1982年・何も言えなくて・・・夏①

1982年の春に登場した「青春18」が好評であったため、同じ年の夏に再び登場した。最初の登場時は1日有効の切符3枚と2日間有効の切符が1枚あり8000円であったが、この夏の登場よりすべて1日有効の切符に変更され1枚2000円計算の5日間分、計1万円での発売となった。当時私は中学生であることはもう既に1万回くらいこのブログで述べているが、この1万円が当時どれくらいの価値があったか。もちろん「1万円」は現在でも非常に価値があるが、例えば2013年のJパブ社出版の時刻表は1150円であるが、1982年当時はなんと650円!もちろんこれだけでは参考にはならないが、これを考えると「18」の1万円が高いか安いか・・・

DSCF3063_convert_20130206135316.jpg
(これは1982年に登場した当時の「18」である。好評につき同じ年の7月に再登場して完全に定着。現在に至る。)

とは言え、国鉄全線1日乗り放題の切符が5枚つづりであるとはお買い得であることには変わらない。当時の私にしてみたら「いい旅チャレンジ20000km」のキャンペーン中でもあり、物凄く夢が広がる切符でもあった。この年の3月に学校のクラブ活動「鉄道研究クラブ」での活動の一環として西日本めざし旅立ったのは既に紹介したが、今回は初めて単独による「18」の旅となった。参加メンバーは同じクラブに所属するメンバー1人で、計2人での旅となったが、主導権は全て私に託され計画を立てた。とにかくまだ経験は浅いためなかなか予定がうまく組めなかったが、今考えれば貴重な体験の数々があり、今後の旅のスタイルを決定付ける内容となった。

DSCF3061_convert_20130206133907.jpgDSCF3062_convert_20130206135820.jpg
(1982年と言えば東北・上越新幹線の開業であろう。今回の旅は上越新幹線開業直前であったが、新潟駅などは既に現在の形になっていた。しかしその新潟駅も高架化されると聞き、さらなる変化が待っている。)

当時私は中学生。もちろん何度も先述しているが、当然「宿」などもっての他。宿はもちろん「夜行列車」だ。そのため訪問先は限られてしまうが、まだ「チャレンジ」を始めたばかりで数多くの路線を消化しなければならない。全国的に訪問先が「初」となる場合が多い。とりあえず「18」で乗車できる夜行列車は本州には「上越夜行(現・ムーンライトえちご)」「大垣夜行(現・ムーンライトながら)」「はやたま」「山陰」くらいか。四国に渡れば先述の「731D」もいる。九州はちょっと遠いが「ながさき」もいるし北海道にも函館本線に夜行はいた。そこでとりあえず「上越夜行」で新潟めざし、一旦帰郷し西日本を目指すという、若干変則的な旅を考案した。アッ、もうひとつ「中央夜行」もいました。今回はこちらもお世話になり一風変わった「18」をしてみた。

DSCF3226[1]_convert_20130219201809
(こちらも当時私が愛読していた雑誌であるが、とても中学生が読むものではなかった。写真を見る程度で満足していたが、現在読んでみると非常に楽しい。画像はご覧の通り東北新幹線開業時のものである。)

早速いつものように「西寒川」より出発する。が、今回は東京ではなく「上野」で列車を待つ。いろいろな寝台特急や夜行急行列車が頻繁に出入りする。東京駅より「実が生い茂る」ではないが、待ち時間が足りないくらい待ち時間がすぐに過ぎた。上野駅からの夜行列車と言えば「13番線」が定番であるが、この上越は「姿なき挑戦者⑦」でも紹介しているが、9番線からの出発だ。つまり普通に通勤電車である。車両も115(113)系湘南色で、熊谷付近までは完全に通勤列車として機能している。と言っても高崎に着くころには完全に夜行列車の姿で、車内も大垣夜行とは違い実に和やかなムードになる。とは言え、天下の「115(113)系」である。今でこそ「ムーンライト」などでは国鉄時代の特急車両などを使用していて「リクライニング」が実に効果的であるが「あなた、経験してごらんなさい」とでも言いたくなるような「上野から通勤列車で長岡まで行く」行為は、逆に川口浩的な「冒険」かも知れない。事実、この列車に乗っていたら深夜の「土合」にも停車するのであるから・・・


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR