近鉄バッファロースリーパー②

今回の近鉄全線制覇は約2.5日かけての制覇計画である。「週末フリーパス」と銘打っているからには3日間の有効期限があるが、土日を絡めた計画のため時刻表もかなり気を使って目配りをしなければ「平日」と「休日」を間違えてしまいそうである。
早速であるが、私は一路関西方面に向かうため「のぞみ1号」を新横浜で捕まえ、ビジネスマンと共に快適に名古屋まで過ごした。今回の近鉄制覇は名古屋スタートである。名古屋に7時36分着、新横浜から約1時間20分で着くとは時代も変わったものだ。仮に「18」で来ていたらどうなっていたであろう・・・というより行った時期がまだ18使用開始期間前であったため新幹線にせざるを得なかったが、それはそれで快適でいい。
新幹線ホームより近鉄乗場へ移動する。いよいよ近鉄制覇の時が来たかという思いで、事前に「近ツー」で購入しておいた「週末フリーパス」を改札で丁寧に見せる。近鉄最東端のターミナルだけあって構内は広く堂々の風格であるが、そのため自身が乗る列車を探すのにも苦労する。

PIC_2287_convert_20130529081601.jpg
(近鉄名古屋にて。第一投目はこれに乗車したかったが、残念ながら急行列車でのスタートとなった。)

第一投目は「ビスタカー」と行きたかったが、四日市で乗り換える都合上「急行」へ乗車。近鉄四日市から枝分かれする支線各種を処理する。まず「湯の山線」から攻めていく。「処理」という軽い感覚での制覇のつもりが、いきなりローカル風情たっぷりで、出だしから「必殺技」を食らった思いだ。終点の「湯の山温泉」という駅名からもわかるように、こちらはとても情緒ある温泉街の駅で、山の中にあるひっそりとしたイメージであるが、生活路線としても活躍し、時間帯的に若干その手の乗客で犇めき合う車内であるが、その数は多くなく穏やかな時間が流れて行った。

PIC_2300_convert_20130529081744.jpg
(湯の山温泉駅。穏やかな時間が流れていく、山中の温泉街にある駅だ。)

近鉄四日市に戻り、地上ホームに移動する。そう、今度は「ナローゲージ」で有名な内部線と八王子線を一気に制
覇する。地上ホームは若干徒歩を要するが、ホームからはいつも制覇の旅で利用する宿泊施設がデーンと構えておりなんだかホッとしてしまう妙な感覚を覚えたが、次回来る時には是非お世話になろうという知識も得た。そんなホームに小柄な車体が顔を出した。かつての軽便鉄道の面影を残し現在も活躍するが、2012年には「BRT化」が発表され、遅かれ早かれ「過去のモノ」と変化していくのは時間の問題であろう。
高架下の近鉄四日市を出て15~16分位でもう終点の内部に到着。少ない停車時間で改札に向かうとモダンな駅舎が私を迎えてくれた。そのまま折り返し日永で乗り換えるが、既に時間帯から考えてピークは過ぎているが乗車してくる「お客様」は少なくなく、普通に生活路線の風景であった。
約10分程で日永に到着。八王子線で西日野に向かう。「八王子」「日野」と、何かどこかで聞いたような地名が続き地元と錯覚を起こしてしまいそうだが、ナローゲージに揺られているとそんな普段の生活も忘れてしまうほど穏やかである。

PIC_2310_convert_20130529081911.jpg
(内部駅舎。生活路線としてしっかり地元に根付き機能していると思われるが・・・)


約3分程で西日野に到着。約10分のインターバルで四日市に折り返す予定だが、のっけからきめ細かい乗り換えで、計画当初から予測はしていたものの、この状態が5日間続くと体力的はともかく、精神的にどうか不安になってくる。
四日市より再び名古屋線の急行で、今度は伊勢若松に移動。鈴鹿線の制覇に取り掛かる。鈴鹿と言えばもちろん「サーキット」で有名であるが、終点の平田町は最寄りの駅の一つであるため、開催時には臨時列車など運転されている。途中の鈴鹿市は線内唯一の交換駅で、意外に周囲は開けており商業施設が多く、にぎわいを見せていて「駅前」の風格である。

PIC_2313_convert_20130529082029.jpg
(内部駅にてのナローゲージ車両。駅構内には車庫があり色々な列車が犇めき合う。)

伊勢若松に戻り急行列車で白子に行き特急列車に乗り換え一気に賢島へ向かう。いよいよ特急で快適に過ごせるのであるが、特急料金が発生するため財布の「具」の減り具合が早いのは気のせいか?まぁ、あまり気にしないことにして一気に賢島に向かう。途中、やはり日本有数の観光地や参拝施設を通り過ぎ景色も美しい。賢島は「牡蠣」や「あおさ」等の海産物の他「真珠」は特に有名であり、英虞湾の観光施設の玄関口となっている。しかしながら私は全く興味を示さず、空腹を満たそうと駅構内にその設備を探したが、満足できる設備は無く、駅弁を買い折り返し特急の中で食べることにした。併せて「近鉄時刻表」も購入。非常事態にも対応できる体制が整い、いよいよ本格性はに向けて気合が入った。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

鉄道全線完全制覇の旅

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR