三陸縦貫の旅⑦

久慈を離れると、景色が見えないのは残念だが28年振りくらいに種差海岸や、後発の「プレイピア白浜」を通り、若干個人的な思い出のある(ちょっとこのブログでは記せない甘く切ない思い出とでも言いましょうか・・・)本八戸を過ぎると、本日の宿泊先の八戸に到着。新幹線が乗り入れて景色が一転してスッキリした感じがある。が、駅前は古くからの建物も多くあり懐かしさを感じさせてくれた。その名の通り「本八戸」の方が八戸の中心部にあり商業施設も多々ある。そしてなにより漁港が付近にあり、特に水産加工品は大変有名だ(「いか」とか・・・)。時刻表に載ってない「臨海鉄道」もあり、なんだかワクワクしてくる。

そんな感じで個人的に「蒼い」思い出が宿るこの八戸の街を、再び「制覇」という形で訪問することとなった。しかし、周知の通り、この2か月後に誰も想像しなかった事が起こった・・・
現在では復興してきていると思われる三陸地域であるが、私たちが考えている以上にまだまだ復興の兆しが見えていないのかもしれない。しかし現地の人たちは、思った以上に表情は明るい。実際に震災後に現地で確認したわけではないが、各メディアを通してみる限りそのような印象を持てたのは実にうれしい事と思う。

そう、八戸・・・私が十代の頃、急に仕事を退職して実家の八戸へ帰ってしまった「あの娘」は今どうしているのであろうか・・・この「三陸」という地に来るとかつての「蒼い」思い出がよみがえってくる。私は震災後もこうしてブログを更新できる事が出来る事は実にありがたい事だ。そう、生きているのだ!というより、もしかしたら「生かされている」のかも知れない・・・なんだか宗教的な表現になってしまったが、そういう事では無く、むしろこの「生かされた」命をもっと有意義にしなければいけないであろう。私たちはこの「生かされた」命で、この震災の教訓を後世に伝えなければならない。立派な「生き証人」として・・・

この震災で気付いた事、わかった事。それは島国特有の「一体感」と私は感じた。助け合う・・・普段私は、頭でわかっていても実際に普段から実行している事は多いとは言えない。しかし、本当に非常事態の時に、関東地区などでは帰宅困難者などに無料で、例えば横浜アリーナや東京国際展示場などを解放して支援する・・・これは国などからの指令よりもむしろ管理者の判断での事であろう。そして誰からの指令があるわけでもなくお互いを助け合い、そして「チームワーク」をフルに発揮した印象だ。実は私の妻は、当日は海老名駅付近で実母と会合し、帰宅した直後であったらしい。駅前の某コーヒーショップは無料で飲み物を提供。その後閉店時間になっても店内を解放してくれたと聞いた。電話が全くつながらない中、偶然つながった電話で母に迎えに来てもらったらしい。私は職場だったためこの知らせを後で聞いて「妻は安心だな」と胸を撫で下ろした・・・
日本人として、後世に伝えなければならないのはこの「こころ」「チームワーク」であろう。震災の記録や記憶はもちろんであるが、やはりこの「気持ち」を常に持ち続け、そして大事にしてもらいたい。私も日本人のひとりとして、この気持ちを後世に伝えていければ幸いである。



ところで、三陸関係の写真であるが、本文に掲載しきれなかったものをこの場で紹介したい。何かのお役に立てればと思う。1983年訪問時は上2枚で、残り全ては2011年1月の訪問時に撮影。

コピー ~ img148

img146_20130715230015.jpg
(1983年訪問時の国鉄時代の駅名表。本文には陸中野田を掲載。)

PIC_1159.jpg
(36形の36は「サンリク」と読む。盛駅にて。)

PIC_1177.jpg

PIC_1189.jpg

PIC_1173.jpg
(各駅名表。すべて2011年に撮影。)

PIC_1158.jpg

PIC_1163_20130708223843.jpg

PIC_1164.jpg
(上記3枚、全て盛駅で撮影。JRホームと岩手開発鉄道の旧・旅客ホーム。)

PIC_1172.jpg
(恋し浜駅の別角度から。リアスの特徴か、とても海岸近くの駅とは思えない。)


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR