品鶴線の「品格」

PIC_0344_convert_20121222212305.jpg



横須賀線・・・と言っても「大船~久里浜間」ではなく、私の横須賀線は「東京~大船間」である。かつて横須賀線は久里浜~東京を直通しており、と言っても今も直通しているじゃないか!とクレームが来そうだが、大船~東京間は東海道線の線路を共用しており昭和40年代後半には手狭になってしまった。そのため大船~東京間を東海道線と横須賀線を分離し、輸送増強を図った。その改革は昭和55年に成就したわけだが、私にしてみればこの分離運転は非常に興味深かった、小学生ながらに。まず東海道線とは別に横須賀線用の線路が複線で増設され、戸塚はホームを増設。そして東海道線は戸塚に停車しなかったが、分離の際に停車するようになった。そして保土ヶ谷~戸塚間に「東戸塚」が新設。更に増設線は横浜から東海道線に別れを告げ、新鶴見操車場付近に「新川崎」新設。さらに品川まで新幹線と並走し品川からはなんと地下へ潜って東京で総武線と接続するようになった。つまり横須賀線と総武線がドッキングして直通運転するようになり、東京をスルーする形となり現在に至るわけだ。

ではここで、弱冠小学生時代の記憶を辿り分離前から分離開業当時の横須賀線にタイムスリップしてみよう。私の一番古い記憶では戸塚駅のホーム増設シーンである。当時戸塚は横須賀線のみの停車であったが、ホームを1本増設し東海道線が戸塚に停車するようになった。この戸塚停車には意味がある。基本的に関東地区の国鉄(当時)は緩行線と近郊線(つまり京浜東北と東海道線のような関係)は「方向別」ではなく「路線別」に運転されている。つまり同一方面の乗り換えに階段を使わなければならず、大変不便であるまま現在に至っている。関西地区や大手私鉄で複々線部分は「方向別」になっているため、同一方面への乗り換えはほぼ階段を使わずホーム上のみで乗り換えができるようになっている。この概念を取り入れた場合、東海道線と横須賀線の乗り換えは必ず階段を使わなければならない。そこで戸塚にホーム一面新設し東海道線を停車させる事でこの不便さを少しでも解消しようというわけだ。そのためには戸塚を方向別ホームにしなければならない。大船で東海道線と横須賀線が合流するわけだが東京方面に向かう場合、横須賀線の線路は右にいる。それをまず大船~戸塚でまず横須賀線上りを立体交差で東海道線の左側に移動させる。これにより戸塚で方向別運転となり同一方面は階段を使わずホーム上で乗り換えができるわけだ。次に東戸塚~戸塚間で下り横須賀線を立体交差させ東海道線の左側に持ってくる。これで横須賀線が東海道線を乗り越え山側に来る形となった。やがて貨物線と並走していた東海道線と別れを告げるころに「東戸塚」が誕生した。私は開業前に「東戸塚駅建設予定地」のような看板が建っていたのをよく覚えている。しかし付近には民家が数件しかなく、今流にいう「秘境駅」のような感じであった。開業後も駅前開発が遅々として進まず、区画整備された駅前は空き地ばかりであった時期が長く続いた。現在は大型商業施設などもありなかなかの賑わいを見せているが、トンネル付近にはまだ当時の面影が見られる箇所が多々ある。保土ヶ谷を過ぎ横浜を出るとやがて鶴見付近より大きく左にカーブを描き「品鶴線」区間となる。そして当時私が画期的と感じた「新川崎」が登場。これも横須賀線分離の際に開設された駅であるが、新鶴見操車場(当時)の脇に島式ホーム1本という、なんとも地味な存在である。「品鶴線」は品川~鶴見の「東海道支線」の通称であり、もともと貨物線として計画されたものを旅客に転用したものである。しかし昭和61年には「西大井」、また近年には「武蔵小杉」にホームが増設された。今では湘南新宿ラインや成田エクスプレスもはしり、もう完全に「横須賀線」として独立しているではないか!更に分離開業の最にもっとも驚いたのは品川より地下に潜り東京で総武線と相互直通運転を始めたことだ!私にとってこれは事件である。私は開業後、大船や戸塚で横須賀線にわざわざ乗り換え東京などに行ったものだ。新川崎付近の新鮮さや、東京駅を地下から地上のホームに出る際のあの長いエスカレーター付近にあるステンドグラスが実に印象的であった。

こうして振り返ってみると、横須賀線もなかなか個性的な路線である。しかし横須賀や逗子などに住んでいる人にとっては「東京」以外の聞きなれぬ行き先に最初は戸惑ったものであろう。分離開業当時の車両は115系の「スカ色」である。現在もなお115系は房総方面で活躍している(はずである)が、もうかなりの「ご高齢」であろう。私が千葉に行った際にはご覧の様な(上部写真)姿であったが、かなり腐食も目立ち「時代」を生きた車両たちはそろそろ引退のカウントダウンに入っている。そして新しい世代の車両にバトンタッチされ新しい時代を築くことであろう。しかし「品鶴線」を始め、横須賀線・東海道線分離の際に生まれた副産物は今もしっかり受け継がれている。私はこの横須賀線の姿が愛おしい。「品格」を失わずにこれからも輝きを失わずにいてほしい・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR