予算の都合上「青春18」で巡る予讃線の旅③

ところでこの予讃線、今治を除き、主要駅はみんな同じような造りをしている。配線も駅舎に接する片面ホーム1本と島式ホーム1本の、計2面3線で片側のみ駅舎があり、反対側へは直接いけない。例えば「西口」はあるが「東口」が無い、という事だ。つまり創世期のまま殆ど手を加えてられない事になる。これは少々利用者にとっては便が悪い。この辺りは早期改善をしてほしいところ。是非JR四国さん、お願いいたします。ただ今治は高架化されスッキリ機能的な駅に変身した。私は2012年10月の訪問の際に下車し、駅前からしまなみ海道を高速バスで渡り尾道まで行った経験がある。その時の経験から、やはり機能的で利用しやすい。

DSCF5337.jpg
(普通列車と言えども、現在は「電車」に進化してスピードアップも実現。気動車時代を知る者にとっては実に「時代の変化」を感じるひと時だ。)

新居浜では、四国では珍しく「貨物列車」を見かけた。東海道では、あの「ムーンライトながら」に乗っていれば見たくなくても見せられることになるが、四国で見る貨物列車はなんとなく新鮮に映る。そして編成も長い!まだまだ「貨物列車健在」を見せつけられた感じだ。

DSCF5352.jpg
DSCF5354.jpg
(新居浜では貨物列車に遭遇。本州にいると珍しくないが、四国では貨物列車を見かけるのが実は初めてであったかも知れない。)

確か観音寺であったか、奇妙なラッピング列車とすれ違った。どうやら宇野駅付近にある施設での「イベント」らしい。私の乗った車内にもその広告が至る所に掲示されていたが、まさか列車までとは・・・ドアが開くと一斉に学生君たちが列車から吐き出された。

DSCF5508.jpg
DSCF5513.jpg
(何とも奇妙なラッピング車両。いっその事、こちらに乗り換えてしまおうか・・)

さて、坂出では何とも奇妙な列車を見かけた。これって特急列車?それとも保線列車?全く予備知識が無いためただ只管カメラを向けるのみになってしまったが、ご存じの方はご教示いただきたいと思います。

DSCF5320.jpg
(こんな車両をご存じか?どなたかご教示いただければ幸いです。)

坂出から再びマリンライナーで本州に向かう。こちらはあらかじめ指定席券を購入しておいたため、座席の確保に足を急がせることは無い。しかも、ひさびさにリクライニングシートの為ゆったりできるのが良い。やはりこういう時間も大切だ。

真夏の太陽が照りつける中、瀬戸大橋から見下ろす瀬戸内海は実に青々しく逞しい。海の幸が豊富な島々は、ひとつひとつの名前は知らないが、そのひとつひとつに「営み」がある。私もいろいろな旅をしてきたが、そのひとつひとつに「思い出」がある。「全体」は「個」の集まりであるが、「個」が集まってこそ「全体」になるはずだ。私は瀬戸内海に浮かぶ数々の島をひとつひとつしっかりと見届ける思いで本州に足を踏み入れた。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
写真の車両は「フリーゲージトレイン」と呼ばれる試験車です。
詳しい形式はわかりませんが…。
新幹線と在来線を直通できるよう研究しているそうです。

kine様

コメントありがとうございます。
フリーゲージトレインとは、全く予想だにしなかったアンサーです。まさか四国で見れるとは思いませんでしたが、この写真を撮影した翌日も同じ坂出で同じ車両を見ました。JR四国がまさか「改軌」とは考えられないですが、なぜ「四国」なのか気になります。

ご教示、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

追記

フリーゲージトレイン、外国の一部の車両でもあるように、線路幅が違う線路を台車の幅を変えて直通運転できるよう試験運転中のようです。
新幹線を建設するまでの需要がない四国や山陰などへ時間短縮を目的としたの直通を計画しているそうです。
JR西日本エリアで試験をしているのは知っていましたが、四国まで入線しているのは初めてしりました。

kine様

追記、ありがとうございます。

もしかしたら将来的に「ミニ新幹線」的な感覚で瀬戸大橋に「フリーゲージ」が運転されるかも知れませんね。恐らくJR西の頭の中に伯備線も「ターゲット」になっている事でしょう。
最近「リニア」が話題になってますが、こちらももっと話題になっていただけたらと思います。

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR