鶴見線散訪⑥ 海芝浦

レールファンにとってはお馴染み、海芝浦駅。改札を出ても東芝の工場以外に行くことが出来ない特異な駅として有名。「もっとも海に近い駅」は全国に数あれど、この海芝浦は正真正銘No.1であろう。海芝浦駅は東芝の私有地内にあり、東芝職員や関係者以外には基本的に「下車」することが出来ない。もちろん駅舎の外観なども「許可」を受けなければ撮影する事が出来ないという、何かと「制約」がある駅であるが、近年では「海芝公園」なる空間が登場。海芝浦駅に訪れる「目的」が追加され選択肢が増えた。このため、東芝の関係者やレールファン以外の訪問者はほぼ皆無であったと思われていたが、海芝公園開設に伴い「一般客」も増えた。ある意味「秘境めいた」空間でもあるが、駅から眺める横浜の海は「100万ドル」とは言わないが「70万ドル」くらいの夜景が楽しめる。そういう意味では「人気スポット」の候補にもなるのか・・・前回の訪問と今回の訪問で決定的に違うのは「海の眺め」である。前回訪問時には無かった「鶴見つばさ橋」がある事だ。もっと遠くには「ベイブリッジ」も見える。首都高速は散々通っていたが、まさか海芝浦駅から「鶴見つばさ橋」が見えるとは・・・時代も変わったものだとつくづく思う。などと年寄染みた話になってしまったが、もし、心寂しくなったりひとりになりたいと思ったら、迷わず「海芝浦」に行くことをお勧めする。ホームに足を踏み入れた瞬間、あなたをきっと幻想的な世界へと導いてくれる事であろう。


800px-UmishibauraSTATION.jpg
海芝浦駅外観。許可を取って外観を撮ろうと思ったが、ちょっと勇気が無かった。ので画像はウィキペディアより。


DSCF6252.jpg
DSCF6254.jpg
海芝浦に到着。左の建物は当然「東芝」。下車客は「休日出勤」の関係者約10数名ほどであった。



DSCF6256.jpg
本来、この絵も撮影していいかどうかは微妙であるが、これより先の撮影は許可が必要である。



DSCF6265.jpg
「浜」の文字が眩しい!関係者専用駅とは、実にもったいない空間だ。「海芝公園」は、この駅の価値を更に高めたかもしれない。



DSCF6259.jpg
「海に最も近い」と言うより「海に浮かぶ」と表現した方が良いであろうか。流石に「釣り」は無理かもしれないが・・・



DSCF6261.jpg
前回の訪問時には無かった「鶴見つばさ橋」が出現!まさかこんな所で眺められるとは思っていなかった。私にとってみれば「大発見」であったかも知れない。



DSCF6271.jpg
約20分~30分の滞在であったが、初めてこんなに長い時間海芝浦駅と過ごした。我地元にもこんなに素敵な空間があるとは・・・



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

海芝、いいですね。関係者以外出られないといい、海に近いという絶好のロケーションといい、これがとても横浜にある駅とは思えません。今はホームの先に公園がありますが、ちょっと不自然な異空間な気もします。ほとんどの(関係者以外の)お客は折り返しで戻りますからね…。ホームだけの方がより秘境駅的なムードが高まりますよね。

あいあんさいど様

コメントありがとうございます!

「海芝公園」に関しては、訪問時間が早かったため(朝7~8時台)公園には入れなかったのですが、逆にすぐに折り返すのでなく1本列車を遅らせました。

「みんなが格闘技に走るので、私、プロレスを独占します!」なんて故人の名言がありますが(実際はターザン山本ですが)、海芝ではまさに「独占」しましたよ!やはり「休日」の訪問は、今も昔も変わりなく「ひとりになれる」鶴見線および海芝の魅力かもしれません。と言っても妻も同伴でしたが・・・

一度は行ってみたい駅

こんばんは。
いつもコメントをいただいているのに、こちらからはなかなかコメントできず申し訳ないです。

海芝浦駅は、駅を訪問するものとして一度は訪問したい駅のひとつですね。
その特殊な立地環境、海を目の前にしたロケーション・・・。
子供のころから憧れの駅でした。
しかし、個人的に都会の路線が苦手なので、なかなか訪問できずにおります・・・。

LM様

コメントありがとございます!

<いつもコメントをいただいているのに、こちらからはなかなかコメントできず申し訳ないです。>

全然「申し訳ない」事は無いですよ。私のブログを見ていただいているだけでも光栄です。お忙しい中わざわざありがとうございます。

私も「都会」に関しては「鉄道」とはあまり見ておらず「交通手段」としての感覚が強いです。ですから、例えば関西の私鉄も全て制覇してますが、5日間の行程を組んでの制覇の時に、4日目、特に最終日には「狂犬病」になりそうでした。それこそ筑肥線の伊万里~山本付近を訪問した方がどれだけよかった事か・・・
ところでLMさんは旧「東唐津」とかのお写真は所有していらっしゃいますでしょうか?私が筑肥線を訪問したのが1983年4月だったのでちょうど電化直後で東唐津は現在の位置に移設されスイッチバックの無い単純な島式ホームになってからです。電化前に行けばよかった・・・と今になって思います。

海芝浦駅ですが、と言うより鶴見線ですが、東京近郊の路線にしては「異色」に映ります。流石に「田園風景」はありませんが、平日と休日の落差が大きく、訪問するならもちろん休日です。きっと鶴見線を「独占」できる事でしょう。
プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR