伊豆急行各駅巡り⑥ 伊豆大川

DSCF6560.jpg

伊豆半島は基本的に山の地形をしていて平地が少なく一面田畑のような場所が少ない。そのため坂が多く、少ない平地を利用して駅などが作られるがこの伊豆大川駅は完全に「山の中」にあり、いわゆる「駅前広場」「ロータリー」などは皆無に等しい。そのため駅前は実に簡素なもので、それこそ「秘境駅」と間違えそうだ。しかしながら「大川温泉」を控え、特急こそ停車しないものの、休日ともなると観光客の姿も少なくない。しかし駅前から「大型バス」等の乗場は無く、せいぜいタクシーがやっと入って来れそうな狭い山道が駅に伝っている程度だ。バス停は駅前には無く、徒歩8分位の場所まで移動しなければならず少々便が良くない。一日平均の乗降客数は400人程度で、普段はひっそりとしている感じだ。
駅前には足湯があり観光客を楽しませてくれる。また和菓子屋と観光案内所が駅前にあり、それなりに「観光」を打ち出しているが、立地や大川温泉の知名度を考えると「その道の人」以外の利用はほとんど無いに等しいかもしれない。
伊豆大川はハッキリ言ってほとんどノーマークであったが、秘境駅のような雰囲気もありはするが駅前には民家や和菓子屋があったり、観光駅かと思えば温泉までは距離があったりと、駅の機能としては中途半端なところが私にしてみたら「お気に入り」の材料となった。こういう中途半端で地味な駅こそもっとクローズアップされても良かろうと思うのは私だけであろうか?



DSCF6547.jpg
DSCF6548.jpg
伊豆大川駅舎。駅前は一応ロータリーになっているが、地形的に大型バスが入って来れないのが難点である。予めタクシーを待たせておくのがベターであろう。



DSCF6558.jpg
駅前には観光案内所と小さな和菓子屋さんがある。写真右の坂を登ると農家と喫茶店があるみたいだが、時間の制約で確認できなかった。



DSCF6545.jpg
DSCF6556.jpg
DSCF6555.jpg
駅前には足湯がある。若干の濁り湯であるが効能はありそう。



DSCF6554.jpg
足湯の前には観光地らしい風景が。


DSCF6553.jpg
駅舎には小さな待合室と小さなお土産やさんがある。小さな駅舎ながらしっかりと駅としての役割をしている。


DSCF6552.jpg
山の斜面に無理やりスペースを作ったような駅は、駅舎に伝う通路も階段で移動する。


DSCF6559.jpg
駅舎に伝う通路をホーム側から撮影。一応「スイカで~」もある。


DSCF6561.jpg
DSCF6562.jpg
DSCF6563.jpg
DSCF6565_20131018142953fdf.jpg
DSCF6564.jpg
駅ホームのすぐ脇に一般道の坂道がある。この辺りは全て「坂」がキーワードとなりそうだ。


DSCF6572.jpg
2面2線の対向式ホームは一線スルー化されており、列車交換が無い時は2番線を主に利用する。


DSCF6566.jpg
ホームに「リゾート」が入線!と思ったが、私が乗る列車とは方向が違った・・・残念!


DSCF6574.jpg
次の駅にはこちらで・・・



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR