生でした。確かに首都圏でこういったDCが存在したのは非常に珍しかったのですが、なにせ「少年」であったためあまり価値的な事がそれほどわかっておらず、ただ「廃止」という言葉に反応して訪問したに過ぎません。が、今となっては貴重な体験になっています。残った写真だけ見ても当時の思い出が甦ってくるので、こういう経験は理由はともかく、必ずした方が良いですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/113-8e987754

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (57)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (110)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (5)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (68)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん