鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

ブログに輝く鉄おとめ

220px-Yuko_Kimura_at_2007_Hankai_densha_matsuri_R0010289.jpg
(画像はウィキペディアより。まさか新年早々この人が私のブログに登場するとは思わなかったが、ある意味「鉄子」の代表格かも知れない。)


新年、明けましておめでとうございます。

今年も「鉄道全線完全制覇の旅」をよろしくお願いいたします。

2014年1月1日 ダイヤモンド☆トナカイ


img311.jpg
(関連画像が見当たらないため「ダイナミック☆トナカイ」の画像をお楽しみください。これはおそらく1984年頃の相模線・茅ヶ崎駅であろう。新年にふさわしい列車かも。)

私がまだ「ガラスの」10代のころは女性の鉄道ファンと言うのが身近に存在しなかった。と言うより多分、それは私の周りだけの現象なのか、はたまたそういう概念が全国区だったのかは不明であるが、とにかく鉄道とは「男のロマン」というものと常々思っていた。
1984年以降、2007年まで私はレールファンを休業していたが、その間に「鉄子」なる言葉も登場し「女子鉄」などというカテゴリーも存在するようになった。某トラベルライターがブレイクしてこういった「造語」を世に知らしめた功績は大きいと思うが、基本、私は「〇〇鉄」と言う言葉にはどうも馴染めずにいるという、やはり「古い人間」なのであろうか。若い(とは限らないが)鉄道ファンは当たり前のように「〇〇鉄」と言う言葉を日常的に使っていると思われる。
これは私固有の「概念」であると思われるが、おそらくかつては「潜在的に」女性のレールファンは多く存在していたと思う。「銘柄的」にレールファンと言う事を隠しながら過ごしていた女性も少なくなかったのではないであろうか?と私が勝手に思っているだけかも知れないが・・・

img291.jpg
(関連画像が見当たらないので再び「ダイナミック☆トナカイ」の画像をお楽しみください。説明するまでも無く、根岸線・磯子駅。「根岸線」なのになぜか「横浜線」の案内は、1980年代においては地元民の感覚では普段の風景であるが、他方から見たら理解に苦しむ光景かも知れない。)

そんな常識を打ち破ったのは、おそらく「インターネット」の普及であると私は感じる。そして某トラベルライターの「著書」も相まって、潜在していた「鉄子」が一気に「開花」されたのであろうと。
例えば「サッカー」では、完全に「男の美学」であったはずであるが、周知の通り「なでしこジャパン」で一気にブレイク。現在では完全に国民的概念となってしまった。それまではおそらく肩身の狭い思いをされていたであろう「なでしこジャパン」。しかし彼女たちの「執念」が今では感動を呼び、こうして「一般化」された事は素晴らしい。こうして考えてみると、やはりどのジャンルにも「男女の差別化」は無いのである!

img286.jpg
(こちらも関連性が無いが、地上時代の仙石線・仙台駅にて。1980年代であろう。ダイナミック☆トナカイ提供。)

しかしながら、女性のレールファンは一体どういう感性をお持ちなのかと、2007年以降に復活劇を遂げた私にしてみたらとても興味津々であった。私のブログにも「鉄子」と呼ばれる方のリンクを貼らしていただいているが、どちら様も皆個性豊かな方々ばかりで、私も太刀打ちできないほどの素晴らしい内容の方々ばかりである!と言うより、「鉄道」への思い入れは人一倍強い姿勢。これは男女問わず共通事項だ。

例えば「mitsuka115JNRが語るひととき」では、管理人である「みっぴょん」様の「スーパーコンピューター」張りの知識と個性豊かな解説で圧倒。私はいつも「情報源」として利用させていただいている。

なんとなく鉄道びより」では、管理人の「でこすけ」様の感性あふれる素晴らしい内容で、いささか「昼下がりの気怠さ」的な記事がたまらなく愛おしい。管理人の人柄がダイレクトで伝わってくる素敵なブログだ。

「小春」様のブログ「流れ星を追いかけて・・・☆彡」は、JR東(ばかりではないが)に特化された個性あふれる内容で、特に彼女が語る「北斗星」のみならず、寝台特急の想いは果てしない。私は「ブルトレ世代」の為、非常にこの「寝台特急」という単語に興味があるのでたまらない。また、185系も高頻度で登場しており、彼女の想いが伝わってくる。

哀愁鉄子の物語」では、管理人である「aiko」様の、いささか「セレブな」イメージの鉄道感が魅力的だ。「こういう見方があるのか」と、私も勉強させられる一面が多々ある。潜在的な知識と感性はまだまだ私に「32文ロケット砲」を放ってくれる事であろう。

「乗り鉄系」では、ある意味こちらの「める鉄ブログ」は、完全に腕のサポーターを挙げ、ロープに振られる正当な「ウエスタンラリアット」をまともに食らった感じである。制覇の証でもある「スタンプ」は、恐らくその数は半端ではないであろう。かと思えば鉄道ばかりではなく、しっかりとその土地の「風景」等を披露してくれる。やはり「女性」ならではの感覚からくるものなのか、いつブログを開いても飽きさせない内容になっている。

img285.jpg
(またまたダイナミック☆トナカイ提供の奇怪な画像。東海道線・大船駅に停泊の「旧国」である。「大船駅まで特急わかしおが乗り入れてた時にわかしお号を撮影しに行ったついでに撮ったものですね。確かクモハ40だったかな。大船駅と大船電車区の間を職員輸送列車として 走ってたと思います」と本人の解説を原文のまま。)

と、偉そうに「鉄道ブログ評論家」みたいにコメントしてしまって申し訳なく思います。が、やはり感じることは「男も女も、老いも若きも」鉄道を愛する気持ちは変わらない!という印象である。本当に「鉄子さん」の台頭が、私にとっては非常に「常識破り」のカテゴリーであった感じで圧巻だ。しかし今では「一般化」され、全く違和感なく普通に浸透していると、不思議な現象であるなとの思いだ。

「男子の部」はもちろん、鉄子さん、これからも頑張って鉄道を愛してください。そして私たちに素敵な「贈り物」をブログを通して紹介していただけたら、大変嬉しく思います。今年も、そしてこれからもよろしくお願いいたします!



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

謹賀新年

昨日、既に年明けに書き込んでいましたが、改めまして・・・。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

昨年はダイヤモンド☆トナカイ様から温かいコメントを何度もいただきながらもこちらからはご無沙汰ばかりで、申し訳ないです。
全般的に、街中の鉄道や私鉄系は苦手としていますので・・・(汗)。
情けない話ですが、これからも末永くおつきあいくだされば幸いです。

2014年がダイヤモンド☆トナカイ様にとりまして良き年でありますよう、祈念しております。

LM様

コメントありがとうございます。

そして温かいメッセージありがとうございます。私のブログでも引き続き精力的に更新してまいりますが、もしかしたらLM様好みの駅も登場するかも知れませんよ!お楽しみに。
もちろんLM様のブログも心から応援しております。

LM様も今年1年良い年でありますように・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/322-05de15b0

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (42)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (3)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (55)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (2)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (108)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (3)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (50)
宗谷本線 (15)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん