北鉄の「現在(いま)」を求めて・・・②

今回は北陸鉄道の石川線の制覇の模様を紹介しよう。特に最初の入り口である新西金沢は、待ち時間があったため多くの観察ができた。
ところでこの石川線であるが、白菊町~加賀一の宮間を結ぶ路線であった。しかし白菊町~野町間が1972年9月20日に、1929年には金名線の前身の金名鉄道から編入した鶴来~加賀一の宮駅間が2009年(平成21年)11月1日に廃止された。特に鶴来~加賀一の宮の廃止は記憶に新しく、私も既に鉄道ファンを復活していたが、訪問できるチャンスが無かったのは残念であった。また加賀一の宮~白山下に関しては、沿線の過疎化や並行道路の整備が進み1970年代以降利用者が減少した。

1970年4月からは昼間の運行を中止しバスで代替、昭和45年度の輸送人員が55万1000人だったものが昭和58年度には21万3000人まで減少していき恒常的な赤字路線となっていた。1983年には豪雨により大日川 - 下野間の大日川橋梁の橋脚周囲の岩盤が崩壊し、大日川 - 白山下間の運行を休止しバス代行になった。1984年に復旧したが、同年12月の朝の運行開始前の点検で手取中島 - 広瀬間の手取川橋梁の橋台を支持する岩盤が風化しておりさらに橋台水中部の洗堀による浸食が激しく危険な状態となっていることが判明。その日の始発より全線で運休、全面バス代行となった。結局そのまま復旧することなく1987年4月29日付で廃線となった。

ということで、石川線では新西金沢と鶴来を紹介しよう(若干野町も)。




DSCF4175.jpg
JRから乗り換える。駅舎を降りると若干離れているが北鉄乗場がある。現在(2013年)は新幹線の建設中で高架橋がほぼ完成している。駅前は側線などがあったと思われる空間があるが、現在は更地になっている。



DSCF4179.jpg
現在は無人の新西金沢駅舎。切符売場はカーテンが掛けられ、完全にワンマン運転に貢献。



DSCF4177.jpg
DSCF4182.jpg
DSCF4187.jpg
DSCF4185.jpg
DSCF4184.jpg
DSCF4183.jpg
島式ホーム1本の新西金沢駅。わずかながらJRからの乗り換え客がいた(もちろん自分もであるが)。



DSCF4189.jpg
一旦新西金沢から野町に行く。金沢市の中心街に近く、兼六園や近江町市場なども近い。ここでフリー切符を購入。



DSCF4197.jpg
DSCF4199.jpg
DSCF4200.jpg
そして終点の鶴来。かつては白山下までレールがあったが、現在その姿は無い。特に加賀一の宮までの廃止は記憶に新しい。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR