姿なき挑戦者③ 中央本線441M・442M

いわゆる中央東線にかつて普通夜行列車が走っていた。おや?と思われる方もいらっしゃるであろう。「ムーンライト信州」が快速列車で臨時ながら現存しているが、その原型と言えるかわからないが普通列車で夜行が存在した。いや、「ムーンライト信州」の原型は急行「アルプス」の夜行バージョンかもしれない。そう、中央線の夜行列車は普通列車と急行列車の2本立てであった。ムーンライトの行先を考えたら「アルプス」の方が原型かもしれないが、私はいわゆる「中央夜行」に拘った。その昔、この中央夜行は旧型客車で運転されていたが、青春18が登場して私が全国を巡るようになってからは既にスカ色の115系に置き換わっていた。もちろん運用の関係であろうが、まず新宿に旧型客車が入線していたのが信じられない。そして置き換わった夜行列車が115系の運用とは!現在は全く考えられない事実である。普通に「近郊型」の車両をあたかも「夜行」に充てるとは・・・セミクロスシートであるため当然「ボックス」を選ぶのは自然であろう。そして当時は全席自由席の為座席の確保の大変である。新宿~長野を運転しているが、当然新宿発は座席の確保に発車2時間前くらいから並ばなければ難しいであろう。しかし上り列車は松本から乗車しても全然空席が目立ち、楽々睡眠がとれる。
私は上り442Mを長野~新宿の全線、下り441Mを新宿~小淵沢まで利用したことがあるが、今回は上り442Mに乗車した時の思い出を紹介しよう。

img106_convert_20130109175626.jpg
(現在においての中央線夜行列車「ムーンライト信州」。臨時ながら大いに活用できる。)

1982年、春に登場した「青春18」が大反響で好評であったためか、夏にも登場。早速予定を組んだ。この旅では上越線の普通夜行、中央夜行、紀勢本線夜行「はやたま」、普通夜行「山陰」と、現在では全く「姿なき」豪華メンバーに乗車しており、自身でも過去の自分をうらやましく思うほどである。
信越本線で長野入りしたのが16時22分である。18時半の発車まで2時間近くあるが、これは座席の確保の為わざわざ時間を作った「作戦」であった。だが、この作戦が見事に外れ、出発時間になっても座席の埋まり具合は3割程度で、2時間待つのがもったいないくらいであった。しかしながらこの余裕での乗車はとてもゆったりした気持ちで東京入りできるので、落ち着いて睡眠がとれる。
松本までは篠ノ井線を経由するが、途中「姨捨」では日本三大車窓のひとつになっており、夜には文字通り「夜景」が堪能できる。というより、当時はスイッチバックの方が気になる存在であったため、その工程ひとつひとつの確認作業に忙しい。とても景色など観ている暇などない、イチ鉄道少年であった。
松本ではきっかり1時間停車。新宿到着までの時間調整を行う。降りて駅そばでも食べたい気分であったが「席を取られたらどうしよう」という観点から、ただ只管姿勢よく座席に座るのみであった。この時点で約21時である。

img140_convert_20130201205245.jpg
(辰野に停車中の80系電車。隣のスカ色115系が私の乗車した中央夜行。)


そしていよいよ中央線を経由して新宿に向かうわけであるが途中、辰野では飯田線の80系湘南色が中央線の乗り換え客を待っていた。僅かにインターバルがあったので記念の一枚。鉄道少年の為、観光やグルメなどに全く興味を示さず、一目散にこういうことを行っていた。
やがて意識が無くなると、気が付けば八王子を過ぎていた。新宿到着は朝の4時23分。ちょっと早すぎないかい?と思うが、更に東京に出れば東海道線の始発に間に合うという特典もついてくる。その列車は静岡行きで8時53分着の為、そこで足りない分の睡眠時間を確保できるという優れものだ。この旅の経験から得た教訓は「上り夜行は空いている」であった。次回の計画に速攻役立てよう!そう心に誓った出来事は、一部の列車に当てはまらなかったものの、この教訓が後に大変効果が出たのは言うまでもなかった。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

鉄道全線完全制覇の旅
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
創設:1969.03.09
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR