廃止路線を訪ねて④ 清水港線(リメイク版)<前編>

清水港線・・・一般に、いったいどれだけの人が知っているであろうか?清水港線とは1984年に廃止された静岡県の清水区にあった国鉄路線で、1日1往復しか列車設定が無い事で当時は有名であった。そして、そんな制覇難関の路線に、何に魅せられてか果敢に挑んでいった青年達がいた。その青年達とは・・・私を筆頭に、当時中学生であった私が所属していた「鉄道研究クラブ」と言う何とも地味な学校のクラブ活動のメンバー数名と、その顧問の教諭という物好きが集まり、当時でいう「大垣夜行(現在のムーンライトながら)」で現地に向った「鉄道バカ」の集団であった。そして、そのクラブ活動で年に4回発行する季刊誌の取材も兼ねており、その取材班の一人である部長が俄然取材に燃えていた。そしてその部長が今回の旅を事細かに記録していた。ちなみにその季刊誌は私が編集長をしていたので、部長と編集長の両首脳という、何ともクラブ生命のかかったかのような取材であった。と言っても、その季刊誌班に所属するのは私と部長の二人のみで構成されているのであるが・・・という訳で、当時の季刊誌をもとに、清水港線の旅を再現してみたい。

simizu2_convert_20120331202839.jpg
(清水駅構内。清水港線のホームは東海道線のホームから若干離れたところにあり独立していた。というより、貨物側線のどこかに若干砂利を盛り上げた・・・みたいなイメージ、の方が正しい表現かも。)

私は当時、自慢ではないが湘南地区在住であった為、出来れば相模線の始発で静岡地区に入りたかったのだが、それでは清水港線の始発兼最終の下り列車に間に合わない。そのため、先ほど触れた「大垣夜行」に乗らなければならない。という事で、未明の浜松で大垣夜行を乗り捨て、折り返し上り列車に乗り換え清水に向かう行程となった。とりあえず朝陽を浴びながら通勤客と共に清水に6時43分、326Mから降り立った。駅構内はとても広く、貨物の側線やら引込線やらで何本もの線路があったのだが、清水港線の乗り場がどこだかすぐには分からなかった。しかし、普通の人よりは鉄道知識を若干詰め込んだ少年には「野生の感」とでもいうべきか、貨物の群れの中にそれらしき列車とホームがあるのを発見、即座に「清水港線」と確信した。発車まで1時間以上あると言うのに、既に列車は待機していた。これは貨物列車という性格のものか。清水港線は東海道線の清水から、工業地帯を縫うように進み「松原」で有名な三保を結ぶ、殆んど貨物専用の引込み線の様な路線である。そのため、これから乗ろうとする列車も、貨車と客車を混結する「混合列車」と呼ばれるものだ。

simizu3_convert_20130108145157.jpg
(清水駅は現在かなりスリムになった。清水港線のあった場所はロータリーや商業施設に変身している。)

先ほど旅客の列車本数には触れたが、貨物列車は多数設定されているのでハッキリ言って旅客は「居候」の様なものかも知れない。その「居候」たちは、出発時間までタンクやら何やらを乗せた車両やディーゼル機関車やらをカメラに収めるため、若干砂利の盛り上がった「ホーム」を行ったりきたりしていた。ちなみに同伴の「部長」がこの日の列車編成を正確に記録していたので紹介してみたい。三保側を先頭に<DD13-205>-<タキ7002>-<タキ9014>-<ワム63139>-<タキ9016>-<タキ9011>-<オハ47-2080>-<スハフ42-2105>となっていた。よくもまぁ、ここまでドラスチックに調べたものだが、おう、客車が2両も連結されているではないか!それほどまでに旅客の需要があるのか、と思わせるのだが、はたまた思わせぶりか・・・それはそれとして、われわれ「物好き」を乗せた列車は8時10分52秒「カクーン」と揺れを催し清水を後にした。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。キネと申します。
写真から当時の雰囲気が伝わってきます。
うらやましい限りです。

清水港線、当時小学生だった自分には、知っていても訪れることは出来ませんでした。
唯一の救いが当時の客車が大井川鉄道で健在とのこと。

また懐かしい写真と記事をお願いします。

キネ様

はじめまして。コメントありがとうございます。

清水港線に関しては、一応全駅の駅名表を写真にて収めておりますので、後日公開したいと思います。しかし「あの時君は若かった~」ではないですが、昔はこのような旅をよくしていました。ちなみに、清水港線制覇の後、二俣線(現・天竜浜名湖鉄道)も訪問しております。こちらは周知の通り現在も活躍中で、近年に再訪しております。

私の場合、鉄道ファン歴に20年くらいの空白があるため「懐かしい」か「現在」のどちらかになってしまいますが、今後も精力的にブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。
プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
創設:1969.03.09
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR