相模線「ヘビー・ローテーション」②

厚木駅は小田急線との乗換駅である。現在の厚木駅は駅舎側の側線を一本潰し、そこにプラットホームを新設。いままで乗り換えに相模線の線路を横断しなければならなかったが、この新設により乗り換えが著しく改善された。

sagami-50-9A_convert_20130306205929.jpg

しかしながら「旧ホーム」は取り壊されずにそのまま残っており、その横には相模鉄道の車両が留置されている。厚木駅は橋本寄りに広いヤードがあるが、かつてはそこに「厚木駅」があった。小田急との乗り換えを便利にするために小田急寄りに乗降ホームを新設したのだ。相模鉄道の砂利輸送の基地となっていたと思われ構内は広いが、現在は先述の「電留線」になっている。「厚木」を名乗っているが、実際には海老名市中新田に所在し、実際に厚木市にある駅は小田急線「本厚木」となる。現在、私の最寄駅でもあるのでよく利用させていただいてるが、一部では「厚木」を利用する。これは駅前に激安の駐車場があり、そこを「基地」としているためだ。全く私ごとで申し訳ないが、本厚木と厚木を使い分ける「術」は地元ならではの光景である。

sagami-54-10AT_convert_20130306210155.jpg

厚木には相模鉄道「厚木線」が乗り入れているが、海老名付近まで相模線と単線並列で並走する。相鉄厚木線に列車が走っている姿は地元民でもなかなか見ることはできないが、定期的には朝早くと深夜くらいに見ることができる。それは、かつて厚木が起点だったころの相鉄を思い出させるかのようだが、私は海老名が終点の頃しか知らない。しかしながら厚木線に列車が走る姿を一度だけ見た事があるが、本当に昔の光景を見ているようでいて懐かしく感じる。未経験の物を「懐かしい」と感じるのはなぜであろう?恐らく景色的に昔とあまり変わっていないからであろう。もちろん厚木線が旅客現役時代に付近にある小田急の車庫は無かったが、実に新鮮味があり、かつ、懐かしい雰囲気を醸し出していた。

sagami-51-1ATL_convert_20130306210022.jpg

厚木では小田急と乗り換えができるが普通列車と準急しか停車しないため、厚木~入谷間に「海老名」が新設された。しかし海老名駅は小田急と相鉄の駅から若干離れているので乗り換えに時間がかかる。場合によっては厚木で小田急に乗り換えた方が早い場合もあるので事前の確認が必要だ。相模線と小田急線の乗り換え通路は長い橋で結ばれていて、かつては自動車教習所のあった場所等は、現在ショッピングなどができるビルを工事中である。

sagami-54-19AL_convert_20130306210619.jpg

海老名を過ぎると一気にローカルモードに景色が変わる。特に「入谷」は市の中心部からかなり離れ、田んぼの中にポツンとある印象だ。最近は若干住宅が増えては来ているが、まだまだ昔の面影が残る
そして相武台下は、かつて車を運搬する貨物車両が留置されていた。駅舎も開業当時のままと思われる古い木造駅舎で、2013年現在も使用されている。駅前もほとんど昔と変化ないであろう商店が1・2軒あり、かつてはその1軒に私は仕事で商品を収めていた経験がある(この記事の画像は全てミックス・マテリアル様提供)。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR