鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

1983年・春<青春18>⑦

深夜の豊岡で夜行普通列車「山陰」に乗り換えるという、とんでもない計画を組んだ私だが、豊岡から乗る、というマニアックな方法は他に考える人は多くなく、結局「満員御礼」の列車では座席確保ができず、出入口のデッキで一夜(というより3時間くらいであるが)を過ごすこととなってしまった。当然寝ることはできず、相方には申し訳ないことをしたが、京都着5時24分、5時28分発の東海道線に乗り換えるため「ダッシュ」するのにはデッキにいるのは好都合であった。

img104_convert_20130222172343.jpg

そして東海道線を乗り継ぎ茅ヶ崎まで向かうわけだが、当然東海道線内では爆睡・・・乗換駅付近ではまるで自身の頭の中に目覚ましでもセットされたかのように目が覚め、そして乗り換える。その繰り返しで寒川に付いたのが16時57分、つまり夕方5時頃だ。このころには既に頭の中は「風呂」「布団」の文字が掠めており、家に着くと久々の「快楽」を味わった。

img110_convert_20130222172735.jpg

さて、2回に渡り「青春18」の旅を紹介してきた。私の旅の記録をご覧いただきありがたく思うが、何かお気付きになられたのでは?そう、私の紹介してきた旅の文章には「どこどこから乗りどこどこで降りた」や「こんな列車に乗った」という表現がほとんどである。以前に紹介した東北乗り潰しの旅もそうだが「乗った」「降りた」の表現しかない。つまり、当時の私は「乗り潰し」のみに情熱を注ぎ、その路線ひとつひとつの「文化」や「景色」、もっと言えば「歴史的背景」をほとんど触れずに旅をしていた。つまり「中身」があまり無かったと思われるため、個々の印象が薄い。果たしてそれが良いか悪いかは別として、なぜ私はここまで鉄道に拘るのか?と自分に問うたことがある。私は物心着いたと時から鉄道が好きであった。それから20年以上のブランクはあるものの再び鉄道と触れ合う時間ができた。先述したが、これからも鉄道に触れ合っていくことであろう。

img151_convert_20130222173452.jpg

某ロックアーティストの著書にこんな発言がある。「方向性を見失った時、人間は一番苦しい。俺には音楽があった」と。もし音楽という言葉を「鉄道」に置き換えるとすれば、自ずと「ヒント」が見えてくるような気がする。某ロックアーティストは既に還暦を過ぎているが、今もなお「現役」だ。インタビューなどでよく尋ねられる。「なぜ音楽を続けるのですか?」・・・音楽を続ける理由。「ミック・ジャガー、ローリング・ストーンズ、もう70歳近くでもやってます。なんで音楽を続けるのか?もうやめないんです。地位も名誉も、そしてお金も手に入れた。なのにやめないんです。なんでか?それには音楽と常に触れ合っていたい自分がいるんです」。つまり「自身の好きなことを続けるのに<理由>は無い!」という事だ。好きだから歌い続ける・・・好きだから列車に揺られる。北海道に行く。廃線跡を訪ねる。九州に行く。かつての「炭坑」の盛栄時代の面影に触れる・・・そういう楽しみが待っている「人生」にしていきたい。

img113_convert_20130222173150.jpg

鉄道を趣味とするという事は、他人から見ると理解していただける場合が少ない。「いい趣味」とは言うが、私のようなものは「個性的」ととらわれているであろう。何かのテレビ番組で「路線バス降車ボタンマニア」というのがこの世にいるらしい事を放送していた(確かタ〇リ倶楽部だったと思う)。私から見て、こちらの方が「個性的」だと思う。しかし鉄道雑誌が世の中にあり、パソコンを開くと私と同じ趣向の方が数多くおられることに気づく。これは素晴らしい事だ。私はどちらかというと宮脇〇三氏に近い趣向かも知れない事にも気付いた。地図・・駅・・旅・・時刻表・・辺りが私の好むところであるが、「デジタルATS」とか「インバーター」等の言葉には非常に弱い。また「12系客車」は即座にわかるが「E217系」と言われてもピンとこない。

私の「乗り潰し」の旅もそろそろ終焉を迎えた。その気になれば、10日間あれば余裕で全線制覇達成できる。早く全線制覇をして、今度は「線」ではなく「点」の旅もしてみたいと思っている。「やる事がある」という事は幸せだと思う。全線制覇しても、その「次」の目標がある。これは素晴らしい事だ。人間はやる事が無くなってしまった時、それは「終焉」を指すのではなのか?「仕事」でも「趣味」でもいい。やる事があるという事は「バイタリティー」になる。つまり、自身の生きている「証」みたいな物を知らず知らずに求めているのではないか?

これからも私の「旅」を紹介していくつもりであるが、次回からは「最近」の旅も紹介してみようと思う。過去の自分と旅のスタイルがどのように変化していったのか見届けていただきたい。そしてまたこれからも「生きている証」を探す旅は永遠に終わらないであろう。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/124-c7ab5e6c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (57)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (115)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (10)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (68)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん