1984年8月・「青春18」、88ヶ所は無理だったけど四国国鉄線全線制覇の旅③

妙な出来事があった中、ようやく解放されたわが身はとりあえずホームで731Dの列を作る。と言っても大垣夜行程の列はできず、ただ単に「リクライニングシート」で快適に旅をしたいだけであった。私の乗る731Dは、中村より折り返し急行「あしずり」に変身する。途中、窪川までは普通列車であるが、「あしずり」は指定席があり、その指定席の車両は「グリーン車」の車両になっており、固定のボックスシートとは格差をつけている。もちろんグリーン料金は取らず指定席料金で乗車できるが、事「731D(上り764D)」はこの「グリーン車」も通常料金で「解放」なのだ。もちろんそれを利用しないわけがない。知っているものはその車両に列を作るという訳だ。

800px-JRS_DC_kiha58-293.jpg
(731Dのイメージ。編成の中の1両に「グリーン車」が連結されていた。別料金なしで解放の為、その座席を確保するのに皆命を懸ける。写真はウィキペディアより、高松駅にて。)

さて、今夜の「宿」は中村向けて出発したが、もちろん「坪尻」「新改」等には停車しない。そして高知までは以前に乗車しているが、高知以西は当時初めての乗車、というより終点まで行くのだから寝過ごすという事が無いので気が楽だ。しかも折り返し窪川まで行くのだから、かえって都合がいい。私は無邪気な気持ちでリクライニングに身を預けた。
高知でも目が覚めたが「降りなくていい!」の気持ちから再び仮眠。このころには列車で寝るのも慣れたものだ。しっかりと「睡眠」として機能している。だがひとり身。貴重品の管理はしっかりとして、いざというときには目が覚めるように努めた。と言っても目が覚めるかどうかは別問題だが・・・
窪川辺りでは朝日がとても新鮮で、景色もいい。リクライニングシートをフルに活用してまた寝る。やがて中村に着くと荷物はそのままに「制覇の証」を撮影。しかし一人でやりにくい面もあったが何とかゲットした。同じ列車で窪川に戻って予土線に乗り換える。約30分のインターバルなので実に接続が良い。

img207.jpg
img205.jpg
(2007年訪問時の土佐久礼駅。付近にある「土佐大正市場」に、旬であるカツオ丼を食べに行った。カツオ刺身を追加注文すると、なんと400円(当時)であった!お買い得なのは言うまでもない)

予土線といえば、現在は観光用のトロッコ列車なども運転され四万十川を満喫できる素晴らしい路線だ。しかしながら線形などの制約により「高速」よりも「トロッコ」向きの路線になってしまっており、JR四国にしてみたら若干「重たい」路線であろう。だが全通したのは意外と新しく1974年だ。CTC化されているので交換駅でも駅員無配置の場合が多く、駅利用者も恐らく2桁台の場合が殆どであろう。そんな予土線を何気なく制覇すると宇和島に11時半に到着。乗り換える予讃本線の列車は13時22分の松山行だ。約2時間の待ち合わせ時間は当然「ランチタイム」となる。自身で稼いだお金で、確か駅前食堂かどこかで「カツ丼」か何かを食べた記憶だ。駅前の食堂でご飯を食べる。ひとりで見知らぬ土地の食堂での食事は実に新鮮であった・・・15歳の夏。

img204.jpg
(2007年訪問時の江川崎駅。ローカルムードたっぷりである。車窓からの四万十川の眺めが素敵だ。)



にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR