31年振りの再会!木次線⑤ 亀嵩駅(後編)

再び亀嵩駅を紹介しよう。亀嵩駅というと、どうしても「出雲そば」に話題が偏りがちであるが「駅」として観察した場合でも、とても魅力を感じる。この章ではそんな亀嵩駅にスポットライトを当ててみたい。


DSCF5848.jpg
DSCF5849.jpg
DSCF5846.jpg
DSCF5844.jpg
DSCF5845.jpg
DSCF5843.jpg
DSCF5842.jpg
DSCF5852.jpg
DSCF5864.jpg
DSCF5865.jpg
DSCF5866.jpg
DSCF5868.jpg
DSCF5859.jpg
DSCF5861.jpg
DSCF5872.jpg
DSCF5871.jpg
DSCF5870.jpg
DSCF5869.jpg
DSCF5863.jpg
DSCF5862.jpg
DSCF5858.jpg
DSCF5857.jpg
DSCF5856.jpg
DSCF5876.jpg
DSCF5878.jpg

といった感じで惜しげもなく蔵出ししてみた。果たしてこの亀嵩駅の雰囲気が伝わったであろうか?いや、実際に訪問していただくのが一番いいと思う。そして出雲そばに関しては、「ホームに持ってきてもらう」より「しっかり駅に下車しお店の中で召し上がる」事をお勧めする。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

亀嵩、本当にいい雰囲気ですね。なかなか西日本は回る機会がなかなかないのですが、お写真拝見して、ぜひとも「実感」してみたいと思いました。

また、列車の中で食べるお蕎麦も乙なものですが、確かにここは中でじっくり味わいたいですね。

あいあんさいど様

コメントありがとうございます!

亀嵩駅は、「駅」として訪問してもなかなか価値があると思います。まだまだ昔の「名残」をとどめるものが多数!ぜひ機会があれば訪問して下さい。
出雲そば(亀嵩そば)は勿論、駅に下車され店内で召し上がっていただく事をお勧めいたします。
あっ、訪問される際はこちらから現地まで「18」での訪問はあまりお勧めできません。ぜひ新幹線や「サンライズ」等を利用していただいて「現地」で18を使用すると確かな旅となります。
私は今回の旅、後に紹介しますが現地まで「18」のみによる旅の3日目で満身創痍でした・・・
プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR