米子駅の双頭レール

山陰本線・米子駅は、近年にNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で一躍話題となったあの「境港」へ向かう境線の起点駅でもある。境線には「鬼太郎」キャラのラッピング車両が活躍して、乗っていても楽しい。

DSCF5619.jpg
(「鬼太郎」のラッピングには出会えなかったが、境線にもJR型車両が導入されてた。しかし国鉄車両も活躍。行先表示の「ワン 米子」が少々気になる。)

途中・大篠津駅は、近年に「米子空港」と駅名を改称し空港アクセスの役割も果たす境線だが、その歴史は古く「境線は、山陰初の鉄道として1902年に山陰本線の米子駅 - 御来屋駅間とともに開業した。これは、境港から鉄道建設用の資材を搬入するためのもので、同様の例は中京地区の武豊線や北陸本線の敦賀港支線に見られる」とウィキペディアには記されている。つまり、この境線は、山陰本線・米子地区の鉄道の魁と言ってよいであろう。
そんな歴史を現在も伝えているのが、米子駅の0番線だ。0番線と言えば、境線用のホームであるのは周知の通り「霊番線」の異名を持つが、そこに使用されている柱などの材料に「双頭レール」が使用されている。

DSCF5617.jpg
(米子駅の0番線にある「双頭レール」の案内板。大変に貴重な存在であることが分かる。)

1982年に訪問の際にも確認してはいたが、現在もなお現存するとは、正直言って驚いた。昔の佇まいのまま残る米子駅を象徴するかのようだ。
この「双頭レール」とは鉄道創世期に開発されたレールで、現在のレールの断面を参考にすると「逆T字」の形であるが、この双頭レールは「I字」型をしており、使用側が摩耗すると上下ひっくり返して使用するという、何とも「エコロジー」なレールである。しかしながら、力学的に考えてみても「安定感」という意味では素人から見ても無いなのは一目瞭然であるため、間もなく使用されなくなったと聞く。そして「第二の人生」として駅の柱などに再利用され、形は違えど「エコロジー」に活躍している。

DSCF5618.jpg
(ねずみ男がお出迎え。0番線にはハングル文字の案内も。)

100年以上経った今も残る、非常に価値の高いレールであるが、米子駅高架化が実現すればその存在も消えゆくであろう。米子駅に訪問の際は、少々時間を取って是非確認していただきたい。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
創設:1969.03.09
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR