志布志、渋し!①

「ドリームにちりん」で宮崎空港から折り返してきた私は、南宮崎で日南線に乗り換えた。南国ムード満点の「シーガイヤ」は、我々を夢の世界へと誘う。とは言うものの、ローカルムードも満点である。しかし、列車はそれなりの乗車率で、旅先ながら吊革に掴まっての出陣となってしまった。そんな中でも私を楽しませてくれたのが「子供の国」駅だ。神奈川県にある東急の駅は「こどもの国」と、若干綴りが異なる。その「違い」だけを楽しんだ私は「異端児」の部類に入るのか?

PIC_0748_convert_20130320201807.jpg


次の「青島」は「チンタオ」とは読まない。当たり前であるが、こんなことを考えながら吊革に掴まっている私はやはり普通ではないかもしれない。
若干の観光客をも乗せた列車は飫肥でほとんどの乗客が下車、しかし若干の乗車もあった。結局、路線名の日南を過ぎ、列車の終点油津までそれなりの乗車率であった。

PIC_0749_convert_20130320201935.jpg


さて、私は日南線の全線制覇の為に訪れたため、油津より先に行く事になるが、乗り換えまで40分近くある。ちょっと街を散策してみた。
私が訪れたのは5月である。この地方の5月と言えば「マグロ」が旬を迎え、脂がのっている、所謂「旬」の時期を迎える。黄肌まぐろや目鉢まぐろなど、市場には長細い発泡スチロールに大きい魚体が氷に埋もれ何段にも積まれている。中には「油津」との産地表示がなされたビニールがかぶさっており、産地の「アピール」にはなるが、この「油津」の地をどれくらいの人が「宮崎産」と答えられるであろうか?

PIC_0753_convert_20130320202037.jpg

さて、約40分のインターバルの後、私たちは志布志へ向かったが、島式ホームの向かい側には宮崎行に乗り込む園児達が保育士に誘導されて順番に乗車している。何とも微笑ましい光景であるが、この子達も後20年もすると日本経済を支えていく一人として活躍していくであろう。この「少子高齢化」の時代に芽吹く大事な生命である。

PIC_0754_convert_20130320202152.jpg

宮崎方面はおかげで満員御礼であるが、私たちは志布志方面に乗る。予想通り「貸切」と化したワンマン列車に揺られることになった。私たちの他に数名乗車しているが、1両でも多い車両編成をこの日は2両編成だ。途中「串間」若干下車すると思いきや、乗降客は「0」であった。日南線の主要駅も現在はこんなものなのであろうか?若干寂しさを感じざるを得ないが・・・

PIC_0770_convert_20130320202738.jpg

それを象徴するかのような「福島高松」という奇妙な駅に着く。所謂「秘境駅」として大変名高いが、私の印象は「秘境」と呼ぶほどでもない雰囲気である。が、決して「街」ではない。しかしながら南国ムード満点である。シンプルな駅舎であるが、なかなかいい味を醸し出しているが「秘境」と呼ぶにはいささか苦しい感がある。
やがて志布志に近付くと一気に視界が開けた。そう、太平洋が車窓より私の目に飛び込んできたのだ。そして僅かながら大隅半島に居ながらにして一望できる。そして間もなく終点の「志布志」に到着する・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR