会いたかったYeah!君に④

DSCF4729.jpg
(かつては国鉄からも優等列車が乗り入れていた立山。しかしまだまだ観光客の数は少なくない。)

関西電力黒部見学ルートの参加を終え、宿泊先の富山へ向かうべく、再び地鉄に乗り富山を目指す。ケーブルカーで美女平から立山に着いた私は、いきなりトラブルに遭遇する。なんと計画より1時間も早く立山に着いたのだ。とにかく地鉄を乗るのに時刻を確認したら、あと5~6分で出発である。とにかく宿泊地に早い時間に着くのは良い事だ。私は迷わず地鉄の列車に乗り込んだ。実は密かにあの西武の名車「レッドアロー」の乗車を楽しみにしていた。しかし待っていたのは・・・またしても京阪・・・いささか残念であるが(というと京阪ファンには申し訳ないが)仕方なく富山へのアプローチを始めた。

DSCF4730.jpg
(上りの地鉄も「京阪」である。できれば「レッドアロー」に乗りたかったのだが・・・)

早速立山をでた「京阪」は、神通川と思っていて後で調べてみたら「称名川」という川としばらく並走する。隣の本宮にすぐの到着と思っていたらやたら時間が長い。もしかして特急?と思うほど停車するのを忘れているような走りっぷりにいささか緊張が走ってしまったが、その間約4.8kmもあった。私鉄の駅間距離にしてはかなり長い部類に入るであろうか。

DSCF4732.jpg
(神通川と思っていたら「称名川(しょうみょうがわ)」というらしい。しばらく並走すると途中の有峰口付近から常願寺川と名前を変える。)

やっと本宮に着いたと思い走り出したら瞬く間に有峰口に到着。その間約1.5kmだから旧・国鉄相模線の寒川支線、寒川~西寒川間と同じ距離であるが、あまりにも駅間距離の差が激しく、こちらも若干片頭痛が起こりそうだ。
有峰口では、なんとあの「レッドアロー」と列車交換。今回の旅では幾度となく「すれ違い」であったレッドアローであるが、この先、果たして乗ることができるのであろうか・・・

DSCF4739.jpg
(有峰口の駅舎は開業当時よりほぼ変化なしであろう。重要文化財的な佇まい。)

そういえば時間的に「通学(帰宅)ラッシュ」の匂いが漂っていたが、後ほど訪れる岩峅寺から「諸君」が若干乗ってきた。恐らく上滝線からの乗り換えと思われるが、更にこの先の駅で諸君たちが待ち構えている事であろう。
その「待ち構えていた」駅が五百石である。立山町の中心的存在で各種行政施設が勢揃いするためここで乗客が入れ替わる。と言っても「見学ルート」からの顔ぶれは途中駅には一切目もくれないことから、おそらく富山まで付き合わなければならないであろう。しかし私は途中の寺田で下車するため途中でお別れの様だ。

DSCF4751.jpg
(途中の五百石でまたしても「レッドアロー」と交換!地鉄の攻撃はいささかシタタカだ。)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR