姿なき挑戦者④ 急行「伊豆」

「伊豆の踊子」と言えば川端康成の代表作である事は私が説明するまでもなく周知の事実であるが、かつて国鉄が東京~伊豆方面への優等列車に夢を抱き期待を込めて付けられた愛称が「踊り子」である。現在ではすっかり定着しているが、登場当初はデビューしたばかりの185系で運用された。しかし私は185系が特急としての運用ではどうも馴染めず、風格というか、何か特急としては物足りなさを感じていた。しかし普通列車での運用となると話は別である。日曜日の朝、5時50分発の始発で寒川から相模線に乗り茅ヶ崎で東海道線に乗り換える。あの長い跨線橋を3分で乗り換えなければならないというプレッシャーから若干ダッシュ気味に走るとすぐに6時2分の東京行がやってくる。その列車が185系で運用されているのだ。休日ということもあって乗客は僅少で、私のような「鉄道研究クラブ」というクラブ活動集団が乗車すれば、その車両はすぐに「専用」となってしまう。
当時の185系は転換クロスシートで特急としてはあまり向いてない印象だったが、初めて見る転換クロスシートにいささか感激を覚えた。

800px-153series01.jpg
(153系湘南色の急行「伊豆」。私の思い出史に残る列車だ。画像はウィキから転用。)

特急「踊り子」となる前は、特急「あまぎ」と急行「伊豆」が伊豆方面への需要を支えていたが、「踊り子」一本に統一された。そんな時代の流れの中で、急行「伊豆」は、私にとっては初めて乗車した急行列車(だと思う)である。湘南色の153系で運用されていた列車に、私は伊豆の下田まで乗車したのは1977年夏、小学3年の時であった。ところでなぜ行先が下田なのか?理由は簡単だ。なぜなら下田に親戚がいるためである。伊豆急下田の駅前で小さなクリーニング店を経営しているが、私の場合の伊豆はどうしても「観光」にはならない。小さい時から散々車で親戚宅に行っていたので「観光」の気分にはどうしてもなれず、親戚宅訪問の印象がとても強い。
153系のみならず、確か155系でも運用されていた事がわずかに記憶にあった。単に薄い記憶に過ぎなかったため事実関係が不安であったが、ウィキで確認したら確信に変わった。臨時ながらあの「修学旅行カラー」で運用されていた事がわかったのだ。

49-14-155A.jpg
(伊豆急下田に停車中の155系。修学旅行専用列車として運用されていたが、多客期には臨時の「伊豆」で運用されていた。画像はミックスマテリアル様提供。)

やはり一度は155系に乗車してみたかったが・・・私の「伊豆」は153系であった。私は当時寒川町在住であったため相模線で茅ヶ崎に出てから東海道線に乗り小田原まで出た。そして小田原から急行「伊豆」に乗り換え下田に向かった。とりあえず両親は後で親戚宅にて合流することとして小学3年生の少年が夏休みを利用して一人で乗った列車だ。既にこの頃は東京の親戚などにも一人で行けるまでに成長。だが他の友人とかに聞くと、この一人での行動は「ありえない」らしい。まず親が許さないいとか、どの列車に乗っていいのかわからないとかいろいろだが、私は自然に、普通に行動しているだけなのだ。小学2年生くらいには熱海より西に行きたい思いから「静岡」まで行ったり、小田急のNSE乗りに行ったりと、今考えてみたらずいぶんと行動派の小学生であったと思う。まぁ、「静岡」を選ぶあたりが渋すぎやしないかと心配する部分もあるが、当時の静岡駅はちょうど高架化の最中で、上りまたは下りのどちらかがまだ地上駅であった記憶がある。工事中の静岡駅など、かなり貴重な体験であろう。

49-13-167A.jpg
(伊豆急下田駅に停車中の159系。正面ライトの位置が155系と若干違う。画像はミックスマテリアル様提供。)

さて、小田原を出た私は勇んで伊豆急下田に向かう。下田駅に着いたら親戚宅に電話して迎えに来てもらうこととなっているが、なんてったって小学生。何もかもが新鮮に映る。確か茅ヶ崎のキヨスクで買った冷凍みかんをほおばりながら、消えては現る海原の輝きを眺めていた(ところで現在キヨスクで冷凍みかんは売っているのであろうか?)。昔の列車は窓を開閉できたので、窓枠の洗濯ばさみみたいな部分をつまみながら窓を開ける。心地よい潮風が頬を伝う夏の伊豆半島を初めて乗る急行列車の車内で胸高鳴る無邪気な少年など、我ながらに可愛いではないか!
伊豆高原には伊豆急の車庫があり若干ながら私の目を楽しませてくれたが、何せ初めて一人で乗る急行列車に、何か誇らしげで再び冷凍みかんを頬張る。なにかすっかり冷凍みかん三昧となってしまったが、下田に着く頃には何か降りるのが惜しい印象を覚えている。皆様も一度は体験しているであろうが、このときは特に「後ろ髪引かれ隊」であった。

800px-Jnr_185_A8-C1-Odoriko_20120715.jpg
(185系も登場してかなりの年月が経つ。そろそろ世代交代の時期でもあろう。画像はウィキから転用。)

「踊り子」は、停車駅的に考えて急行「伊豆」の格上げであろう。後年に現れた「スーパービュー」は、完全に「あまぎ」の後を継ぎグレードアップに成功した。進化していくということは嬉しい限りだが「昔ながら」がなくなってしまうのも寂しいものだ。人それぞれ、何か「あるもの」「懐かしいもの」を見つけると、その時代の背景や自身の生き様が投影されるものだ。私の場合は、今回たまたま急行「伊豆」であったが、その時代の背景や出来事など、忘れかけていた思いが甦る。ひとつの失われた列車であっても、こんなに純粋で無邪気であった昔の自分に出会えることができた。いや、急行「伊豆」を思い出すたび、いつでも昔の自分に再会することができるのかもしれない。私自身の晩年に、こういう「旅」をいくつも思い出す、そういう旅をこれからも続けて行きたい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

鉄道全線完全制覇の旅
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

153系、まさに伝説の名車というイメージです。世代的に。修学旅行の159系も、大昔、神田の交通博物館でレプリカを見たことしかありません(笑)。実際に乗ったとはそれこそ「踊り子」になってからの185だけですが、今となっては、おっしゃる通り、「世代交代」の時期が近付いている気はしますね…。

あいあんさいど様

コメントありがとうございます。
東海道線の場合、「伊豆」の他に静岡行の「東海」がいましたが、こちらは165系で、正面まで湘南色でした。あまりなじめず、私は153系の、側面で緑色が斜めになり正面はオレンジ色のみの車体にとても惹かれてました。リクライニングできない、普通列車と同じ固定式のボックスシートでしたが・・・実は私「踊り子」に乗った事がありません。もちろん185系は乗車したことが散々ありますが。
ところで「冷凍ミカン」てキオスク等にまだ売っているのでしょうか?多分無いと思いますが、非常に興味深いです。
プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
創設:1969.03.09
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR