鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

ウルトラ作戦第一号③

参拝するわけでもなく豊川稲荷「駅」に来た私は更に名鉄路線を制覇するべく本線に向かって折り返す。国府で乗り換えなしで直通する快急で新安城へ向かった。しかしこの列車に乗る前に気付いたのだが、実は計画よりも一本列車がずれているのだ。つまり一本後の列車の乗っている事になる。どうやら計画の段階で一列時刻表を見間違えてしまったようだ。それと、今回は「かさばる」という理由から時刻表を持参しなかった。というより「私鉄時刻表西日本版」しか名鉄の時刻を知る術が無く、その時刻表も改正前の物であったため役立たない。現地で「名鉄時刻表」なるものがあれば購入するつもりであった。しかし駅員やカレチ氏にお伺い立てても駅単位の時刻表しか提供していただけず、私のイメージしている「時刻表」とは違った。近鉄や小田急などは「時刻表」が市販されているので名鉄もあるかと思いきや、答えは「ノー」であった。

PIC_0425_convert_20130513230155.jpg
(豊川稲荷にて。この辺から私も名鉄に馴染んできた。)

しかし現代の世の中、インターネット時代。携帯電話を駆使し名鉄サイトから時刻表検索で旅を進めて行った。こんなことは初の体験であったが、私なりにも若干の計算があった。それは、どうせ「大手私鉄」であるのだから列車は頻繁に運転されているであろう、そして各枝線にも接続が良いであろう。そして乗車ルートをあらかじめ決めておけば、かかる時間は同じなのだから計画の列車に乗らなくても計画コースを辿れば到着時間は違えど、ちゃんと最終的にゴールするのではないか?そんな今回の名鉄乗り潰しは、私にとっては全く初の試みだ。この考えが逆に「計画通り」に事が進み、時刻は違えど順調にコース通りに制覇していった。これも所謂「ウルトラ作戦」のひとつであるのだ!

PIC_0504_convert_20130514144236.jpg
(知立で特急列車を見送る。次回訪問の際には是非乗車しなければいけない車両だ。)

さて、新安城より西尾線に乗り換えて吉良吉田に到着。ここで蒲郡線に乗り換えて蒲郡に向かう。この吉良吉田であるが、周知の通り、かつては碧南まで三河線のレールがつながっていたが2004年に廃止された。駅は蒲郡線と西尾線がYの字に交わるような形をしており、乗り換えの際には中間改札がある。蒲郡線がワンマン運転のための措置と思われるが、考え方としてはJR鶴見線の鶴見駅の中間改札のようなイメージであろう。だが、路線図上で見れば一本なのに吉良吉田で中間改札があり乗り換える手間がある。またそれぞれの路線で2面2線のホームがあるため維持経費もばかにならないであろう。余計な心配かもしれないが、どちらかに統一してしまった方がスッキリすると思うのは素人の考えであろうか?

PIC_0438_convert_20130513230310.jpg
(吉良吉田駅ホームから旧・三河線方を望む。途切れたレールが痛々しい・・・)

蒲郡に着くと、真新しいホームが迎えてくれた。2008年に名鉄の高架化が完了して島式ホーム1本となったが、JRも2005年に高架化され以前の面影はなく、駅前もすっきりした感がある。蒲郡で若干時間を作り昼食をいただくことにした。私の列車の旅は、ずっと列車に乗りっ放しの状態が続く計画ばかりであったが、このように途中の駅で小休止するのも悪くない。こういう発想ができるようになったのも年齢を重ねたせいか?コースのみ決めておいて計画した時刻にはこだわらない。これもひとつの「ウルトラ作戦」であったのだ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/174-22087b1d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (42)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (3)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (55)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (2)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (108)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (3)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (50)
宗谷本線 (15)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん