DL・ばんえつ「東線」物語号②

平(現・いわき)を出発すると大きく弧を描き常磐線を見送る。海岸から一気に山深くなる風景は、日本の地形の特徴を表しているが、この磐越東線は、磐越西線と合わせて太平洋から日本海に「縦断」する役割をしている・・・といいたいが、現在は高速道路開通で、特に「東線」はその機能が薄れている・・・というより終了したと表現したほうがいいのであろうか?
それより、東線はこれといった観光地がないと思っていたが、神俣駅付近には「あぶくま洞」という観光施設があるらしい(でこすけさん情報です!でこすけさん、ありがとう!!)。

201308222232320ces.jpg
moblog_c08432d2s.jpg
(これが噂の「あぶくま洞」。私は山口県の「秋芳洞」に訪問したことがあるが、引けず劣らない雰囲気が伝わってくる。画像提供はでこすけ様)

しかし、その洞窟に行くのには駅からタクシーで10分ほどらしい。もちろん、現在は付近に高速道路があるためマイカーや観光バスなどが主役であろう。最初から計画して、本数の少ない磐越東線を利用して神俣駅からタクシーなどで訪問する一般の観光客などがいたら、かなり「コア」だと思う(ですよね、でこすけさん!)。
そんな事は知ってか知らずか、私が一番惹かれたのが「夏井」であった。理由は簡単で、列車に乗っていたら私の座席の目の前に駅名表が「ピタッ」と張り付くように列車が停車し、いかにも「撮影しろ」という合図のようであったからだ。そんなことからしっかり「証」としてゲット。真夏の「夏井」は冷房設備など無い旧型客車でも十分にすごしやすい環境であった。

img194.jpg
(私の所有する磐越東線唯一の写真である「夏井」。旧型客車の「車窓から」撮影。)

そんな夏井を過ぎ小野新町に着くと列車交換のためしばらく停車。地下道をくぐり駅舎に向かい、抜かりなく入場券をゲットする。そんな余裕のある私の乗車している「東線」は、帰省時期というのにゆっくりと時間が過ぎていく。
やがて郡山に到着。今度は「西線」に乗り換える。こちらもDL牽引の旧型客車だ。しかしこちらは帰省客で座席がすべて埋め尽くされているどころか、通路に立ち席客もいるほど。新幹線が開通したばかりでますます便利になった東北地方を象徴するかの様に私の「居場所」が無い。仕方なく私は解放された「車掌室」のような空間に身を寄せる。もちろんそこも「満室」だ。
そんな中、若干事件が起こった。急にベル音のような音が鳴り響いたため、私はATSでも作動しているのかと思ったら、なんと私のバッグの中の目覚まし時計が「誤作動」してしまっていたのだ・・・周りの視線が痛い・・・なにせ、中学生のやることなので、お許しください・・・

DSCF6178.jpg
(小野新町で入場券をゲット。これも私の所有する磐越東線唯一の入場券だ。)

この後会津若松を過ぎ喜多方へ「日中線」を制覇しに向かった。やはりこちらの方が何かと忙しい。しかしながらマイペースであった東線は「ゴーイング・マイウェイ」の感があるが、地元の方にとってはしっかりと「足」として機能している。現在は全てDC化され旧型客車での運転は無いが、もし今もDL牽引の旧型客車の運転があれば、さぞかし景色が違うであろう。私のこの貴重な体験で、当時磐越東線に走っていた客車列車を「DL・ばんえつ<東線>物語号」と勝手に名付けた。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

タクシー会社は目の前に(^^;)

磐越東線をDLで…なんて旅情があっていいですね!先日の東線はキハ110系だったので…思わず(?)寝てしまいました(==;)
トロッコ列車を走らせたら面白そうです。

あぶくま洞は最近るるぶなどにも載っていて力を入れている様子がうかがえましたが…公式ページにも車での案内が主で、鉄道で…というのはさらりと書いてあるだけでした(><)
やっぱり福島は車で移動…が常識なのでしょうか?

タクシーを予約したほうが無難との情報を得たため、前日に予約電話をしたところ「目の前ですから」とさらりと流されました(笑)

でこすけ様

コメントありがとうございます!

目の前にタクシー会社が!それは便利ですね。まさかそのタクシー会社がJRの切符を委託されて販売しているとか・・・

るるぶなどでは、というより一般的には「鉄道」でのアクセスは運転本数等の制約から「おすすめ」とはいかないのでしょう。しかし、例えばTV番組「いい旅夢気分」等では専ら鉄道などの「公共交通機関」を前面に出してますね。特に鉄道に関しては、ディレクターがもしかしたら「鉄」?と思えるくらいのマニアックネタも出てくるくらいです。

私たちは鉄道を「信じて」突き進むしかないかも知れませんね(ちょっと大袈裟かも知れませんが)。
専用のトロッコでも走らせれば良いかも知れませんね。「風っこ」でも雰囲気は出るでしょうけど、やはりDL+PCの方が絵になります。
プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR