北海道コレクション!

北海道を駆け巡る「優等列車」の数々をピックアップしてみた。1983年に私は「初上陸」して以来、現在に至るまで劇的な変化を遂げた北海道。地図上では空白地帯が増加したが、利用者は年々減少している。その中でも「千歳空港アクセス」の千歳空港~札幌間と札沼線の桑園~北海道医療大学間はJR北海道の「稼ぎ頭」である。
そんな中で活躍している特急列車はJR北海道にとって欠かせない存在だ。北海道の「現在」を紹介してみよう。


逕サ蜒・011_convert_20130301174419
2008年6月、函館駅で停車中のキハ185の「北斗」である。かつてのキハ80と比べ格段の進歩だ。しかし、このキハ185も「前近代的」の部類になってしまった。



逕サ蜒・014_convert_20130301175634
同じく2008年6月、室蘭駅にて。かつての室蘭駅より若干移設されたが、駅舎も改築された。構内は側線の撤去跡が痛々しく構内は広い。



逕サ蜒・018_convert_20130301175803
同じく2008年6月、札幌にて。「スーパー北斗」はキハ281だ。所謂「振子」を導入し、スピードアップに貢献。函館~札幌間で「スーパー」として活躍。現在の北海道を担う列車だ。



逕サ蜒・022_convert_20130301175945
キハ261の「スーパー宗谷」は札幌にて。同じく2008年6月だが、宗谷本線制覇のため片道5時間乗りっ放しであった。この列車も振子を搭載しており、スピードアップに貢献。



逕サ蜒・035_convert_20130301180539
そして終点稚内に到着。左のオレンジの建物のある場所はかつて線路があった所である。隣には、相棒の「サロベツ」が我々を待っていた。




逕サ蜒・037_convert_20130301180746
キハ185の「サロベツ」。現在、稚内駅は棒線化され隣のホームに列車は待つことが無い。私達はこの列車で折り返し滝川まで行った。それは「札沼線」を制覇するただった。




蛹玲オキ驕薙€€・・005_convert_20130301181533
函館駅にて。上野から乗ってきた「北斗星」を乗り捨て「北斗」に乗り換える。隣には「白鳥」が停車しており、同一ホームで跨線橋を使わずに乗り換えできて便利だ。





蛹玲オキ驕薙€€・・006_convert_20130301181736
上記の列車を至近距離から別角度にて。途中駅で「北斗星」を抜く。





蛹玲オキ驕薙€€・・169_convert_20130301182101
キハ183の「オホーツク」。釧網本線からの乗り換え時間4分の「番外地」にて。列車でここ「番外地」を訪問したのは初だ。列車の座席は空席が目立ったが、この先の北見からドッと乗車してきた。





蛹玲オキ驕薙€€・・185_convert_20130301182255
函館にての485系白鳥。以前のこの愛称は大阪~青森の特急であった。





逕サ蜒・006_convert_20130301174126
八戸にての「白鳥」。右隣は新幹線ホームだ。この光景はもう見れないのか・・・



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

私の北海道初上陸は今から15年くらい前なのでかなりの遅咲きですが、まだ「はつかり」が盛岡~青森・函館で頑張っていた頃でした。今や「白鳥」も新青森まででしょうから、八戸の光景も今となっては懐かしいですね。

あいあんさいど様

コメントありがとうございます。
「はつかり」が盛岡~青森・函館とは、既に時代を感じますね。その昔は上野~青森でしたけど、経由違いで「みちのく」もありましたね。両方とも「ゆうづる」や「はくつる」とペアで運用されていた583系だったとは懐かしいです。
あいあんさいど様は、北海道初上陸の際のアプローチはどうなされたのでしょうか?やはり鉄道のみでしょうか?

こんばんは。初上陸は青函経由ですべて鉄道で、その後もすべてそうです。飛行機を使うには中途半端な土地ですので…。

あの頃はまだ青い50系の快速「海峡」があって、函館発の「はつかり」が合わない時に2回ほど乗りましたが、2度目の時は「ドラえもん海峡列車」となっていて、着ぐるみがいたり、「のぶ代」さんが車掌みたいになっていたり、「世代」にはたまらないひと時でした。ああいうのも残しておいてほしかった気もしますが…。

あいあんさいど様

コメントありがとうございます。

やはりすべて鉄道でしたか。「長旅」という感じが何ともいいですよね?私は先述してますが、初上陸は途中に「船」が入るため、厳密にいうと全て鉄道ではないですが、基本、すべて鉄道ですね。当時は「本州」「船」「北海道」のどれかを夜行にしなければならず、本当の意味での「長旅」でした。

鉄道ファン休業中の時は会社のスキーツアーで飛行機を使ってますが、こちらが一般的な方法でしょう。どうも我々は「一般的」ではないようで・・・
プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR